ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

泰三子「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」はお仕事漫画の傑作

2018年07月13日 | 絵日記
ハコヅメ~交番女子の逆襲~(2) (モーニングコミックス)
泰三子
講談社

泰三子「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」2巻を読みました。
面白かったです。笑い過ぎで腹筋がよじれそうです。
新人女性警官の悲喜こもごものお仕事生活を描く本作品、面白さに更に磨きがかかっています。
大事件がなくたって、忙しい上に忙しい警察官のお仕事。
お巡りさんたちはブツブツいいながらも実直に職務を遂行します。
その「ブツブツ」のセリフ回しが秀逸な本作品。
テンポよくキレの良いツッコミの数々が、地味で真面目なお仕事を捧腹絶倒のコメディに昇華させます。
本巻のイチオシは何といっても取り調べ回。
覚せい剤で逮捕された売人の情婦。厳しい取り調べにも頑なに口を開きません。
そこへ投入されたのが取り調べだけが取り柄の若手刑事。
上層部からの叱責も飄々と受け流し、容疑者との世間話を延々と続けます。
何の情報も得られないまま迎えた拘留最終日、自称取り調べの天才がとった行動とは・・・というお話。
また警察官ならではの合コン事情など、元県警勤務の作者ならではのリアルな情報も満載。
クスゲラ笑いつつ、日夜頑張るお巡りさんたちに頭が下がるお仕事漫画の傑作です。

コメント (8)

ドトールコーヒーとレタスドック

2018年07月12日 | 絵日記

ふー、疲れたー。昼ごはん食べそこなっちゃったし、ドトールで一休みしよう。

ブレンドコーヒーとレタスドック到着。

うーん、コーヒー美味しい!

深い薫りとコクが疲れた心身にじんわり染みます。

アイスコーヒーもいいけれど、やはり休憩のひと時はホットコーヒーが癒されるなあ。


うーん、レタスドック美味しい!


焼き立てパンに熱々ソーセージ、ホットドックはやはりドトールが一番美味しいと思います。

あー!美味しかった!満足満足。

コーヒーとホットドックの黄金コンビぶりは人類の宝ですねなんてブレイクタイムでした!

コメント

ボロネーゼと名古屋人

2018年07月11日 | 絵日記

今日はなんだかパスタ気分とサイゼリヤに。
ミートソースボロニア風にしよう。

うーん、美味しい。
たっぷり挽肉の旨味と玉ねぎの甘味、トマトソースの酸味が絶妙に絡み安定の美味。
フォークがクルクル回ります。

ところでこの料理を「ボロネーゼ」と呼ぶお店も多い中、サイゼリヤではあえて「ボロニア風」と呼んでいます。
そこには隠された深い深い忖度があるのです。

日本では「ボロネーゼ」って、いわゆる「ミートソーススパゲティ」のお洒落な呼び方のように扱われています。
しかしイタリア人に言わせれば、許せないレベルで別物なのです。

本場ではボロネーゼはタリアテッレという平べったい麺を使って作っており、イタリア人はこれをソウルフードとしてこよなく愛してます。
ですので日本で「ボロネーゼ」を注文し、細いスパゲッティがで出てきたりすると驚愕して怒り出す人もいるそうです。

麺の形状で怒るなんてと思いそうになりますが、これがイタリア人でなく名古屋人ならどうでしょう。
上京したものの味噌の違いに舌が合わず、食傷ぎみの名古屋人。ふらり入った食堂のメニューに「きしめん」を発見します。思わぬ故郷の名物に、満面の笑みで注文する名古屋人。
しかし出てきた丼に入っていたのは、なんと細長いうどんの麺でした。
「このたわけぇ!」
激怒する名古屋人。
しかしうどんときしめんの違いはつまるところ麺の形状でしかありません。
つまり「ボロネーゼ」をスパゲッティ麺で出すのは、「きしめん」をうどん麺で出すくらい郷土愛を傷つける暴挙なのです。
日本人の好むスパゲッティ麺を採用しつつ、来日したイタリア人の気持ちにも寄り添うこの配慮。だからサイゼリヤって好きさ!なんてボロニア風タイムでした!

コメント

から揚げ弁当と魔法の粉

2018年07月10日 | 絵日記

もうすぐお昼か・・・と顔を上げたおいらの頭の中に、突如としてあの言葉が溢れだし埋め尽くしました。

から揚げ!から揚げ!から揚げ!から揚げ!から揚げ!から揚げ!

く、またあの禁断症状か・・・。そういえば今週はまだから揚げ食べてないなあ。


ふらふらと入店したHotMottoでから揚げ弁当を購入。
ちなみにおいらはから揚げ弁当はHotMottoが一番美味しいと思っています。

HotMotto自慢のスパイスパウダーをたっぷりとかけて、できたー!特製普通のから揚げ弁当。

ううーん!美味しい!
揚げたてアツアツのから揚げの旨味にスパイスパウダーの香辛が絡み、これこれこれが食べたかったのよと打ち震える美味しさ。
ご飯がもりもり進みます。
それにしてもこのスパイスパウダーの中毒性は危険なレベルです。
もしおいらが世界征服を目論む秘密組織の首領なら、この魔法の粉で人類を操ることを画策するでしょう。

390円のお手頃価格でこの美味しい唐揚げ弁当が食べられる幸せ、平穏な日常の有り難さを噛みしめたお弁当タイムでした!

コメント

割引パック寿司は三方よしの近江商人

2018年07月09日 | 絵日記
お腹空いたなあとスーパーの鮮魚コーナーをウロウロすると、輝くような光景を発見。

マグロづくし。
表示価格より30%引き。

夕方18時台のこの時間帯に、3割引きとは素敵ですねと購入。

赤身、中トロ、ネギトロ。マグロ界のスーパースター達の豪華饗宴。

うーん!美味しい!
厚切りの赤身が中トロが、迫力のあるボリューミーな美味をドッカンドッカン提供。本職の寿司屋とは一味違う荒削りな美味しさを楽しみます。
昔のスーパーでは時間落ちの割引寿司ってちょっと生臭かったりしたものですが、このお寿司は全くそんな感じはなく普通に美味しいです。今のスーパーって本当にレベル高いですね。
あー!美味しかった!満足満足。
お店は売れ残りがなくなり良し、おいらは安くお寿司が食べられ良し、社会は廃棄食糧が減って良し。割引パック寿司って、売り手良し買い手良し世間良しの近江商人魂が溢れてますねなんてマグロタイムでした!
コメント

南国トムソーヤは冒険心が痺れる傑作

2018年07月08日 | 絵日記
南国トムソーヤ (3)
うめ

ナンバーナイン

うめ先生の「南国トムソーヤ」を読みました。
面白かったです。感動しました。

「誰よりも遠くへ。」亡き母の言葉を胸に、沖縄最南端に浮かぶ島に東京から転校してきた孤児チハル。
片時もiPhoneを手放さない、現代風の都会っ子です。
島に同級の五年生は2人だけ。
島の神の声を聴く祭司のナミ、そして海でマンタを乗りこなす野生児リンドウです。
破天荒なリンドウと理論派のチハルは次第に絆を深め、リンドウの祖父が見たという翼竜の化石をいつか一緒に探しに行こうと約束します。
輝くような島での日々。しかし転記が訪れます。
開発会社が広大な土地買収をかけ、大規模なリゾートホテルの建設準備が始まりました。
その中で神聖とされた祠が潰されることになり、祭司のナミは愕然とします。
そこをつぶされては島内を巡る気脈が止まり、島を守る神々が死ぬ。
しかしそんな訴えでは、当然開発計画は止まりません。
そこで立ち上がったのがリンドウとチハル。
伝承では祠からつながる広大な空間があり、そこに翼竜の化石があるという。
そんな貴重なものが発見されれば、祠に鉄杭が打たれるのを回避できるのではないか。
iPhoneと暗視ゴーグルをひっさげ、祠に向かう二人。神とナミを守るための冒険が、いよいよ始まります。・・・というお話。

とにかくテンポとセリフ回しが秀逸で、魅力的なキャラたちが織りなす躍動感あふれる展開にグイグイ引き込まれます。

世界名作劇場「トムソーヤの冒険」の主題歌がモチーフとなっており、毎週テレビに齧りついて視ていたおいらには感慨十倍です。
そう言えば主題歌ではサビの「地球の~♪けものみたいに♪はーしーろーぜ―♪」の部分でトムたちが草原で動物たちと駆け回るシーンが出てきました。
そのため幼いおらは、トムたちがアフリカへ冒険に出るのはいつだろうとワクワクしながら待っていたのです。
しかし結局、トムがミシシッピから一歩も出ることなく番組は最終回を迎え、子供心に目が点になったのを覚えています。

そんな思い出はさておき、ドキハラ度100%ワクワク度120%の冒険物語に痺れる傑作です。

コメント

にぎり晩酌セットの奇跡

2018年07月07日 | 絵日記

ふー、のど渇いたー。生ビールでもグイッといきたいなあ。なんて池袋をふらふらしていると、魚がし日本一の前に「にぎり晩酌セット780円」の貼り紙。

これだー!と入店。

うーん!生ビール!美味しい!

渇いた喉を潤すキンキンに冷えた麦酒、神が与えたもうた最高の奇跡、それがこの一杯なのだなんて諭されたらありがとうございますと跪いて泣いてしまいそうな圧倒的な美味です。

うーん!お寿司美味しい!

プリプリと新鮮な海の幸の旨味と絶妙な酢加減のお米の甘味が絡み極上の美味。

エデンの東へ追われた人類は、この極東の地に自ら楽園を築いたのだと確信します。

そこへ締めのネギトロ4巻到着。うひょう、これだけ食べて飲んで780円は本当にお得だなあ。

あー、美味しかった!満足満足。

支配階級でも資本家階級でもない一労働者が、これだけ高品質な美味をお手頃に享受できる国。今の日本って、世界史上の奇跡かもですねなんて晩酌タイムでした!

コメント

谷中名物肉厚カツ丼380円

2018年07月06日 | 絵日記

夜の谷中をぶらぶらしていると、気になるのぼり発見。

谷中名物肉厚カツ丼380円


880円じゃなくて?と売り場を見ますがやはり380円と書いてあります。


パッケージ越しですが、確かに肉厚で美味しそう。


うーん、これは食べてみたいけどもう晩ご飯食べちゃったしなあ。

次回訪れる時の宿題ですねなんて谷根千タイムでした!

コメント

トンカツは子供心の感心

2018年07月05日 | 絵日記

今日のお昼はトンカツ気分かなとトンカツ屋さんへ。
ヒレカツ定食を注文しました。

ヒレカツ定食(税込1000円)到着。

ふふふ。揚げたてのトンカツっていつ見てもワクワクするなあ。

うーん、美味しい!
揚げたてサクサクの衣に柔らかな豚ヒレ肉の旨味がギュギュっとつまり極上の美味しさ。
ご飯がもりもり進みます。トンカツって本当に美味しいなあ。

ところでトンカツを食べると、いつも思い出す言葉があります。
美味しんぼ11巻「トンカツ慕情」で、金品を身ぐるみ剥がれ途方にくれる青年に、店主が自ら揚げたトンカツをふるまいながらかけたセリフです。
「いいかい学生さん、トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。それが人間、偉過ぎもしない貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだ。」
子供心に、なるほどこりゃ上手い事を言うなあ、おいらもトンカツをいつでも食べられるようになろうなんて感心したものです。

あれから数十年、大人になってちょっと奮発すればトンカツをいつでも食べられるようになりましたが、最近はメタボ的にいつでもは食べられなくなっちゃったなあなんて想いを馳せたトンカツタイムでした!

コメント

ラーメンと餃子とワールドカップ

2018年07月04日 | 絵日記

スタンプ5個溜まりましたので餃子が無料になりまーすと店員さん。
じゃあ今日のお昼はラーメンと餃子にしよう。

ラーメンと餃子到着。

うーん、美味しい!

ラーメンと餃子、どちらも甲乙つけがたい素晴らしい美味で、麺がもりもり進みます。

と言いつつ実は、ラーメンと餃子って組み合わせるとどう食べるのが正解なのか難しいなと思います。

餃子と白飯はよく合います。
餃子に凝縮された挽肉と野菜の旨味が、白飯の懐深い美味と絡むと極上の美味しさへ昇華しご飯がもりもり進みます。

ラーメンと白飯も黄金コンビです。
並行して食べて麺と白飯の食感の違いを楽しむもよし、最後にスープをかけておじやにして食べるもよし、ラーメンライスには人間の数だけ奥深い楽しみ方があります。

それに対しラーメンと餃子ってそれぞれは素晴らしく美味しいのですが、組み合わせて相乗効果を出すのが意外と難しいと感じています。
個々の力が突出したスター選手を集めたものの、チームとしていまいち機能しないサッカーチームを彷彿とさせます。

やはりこのチームには世界最高のフットボーラ―、ビール選手が必要なのだと思います。
まずは餃子とビールのツートップで試合を作ります。ほろ酔い気分になったところへラーメン選手を投入、きっちり試合を締めるという作戦です。

このフォーメーションならベルギーにもブラジルにも負ける気がしません。


しかし問題は、ラーメン選手と餃子選手が、中国代表として招聘されてしまう危険性です。
その上ビール選手がドイツかベルギーに取られてしまうと、日本には打つ手がありません。

やはりベスト8の壁をこじ開けるのは容易ではないですねなんてひとりごちた妄想ランチタイムでした!

コメント