平成太平記

日常の出来事を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つけの支払い

2011年09月08日 05時03分15秒 | Weblog
何故 倒産に追い込まれたのか 親族は朝から晩まで働き、旅行に行かず文字通り身を粉に働いていた。
バブルの崩壊時で金融機関が貸出先に困っていた時期に事業の拡大を考えた。金融機関から借り入れをして第二店舗を建設した。土地と店舗で借入額は1億円である。第二店舗の建設の必要はあったのか 確かに営業上、車の駐車場が手狭になっていた。問題は店舗を二つ持つ必要がなく、住まいを含め第二店舗に移り、第一店舗は売却して借入金を圧縮すべきである。返済計画が甘いのである。
借金をするときは一番大事なのは収入で返済出来るのか検討である。収入は過大に見積もらず返済ができるのが一番肝心である。
当時、金融機関は貸し出し先に困り必要のないゴルフ会員権やリゾートホテルの利用料も合わせて融資された。融資を受ける親族の借入金に対する態度も甘いのである。
従業員も過大に採用して。結局、営業は借金を返す程増えず、借入金は増えていく。低金利で貸出先が当面に返済をすれば幾らでも借り入れられて自転車営業が可能であった。結局、負債は3億円程度に膨れ上がり返済が困難になる。
借入ができなくなり自分の金を無断で利用するようになる。自分にも脇の甘さがあったと思う。然し親族であるのが一番の禍のもとになる。
一番の問題は親族が店舗の売却などして借入金を縮小する努力がなされず漫然と事業を継続したことである。借入が増えて行きつく先は倒産との認識を持ちながら借金を相手かまわず続けたことである。必死に働くだけが能ではない。

コメント

国とて先送りは許されない

2011年09月08日 04時36分30秒 | Weblog
負担の先送りが招く事態は何も個人経営者の問題にかぎらない。国の借金とて同じ論理である。大震災の復興資金を賄うため増税は避けて通れない。
増税の必要性はあるが、景気の悪い時期に増税すると一段と景気を悪くするとの
論理に惑わされてはならない。復興資金がないかぎり、賄うのに増税しかないのは自明の論理である。もし、この鉄則が守られることなく歳出を増やすことは間違いなく、国債の信任がなくなり、金利は上昇して国債は暴落する。国内の企業は金利の負担できず倒産に追い込まれる、大不況が到来する。景気がいつ回復するのか不明である。景気回復時に税負担を増やす、まやかしの論理である。
税の負担と歳出の増大は財政に中立的に働き、日本の復興に貢献するし、景気を刺激して経済の好転につながる。
  
コメント

借金の先送り、落ちるとこまで落ちる

2011年09月08日 03時59分32秒 | Weblog
経営者に求められる資質は何か?経営が今後続けられるのか、絶えず見つめ直すことである。借金をして事業を拡大することも事業を継続するうえで大事である。
しかし、予期に反して収入が伸びず借入金の返済がうまく行かない時、埋め合わせに借金をまたするのでなく、経営の見直しである。このターニングポイントの時期により、資産を売却して経営の再建ができるのか、時期を失しって再建が困難な時は資産を処分しても負債が最小限に済ませることである。この覚悟があれば関係者に迷惑をかけない。事業を畳むことは勇気がいる。しかし、この勇気があってこそ今後関係者の援助も期待できる。負債を最小限にとどめられる。親族はこの覚悟がなく行きつく先まで先延ばしをして関係者に多大の迷惑をかけて、親族関係すら自分から破壊したのである。


 
コメント

海外旅行に行かない訳

2011年09月02日 17時42分30秒 | Weblog
友人との会合で海外旅行の写真を見ている。海外旅行に行かないのかと尋ねられる。行ってないと答える。
本当の理由はお金が惜しいのである。
営々として貯めた大金を親族が勝手に使い。挙句のはてに倒産して自己破産をしている。
大金がドブに捨てられた悔しさがあり、まだお金はあるが使う楽しみが消えてしまった。
相談があればドブに捨てられた大金の数分の一の金額の援助で親族はそれなりの生活再建が出来たはずである。
結局、親族関係自体が破綻して、本人自体が惨めな生活をしている始末である。
まだ、お金があるがそれを使う楽しみがなくなり、旅行にも行かない気持ちが理解してくれますか!
持って死んでいける訳でなく使えばと言われるが、使う楽しみがなくなくなる。
国内の旅も泊まりは行っていない。

  
   
   
コメント

パソコンの設定環境

2011年09月01日 22時25分12秒 | Weblog
無線ランで3台のPCを繋いでいる。無線ランの良い点は室内ならコンセントが無用でPCを自由に持ち運べることである。
有線でないので繋がるのに多少時間がかかる。繋がってしまえば後のネット利用の時間は有線ランと変わらない。
ただ、無線ランだと、知識のある他人がPCで介入してくる危険がある。無線ルータに盗まれないようなソフトがあるので
そのソフトを利用している。ルータを利用していると、ウイルスの感染が少ないと 言う。
    
   
   
コメント

プロバイダーのトラブルで繋がらない

2011年09月01日 22時18分08秒 | Weblog
 毎日の朝の日課はメールの受信の状況の確認です。
メールを立ち上げると、トラブルのアイコンが出て受信できない。
厄介なことになる。
最初は自分のパソコンのトラブルと思った。2台のPCでメールの受信している。
別ののPCのメール受信状況を確認すると、やらはり受信できない。
プロバイダーに電話をするとトラブルで迷惑をかけていという。
2台のPCのツールのアカントを開いて、メールの設定状況をプリントスクリーンしてワードに保存しておく。
1台はおビスターである。もう1台はXPである。メールの設定は微妙の違い。
今、3台のPCが稼働している。3台目はインターネットはできるが、メールは受信しないように設定している。
サーバにコピーを保存する設定にしている。3台目はあまり使わないので、メールを受信しない設定してある。そうしないと、3台目を稼働するとき、メールが多量に受信されるからです。
   
     
      
コメント

プロバイダーはOCN

2011年09月01日 22時13分50秒 | Weblog
OCNを選択している理由はやはり、サーポートが良いからである。メールの具合が悪く再設定
しなければならないことがある。この時、サーポートが親切ですぐに繋がる。
   
    
      
コメント

光プレミアム

2011年09月01日 22時04分09秒 | Weblog
私のPCの回線事業者はNTTのひかりプレミアムです。他の業者に比べると料金が高いかもしれない。
しかし、NTTを選択しているのは最大の回線業者であり信頼出きるからである。
サポート体制が良く、すぐに繋がる。1台のPCにはトレンドマイクロのセキュリティが無料で提供される。
有害サイトを閲覧を制限を出きる。
今の時代は株をネットですることが多い。この場合、信頼できるセキュリティソフトが不可欠である。
2台目は有料であるが、月額400円程度で提供される。
2台目のセキュリティソフトのパスワードを忘れてしまった。
結局、再インストールしたが、サポートに従いソフトをダウンロードして再インストールした。
結構、時間のかかる作業であり、サポーターの指示がなければできない作業である。
今回は2台とも共通のパスワードしたから忘れないと思う。

     
      
     
コメント