My Style

今日あった事、感じた事を自分の言葉で自然体で

『 パフューム ~ある人殺しの物語~ 』

2007-03-05 11:09:11 | entertainment
パフューム ~ある人殺しの物語~ 』をみた。

原作は、パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」。
残念ながら原作は未読だけれど、予告編でみた知識のみで映画に臨む。


ものすごくリアルに美しい映像だった。詳しく知らないけれど、その当時の
パリの街並みや雰囲気が見事に表現されていて(最初の魚市場はきつかった)
“18世紀、パリは活気と悪臭に満ちていた。”の言葉通り、人々の行き交う
その景色は圧巻だった。
後に出会う調合師ジュゼッペ・バルディーニのお店の様子や、人々、、、


それから後半の舞台となるグラースのまち。ラベンダーの咲き乱れる景色に
うっとり。

そこへ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による音楽ときたら、豪華!
心なしか匂いを感じてしまった?
五感を研ぎ澄まして、見るべし?






いきなり暗闇からこの物語の主人公であるグルヌイユの鼻が映し出され、
それから囚われの身の彼に処刑判決が下される場面に、ちょっとひく。


が一転、舞台は1738年のパリのセーヌ河沿岸に並ぶ魚市場へ。
悪臭漂う魚市場の、しかも捨てられた魚のはらわたの上に産み落とされた
赤ん坊が、ジャン=バティスト・グルヌイユである。
超人的嗅覚を持ち、何キロ先の匂いをも嗅ぎ分けてしまう。


すぐ育児所に引き取られた彼だが、誰からも愛される事なく、逆に育児所の
子ども達は超人的な嗅覚を持つ彼の存在を普通とは違うと感じ取り、疎まれる。

そして、13歳になったとき皮なめし職人に売られる。
普通なら5年が寿命のこの劣悪な環境で、彼は1日15~16時間、毎日休まず
ただ黙々と働き続けた。

青年にと成長した彼は、ついに勝利を手にする。
それは、パリの街中へ配達を命じられる=遂に別世界への扉が開いたのだ。



そこで、今まで嗅いだ事の無い匂い・香りを彼は貪欲に味わう。
このときの彼の表情に、自分も香りを追ってしまった。。。

そして、運命の香りとの出会い。
夢中で追いかけたその香りの先には、プラム売りの赤毛の美しい少女が。

グルヌイユにとって、生まれてはじめて感じる幸せだったのかも。
でも、誤って彼女を殺してしまう。

以降、少女の香りを再現したいがために彼の究極の香水創りがはじまった。





次々と若い女性を殺めていくのだけれど、不思議とあまり恐怖感なくみれた。
それは、彼があまりにも純粋にその香りを求めている姿のせいかもしれない。
しかも、背景に美しい風景、さらに殺された少女達の美しいこと。

今まで人間として扱われる事なく、劣悪な環境の中ただただ働き続けた彼の
たったひとつの至福。
変態だとか、殺人鬼というには、彼の目が無垢すぎて・・・

     

その後の展開は、おどろき  
だけど、なんとも不思議で官能的なラスト。








それにしても、彼は「座敷わらし」の様な性質も持っていたのか・・・

母に産み落とされて、すぐ捨てられ、そのことで母は絞首台へ。
その後引き取られた育児所から売られた直後、マダム・ガイヤールは殺され、
皮なめし職人グリマルもまた、香水調合師バルディーニに彼を売ったとたん
帰らぬ人に、でもって彼に100の香水レシピを書かせてグラースへ旅立たせた
その日、やはりバルディーニも2度と目覚めることはなかった。。。

う~ん、ある意味、こっちのほうが怖いような???












最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2007-03-06 09:06:05
TBさせて頂きました^^・
私は原作を読んでから映画を観ました。
とにかく不気味で居心地のわるい話ですが、原作のイメージを崩すことなく、よりリアルに映像化してあったと思います。
主役のベンの演技が見事でしたね。
これから彼のどの映画を観ても『あっグルヌイユだ。。。』と思ってしまいそうです(笑)
TBありがとうございました (ミチ)
2007-03-06 09:13:09
こんにちは♪
グルヌイユに関わったなめし皮職人の親方や調合師が不慮の死を迎えるのは、ちょっとブラックな面白みがありました。
「殺人」しているという意識さえなかったであろう彼の瞳は無垢でしたね~。
由香さん (happy-clover)
2007-03-06 23:54:04
こんにちは^^TB&コメント、ありがとうございます♪

先に原作を読まれたのですね~。私はこれから読んでみますね。

由香さんのブログでは小説と映画の比較も書いてくださってあって
ふむふむ、と読み入ってしまいました☆


仰るとおり、ベン・ウィショーとても良かったです。
本当に今後彼をみたら、ベンじゃなく“グルヌイユの人”になってしまいそうです。それくらい強烈な印象でしたね。


ミチさん (happy-clover)
2007-03-07 00:04:16
こんにちは^^
コメント&TB返し、ありがとうございます☆

彼に関わった人間は、最初の母親から・・・彼を手放す時=まさに不慮の死でしたね。
どこか生い立ちから異質のものを感じてしまいます。

逆に少女たちを次々と手にかけることに、仰るように「殺人」しているという意識さえなかったと思いました。あまりにも純粋に見えてしまいました。

観たい~!! (ma)
2007-03-07 14:06:17
この映画、実家に居た時頻繁にCM見て、是非とも映画館に!!と思ってたのですが、今は・・・
レンタルされるの待つしかないなーーー。。
でもhappy-cloverさんのレビュー読んで、観たつもりになれました
ありがとうございますっ!!
maさん (happy-clover)
2007-03-09 08:46:55
こんにちは~

私の映画の感想は、ネタバレばかりで、ごめんなさい。

「香り」というものを、映像で表現しようと言う試みがスゴイと思います。
“世界がひれ伏す香り”は、想像つきませんでしたが^^;

観る人によっては、ビミョ~と感じる方もいるような・・・
私は、あの世界観に入り込んでしまいました。。。


レンタル開始時にはぜひぜひ~