My Style

今日あった事、感じた事を自分の言葉で自然体で

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダブルスコア?

2013-02-23 15:17:03 | life

久々に眼科を受診。

前日、目をこすってから何となく左眼がしっくりこない。

コンタクトを外したい・・・しかし仕事中だし、あと少しで帰れるから

って、我慢して過ごし

帰宅してすぐにコンタクトを外したけれど、なんだかぼんやり。

裸眼で視力0.1以下ですから、それはまあ、ぼんやりするのですよ。

でも、いつもなら近づければよく見えるはずの手の指紋も、

鏡にぐっと寄ってガン見する自分の目玉もぼやけてる。

 

えっ?老眼って一日で進むの???

ちょっと違う気が、さすがの自分もしてきて、本当にお医者さん全般怖いけど

眼科に行かなくちゃ!

翌朝、目が覚めるとすかさず横になったまま自分の部屋の景色をキョロキョロ。

あれ、治ってる?!いつも通りに見えるみたい

でも、視力は本気で大事。眼科に行かなくては・・・

と、昨日からの経緯を話し、検査をしてもらうことに。

 

眼球に傷なども無いようですよ、老眼でも無いようですよと言われ安堵する。

しかーし、検査技師さんが更に続ける。

こちらの見本が正常な方の黒目の細胞です。そしてこちらが患者さんの・・・

と、申し訳なさそうにそっと私の細胞の写真を見本の横に添えてくれた。

ん?一瞬素人目にはそう違いはないように思えたのだけれど

どうやらだいぶ酷いらしい。

 

そして、検査結果を添えての医師の診察。

先生はサラッと「これは80歳くらいの細胞だな」と。

何ですと!?一応実年齢はその半分ですが

今現在、支障はなく過ごせていて、若返ることはなく、現状維持に努めることを

確認し、様子を見ることに。あと、ちょっとドライアイ気味だからと点眼液を

処方していただき、本日の診察は終了。

また4か月後に様子をみせに来て下さいとのことでした。

 

 

 

 

コンタクトは控えて、目をいたわって、いっぱいきれいな景色を見たい。

大事にします。見えるってありがたいです。80歳でも良い!

思いっきりダブルスコアだけど。

 

 

 

 


春の便り

2009-01-24 11:01:38 | life
まだ寒さ厳しいこの時期、毎年一足も二足も早く春の便りが届く。

今年は、八重咲きチューリップのアンジェリケとピンクのバラのブーケ

一目見た瞬間、心が躍りだしそうな明るい気持になり、ついつい表情も緩む♪






360度、どこからみても愛らしさで溢れんばかりのブーケ。

色も素材も私の大好きなもので構成されている。。。幸せ~

お気に入りのお花屋さんで、15年来の友が選んでくれる贈り物

好きなものがかぶりっぱなしの彼女なので、私の心を鷲掴みにするなんて他愛もないこと?

いやいや、すっごく考えてくれているのがビシビシ伝わってくるよぉ。

いつもありがとうね



























今読んでいる本。『食堂 かたつむり』小川 糸:著




読み始めたばかりだけれど、どんどん進む~

料理、いやいや食材に対しても気持ちがこもっていて
一つひとつ材料を吟味し、食べる人のことやその季節のことなど考えて
丁寧にじっくり下ごしらえしていく様子は、なんだか無性に料理したくなる。

気持ちって大切。




夏の風物詩

2008-08-08 00:05:40 | life

夏の果実・いちじく。

ハウス物などは、5月終わり頃や初冬くらいまで見かけるけれど、
お陽さまをいっぱい浴びて育ったこの時期のものが、やっぱり美味しい。

ここは、私のいちじくの主な入手先の一つ。

ふふふ、無花果の無人販売です。



のどか~な風景にとけ込むこの風貌。いいでしょう

朝、摘みたてをおじさんが自転車の荷台に乗せてやってくるところに遭遇すると
おじさんとの話も楽しめるし、日によってはおばさんが一輪車みたいなのに
たくさん積んでくることも。。。

美味しい・新鮮なうえに、そうなんです、300円なんです。
半端なく山盛りこんもりたっぷりで、ですよ☆

近くには、無人じゃなくて、生産者の方から直接買えるところもあって、
この無人販売の写真の右手側もイチジクの木だったりして、本当に新鮮。

たくさん買って、ジャムにしたり、コンポートにしたり、フレッシュなまま
ケーキやタルト、いえいえ冷やしてそのままいただいても絶品。


この無人販売は、季節によって取り扱うものが違って、冬はみかんだったりしますが

このいちじくの看板が掲げられると、季節だなぁ~と感じます。










ピレアのちょこっと白みがかった葉色が涼しげで、好き。












それから、この 通称→夏水仙。(正式名称は知りません。)
彼女が咲き始めるのも、我が家では8月に入ってから。
今年も、クールなピンクの花を咲かせてくれた。



6月

2008-06-08 08:27:24 | life
6月に入り、我が家の庭の様子もそれっぽくなってきました。

それにしても、雨よく降るなぁー。

でも、彼女たちは全身にしずくを受けとめながら、元気いっぱい。

彼女たちのおかげで、多少の雨が続いても、楽しみ♪









しとしと、雨の降る日は、ゆっくり窓辺で読書でも。。。

 


酒井氏のエッセイはくすりと笑ってしまうことも多い。
ばったばったと大胆な考えも、スカッと気持ちよかったりもする。
氏の話の切り口や目線は興味深いし、ほぉ~と思ったり、共感したりで
よく読むのですが、今回のこの2冊のタイトルが、30代も半ばになる
自分としては、おっと笑ってられるかしら?と手にとったのでした。





加速

2008-05-19 11:33:22 | life
今月に入って、またまたガソリンの価格はUP↑
マイカー通勤の自分(しかも結構な距離)も、月に4回は給油をする。

いつかの円高じゃないけれど、1ドル80円台の時、ガソリン1ℓも
80円台だったような記憶が・・・>やや前後しているかしら?

と、頭の痛い問題ではあるのですが、今日は別の話。。。


満タン給油のあとは、心なしか自分だけじゃなくて、車も少し気持ち良さそう。

ガソリンメーターに目をやれば、その針は振り切れんばかりに満タンの線を
はるかに超えている♪

50km走ったくらいじゃ、まだまだ針は満タンの位置。
100kmくらいで、さすがに少し減ったかな?なんて具合。

そんなこんなで、最初の1/4の目盛りまでは、走ってもなかなか減らない感を
持って>そんな都合のいいことある訳ナイのは承知の上での、気分的なモノ。
運転するのですよ。

目盛りの半分くらいまでは、いいのですよ。

ところが、半分を切る頃から、アレレ?もうこんなに減ったっけ?ってな様に
目に見えて減っていくのが分かるような気分。

いえ、いえ、そういうつくりになっているのは分かっておりますよ。
それを分かった上での、あくまで気分的なモノも加味しての自分の話。

それで、いつも思うのですよ。

これって、自分の若さのメーターにも似ているなって。。。

若いうちは(満タンなうちは)、まだまだ、いやひょっとして限りなくあるって
思うくらい減るものじゃないよな。と思っていた10代。

50km走ったところで、まだまだ満タンは20代前半かしら?


・・・で、30代の半ばになる自分は明らかに半分のメーターを切ったのでは?と。


もう、加速していますよ。老化に向かって。

ものすごく時間が経つのが早い>と、感じるのですね。


あんなにも、有り余るほどと思っていた時間や若さはどこへ???

でも、その時には、その価値には気がつかないのですよね。

愚かな自分。ふふふ。


若さという資産が目減りしている以上、何かで補っているんだろうなぁ?自分?

と、それには若干不安を感じつつ、今はその価値に気付いてますよ。




若かりし日の色んなことを踏まえつつ、これまで培ってきたことを生かし、
中身の濃い大人時間を過ごしたいものだなぁ~と、ガソリンのメーターを見ながら
思うのでした。

何やっているのでしょうね自分。




筋肉痛

2008-05-04 18:25:58 | life
今年も無事新茶シーズン突入。
ゴールデンウィーク、我が家は毎日お茶ですよ。

連休初日は、お茶摘み。

曇天だなぁ~なんて思っていたけれど、5月の紫外線は「なめたらいかんぜよ!」。
ちゃんと日焼け止め塗って・・・なんて思っていたのに、夢中で摘んでいると
時間を忘れ、時間が経ったら塗りなおすなんて事もすっかり忘れておりました。

で、昼近くに腕に照りつけるジリジリとした日差しを感じたときにはもう手遅れ。

あ~、腕がツートンに
朝は曇っていたのに、いつの間にこんなに晴れに?>紫外線は曇りでもバンバンですが。

つい家の仕事と思うと、日焼け止めにも意識がいかず






でもって、2日目の今日は、お茶は機械でガーッと刈ってしまいます。

私と妹はこの刈り取ったお茶の入った袋を運ぶ役。

自宅のお茶工場だったり、家から離れているところは畑まで乗りつけた軽トラの
荷台だったりに、サンタクロース並みの袋を持って運びます。

これが、その時々で重さは違えど、重たいときはビックリ20kg超ですよ~。

普段、へらへらとして重たいものを持つ機会は殆んど無い自分の日常生活に
これは重たすぎだろっ!と毎年の事ながら、ひとり心でツッコミを入れつつ、
ここ何年かは体力の衰えをあまりにもしみじみと実感できてしまう時ですな。


まだ、あと二日ある。。。もう体中が痛いのです


写真のバラは、この中心がほんのりピンク、外にいくほど淡~くなる具合に
グワッシッとハートを鷲掴みにされ、購入


このバラをみて、癒されながら、あー肉体労働








そうそう、先週は山盛りのツボミをつけていたクレマチスはこんな感じに咲きました。














八十八夜

2008-05-01 23:13:55 | life
今日から5月。
そして、今年は今日が立春から数えて八十八日目、そう八十八夜です。

お茶農家としましては、忙しい季節に突入です>父と母が。。。

最もお茶の美味しい季節とか、八十八夜茶は縁起がいいとか言われてますね。



我が家の新茶さんたちもニョキニョキ。
ふっ、毎年ゴールデンウィークはお茶摘&お茶刈りなのです。
今年も、家族総出で、頑張ります。





体力的には結構キツイのですが、やっぱり新茶は良いですね。

自宅のお茶工場から香ってくるお茶の香りはたまりませんよ。








ちょっとぼやきですが、、、
お茶は苗木を植えてから大きくなるまでに何年も何年も要します。

ひと昔以上前ですが、「やぶきた」はもう売れない、と農協から言われました。
今も昔も、我が家のお茶の品種のほとんどをやぶきたが占めています。
そう言われても、一度に全てのお茶を植え替えることは出来ず、ほんの一部
別の品種の苗木を植えたこともありました。
3年前はそこそこの値段で取引されていたその品種は、去年あたりから下向き。
今はまたやぶきたしか売れないというか、茶市場では需要が無いとのこと。

苗植えました、3ヶ月で収穫というようなものではないので、長いスパンで
考えると、すごく大変なのです。
市場の状況が今はこの品種と言われて、ハイじゃあ来年からは切り替えでって
わけにはいかないのですよね。

今のバター不足とは少し事情は違いますが、それも牛乳が売れず生産調整とかで
農場の方たちは乳牛の数を減らしました。
そこへきて、深刻なバター不足。でも、牛だって育って乳牛として立派になるまでに
どんなに急いでも2、3年はかかるのですよ。
どんな思いで牛を減らしたと思っているんだか・・・

生産者の苦悩でした。














春の佳き日に。

2008-04-09 22:25:14 | life
週末、我が家のプラムの木にも花がいっぱい咲きました。


この週末は、嬉しい出来事がありました。




土曜日の朝のこと・・・
休日出勤の支度中の弟に、ガバッと抱きついてじゃれながら
おはよー。と言うと、いつもは“コラ、コラ~”とたしなめられるのに、
この日は後ろから抱きついている私にお咎めナシで、しかも
「明日はどこかに出かけるの?」と問うではありませんか。

ど、どうしたんだ?!今日は一体。。。>不安怒ってる?
だから、その問いには答えずに、「なんで?」と訊くと、

「彼女が家に来るから」と照れくさそうに、そしてそれを隠すように
「いいよ、いいよー、出かけてくれても」と続ける弟。

きゃ~、嬉しい 「絶対に出かけません!」





弟の彼女はきっと少し離れたところにいるんだろうなぁ・・・
(大学時代に住んでいた所か?いやいや、卒業後すぐに就職した
 所なのか?どちらかで出会ってるに違いないと勝手に想像。
 でも、卒業後就職した会社は3年と少しで辞めて、実家から
 通える今の会社にUターン転職したのです。その時の母の
 喜び様といったら、もう。優しい子なんです
 と、それは今は置いといて。。。)
とは、毎週末のお出かけの様子で気付いてはいたけれど、
いつから?どんな女の子?なんてのは訊かずにいました。
そういうの、あまり言うタイプじゃない男子ですからね、我が弟は。


が、今日は訊いてしまえっ。

・・・前に勤めていた所で出会ったの?

・・・そう。

・・・じゃ、もう長いの?

・・・6年目かな。

・・・遠距離恋愛、大変だったね。

と言うと彼は何も言わずに、静かに微笑んだ。
その穏やかな表情が、彼女とゆっくり育んできたいろんなことを
物語っているようだった。

いつの間に、こんなに大人になっていたの、お姉さんは感激だよ。



それにしても、何てうれしいのでしょうね。
居るだろうと思っていたのに、実際に本人から彼女を連れてくると
聞いたら、自分のこと以上に幸せな気持ち

弟の彼女だから、絶対に私も彼女のことを好きになるだろうなぁ~
と、喜びと期待で浮かれる半面、緊張。>ナゼ、あなたが?ですよね




そして迎えた日曜日。
ぽかぽかと暖かくて、なんていい天気でしょ

やさしい弟のことを、みーんなが祝福してくれているみたいで、
朝からひとりほくそ笑む自分。

早朝から彼女を家まで迎えに行き、昼前に家に到着した二人は、
緊張した様子。それに負けじと、緊張する私たち家族。。。

彼女を私たちに紹介してくれた。

彼女は私が想像していたよりも更にステキなしっかりした女性だった。
弟のことを大切に思ってくれているのが、ひしひしと伝わってくる。
何よりうれしかったのは、弟の良さを本当に理解してくれていること
だった。本当にありがとうね。思わず感涙>姉バカ

姉の欲目かもしれないけれど、本当に良いヤツな弟。
でも、ぶきっちょだし、自分をアピールするなんで器用なこと出来ない
だろうし。
だけど、ちゃーんと見ていてくれて、気付いてくれた人がいるんだね。
彼は幸せだなーと思って、また涙


幸せな日曜日。みんなに感謝。






それにしても、なんなに良いムスメさんと6年も愛を育んでいたなんて
人として弟を尊敬してしまう。



後日、年子の妹と、
“彼女、いい子だったねー”
“弟がいい奴だから、やっぱ彼女も良い子なんだよね”
と、姉バカ・ふたりなのでした。







無欲の・・・?

2008-03-31 22:21:01 | life
よく聞く無欲の~~とかってコトバは自分には無縁と思っていたけれど・・・

だって、宝くじを買う時なんて、当たった場合の使い道を当選金額別に
細かくシミュレーションしてたりして、貪欲なこと

食い意地も張ってるしなぁ~。


でも、今日は無欲ゆえの小さな幸せありました

居るかな?もしかして会えるかな?なんて期待は少しも持たずに、
とにかく月が変わる前にそこに行かなくては!と思って行った先に、
その会いたい人がいました。

会いたかった?というか、いざ会ったら、会いたかったんだなぁ自分
としみじみ思ってしまったというのかしら。

ふふふ、このやさしい顔、この耳心地の良い声、そうそう腕フェチの
私好みの程よい筋肉のついたキレイな腕も見たり。半袖でしたよ


ん~、無欲で行こう。これからも。>あっ、それは無理っぽい

でも、これで、1週間は頑張れそう







そうそう、週末・土曜日に撮った写真。
この大好きな水仙も咲いてきたよ。この縁どりがかわいい♪



でもって、池の脇に咲くボケの花。
ちょっと見たら梅にも似ているような。。。

ツボミもいっぱい付いているから、来週には見頃かなぁ~。






それから、アネモネちゃん。
デカン咲きの白が欲しくて、昨年秋に球根を母と一緒に植えたのでした。
ここのところのあたたかさに、ほんの数日の間にニョキニョキと育って、
今にも咲きそう!なんだけど、この日はここまででした。今度のお楽しみ






昨日から降っている雨で、桜が心配だったけど、咲き初めだったからまだまだ元気。
今度の週末までもつかな?

天気が良かったらお花見ですね





花粉。。。

2008-03-16 21:26:36 | life
雨の降る金曜日に退院したのは、ちょっぴり花粉症の私には幸運なこと。

小さい頃から悩まされて来たアレルギー性鼻炎も、確実に花粉症となり
これはもうやってられません!って逆ギレ寸前の時、なぜだかフッと
症状が軽くなったのが忘れもしない25歳の春。
四半世紀もコレに苦しみ、肌も曲がり角となった私への思いも寄らない
贈り物だった。
それまでなんでもなかったのに、突然に花粉症になってしまう人は私の
まわりにもいっぱいいるけれど、こんなに劇的に軽減されてしまって、
申し訳ないです、でも、ありがとうございますっ☆でしたね。

ところが、またここへきて、少し花粉チックな日もある。
これは花粉の飛散量にはあまり関係ないらしく、天気予報とかで明日は
“非常に多い”とか言われるとドキッとするのだけれど、私の場合は、
それとは無関係に自身のコンディションによるものなのか、飛散量予報が
症状に比例しないのです。
とにもかくにも、軽めです。

が、なぜか、この1週間は明け方にくしゃみが止まらない。
普通の時だったら良いのですよ、それでも。
が、開腹手術の直後の私には、なんて酷なくしゃみかしら。
痛いなんてものじゃナイですよ

だから、雨が結構激しく降ってきても、よしよし・・・なんて思ったり。


が、一晩経ったらよい天気

入院前、朝の気温はまだ氷点下だったのに、少し留守にしている間に
すっかり春めいてましたよ、我が家も

まだ蕾だったクリスマスローズもこんなに咲いている





こっちはラナンキュラス。もうじき咲きそう~。







それから、去年の秋に植えたいちごちゃん。

こんなに花を咲かせて、ちっちゃい赤い実も付いてる





サクラソウも開花。

温度も上昇して、あったかい




と喜んでいると、くしゃみが

なにかが過飽和になるのに数十分かかるらしく、それまでの間は平気。
でもある一定時間を越えると、くしゃみに襲われたこの週末。

これも、春なのね。。。

ま、まあ、いいさ。態勢立て直して第二弾は午後一にでも。

まだまだお腹のハリとかもったり感はあるから、少し休んで、、、




月曜から会社復帰なのに、すっかり怠け癖のついた自分。
自分に甘く、人に厳しいですからね。


でも入院すると、みんなのやさしさがいっそう身にしみて本当に嬉しくて、
私もみんなに優しくありたいと思うのです。