極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

沈黙の断末魔

2019年03月25日 | 医療健康術



             

                                                    

 八  佾 はちいつ
ことば-------------------------------------------------------------------------
この篇は、礼をテーマとする章を中心として編集されている。
「夷狄の君あるは、諸夏の亡きがごとくならざるなり」(5)
「なんじはその羊を愛しむ。われはその礼を愛しむ」(17)
「成事は説かず。遂事は諌めず。既往は咎めず」(21)
「天下の道なきや久し。天まさに夫子をもって木鐸となさんとす」(24)

--------------------------------------------------------------------------------
11 ある人が天帝の祭りの意義をたずねた。孔子は、
「わたしには、とても答えるだけの自信がありません。もっとも、自信をもって答えられ
るほどの人
物なら、ほら、天下のことだって」と言いながら掌をひろげてみせた。「この
上で苦もなく、あつ
かえるでしょうがね」

掌をひろげてみせた〉 原文、指其掌。物事を筒明に要約することを指掌(ししょう)
というのは、これが出
典となっている。

12 孔子が祭りに臨む態度は敬虔そのもので、あたかも祭る神や先祖が現前しているか
のようであった。かれはこう言っている。
「わたしは、自分が参加できなかった祭りは、祭りが終わっても、終わった気持になれな
い」

★一九六九年にトルファンのアスタナ墓地で発見された、唐代の「論語部氏注」写本残巻
(ト天寿・十二歳という筆写者の名前・年齢と、景竜四〈七一〇〉年の日付が記されてい
る)によると、鄭玄は本章に次のような注を付している。「察知在」は当時伝えられてい
た聖賢のことばであるが、「知在」の意味がすでによくわからなくなっていたために、こ
れを「祭神知神在」と解読したのである、と。江戸中期の学者、荻生祖株(『論語徴』を
著わした)が本草に付した注は、この鄭玄注と一致している。なお、訳文の解釈は、新注
によっている。

13 王孫賈が孔子に謎をかけた。
「奥の座敷で祈るより、かまどの前でよく祈れ〃という諺がありますね。これはどういう
意味でしょうか」
「それはまちがった諺です。天から罰せられる行為をすれば、そもそも祈ろうにも祈る場
所がなくなるのです」

王孫賈〉 衛の雷公に仕えた重臣。孔子は、彼がよく雷公を輔佐したことを認めている。
奥の座敷で祈るより、かまどの前でよく祈れ〉 奥の座敷は雷公を、かまどは王孫賈自
身を指す。 



【ホームトレーニング体験記:メニューを大幅変更】

スモールオフィスの作業時間や子供たちの生活スタイル(職場の交代制など)と彼女から
のルームウォーキング自粛要請が入り、半年ぐらい前よりメニュー変更する。基本的には
時間さえあればいつでもできるのだが、通常は、モーニング・ルティーン───ゴミ捨て・
手洗い洗面・伊勢白山荒神礼拝・般若心経独唱・朝食を済ませ、トレーニングとなるが、
モートレは、踵落とし(30回)→斜め腕立て(30回)→ロコモーション変形スクワッ
ト(30回)、ラジオ体操風に両肩両側腕のもみほぐしながら繰り返し、腕立伏せでは、
デスクやテーブルの天板端部に両手を月押しこれをその日の状態で負荷を調節し行い、ス
クワットはロコモーションから上半身はスイミングの平泳ぎ・背泳・バタフライ・クロー
ル動作に変更───上半身を足腰の上下反復に合わせに工夫がいる───させこれを行う。
このルーティンは結構ハードでその日の体調で負荷(回数は変えないが、速度や角度など)
を調整する。

  

 

   

ところが、3月24日の夜NHKのテレビ放送『特集|隠れ脂肪肝』(非アルコール性脂
肪性肝炎)を録画再生すると、スクワットとウォーキングで充分だということが、詳細は
不明だがそのメカニズム(肥満やストレスが誘因)がわかってきたという。筋肉。背・尾
骶骨、食事制御からの刺激で予防できるというのだが、"継続は力なり"というから忙しい
ければ、その時間を削り、"モートレ"に勤しむことに。

  

【警告:沈黙の脂肪肝に注意!】

  

自覚症状がなく、健康診断でも分からない“隠れ脂肪肝”。肝硬変や肝臓がんなどの肝臓
病をはじめ、他の臓器のがんや脳卒中、心筋梗塞、認知症など全身の深刻な病につながる
ことが明らかになってきた。どう予防・対策すれば良いだろうか?  肝臓に過剰な脂肪が
たまった状態の「脂肪肝」。血液検査の肝機能の値は正常なのに、実際には脂肪肝という“
隠れ脂肪肝”の人が多くいることが分かってきた。健康診断で問題がない20代から70
代の50名の肝臓を最新の超音波機器「フィブロスキャン」で測定したところ、およそ3
割の人が「脂肪肝」と判定された。脂肪肝になると、肝臓の細胞は脂肪を蓄積する一方、
細胞が傷つきやすくなる。進行して、傷ついた細胞が硬い組織に変わると「肝硬変」とな
り、健康な肝臓に戻ることはできなくなります。だからこそ、「脂肪肝」の間に対策し、
健康な肝臓を取り戻すことが大事。「脂肪肝」を放置すると、「肝硬変」や「肝臓がん」
など深刻な肝臓病に進行するだけでなく、全身の病につながることが最新の研究で分かっ
てきました。2018年に発表された研究では、「脂肪肝」は全身のあらゆる臓器でがんのリ
スクを高めることが明らかになりました。特にリスクが高いとされているのは肝臓がんの
ほか、胃がん、すい臓がん、肺がんで、健康な人に比べリスクは2倍以上。健康診断の血
液検査では見つけることができない“隠れ脂肪肝”。自分に起きているか、どうすれば分
かるのあろうか?番組で“隠れ脂肪肝を見つけるのに使った最新の超音波機器は、設置し
ている医療機関が限られています。そのため、自分が“隠れ脂肪肝”になりやすい状態か
どうかを調べるには、普段の生活習慣などをチェックすることが最良の方法です。 今回、
NHKでは専門家の協力を得て、自分の“隠れ脂肪肝”危険度を調べられるチェックリス
トを作成した。もしこのテストでリスクありと出た場合、ぜひご自身の生活習慣を見直し
てみてください。まず大事なのは“隠れ脂肪肝”の原因となる生活習慣を改善すること。
中でも、「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」「運動不足」を避けることが基本です。番組では、専
門家の監修のもと簡単にできる脂肪肝対策を考案した。まずおすすめは、筋トレ」と「有
酸素運動」を組み合わせる運動法です。例えば、スクワットを10回した後、15分のウ
ォーキング。スクワットをすると肝臓の脂肪をエネルギーに変えるスイッチが入り、その
後、ウォーキングをすることでその効果は持続します。さらに、最新の研究でその効果が
注目されている食材として「大豆製品」と「コーヒー」を紹介。大豆に含まれるたんぱく
質には、肝臓に蓄えられた脂肪の燃焼を促す効果があることが突き止められている。専門
家は1日75グラム程度の大豆製品を取り入れることを勧めています。また、コーヒーに
含まれるカフェインにも脂肪を分解する効果があり、1日3杯以上コーヒーを飲む人は脂
肪肝のリスクが低いという研究も発表されています(※コーヒーは飲み過ぎに注意)。

 Mar. 24, 2019

 Oct. 26, 2017

 

❏ 特表2014-521053 肝線維症検出装置および検出システム

【概要】
現在のところ、肝線維症および肝硬変の臨床診断は、およそ以下のカテゴリーを含む。(1)
ゴールドスタンダードである肝生検→肝生検後の病理スライド検査による肝線維症の病期分類
staging)。一般的に使用される方法では、B型肝炎を含み例えば5病期(5ステージ)、つ
まり、S0、S1、S2、S3およびS4であり(中国のB型肝炎病理評価基準)、およびC
型肝炎を含み例えば5ステージ、つまり、F0、F1、F2、F3およびF4である(メタヴ
ィアスコア(Metavir score))。この方法は侵襲的な診断方法である。 (2)血清診断:現
在のところ、血清学的変数をシミュレートする診断モデルが10以上ある。これらのモデルは
、異なる血清学的生化学的変数の組み合わせに従って(統計的回帰法のような)数学的計算に
よって数式を得る。(3)超音波検査画像や磁気共鳴(MR)画像、および他の画像方法のよ
うな画像検出。 (4)超音波弾性画像装置:例えばフィブロスキャン(FibroScan(FS))
は、肝臓の硬度を測定し、異なる値の範囲によって異なるステージを示す。この方法は画像検
出の範囲に含まれうる。(5)加えて、プロテオミクスマッピングのような遺伝子検査が出現
しつつある。 しかしながら、ゴールドスタンダードである肝生検は侵襲的な診断方法である。

それは患者が回復するのに長時間かかり、安全性の問題を有しており、サンプルの偏差による
影響を受ける。現存する血清生化学的マーカーモデルは、低い精度および感度または高いコス
トというような理由のために、臨床診断への幅広い普及や使用がない。画像方法は機器に限定
されている。フィブロスキャンにより測定された硬度は、肝線維症の検出のみならず対応する
肝機能、および、ある程度の病変にも関連している。フィブロスキャンは普及しており適用さ
れているが、その制約のため、ある患者群には検出のために使用することができない。この分
野の技術者は、実状に照らして高精度であり、使用が容易で非侵襲である肝線維症の診断方法
を提供しようと常に努力しており、本件の目的はは、検出精度、感度および選択性の改善され
た肝線維症の検出装置および検出システムを提供にある。 下図6の如く、 少なくとも血小板、
ヒアルロン酸、血清直接ビリルビン、プロトロンビン時間、血清グルタミン酸ピルビン酸トラ
ンスアミナーゼおよび血清グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼを含む血清生化学的
変数および年齢を受信する入力装置(31)と、この入力装置(31)によって受信された年
齢および血清生化学的変数とトランジェント・エラストグラフィ画像データに従って肝線維症
の病期分類を行う分類器(32)と、分類器の病期分類結果を出力する出力装置(33)とを
備える肝線維症検出装置およびシステム。このシステムは非侵襲的、高い実用性、簡単な方法
低コスト、および高安全性という利点をもつ。

 

 

ところで、肥満防止には食事回数を減らすことを指導するドクターもいるが(上掲載、紹
介書籍参照)、大豆を摂取やコーヒーなどのカフェインが過剰な中性脂肪の削減に有効な
んだ、詳細は不明だが、"騙し絵"のように大豆タンパクが肝臓を経由し、食べる量がが少
ないと判断し、脳に「カロリー不足」信号を送ることにより、脳が肝臓に貯め込んだ中性
脂肪を分解するというから、件のドクター説と一致するということで、"風が吹けば桶屋"
が儲かる" という行動経済学が成立し、ブログ掲載した『オールソイタウン構想』に繋が
り滋賀県に5千人の街が生まれ、健康寿命が伸び医療費が削減され、所得が増える"一石
四鳥"となるからこれは面白い話しだ。

 

【1回の採血でがんと脳卒中、心筋梗塞の発症リスク評価】



4月より血液中のアミノ酸濃度の分布を分析することで、10年以内に脳卒中や心筋梗塞を
発症するリスクを評価できる───食品大手の味の素は、スクリーニング検査を提供開始
することを公表。それによると 血液中に含まれるアミノ酸の濃度バランスは、健康な人
であれば一定に保たれるようコントロールされるが、疾病に罹患するとそのバランスが変
化することが分かっている。これを利用して、味の素は血液中のアミノ酸濃度のバランス
から、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにするスクリーニング検査「アミノインデ
ックスリスクスクリーニング(AIRS)」を2017年11月から提供してきた。全国の人間ドッ
クを中心に既に約1400施設で採用されている。 これまでのAIRSでは、(1)現在がんであ
る可能性、(2)4年以内に糖尿病を発症するリスク (3)必須アミノ酸と準必須アミノ酸
の状態、の3つを評価することができた。(1)のがん罹患している可能性に関しては、胃
がんや肺がん、大腸がんなど7種類のがんを対象にしている。

これらの評価項目に加えて、今回新たに追加するのが、10年以内に脳卒中や心筋梗塞を発
症するリスクである。AIRSによって、がんと脳卒中、心筋梗塞の全てを評価できることに
なり「3大疾病を評価できる国内初の検査」と味の素 代表取締役専務執行役員 アミノサ
イエンス事業本部長の福士博司氏は強調する 脳卒中と心筋梗塞のリスクを評価する方法
は、滋賀県長浜市と京都大学大学院医学研究科が立ち上げた「ながはま0次予防コホート
事業」で収集した約4000人の血液データを活用して開発した。10年以内に発症するリスク
をA~Cの3段階で評価する。 リスクが最も低いAの人に対してリスクが最も高いCの人は
11.4倍の確率で発症する可能性があるという。実際、長浜市の住民のうち、Cと判定され
た人の約5%が10年以内に脳卒中または心筋梗塞を発症したのに対し、Aと判定された人の
発症率は約0.5%だった。AIRSでは、リスクを評価するだけでなく、評価結果に応じて生
活習慣の乱れを改善する策も提案している。まずはAIRSで未病を可視化し、早期介入に役
立てたい考えだ。

❏ 特開2019-015546 膵がん患者における悪液質の評価方法、評価装置、評
価プログラム、評価システム

【概要】
がん診断初期から継続的に患者の身体状況と生活の質(QOL)を良好に維持する治療は
重要であるが。食欲不振、体重減少、全身衰弱および倦怠感などをきたす悪液質状態とな
ることが大きな弊害となる。悪液質は、「従来の栄養サポートによって安全には回復する
ことができない骨格筋量の継続した喪失によって特徴づけられる多因子性症候群であって、
進行性に機能障害を引き起こし、且つ、その病態が、減少した食物摂取量と代謝異常の様
々な組み合わせによって引き起こされる負のたんぱく質とエネルギーのバランスによって
特徴づけられるもの」と定義されている。悪液質の発生率は、がんの種類により異なる。
発生頻度の多いがんは、肺がん、膵がん、胃がんおよび食道がんであり、一方、乳がんで
は発生頻度が少ない。悪液質は膵がん患者の主な死因であり、有効な治療法は確立されて
いない。現在期待されている治療ストラテジーは、早期悪液質の時点で、すなわち代謝異
常の程度が軽度な段階で介入を行うことである。悪液質の今後の進行を予測し、適切な栄
養・運動介入または薬物的介入を行うことで、悪液質の進行の遅延、治療効果の向上なら
びに身体的および精神的なQOLの向上が期待できる。悪液質および悪液質の病勢の早期
予測および診断は高い臨床意義を有する。European Palliative Care Research Collaborative(E
PCRC)は、悪液質診断基準を提唱した。しかし、EPCRC悪液質診断基準では悪液質の早期
診断は困難であることが報告されている。血中バイオマーカーを用いた悪液質状態の分類
としては、prognostic CRP classification、およびmodified glasgow prognostic scoreが報告され
ているが、悪液質の早期検出に有用との報告はない。悪液質の特徴は多面的な症状増悪で
ある。悪液質の多面的な病勢悪化を評価する指標として、EPCRCはSIPPツールを提唱した。

SIPPツールは、4つの構成要素:食欲、体組成、身体活動性、悪性腫瘍の活動性指標とし
ての急性期炎症性蛋白であるC反応性蛋白(CRP)の血中濃度をそれぞれ評価し、多面的に
悪液質の病勢を評価する。これまでの報告では、体重減少に、食欲不振、急性期炎症性蛋
白であるC反応性蛋白(CRP) 、体組成の変化を組み合わせることで悪液質の早期診断が
可能となることを示唆する報告もある。膵癌患者が悪液質状態に陥る前段階では、アミノ
酸を含めた血中代謝産物のプロファイルが変化する。膵癌が発症し病状が進むにつれてバ
リンおよびアラニンの血漿中濃度が低下し、悪液質状態となっても特徴的な血中アミノ酸
プロファイルを示す。悪液質状態に陥る前の進行膵癌患者では既に体内脂肪が減少してい
るが(非特許文献13)、膵癌悪液質モデルマウスでは脂肪萎縮が優位な状況でも脂肪分
解および骨格筋異化反応が亢進していた。 なお、先行特許として、アミノ酸濃度と生体
状態とを関連付ける方法に関する特許文献1、2、3が公開されている。また、アミノ酸
濃度を用いて膵臓癌の状態を評価する方法に関する特許文献4が公開されている。

下図1のごとく、本実施形態では、膵がんを有する評価対象の血液中の19種類のアミノ
酸(Tyr,Ser,Asnなど)および56種類の代謝物(18-Hydroxycorticosterone-2-Cortisol
,Glyceric  acid,Gu
anidoacetic  acidなど)のうちの少なくとも1つの濃度値を用いて、
評価対象について、悪液質の将来の状態を評価する。 膵がんを有する評価対象における悪
液質の将来の状態を知る上で参考となり得る信頼性の高い情報を提供することができる評
価方法などを提供することを課題とする。


    
【エネルギー通貨制時代 78】  Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era”



【ソーラータイル事業篇:ソーラーシェアリングの事例研究Ⅰ】 

● 2018年8月時点で、すでに全国で1,100件あまりが稼働

ところで、エネルギータイリング事業から観るとソーラーシュアリングとも言えるが、この
営農型太陽光発電事業は、営農から観れば、❶露地型は従来法の天候不順や病害虫発生の影
響が大きい。❷それに比べ、ハウス栽培・温室栽培農法は、太陽光植物工場タイプで半人工
型農法で外部環境の影響は受けにくいが、初期設備費用が大きくコストアップする。❸また
完全人工型農法は付加価値農作物向けの農法で初期設備投資が大きくなる。ソーラーシュア
リング営農は、❶と❷の中間し、過剰で有害な日射を電気に変換しその電力を自家消費しつ
つ、売電できる利点があるが環境変動に対しては❶とさほど変わらない。❸はルーフトップ
/ファーサイドにソーラー/サーマル変換でき栽培制御に要すエネルギーを相殺し、場合に
よれば栄養肥料/殺虫・殺菌剤(主に、水素。酸素、オゾン・炭化水素化合物)として、あ
るいは照明・空調などで付加価値の植物作用物(マンゴ・キノコ・薬草)あるいは畜産・魚
介類の養殖(❷の半人工栽培・養殖も同様)などが生産できる。

さて、昨今注目を浴びるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)は、農林水産省が公
表したデータによると2017年3月末時点で国内に1,182件(新規許可件数)あり、設置面積
は330.9haとなっている。2013年3月末に『支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等に
ついての農地転用許可制度上の取扱いについて』(24農振第2657号農林水産省農村振興局
通知)が発出されてから4年での実績である。 2018年5月にはソーラーシェアリングの大
きな制度改正があり、前述の通知は『30農振第78号農林水産省農村振興局通知』として新
たに発出され、ソーラーシェアリングの設備設置に必要な農地の一時転用許可期間が従来
の3年以内から条件付きで10年以内に延長された。
これに際して、ソーラーシェアリング
へ政策的に何を期待しているのかが示されている。今次の改正に併せて、さまざまな資料
が農林水産省から公表されている中に、「農業経営の改善や地域の活性化の効果を期待」
という一文がある。また。『営農型太陽光発電取組ガイド』の表紙では、「作物の販売収
入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による農業経営の
さらなる規模拡大や6次産業化の推進が期待」されるとしている。このように、ソーラーシ
ェアリングには単に農地を利用して太陽光発電事業ができるというのではなく、農業を自
然エネルギー事業によって支える、
活性化させていくという役割が期待されている。


                                この項つづく 

 ● 今夜の一曲

Live and Let Die   Sir James Paul McCartney
Songwriters:Paul McCartney · Linda McCartney

ウイングス5枚目のシングルとして同年6月1日に発売された。イギリスでは7位を記録。ビ
ルボード誌では、1973年8月11日に週間ランキング第位を獲得。ビルボード誌1973年年間ラ
ンキングでは第56位。キャッシュボックス誌では、8月18日付けで第1位を獲得し、年間ラ
ンキング第33位を記録した。ベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』『オール・ザ・ベ
スト』、『夢の翼~ヒッツ&ヒストリー~』に収録。007の歴代主題歌としては初めてイ
リス・アメリカ両国でチャートトップ10入りを果たした。映画『007 死ぬのは奴らだ』
サウンドトラックは、ビートルズ時代のプロデューサー、ジョージ・マーティンが受
け持
っており、ポールは彼から主題歌の依頼を受け作曲。ポールは、映画の中でもウイ
ングス
として歌うつもりだったが果たせなかった、とのエピソードが残る。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ラストワンマイル37 | トップ | 日中小型電動バス戦争 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療健康術」カテゴリの最新記事