goo

マイ語録(19)そのカードを使ってほしいのは誰?

そのカードを使ってほしいのは誰? カードゲームをやっているとしよう。 「あなたのため」と言われてあるカードを使おうとしている そのカードは誰のため? 一見よさそうで、後々ダメだったこともある 一見ダメそうで、後々よかったこともある 一見よさそうで、やっぱりよかったこともある 一見ダメそうで、やっぱりダメだったkともある 何を基準にしたらいいのだろう それまでの経験を活かし、自分の頭で考え . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(18) 敵は使ってほしくないカードをほめない

敵は使ってほしくないカードをほめない カードゲームをやっているとしよう、 そのときは敵と味方がいて、自分の勝利が目的(最優先課題)となる。 誰でもうらやむいいカードを自分が持っているとき カードをほめるのは誰だろう。 次に戦う相手は決してほめないであろう まして、使い方次第で凄い働きがあるとしても、 一見ジャンクに見えるその弱点だけを指摘し、手札に入れることは勧めないであろう。 とこ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(17) カンフル剤より漢方薬による体質改善を

カンフル剤より漢方薬による体質改善を 活力を取り戻すためには、どうしたらいいのだろう 確かにカンフル剤や外科手術の効果がある場合もある。 しかし、それは緊急時(一時しのぎ)。 じっくりと体質を改善する漢方的な処方(解決策)ができると 長期的に安定して問題解決ができる。 そのためには、 体質と病状を見極める力が必要である。 陰陽温冷・・。 そういう見極めと対策に自信ないと、 声高に効能をま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(16) 問題解決に万能薬はない

問題解決に万能薬はない(あるはずがない) どんな解決策にも長所と短所がある。 一度うまくいったからといって、 何もかも同じ処方箋(解決策)で上手くいくはずがない。 こだわり(幻想、経験主義)を捨てて、現状を見て、先を見通して 考えられる解決策の中で最善を模索する。 その繰り返しでいいではないか。 (それしかない) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(15)青虫が蝶になるためにはサナギの期間が必要

青虫が蝶になるためにはサナギの期間が必要 熟成には時間が必要 青虫はすぐに蝶にならない、必ずサナギの期間がある。 ただ春を待って休んでいるのであろうか。 決してそんなことはない。 自由に飛び回る羽根、 花を見つける眼、 蜜を吸う口 どれもサナギの間に形作られる。 サナギの期間はなくてはならない。 そして、 完全に準備ができて初めて羽化するのである。 とにかく羽化して、うまくいかなかっ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(14) 一面だけ見て『変える』とかえっておかしくなる

一面だけ見て『変える』とかえっておかしくなる 今までのやり方にはその意味がある。 『変える』ときには失うものにも注視しなければならない。 何事にも、長所と短所がある。 今までのやり方で不都合な一面があったとしても それだけに目を奪われて、全体を見失ってはない。 長所を活かすために、短所を補う工夫ができればよい。 今までのやり方の長所は何か、短所は何か それを見極めないで「おかしい」「変えよ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(13) 『変える』とは問題解決の手段であり、目的ではない

『変える』とは問題解決の手段であり、目的ではない どういう効果があり、その結果どいう成果があがるのか こそが重要である 『今までのやり方を変えたこと』を成果として語ってはいけない。 それは、 『変える』ことそのものが成果であると 思い込んでいるのではないか。 根本的に解決しなくてはならない課題が何かを 見抜くことができなければ、 その問題を解決することはできない。 根本的に解決しなくてはな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(12) 森を見て木を語りあい、木を見て森を語りあおう

マイ語録(12) 森を見て木を語りあい、木を見て森を語りあおう 木が生きるから森が育ち、森が生きるから木が育つ 総合的な計画とは 木を見て森を語りあい、森を見て木を語りあうことで はじめて作り上げることができると感じます。 あなたはどう思いますか? 森と木の両方のイメージを持っていれば 木を語りつつ、森を語りあい 森を語りつつ、木を語りあう ことができる 森と木の両方のイメージを持って . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(11) 世の中には知らないことが沢山ある。だからから楽しい。

マイ語録(11) 世の中には知らないことが沢山ある。だからから楽しい。 自分の知っていることが世の中のすべてではない。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(10)私は噂を信じない

マイ語録(10) 私は噂を信じない うわさを信じちゃろくなことはない。 私たちが物事を判断するとき 誰が言っているのかを 基準にすることはないだろうか。 科学の世界では たとえ無名でも、若手でも、 誰が言い出したかではなく、 その論理が証拠に基づいて正しいかどうか だけが重要である。 そのような、科学的な思考(感覚)を 大切にしていきたい。 自分で見聞きし、感じ考え、判断するのが 面倒 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(9)囲碁の達人は終局をイメージして布石を打つ

マイ語録(9) 囲碁の達人は終局をイメージして布石を打つ 素人にはその一手の良し悪しが判らない 何かを進めるとき、 未経験者は、いつ、どこで、何が必要になるか イメージができないので、 後手後手となり振り回される。 経験者(達人)は、 いつ、どこで、何が必要になるか イメージできるので 先手先手で準備ができる。 おおきな課題を遺漏なく解決するためには、 何を、いつまでに準備するのか、 はじめ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(8)攻めときは守りを意識し、守りときは攻めを意識しよう

マイ語録(8) 守りときは攻めを意識し、攻めときは守りを意識しよう 皆が右の向けば左を、皆を左を向けば右を KYとは空気を読めない人のことだそうだ では、 その空気をつくっているのは誰? 雰囲気だけで、行動してよいのだろうか。 試合の流れの中には、守りの時間がある。 堅守とカウンター(少人数による速攻)により 勝機がやってくる。 そこには、チームとしての意識の統一が必要である。 奪ったボ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(7)仕事には、やれば終わる仕事と、どうやったらいいのかわからない仕事がある

マイ語録(7) 仕事には、やれば終わる仕事と、どうやったらいいのかわからない仕事がある 何かを始めようとしたとき いろいろな仕事内容がある。 例えば、イベントを企画するとき どんな準備が必要だとイメージしますか? その中には、 今までの経験から自分でできることがある。 どのような段取りをしたらいいのかもわかる。 また、協力者に恵まれなければ 自分でやればいい。 今までに経験したことのないこ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(6)伝統は守ろうとした途端に失われていく

マイ語録(6) 伝統は守ろうとした途端に失われていく 伝統を築き上げる=その時その時で最善の選択を続けること なぜそういうやり方をするのか? 昔からやっていたからだ! なぜこういうやり方をしないのか? 昔からやっていなかったからだ! たとえどんな伝統であろうと、 そういう理由で続けているものは やがて終わっていく その時、その時で もっともよい方法を模索し続けることで 伝統は息づいて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイ語録(5)「あいつは自分の主張を曲げない」と思うとき、相手も同様に思っている

「あいつは『自分の主張を曲げない』」と思うとき、相手も同様に思っている とりあえず言い分を聞いてみませんか。 最近 「あなたは『自分の考えを押し通そうとしている』」 と、言われることがあった。 しかし、自分としては、 明らかに『このほうが正しい』 明らかに『このほうが効果的だ』 と、思っているとき、 他の人の考えとは異なる自分の考えを 懸命に説明しようとすることはよくある。 ごく最近になっ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ