goo

赤十字幻灯講演(12) 日赤鹿児島百年史(赤十字幻灯)2

明治時代の人にとって、 『幻燈講演』とは、どのようなもので あったのでしょう。 このブログでは 『最新技術を用いたプレゼンテーション』と 評価してきました。 そして、リーダーシップ論にも つながると考えさせられました。 リーダーは、 最新の技術に対して基本的な知識と技能と その良さを見抜くセンスを持ち、 自ら示して、納得させる。 そうあってこそ、そこに『本当の権威』があり、 単なる『権威主義 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(11) 日赤鹿児島百年史(赤十字幻灯)1

昨年末に、日本赤十字社に 明治時代の加納久宜鹿児島県知事の 『赤十字幻燈講演』について問い合わせたところ 日赤情報プラザさんから 『日赤鹿児島百年史(赤十字幻灯)』も 紹介していただきました。 県内視察の日没後、 各地で行われた『赤十字幻燈講演』は どんな内容だったのか。 どうして、そこまで熱心になれるのか。 あらためて考えました。 三 赤十字の幻灯会  日赤鹿児島市委員部は明治三十七年九 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(10) 日本赤十字社百年史(赤十字幻灯)

昨年末に、『赤十字幻灯講演』について 日本赤十字社に問い合わせたところ、 赤十字情報プラザから、 『日本赤十字幻燈説明書(明治29年12月訂正)』と 『懐旧九十年』(石黒忠悳)の コピーを送っていただきましたが、 それに先立って、 先ずメールにて 『日本赤十字社百年史(赤十字幻灯)』 『日赤鹿児島百年史(赤十字幻灯)』 を紹介していただきました。 あらためて 『日本赤十字社百年史(赤十字幻灯 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一宮町では『公用封筒無償提供者』の募集が始まりました

一宮町では、町が使用する『公用封筒の裏面』に 民間企業等の広告を掲載し作成したものを、 町へ無償提供される方の 募集をはじめました。 目的は、 『地域経済の振興』及び『行政コストの削減』等です。 サイズは2種類 角型2号封筒(10,000枚) 長形3号封筒(30,000枚) 納入期限は 平成22年3月31日(水) です。 Webで印刷代を調べると 長4封筒30,000枚(両面各1色)で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(9) 佐野常民記念博物館から

加納久宜鹿児島県知事(明治30年ごろ)が 赤十字事業の普及に熱心であったは、 その趣旨に共感し賛同したのはもちろんのこと 人との出会いがあったことと考える。 日本赤十字社の発足には 佐野常民氏の存在が大きい。 あらためて 佐賀県の佐野常民記念館のホームページを 見てみました。 加納久宜鹿児島県知事(明治30年ごろ)が 熱心に『赤十字幻灯講演』を行った背景には、 佐野常民氏との出会いが 日本赤 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第21回 加納久宜研究会 「全集」より「自叙伝記」を読む

今日(1月19日)の研究会では 「子爵加納久宜全集」より 第5編 自叙伝記をあらためて読みました。 子爵 清浦奎吾閣下題字 子爵 加納久宜 述     小松謙堂 編 加納久宜しく全集 発行所 子爵加納久宜遺稿集刊行会 今年は一宮町の町制120周年です。 町としても、 「一宮町制120周年記念事業」 の取り組みが始まりました。 大正初期に、『日本の模範町村』と称された一宮町 当時の加納久宜町 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(8) 赤十字七原則 と 

太平洋戦争を体験した方の中には 「赤十字」は戦争に協力する組織であると 誤解している方がいました。 赤十字はもともと 「人間の生命は尊重されなければならない」 だから「苦しんでいる者は、敵味方の別なく救おう」 という、ふつふつと湧き上がる ボランティア精神から誕生しました。 その後、戦後の1965年に ウィーンで開催された第20回赤十字国際会議で 「赤十字基本原則」が決議され、宣言されました。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

岩手県とのつながり・宮沢賢治の石灰肥料

私たちは、一昨年3月から 「加納久宜 鹿児島を蘇らせた男」を 読み進めるところから、 加納久宜元一宮町長のことを 調べ始めました。 その中で気になることが いくつも出てきました。 「赤十字幻灯講演」「信用組合」などなどもそうです。 加納久宜鹿児島県知事(明治30年ごろ)は、 特に『教育』と『産業振興』に 業績が顕著だといわれます。 最初に取り上げたテーマに 『産業振興』の農業分野でいえ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(7) 西南戦争での博愛社の活動

赤十字情報プラザ様から 「日本赤十字幻燈説明書(明治29年訂正)」の 追加の2枚が年明けに届いていましたので、 それを、打ち込みました。 ・『西南戦争』における『博愛社』のこと ・明治19年に万国赤十字へ加盟したこと などが書かれていました。 自分としては、 核心の部分だと関心をを持っていた部分だけに 感激しました。 というのは、 加納久宜鹿児島県知事(明治30年ごろ)が、 地方巡視に行っ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(6) 明治29年のシナリオ(緒言)

『日本赤十字幻燈演述』(明治29年訂正版)は 石黒忠悳氏の『緒言』から始まっている。 誰が演説しても、 『幻灯講演』の趣旨や経過を正しく伝えたい という思いからだろうと理解する。 なお、結びから、 明治二十四年の初版とはその内容が変わってきていることがわかる。「二十七年迄は幻燈演述の下段即ち後半は外国の事例を述べて見聞に供せしも、今は全く自国の近き事例を述べて尚お余れるに至れり(明治二十九年十 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハイチ地震 報道は小さいが・・

今朝(14日)の朝日新聞(朝刊)を手に取り、 すぐに、一面の中央の写真に目を奪われた。 がれきの首都  ハイチの首都ポルトーフランスで12日(AFP) 知らなかった。 毎日忙しく、 テレビのニュースも見ていないことに気がついた。 阪神淡路大震災のテレビの中継画像を目にしたときと 同じ衝撃を受けた。 はじめの72時間の救助救出、 継続的な救援、 同じ地震国のわが国の一人として、 国際的に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

嵐の後の オリオン座

今日の天気は不安定 太陽が出ていたのに、、 突然の非常に強い雨にすごい風 上空に寒気が来ると 上昇気流ができる これが不安定 この渦=低気圧が 通り過ぎるのを 待つしかない やがて 夕日をみることができた 日が落ちるとオリオン座が ここは空が暗い こんな日は 星がくっきりと輝く ベテルギュウスは 本当にもう 超新星爆発を してしまったのだろうか。 少なくとも 640年前には 大丈 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とめはねっ! 鈴里高校書道部

先週から、 NHK総合テレビの木曜日ドラマ8で 「とめはねっ! 鈴里高校書道部」 が始まっている。 テレビ史上初の 書道部のドラマである。 NHKのサイトも、よく工夫してある。 マウスで書初め大募集 に挑戦してみました。 もう第2回である。 とりあえず、送ってみました。 が、 応募数が膨大なようなので、 とても審査員の目に留まるとは思いませんが・・。 とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

成人式で配布されたDVD

昨日(10日)の成人式で 明るい選挙推進協会から、 DVDのプレゼントがありました。 今日(11日)のところは、どうだったでしょう。 昨年の業務仕分けでは 明るい選挙も対象になり 「歴史的使命は終えた」という評価で 推進費が3億3,000万円を 廃止するという評決になった と報じられました。 以前の冊子から、DVDになりましたが これが最後なのかと 心配していましたが、 (財)日本宝くじ振興協 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤十字幻灯講演(5) 明治29年のシナリオ(小引 佐野常民)

日本赤十字社 情報プラザから届いた 『明治二十九年訂正 日本赤十字幻燈説明書』の 冒頭には 明治二十四年八月付けで『日本赤十字社社長 子爵佐野常民』の 『小引』がある。 このことから 『日本赤十字幻燈説明書』には、 ・『明治24年版』初版 ・『明治26年訂正版』(『版権登録之證』) ・『明治29年訂正版』 ・『増訂赤十字幻燈演述』(『懐旧九十年』) など、複数のシナリオがあることがわかる。 ま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ