goo

加納久宜公研究会のホームページ

加納久宜公研究会のホームページが アップされました。 加納久宜公研究会 http://www.kanou138.com 2月25日の命日を前に 城山公園(千葉県一宮町)の『加納久宜公の墓』(町指定史跡)に 2月23日から3月3日の間、 献花台が設けられることが載ています。 2月23日(土)の午前中に『献花の会』 その後、 町内の探訪会(記念写真と昼食を兼ねる)の企画も 紹介されています。 一宮町にどうぞおいでください。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年の 墓前への献花の会 2月23日

今年の 『加納久宜公の墓』(町指定史跡)への献花の会は 平成25年2月26日(土) です。 場所: 一宮町城山公園(千葉県長生郡)   集合 11:20 振武館・紀徳之碑の前 (11:30より 墓前に献花) 生花を一人一輪ご持参下さい  事前申込み・参加費は不要です。  (雨天強風時:一斉の献花は中止)  一宮藩(加納藩)最後の藩主、100年前の名町長。この間、多方面で活躍し、隠れた足跡 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富裕層のお金の使い方

我が国の富裕層は どのように自分のお金を使うことを 喜ぶのであろうか。 今、我が国も 富裕層への課税がどうあるべきか 話題になっている。 明治時代の加納久宜鹿児島県知事は 自らの私財を公共事業に使った。 人々の暮らしが便利で豊かになることを 自分事覆うに 喜んでいたからであろう。 国を愛する心がある人は 自分が働いたお金が 国中の人々のために使われ 国中が便利で豊かになることを きっと . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

補正予算では防災装備を

大きな震災がある度 救助救援のための装備と 訓練され組織的に活動できる人が必要だ と思う 『日本国際救助隊(仮称)』など いかがでしょう。 災害や大きな事故の際、 救助救援を専門とし 専用の装備をもち 専門の訓練をし 国内外を問わず駆けつける活動する。 国外で救助救援をすることは 堂々とした平和的な国際貢献であり、 国内での活動の訓練にもなる。 現在、 自衛隊員が救助活動、救援活動も行 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

優れていた 日本の警察 教育 国鉄

小学校の頃 授業で先生に 「日本の優れたものは?」 と聞かれた。 ヒントは 「三つのK」 答は 『警察』『国鉄』『教育』 ・日本は世界一治安が良い国である。 ・日本の列車は、安全で正確な時刻で運行している。 ・日本は皆が教育を受け、識字率が高い 「日本は、資源がない。 皆が学べば、 科学技術でやっていくことができる。」 そういう内容だったと 記憶している。 警察庁が ポログラフ( . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

除染作業 郷土を愛する心、道徳心、コンプライアンス、

東京電力福島第1原発事故で飛散した 放射性物質の除染をめぐって 二つの種類のニュースが流れる。 ひとつは、 速く除染を進めて欲しい。 そして、一日も早く元の場所で 元のように暮らしたい。 もうひとつは、 不適切な除染処理が行われているのではないか。 前者は、震災の後、 ずっと伝えられてきたことである。 そして、後者は衝撃的で、 非常に深刻である。 郷土を愛する心は? 良心(道徳心、企業 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋山先生の記事が朝日新聞千葉版に載りました

海に咲く人(3) ローナ 命の輝き 「カメの先生」浜辺の姿見守り続ける 一宮町在住の秋山先生(生物学、元東邦大学教授)の記事が 朝日新聞千葉版(1月4日)に載りました。 先生はマスコミにはほとんど顔を出しません。 地元の有志や小学生との観察会など 地道な活動を続けています。 今回は、 先生のことや、南九十九里の自然環境について 丁寧めに紹介しています。 一宮町の自然についても 一緒に考えられたらいいな と思います。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

どこを開いても興味深い 加納久宜集

『加納久宜集』は どこを開いても興味深い。 オビ 解説 『人物農業団体史 (1956年) (農村新書)』より Ⅴ納会と産業組合の両面指導者加納久宜 3加納子爵の経歴  加納久宜子は嘉永元年三月立花遠江守種道公の次男(ママ)として江戸に生まれ、慶応三年上総一宮藩加納家を嗣いだ。明治二年版籍奉還で一宮藩知事となり、廃藩置県後は文部省属から岩手県学務課長兼師範学校長、新潟師範学校長等になり、ま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アメリカ『財政の崖』の回避と党議拘束

アメリカの議会では いわゆる『財政の崖』を回避する法案が成立した。 『党議拘束』がないことに あらためて注目しました。 民主党と共和党の二大政党であるが 党議拘束がないので、最後の最後まで 議案の修正を模索することができている。 このように 民主化された国では 『党議拘束』はあっても 非常に緩やかなようである。 我が国ではどうであろう。 子供一人ひとりが、自分の頭で考え行動できる . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2013年 初日の出

九十九里浜の松林から昇る 今年の初日の出は自宅のベランダからでした。 今までの記録 2012年 記録なし(曇) 2011年←リンク 初日の出 九十九里浜一宮海岸(新浜) 2010年←リンク 九十九里浜の初日の出(一宮町新浜海岸) 2009年←リンク 城山公園より 2008年←リンク 望洋公園からの初日の出 世界中の人々が、 心豊かに(平和で幸せに)暮らせますように。 合掌 にほ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )