今日も海日和

Dive Kids RYOのよもやま話
ダイビング&ドルフィンスイム♪
  他にも色々思いつくまま...のブログです

ドライスーツのインナー

2021-11-19 20:40:38 | 器材


【ドライスーツはインナーが命】

冬のダイビングといえばドライスーツですね。
ドライスーツで大切なのがインナー!
ドライスーツの中に何を着るかで保温性、快適度がまるっきり変わってきます。
フリースやヒートテック等を着込んでいる人も多いのですがこれは全くオススメ出来ません!
せっかく高いドライスーツを着ていてもインナーが適したものでないと台無しです。

人間は汗をかきます(^_^)" 
ダイビング中、寒くても汗をかいています。
肌に着けているものが汗を吸収したままになる素材の物だと身体を冷やしてしまいます。
ドライスーツの中は密閉された空間なので、ヒートテック等の防寒ウエアは陸上では大丈夫でもこの汗が外に逃げてくれず直接肌を冷やしてしまいます。

フリースは暖かいのですが、浮力が大きいのでウエイト量がいきなり増えます!
また、毛クズが出るようなものだと排気バルブに詰まってしまい水没の原因にもなります。
モコモコ着込むとウエイトがどんどん重くなり、浮力調整もしづらく、運動性も損なわれ、無理な姿勢を強いられてこれまた水没の原因になったりします。

僕も一通り試しましたが結局はドライスーツ専用インナーがやっぱり一番という事で落ち着きました。
専用インナーは汗を生地外側に放出してくれる機能を持っていて身体を冷やさず、厚さを最小限に抑えて保温性を最大限にUP。
ウエイトも最少限ですみ、運動性にも優れています。

各ダイビングメーカーから出されている専用インナーもメーカーによって様々なのですが色々試した中でお勧めのものを紹介します。
間違いだらけのインナーから卒業して快適なドライスーツダイビングを楽しんでください。

ウォータープルーフ:BODY X イチオシ!(USA製)
・モビーズ:コンフォートエアロ
・ワールドダイブ:サーマルボディスムーサー

・モンベル:スーパーメリノウールEX(登山用品メーカー)


ご希望の方はダイブキッズまでご連絡下さい。
mail@divekids.net


久米島 ホエールスイム 予告

2021-11-06 17:43:26 | イルカ

 

【久米島 ホエールスイム 予告】

2022年度参加者募集開始します!

2/19-23(土-火祝)3/1-5(火-土)

※ 4日間または5日間選択可

【11/30 申込締切です】

ーーーーーーーーーーーーーーーー

10年はひと昔なんて言いますが僕が初めてクジラと泳いだのはそのひと昔前。

それまでは沖縄や小笠原でホエールウォッチングには行っていたものの、あんな巨大な生物と一緒に泳ぐなんてドキュメンタリーの撮影かなんか以外では人生の中であり得ない夢のように思っていたんだけど。

以前久米島にいたことがあるという御蔵島のT君から話を聞きつけ、当時日本で唯一ホエールスイムを行っていた先駆者・川本さんのところへ。

夢はあきらめなければたまに叶う!

初めて水中で出会った時の胸が震えるような感動を今でもはっきり覚えています。

時は流れ、クジラ保護の恩恵か、はたまた温暖化の副産物か、クジラの繁殖域が広まって来たようでクジラスイムを始める島も増え、ここ数年はシーズンになるとSNSがクジラの写真で溢れかえるようになって来ました。

 

11月になると南下するクジラが御蔵島でも見れたりしますが(来週会えるかな?)沖縄・小笠原でも初クジラの声が聞こえて来ました。コアシーズンは2〜3月。

毎年恒例の久米島ホエールスイムツアー。今年は緊急事態宣言で行けない日もありましたが来年は大丈夫!

地球最大規模の感動と興奮を是非!

※動画の一部はお客様のKAZANEちゃんからお借りしました。

 

詳細はこちらで
https://www.mikurajima.net/kujira