ひげ坊主の散漫な日常

アラ還オヤジのとりとめない日々を、独断と偏見のみで、気ままに書きます。なので、すべて個人的感想です。万端、悪しからず。

目出度くもあり、目出度くもなし。

2019年01月08日 | クルマ

更新が越年してしまった。

「黄ポル」こと、

996カレラ(前期型)。

購入2ヶ月、運転中にエンジンから盛大に白煙を上げた挙句。

主治医から「オーバーヒートで、エンジンブローですな。

どうします?廃車にします?」とかキラ~クに聞かれましたとさ。

誰がするかっ!

わしゃ、黄ポルちゃんと心中したるワイっ!

というわけで。

越年入院中。

退院は、1月中くらい?

よか!なんでんよか!

どんと来い!

Anyway the wind blows,Dose'nt realy matters to me,

つ~ううみ~♪とくらあ!

早く良くなって、帰ってきてね!

コメント

狂乱の車遍歴in2018!

2018年12月19日 | クルマ

激動の2018年も、もう終わり。

実は個人的に、

狂乱の年でした。車に関して。

愛しの964カレラ2ちゃんを手放したのが2017年末。

 

年が明けて2018年2月。
遠く埼玉県は、春日部から

BMW Z4Mクーペ!
しかし、「フィーリングが合わなかった」とかで、


さらに、5月。

BMW Z3Mクーペ(Mクーペ)!奈良から。

これこれ!最高ジャン!
とか思っていたのも束の間。

「前にエンジンがあるのが、どうも・・・」
って、気がつけば重度の「911症候群」に罹患していたことが判明。

結局。
9月。

ポルシェ996(2001年式・前期型)!

「聖地」、鈴鹿よりお迎え!

ご存知、911初のフルモデルチェンジ。
水冷エンジン。近代的ボディ。
「民主的な911」。
そして、「涙目」。
これらが災いして、
マニアの間では徹底的に不人気な、悲運の911。
でも実は、それまでのどの911よりも売れたげな。

なんのことはない、一部の偏屈な911パラノイア以外には
広く受け入れられた、「どこに出しても恥ずかしくない」911。

そして、その不人気と「IMS問題」が流布されたが故の
中古車価格の安さ。

それが魅力。
とか言いながら、私も最初964を買った時に、
「911なら何でもいい。た・だ・し!
996と黄色以外!」

その「除外条件」そのものが今、私の元にある。

人生の不可思議さというべきか。

とにかく、涙目の黄ポルちゃん、
最高っす!

こうして、狂乱の2018年は、最終的に穏やかな満足感とともに暮れようとしていた。

ところが!・・・・・続く。





 

コメント

964のその後、そして今。

2018年06月20日 | クルマ

空冷。水平対向6気筒。リアエンジン。

左ハンドル。MT。

私にとってすべてが初体験の、

車の歴史にとっても絶後の、

964カレラ2。

2年半の強烈な思い出を置き土産に、ドナドナしていきました。

 

1990年式。でも、まだまだ「現代のスポーツカー」として一級品。

いい新オーナーとめぐり合って、オイル漏れをちょっと直してもらって、

またかっ飛ぶ姿をどこかで観られたらいいな。

ありがとう!元気で!

コメント

「昭和天皇の御心」大切だから、保存します(42)。BBの覚醒記録より

2017年10月13日 | 皇室

前回に続き、「天皇とは何か?」と言う、

日本人であることの、究極かつ本質的意義と意味を見いだすよすがになるでしょう。

 

 

以下、転記。

    • 「昭和天皇の御心」(初出05/28/13)

 

                        

 

大阪産業大学の井上寛康准教授の、昭和天皇へのオマージュが
天皇という存在意義を明確に語っているので引用します。
青文字強調はブログ主の任意。【  】でくくった箇所がブログ主の個人的心情です。
というより余りにも昭和天皇の御心より遠い皇太子と妃殿下への批判です。不快な方は読まないでください。

「皇室は日本の宝」 井上寛康

昭和天皇は生まれながらにして天皇であられた。
私心というものがなく、いつも我が国の繁栄と国民の安寧を御心にかけておられた御方である。

【この私心がないというのが天皇の条件であるが、人格がどうのプライバシーが
どうのと言い立て、口にする主語は「私が」「雅子が」「愛子が」。
「国が」「国民が」主語になった、ためしなく、あるは私心のみ。】

台風や地震で災害を蒙った県知事などが上京すると必ず皇居に呼び、被害の状況や復興の様子をお訊ねになった。
大東亜戦争で戦死した兵士やその遺族に対する敬意を忘れず、靖国神社親拝の御意向をお隠れになるまで持ち続けられた。

【終戦記念日に那須でテニスに打ち興じ、花火見物を楽しまれる皇太子ご夫妻。
秋篠宮殿下は、今上殿下の提唱される「忘れてはならない4つの日」、
広島、長崎、終戦記念日、沖縄戦終結の日には、旅先であられても黙祷なさる。
皇太子ご夫妻は、今上陛下の提言も無視。】

戦後、御自ら全国巡幸を発表された。

「一日も早く全国をまわり、一人でも多くの人と語り、すこしでも広く歩いて、なぐさめたりはげましたりしていきたい。日本の復興は一重に国民の力によるものだから、一人一人によくたのんでこなければならない」と仰せになって、昭和二十一年二月からお始めになられた。

適当な宿泊所がなければ校舎や客車に御休みになった。
陛下は沿道の人々の歓迎に応えるため御召列車の中で殆んど立ち続けておられた。

陛下は人が見ていても見ていなくても真心をもって国民に接せられた。

大好きな相撲も国民がこの時間は働いているからと仰って、五時を過ぎなければ決してテレビをおつけにならなかった。

【皇太子ご夫妻は働いている国民たちの車を遮断して、白バイを先頭に
貸切のスケートリンクや、貸切東京ディスニーランドに雅子妃の妹まで
伴ってお出かけ。】

このような御方であったから、大東亜戦争終戦のとき陛下の御命令一つで過激将校は矛を収め、陛下を裏切る重臣は一人もいなかった。

マッカーサー連合国総司令官も一度の会見で昭和天皇に敬服した。

我が国の天皇は、威厳と徳をもって立つ君主である。

他国の君主は人民の中から武力で上がり詰めたので、わが身を国民から守るために堅固な城に住んだ。 それに比べ京都に残る御所は無防備な宮殿に過ぎない。

現在まで125代連綿と続く万世一系の皇室は国の始まりから君主であり、武力に依らず威厳によって皇統が維持されてきた。

絶大な権力を掌握した武将たちも決して天皇に取って代わろうとはしなかった。

天皇を国の中心に戴く我が国は、中国大陸における王朝の交替時のように人口が何分の一にも激減するような凄惨な闘争は生じなかった。

世界に類のない穏やかな君民一体の統治体制を造り上げて来たのである。

明治天皇、大正天皇、昭和天皇そして今上天皇が第一に御心に掛けておられることは皇祖皇宗への真剣な祈りである。

【それを忌避なさっているのが皇太子ご夫妻である。】

元旦の四方拝から始まって年に二十数回の祭祀を自らなさる。

天皇陛下は籾を播き、苗を植え、刈り取った稲を皇祖皇宗にお供えなさり、皇后陛下は蚕を御手ずから育てて神々に捧げ、国民を代表して国の繁栄をお祈りされている。

【皇太子が籾を播き、雅子妃が養蚕をなさるだろうか。それが神に捧げ国の繁栄を祈る行為なのだと心得ていても・・・さて?
天皇皇后に即位されたら、人任せならまだしも、意味ない因習として宮中内の神事を省き簡略化、ついには消失させそうな怖れ。

このようなお二人に何も期待はしていず、深いあきらめと憤りがあるばかりだが、悠仁親王の代まで、正しき神事が保たれぬこと、それを恐れる。】


伊勢の内宮の御祭神である皇祖天照大神は天皇家の御祖先であるが、国民もまた伊勢の神宮にお参りする。
国民が君主の御祖先にお参りすることなど、外国にはない。

【三重県に山歩きに赴かれても、式年遷宮の伊勢神宮にはお立ち寄りすらなさらない皇太子。雅子妃に至っては、いずこの鳥居もくぐらぬ。秋篠宮殿下は、海外の眞子さまを除き、幼き悠仁親王とご家族を伴い、ご参拝へ。】


君民一体となって国の祖先をお祭りし国の安全と平和で豊かな暮らしを祈って来た。
これが我が国の国体である。

【天皇の祈りによって成る国体なら、皇太子皇太子妃の天皇皇后即位で、解体される】

今上陛下は神々への祈りや英霊の鎮魂に取り分け熱心であられる。

遥か神代の時代から受け継いで来た豊で幸せなこの国を、子々孫々に伝えたいと切に願っておられるからではなかろうか。

【祭祀行わず、神社訪れず、終戦の日にお遊びにふける皇太子ご夫妻の代で祈りも鎮魂も絶える。遥か神代の時代から受け継いできた、豊かなものも。】


昭和天皇古希の御製

 よろこびもかなしみも
   民と共にして年はすぎゆき
     いまはななそぢ


このような天皇を持つわが国は幸せである。

【よろこびもかなしみも 
   民と無縁に年はすぎゆき
    いまは五十路過ぎ

このような皇太子を持つわが国は不幸せである。】

井上寛康

大阪産業大学
経営学部
准教授

井上寛康氏の文章の合間に、私情を差し挟み、汚したことをお詫びします。
それでも、文章の平明な素晴らしさはみなさん、お分かりだと思います。
そして何心なく書いた昭和天皇への賛嘆文が、筆者の意図を離れ、そのまま東宮批判に
転ずることも。

 【備考】三島由紀夫と石原慎太郎との対談

石原氏を拙ブログで取り上げるときはおおむね、肯定的側面で取り上げますが
全肯定しているわけではありません。その言やよしとするところと、
誤った認識に基づく否定すべき意見が混在しています。
国護る意識、誇り護る意識はあれど、日本という国家を維持するための皇室という
認識は希薄なようで、五輪誘致に皇太子を利用しようとしたあたりに、意識の低さが
うかがえます。

・・・・・・・・・・・・・・・

三島由紀夫
「石原さん、守るべきものの価値について、今日は話しましょう」

石原慎太郎
「戦後の日本の政治形態があいまいだから、守るべきものが見失われた。僕は、やはり自由だと思いますね。

三島
「自由にも、沢山自由があり、どの自由を守るのですか?左翼も自由を叫ぶでしょう。」

石原
「言論や表現の自由を含む全ての自由ですよ」

三島
「自由とか民主主義などは、政権が変われば変化するものでしょう。そうではなくもっと根底にある命をかけても守るべきものですよ。自由の為に石原さんは、死ねますか、僕は、死ねない」

石原
「では、三島さんの最終的に守るべきものは、何ですか?」

三島
「最後に守るべきものは、三種の神器ですよ」

石原
「また、わけのわからない事を言う、三種の神器って何ですか?」

三島
「それさえ知らないのかい。それは、宮中三殿だよ」

石原
「益々わからない話だ。宮中三殿って何だい?またそんなわからない事を言う」

・・・・・・・・・・・・・

以下、三島由紀夫の皇室論

私見によれば、祭政一致的な国家が二つに分離して、統治的国家(行政権の主体)と祭祀的国家(国民精神の主体)に 分れ、後者が前者の背後に影のごとく揺曳してゐるのが現代の日本である。近代政治学が問題にする国家とは、 前者にほかならない。ところで自由世界の未来の国家像は、ますます統治国家がその統治機能を、自治体、民間団体、 企業等へ移譲し、国家自体は管理国家としてのマネージメントのみに専念し、言論やの自由は最大限に容認し、 いはばもつとも稀薄な国家がもつとも良い国家と呼ばれることにならう。そこでは時間的連続性は問題にされず、
通信連絡、情報、交易の世界化国際化による空間的ひろがりが重んじられる。スポーツや学術をはじめ、多くの領域で 世界国家的イメージが準備される。事実このやうな管理国家は世界連邦たるべきものの胎児なのである。

これを支配する原理は、ヒューマニズム、理性、人類愛などであり、非理性的ないし反理性的なものはきびしく 排除されるロゴスとしての国家である。 

一方、祭祀的国家はふだんは目に見えない。ここでは象徴行為としての祭祀が、国家の永遠の時間的連続性を保障し、 歴史・伝統・文化などが継承され、反理性的なもの、情感的情緒的なものの源泉が保持され、文化はここにのみ 根を見いだし、真のエロティシズムはここにのみ存在する。このエートスとパトスの国家の首長は天皇である。
ここでは濃厚な国家がもつとも良い国家なのである。
さて統治国家を遠心力とすれば祭祀国家は求心力であり、前者を空間的国家とすれば、後者は時間的国家であり、 私の理想とする国家はこのやうな二元性の調和、緊張をはらんだ生ける均衡にほかならない。
私はこの二種の国家をつきつけて、国民にどちらの国家に忠誠を誓ふか、決断を迫るべきであると思ふ。

【まことに分かりやすい天皇論であるけれど、皇太子と皇太子妃の有様を見、
お二人が即位された時、この格調高き皇室世界観は無理。
同じく、憲法改正論者たちの、帝国憲法回帰の主張も、このご夫妻を
前提にすれば絵空事と帰す。三島由紀夫存命なら、現在の皇太子と皇太子妃の、ていたらくを、どう書くだろう】

いふまでもなく真にナショナルな自立の思想の根拠は、祭祀的国家のみにあり、統治的国家は国際協調主義と 世界連邦の方向の線上にあるものである。
そしてその忠誠の選択に基づいて、自衛隊を二分したらよいのである。このことは現憲法下でも法理的に可能である。

【ところが、その将来の祭祀の長たる皇太子がその妻とともに祭祀を忌避、
新しい公務の形とやらで、どうやら「世界連邦的」見地から、お考えの様子。】

以下三島由紀夫
「自由と権力の状況」より

そして天皇の伝統が絶たれた場合にわれわれの祖先代々の文化の全体性が侵食されてしまふからこそ、それを 守つて戦はねばならない。

【今まさにその文化の全体性を侵食しつつあるのが、皇太子と皇太子妃自身であるがゆえに、ご批判申し上げている。】

そのためにはやはりいまの憲法下でも、非常に制約があるけれども陛下があるときには 自衛隊においでになつて閲兵を受けられることも必要であらう。
あるひは国の名誉の中心として文武いづれの名誉の中心も陛下であられるといふかたちをなんとか新憲法下でも くつていけることができるんぢやないかと考へるのである。

【帝国憲法復活派の意見を見るときも思うのですが、現在の皇太子と雅子妃とが天皇皇后なら無理。皇室が一種の様式美だということはわかるけど、お二人は限度を超えてます。とりあえず、妃の精神病を含んで国の名誉の中心、文武の中心は無理。三島さんも、この皇太子夫妻の登場だけは予測していなかった。しかし、皇室と国のタガの緩み方の延長線上に出るべくして出た皇太子夫妻だとも言えるかもしれない】

【付記】

週刊現代にコメントを寄せた識者たちへの反論

 ●(外務省関係者)オランダ訪問は大成功。雅子様の美しさと英語力は高評価。もっとたくさん海外公務を。

 【さすが池田大作の息がかかったのが多い外務省。日本国の妃がシャネルのスーツにエルメスのコートで海外へ。日本の民族服すら着ず、襟元をファンデで汚した古臭いローブモンタントはあちらでも不評さくさく。公務より両親と会っていた時間のほうが長い。英語力が必要な場なんて皆無だったのに、しらじらしい!隣の皇太子と私語は交わしっぱなしだったけど。 雅子妃が美しい、と報道されたと日本では伝えられているので、随分あちらの報道をあたってみたけど皆無。70歳のお婆さんみじゃあるまいし、とか揶揄や侮蔑はあったけど 】

 

●(宮内庁関係者)雅子妃は帰国後だるさと微熱を訴えて数日寝込んだ。オランダ行きは小和田恒氏の個人的画策。宮内庁は蚊帳の外。

【宮内庁が一番正直で外部が、かばうための大嘘をつきまくるって】

 ●(香山リカ)雅子問題は転職のミスマッチ。合理主義者は祭祀に意義を見出せない。

 【擁護にも解説にもなっていない。日本中で宮中ほど祭祀が重んじられているところはない。承知で入内したはず。知らなかったというなら、ほとんど頭脳の程度を疑う。出入りしているうちに、自ずとわかるはず。宮中自体が神域の作りになっていて、数多くの神官、巫女が働いているのに。ざっくり言えば、神社に嫁いだようなもの。それを今更、何をおっしゃる。それに皇室に入るのが転“職”? 日本人の感覚やあらしまへん】

 ●(旧華族夫人)お世継ぎが産まれねば皇統が絶える。重要な役目であるのは当然。

 【いたって当然。梨園よりも、厳しくそれが求められる。承知で嫁入りしたはず。
人権とかそのレベルのことではない。皇室自体が大いなる非人間性と封建制で出来上がっていて、それを否定したら全てが瓦解する。民間の基準を当てはめるのが愚かの極み】

 ●(八木秀次)皇室の価値は、無私の心で祈ることにある。

 【その通り。その「無私」が決定的に欠けているのが、皇太子と雅子妃であり、
この7,8年間、歌会始のお歌が、他の宮様は世界平和のこととか、
視野が外にあるのに、皇太子と雅子妃の歌は子どもと家庭のことばかり。
注意を受けるも、皇太子はシカト】

 ●(園部逸夫)皇后や皇太子妃が公務すべきという法律はない。
        たくさんの皇太子妃の内には体調で勤めが果たせない人もいたはず。

【「いたはず」、とは誰のことか。「はず」では論議にもならない。もともと法律の
概念の及ばぬところが皇居なのに、法律を引き合いに出す愚かさかげん。
体調で務めが果たせぬから責められているのではない。
「果たせぬのに」お遊びと静養とはまことに盛ん、お元気で国費を
湯水のように使われ、奉仕団に御会釈すら出来ないことへの国民への
申し訳なさも皆無な図々しさが、批判されている】

 ●(小林よしのり)天皇皇后が一緒に公務するのは美智子様が始めた平成流。

 【海外からの賓客ご挨拶、おもてなしの晩餐会には、歴代の皇后陛下もお出ましであられた。海外の皇室外交にも同伴されている。問題の根っこをすり替えてはいけない。それにご夫妻単位の公務は昭憲皇太后が始められた。それと
共に皇太子の公務の数の異常な少なさが批判されていて、要するにご夫妻の
「意識」の低さが問題になっているのだ】

 ●(久能靖)ドタキャンするのは雅子妃に自覚があるから。わがままな怠け者なら最初から断るはず。

 【はぁ(*´ω`*) 20年間ドタキャンし続けたら、いいかげん経験則で最初から断れよ。出るといって出ないほうが現場が大変】

 ●(さかもと未明)紀子妃がうまくいってるのは、自分のなりたい姿と皇室の求めるものが一致したせい。 雅子妃は別の個性と知性があるのでうまくいかない。

 【はぁ? (´・ω・`) 「別の個性と知性」って皇室に20年経っても馴染めないのは、個性と知性の問題なのね? 個性を殺して「無私」を目指し、我が身より国と、国民大事って、それを知らずに入内したとしたなら、個性というよりは狐性、知性というよりは痴性です】

 ●(坂東眞理子)秀才が社会に出て勉強以外のことを要求されると、自分の経験でも辛いことがあった。 雅子妃は苦しんだ分新しい皇室を作れる可能性がある。

 【はぁ?(´・ω・`) 秀才とやらは、皆適応障害と新型鬱とやらにかかり、仕事せず遊び呆けるわけでっか。新しい皇室を作れるなら、もう作ってます。もう皇室に20年住み着いてます。日々壊す一方です。新しい皇室とやらが宮中祭祀を行わない、天皇陛下の公務も最小限、皇后はいっさいしない、というのならそうなるでしょう】 

こうして週刊現代に掲載された雅子妃擁護の意見を並べてみると、いかにそれが
根拠の希薄な客観性のない言い分であることが解るだろう。
活字だから分かりやすいが、テレビの「識者」たちの言っていることも同じことである。
テレビは絶対に批判者は出さないけれど。

以下女性セブンの記事より

風岡典之宮内庁長官から秋篠宮さまに対して、“悠仁さまの学費を宮廷費でまかなってはいかがでしょうか”という異例の提案があったが、秋篠宮さまは“国民の負担や社会情勢を考え、皇族費で”と断られたという。

「紀子さまは幼稚園の玄関前の落ち葉掃きや園内の草むしりなど、ご公務でお忙しいなかでも積極的に参加してくださいました」

・・・・・・

遊びと静養に大金を使いまくる東宮に、未来の天皇である我が子の教育費も遠慮なさる秋篠宮。

お会釈公務すら厭う雅子妃と、公務の激務の合間に幼稚園の草むしりをなさる紀子様。

美智子妃殿下は雅子妃の公務を紀子さまに「分担」とのこと。

「分担」って? 雅子妃、何もしないけど。今でも激務なのに、雅子妃の分を紀子様が肩代わり? それで乏しい歳費も職員も警護もそのまま据え置き?

公務、東宮の20倍、お金三分の一。
職員数六分の一。

東宮遊びと静養、3人で湯水の浪費、
秋篠宮公務の明け暮れ、5人でカツカツ。

尤も皇族費のアップは何度か宮内庁からの
提案があるようだが、秋篠宮さまがそのつど
ご辞退とか。いやぁ、雅子妃の公務の分の殆どが
紀子妃に来たら、お金は要るでしょ、秋篠宮家の
出費に誰も文句は言わない。「必要経費」なの
皆、わかってるから。



 

ほぼ何もしない東宮家に職員51人、東宮の20倍仕事する秋篠宮家に僅か9人。

絵を見に行って公務にカウント。こんなのまで入れても異常に少ない
公務。あげくご感想が「素晴らしい」と語彙豊富。

 

雅子妃の衣装ストーキング 追加

前の記事で説明しましたが、衣装がかぶると格下の落ち度になります。
なので、着る衣装については、事前に紀子様から雅子妃殿下に
内容が上がります。でも、蓋を開けたらこれ。わざわざ似た衣装。

こういうことが異様に多いのです。こうなるとほとんどサイコ。紀子妃ご懐妊ニュースの翌日に
わざわざ泣き腫らした目をマスコミの前にさらしたり、やることえぐいです。

 

 

 

 

袖の長さまで ↓

以下 「お股雅子さま」2題

股入れ抱き

お鞄股押さえ 

おとと、コケそう。

これを見ていると、適応障害って、下品が上品に適応できないお病気なのでしょうか。
それなら毎日のことなので、しんどいだろう。
皇室を離脱したら、ドスドス歩きも、お股広げ仁王立ちも、らくぅに出来るように
なりますよ? 和服の帯の真ん中に扇子をぶっ挿しって、下品階級でも
やりませんけどね。傘は地面掘削直立持ちだし。和服を召した時の所作は
日本人なら自然に出来るものだけど?

扇子の挿し位置は日本人なら常識。・・・・のはず。

雅子妃の母、小和田優美子氏も滅多に和服を着ない人だけど、
着付けがしどけなくて変。所作も姿勢も。帯締めも位置が中央から
ズレているし。お股を開き気味に(雅子妃もそう)座っているので
裾がぶわっと開いているし・・・。母娘ともに上流階級????
そこはかとなく漂う下品臭はどこから・・・・・?

 香淳皇太后の斂葬の儀(ご葬儀)には「微熱で」欠席でも、祖父江頭豊の葬儀には出席。
身内のことには「ご体調の波」がない不思議。カメラも人前も大丈夫。

皇太子ご夫妻 チッソ元会長江頭豊氏告別式ご出席

それにしても、江頭豊はヤクザを雇ってあろうことか、被害者の水俣患者を
襲わせたり、報道カメラマン、ユージン・スミスの脊椎を損傷させ、
片目を失明させたような男。小和田雅子嬢を皇居に入れたら、
皇居に水俣病患者数万人の怨旗が立つと言われていた。
昭和大帝と宮内庁から「この者皇居にふさわしからず」として、
いったんお妃候補から完璧に除去されていた存在。
昭和大帝の崩御後、ワールドカップを日韓共催にゴリ押しした高円宮と小和田恒氏の暗躍により皇居に押し込まれた。
犯罪企業の会長を外戚祖父に持つ女性を、昭和天皇の命に背いてまで、
皇室に入れるべきではなかったのではないだろうか。

しかし、上記とは関係ないですが、これっていつまでも解決しないってか、捜査すらされた形跡がありませんね? 刑事事件なんじゃないですか???? 皇室の備品は国家に属するので、それが何者かの手によって売りに出されたとなると? 

 カメラを構えた、ほぼ確実に男の姿、白亜の豪華な天井、特徴のあるシャンデリア、重厚なカーテン、とここまで明瞭に映り込んでいて、犯人が特定出来ないのでしょうか。

 

昭憲皇太后の扇。もし本物なら、本来雅子妃の手元にあるべき筋合いのもの。

※1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号により最初の所有者特定

昭憲皇太后(明治天皇の皇后) ⇒結婚祝で有栖川宮實枝子女王へ⇒娘の結婚祝いで高松宮親王妃喜久子 ⇒結婚祝いで雅子妃殿下へ。(皇室番組で映像付きで紹介された)

【未解決事件】皇室ゆかりの品、ヤフオク大量流出事件【出品物一覧】

以下はWill2009年9月号 

今上陛下のご学友橋本明氏の「国民的議論に」という提言がもう4約年も前なのに、実現されませんね。「不敬」として観ないふり、思考停止したままの人が多いのでしょうか。今、皇室と天皇皇后に最も不敬な存在は交代殿下と雅子妃殿下ではないのでしょうか。雅子妃殿下は、昭和大帝の命に背いて皇室内に入れられた方でもあれば、順徳天皇の「宮中は何はさておき、まず神事」というご遺訓にも、皇太子殿下と共に違背していらっしゃいます。
順徳天皇、昭和天皇とお二人の大帝のご意志に背かれ、今上殿下ご夫妻にも背を向けていらっしゃる皇太子と雅子妃をして「不敬」と申すのではないでしょうか。

 一部抜き書き

実際に天皇が「平成皇室論」を読まれた時に
「よくぞここまで私の心を覗き見したな」とおっしゃるか
「この野郎」とおっしゃるかまだわかりません。というのも天皇がカナダ、
アメリカへご訪問される前日に本の見本が上がってきたスケジュールだった
のでまだ読んで頂いてはいません。

「皇太子さまが別人に」

なぜ皇太子さまがこのようになってしまわれたのか。
やはり雅子さまに影響されたのだと考えます。

一連の人格否定発言にいたるまでの経緯を仔細に見ると、どこかの時点で
皇太子さまが雅子さまの方へ寄ってしまわれたということがわかります。

東宮職でも、まともに両殿下とコミュニケーションが出来ていなかった時期が
あるのではないか。

特に妃殿下とはコミュニケーションがとれていませんでした。
妃殿下はオモテの方と意思の疎通をするのに
ドアの下に手紙を差し込んでおられたという話は事実のようです。

そして宮内官が私にはっきり言いましたが、殿下自身が硬く殻に閉じこもって
しまわれた。宮内庁参与には、一切声がかからず、誰かがこじあけて
殿下を外に出さなければならない事態だったといいます。

つまり、オクに入ってしまうと皇太子さまは完全に雅子さまの判断、常識、
主張になってしまう。そうなると皇太子さまは別人になってしまったのだ
ということだろうと思います。


「雅子妃入内以来、東宮職の人事が頻繁。東宮侍従長は7人も」

東宮大夫と前東宮侍従長と私の三人で忌憚なく話しをしました。
その時、野村氏に「妃殿下は一体なんの病気ですか」と尋ねたら、
はっきり「精神疾患」だと答えました。

今はいい状態の時だけしか外に出してはいない。
よくない時の妃殿下は一切外に出していないともいう。
「よくない時の妃殿下のお姿を外に出したら大変なことになる」とも言っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>「適応障害」ではなく「精神疾患」だというわけです。

適応障害ではなく精神疾患だったのなら、皇太子と私的お抱え医師大野氏は10年間、
国民を欺いて来たことになる。本当に適応障害であるなら半年で快癒と専門家。
それを10年もひきずった挙句、今度は「新型うつ」。10年後にはまた何と病名を
変える気だろう。他の医師のセカンドオピニオンは必至なのに、拒む皇太子。
雅子妃の頑なな意志であろうが、国民に対して無責任であろう。

>「よくない時の妃殿下のお姿を外に出したら大変なことになる」

もしこれが事実なら(当時宮中にあった人が実名で語っているので、虚偽はないと思うが)
「新型うつ」ですらないのではないか?

この度のオランダ行きが宮内庁が漏らした如く、小和田恒氏の独断専行であるなら、
娘の「病気」を理由に移譲論が澎湃するのを恐れた小和田氏が、「ご公務できます」
アピールを内外に示し、即位への大きな布石にしたつもりなのだろう。

テレビはいっせいに「大成功」報道をするし、多くの国民はそう思い込んでいるのだろうか。
だったら小和田恒氏の目論見は成功である。ネットで現地の評判も画像も見ることの
出来る層にとっては、逆効果、やぶ蛇であったけれど。

「皇太子と雅子妃が国民に与える苦痛」西尾幹二

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

払いたまひ清めたまへ 眼と心を洗いましょう  

 

転記ここまで。

コメント

「新版 秘儀の由来 ーー天皇とは何かーー」大切だから、保存します(41)。BBの覚醒記録より

2017年10月13日 | 皇室
  • 「被災地慰問」という名の「徘徊」、
  • 「戦没者慰霊」という名の「中韓への土下座」
  • 「ご鑑賞」という名の「遊び歩き」・・・。

    これらを称して「公務」と呼び、

    これらが「全身全霊で」出来なくなったから、「天皇辞めたい」と言う。

  • あえて言います。「ふざけるな!」と。

    

    自分たちが勝手に「公務」を増やして、シンドクなったから辞めて、アホの長男に継ぐ、と言う。

    辞めた後でも、待遇は変わらず、いや、もっと上の、しかも自由な立場になる、と言う。

    あえて言います。

    「国民ナメルのも、ほどほどにせえや!」と。

 

    あんたたちの本当の「公の務め」は

    祭祀でしょう!

    日の本の国安かれ、と祈る

    心もちと行為でしょう!

    

    GHQによる皇室=日本国の弱体化の施策によって

    やむを得ず「プライベート」と位置付けざるを得ない状況の

    祭祀。

 

    本来的には天皇、皇室の存在意義のキモが祭祀。

    そのキモを抜かれたまま、思うさま「権力」と「権利」を享受する存在。

    それは天皇では最早ない!

    「9時から5時まで勤めた後は、家庭に帰って普通人として過ごしたい」

    と、かつてのたまわった通り、

    今や「天皇という名の職業」の、セレブサラリーマン。

    そんなくだらない存在を、血税を費やして養う義務は、

    国民には、無い!

 

    今すぐ、

    秋篠宮様の即位と

    悠仁様の立太子を!
    

    以下、転記。

  「新版 秘儀の由来 ーー天皇とは何かーー」(初出04/16/13)

 

過去に「秘儀の由来 ーー天皇とは何かーー」として小論を記しましたが、更に手を加えてのお目見えです。まず天皇陛下皇后陛下の最大のお勤めは宮中祭祀、すなわちご神事の執り行いである、ということを知っておきたいと思います。

その精神(こころ)は国のため、民のため、であり天皇陛下皇后陛下が国民の敬愛を集められるのは無私にして、国と民を思う心あり、肉体的にも過酷を強いられる祭祀を粛々と執り行われることにあります。

春分の日という呼び名は、憲法と同じく戦後にGHQが制定。本来祭日は天皇陛下が神事を行う日のことで、全ての祭日には「春季皇霊祭」「春季神殿祭」のごとく、日本古来のゆかしい命名がなされると同時に、祭日には天皇陛下が古装束に身を固められ、皇后陛下ともども古来より宮中に連綿と伝わる神事を執り行われる日、と軒先に掲げた日の丸に託して日本国民全員が宮中内の神業(かみわざ)に思いを馳せていました。

神事は、天皇陛下から皇太子殿下に口伝で伝えられる一子相伝で、GHQによって皇室令が廃止されてしまったため、天皇陛下個人で守り通していらっしゃる秘蹟としての神事が存在するやに聞き及びます。

古代の神話を現代に引き継いでいるのは、ひとり日本国のみで、ギリシャ神話は存在しても、ギリシャの神々の息吹きはもはや彼の国に生きてはおりませぬ。神事というのは、日本独自の精神文化の伝承という側面を併せ持ちます。精神文化は民族としての誇りの依り代(よりしろ)でもございましょう。

*今上天皇・皇后も祭祀にはきわめて熱心であり、諒闇(服喪中)や病気を除くとほとんどの宮中祭祀に代拝を立てず御自ら出席している。

 *祭祀に関しては、事前の潔斎と平安装束を着用する事に加え、長時間の正座が必要であり、生前の昭和天皇は祭祀が近づくと、正座してテレビを視聴するなど、意識的に長時間正座することを心がけていたという。今上天皇も新嘗祭の時節が近づくと、昭和天皇と同様に正座の練習をなさる。

 わたくしども、しもじもはよく存じあげませんが、天皇皇后両陛下がご高齢のお体に鞭打っての被災地巡りなど、お大変でお若い皇太子ご夫妻のお肩代わりがあれば、と思うのは人情ですが、しかしながら両陛下の本来のお仕事は宮中祭祀にこそあり、こちらのご負担のほうが外でのご公務の大変さを遥かにしのぎます。

これも、わたくしどもよく存じあげないところではございますが、宮中祭祀には皇后陛下の御役目も大きなものがございます。払暁にお目覚めになり神事のための精進潔斎、斎戒沐浴の天皇陛下をお支えするのも御役目ですが、ご自身も過酷なご神事に参加なさいます。

平成20年までの宮中祭祀へのお出まし

天皇陛下 361回

天皇皇后両陛下 255回

皇后陛下 14回

畏れながら、現在のご皇室の神事の状態を述べますには、皇太子殿下のサボタージュについて触れざるを得ません。天皇陛下ご入院の折り、2011年度の新嘗祭のお肩代わりを皇太子が放擲されましたが、ご公務の単なるサボタージュとは異なり重大な問題をはらんでいます。煎じ詰めれば「天皇とは何か」という問題にシビアに突き当たらざるを得ません。

天皇陛下のお役割あるいは責務として、その最大のものは内閣承認のたぐいではありません。古代より連綿と続く宮中の神事をおん自ら執り行なわれること。
これが最大で、あるいは唯一かもしれません。他は代行できても
宮中祭祀のみは、代打が効きません。本来、ご公務をカットなさっても
あげて神事に邁進されるお立場です。


「少ししんどい年齢に来ているかもしれません」と率直な感想を述べられたのは
一昨年のお誕生日に際しての、美智子皇后陛下です。被災地の東北三県を両陛下は全てお見舞いに歩かれました。その傍らのご神事です。皇太子殿下が御肩代わりなさるべき年齢に差し掛かっているかと思われますがなさる気配はお見受けせず、新嘗祭における長時間の正座による式次第も、ひょっとしてお心得すらあおりではないのかもしれません。宮中最大の祭祀すらお心得がないとすれば、仮に天皇陛下に万一のことが
あった時、どうしのぐおつもりなのでしょう。

朝に夕に民を思い、神々に国家と民との平安を願う、これが古来より連綿と続いてきた
天皇の義務であり、歴代、他の諸事に先行して祭祀は天皇おん自らの御手で執り行なわれて来ました。

1 宮中祭祀には天王陛下自ら「御告文」を奏上する大祭。
2 掌典長が祭典を行い、陛下は拝礼される小祭、
3 その他の祭儀があります。
(皇太子殿下が放擲され、後半から遅刻参列の2011年度新嘗祭は、掌典長が相務めましたから、皇太子殿下は大祭を、小祭その他の些末祭儀に貶められたということになります)

これらの祭祀の中でも特に重要なものが年間通して30回もあります。
厳冬のさなかにも夜明けにご起床され、身を浄められ古式の装束に身を正します。
美智子皇后陛下も未明のご起床で斎戒沐浴、祭祀を執り行う天皇陛下をお見守りになるお役があります。

畏れながら雅子妃殿下におかれましては、将来にわたりこの過酷なご神事をなされること不可能であろうと拝察致します。
そこはどうお考えなのでしょうか。

また一子相伝としての神事のお次第(ノウハウ)が、神事に関心の薄い皇太子に上手く伝承なされているのか、危機感を覚えざるを得ません。

順徳天皇の残された「禁秘御抄」に次の文言があります。

「凡そ禁中の作法は、先ず神事、後に他事とす。明暮敬神の叡慮懈怠無し」
すなわち・・・宮中内の天皇の義務は何にも先行して神事である、明け暮れに神事を行うこと、決して怠けてはならぬ。

*「禁秘抄」は朝廷における儀式作法の根源・由来・を究め古来よりの慣習を後の世代に残さんとしたもの。
天皇政治復興の情熱がこめられ、次代の皇子に帝王の道を伝えようとしている。


皇太子殿下は雅子妃殿下共々、ご先祖の御遺訓に背かれていらっしゃいます。

新嘗祭と並ぶ重要催事に1月1日の四方拝があります。これも夜が明けきれぬ頃
寒気の中で身を浄め、天皇お一人が新しい年の日本国の安寧を祈られる。
もし・・・・この儀においても天皇陛下ご不調の場合、皇太子殿下は
御身代わりに立たれることはないのでしょうか。それこそが
次期天皇であるお方の最大のお役目なのですが。

神事の意義に実感が添わない方もいらっしゃるかもしれませんが、天皇皇后両陛下のお立場は単なる「職域」では無論なく、そこにいらっしゃれば存在意義があるという御存在でもありません。
単に民間の式典に出たり、外国からのお客様をもてなすのがお仕事なら
代々続くご家系などどうでもよいはずです。
一般に語学堪能、容姿秀麗、心身健康な男女を募って一定期間、その「職」に
就かせればいいだけの話。
世界に冠たるエンペラーであるというのは、その名称においてではなく
その「秘儀」に於いてであるということを皇太子殿下はご自覚なさるべきでしょう。
国民もまた。
なにゆえ、国民は広大な敷地と宮殿、おびただしい数のお仕えびと、警護をお捧げしているのでしょう? 海外に御出向きとあらば、一機が仕立てられ一行が供に連なる。
国内で動けばそのつど数百万、数千万。
莫大な国費が投じられています。
しかしながら天皇も皇太子も「職」ではありませぬ。
職としてさえ、現在のささやかなお勤めぶりにしては、過剰なお暮らしを受け取っておいでです。
しかしそういう問題ではない。神々のご意志に耳研ぎ澄まし、日々おん身とお心を
禊ぎながら日本国とそこに住まう民のことを一義にいそしまれるべきお立場に
あらせられます。
畏れながらお妃様の長きにわたる「ご病気」など、本来言い訳にもならぬ厳しい日本の神の庭にお住まいであることをご失念ではありますまいか。
姓も戸籍も無い御身の上で、人並みの価値観は通りませぬ。


天皇たるもの、上記の大きな重要祭祀だけでも年間30回にも及ぶ厳しい神事を
真摯に執り行いながら、【その合間に】都内、近郊、地方への行幸啓、海外からの賓客応対、書類の決裁、対内閣・・・びっしりと公務がおありで、しかし表立つ公務より
実は神事こそが最大の責務だということをご自覚ないのでしょうか。
「合間」の天皇陛下お手助けのための微々たる公務すらお出来になられていない
現状をお妃と共にいかにお考えなのでしょう?
ひつぎのみこに恵まれなかったことは天の意志とでもいうべきことで
ご同情を申し上げます。

神事はおやりにならぬ、ご公務も不十分、皇室外交はほぼ機能せずの現状で、即位という現実はひたひたと迫っているのですが、お妃と共に、どんな形になるにせよ厳しいお覚悟はおありなのでしょうか。

一卑しい民草として、伏してお訊ね申し上げます。

平成24年1月1日(日)の天皇皇后両陛下のご日程
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/h24/gonittei-1-2012-1.html

天皇陛下 四方拝(御所)
天皇皇后両陛下 新年祝賀及びお祝酒(侍従長始め侍従職職員)(御所)
天皇陛下 晴の御膳(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(長官始め課長相当以上の者,参与及び御用掛)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀の儀(皇太子同妃お始め皇族各殿下)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(元皇族,ご親族)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(未成年皇族)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀の儀(内閣総理大臣等)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀の儀(衆議院議長及び参議院議長等)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀の儀(最高裁判所長官等)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀の儀(認証官等)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(堂上会総代)(宮殿)
天皇皇后両陛下 ご昼餐(皇太子殿下お始め皇族各殿下)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(宮内庁職員及び皇宮警察本部職員)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(旧奉仕者会会員)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿)
天皇皇后両陛下 新年祝賀の儀(各国の外交使節団の長等)(宮殿)


年間を通した主な祭儀

主要祭儀一覧

 

主要祭儀一覧 月日祭儀内容 1月1日 四方拝(しほうはい) 早朝に天皇陛下が神嘉殿南庭で伊勢の神宮,山陵および四方の神々をご遙拝になる年中最初の行事 歳旦祭(さいたんさい) 早朝に三殿で行われる年始の祭典 1月3日 元始祭(げんしさい) 年始に当たって皇位の大本と由来とを祝し,国家国民の繁栄を三殿で祈られる祭典 1月4日 奏事始(そうじはじめ) 掌典長が年始に当たって,伊勢の神宮および宮中の祭事のことを天皇陛下に申し上げる行事 1月7日 昭和天皇祭(しょうわてんのうさい) 昭和天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。)夜は御神楽がある。 1月30日 孝明天皇例祭(こうめいてんのうれいさい) 孝明天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。) 2月17日 祈年祭(きねんさい) 三殿で行われる年穀豊穣祈願の祭典 春分の日 春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい) 春分の日に皇霊殿で行われるご先祖祭 春季神殿祭(しゅんきしんでんさい) 春分の日に神殿で行われる神恩感謝の祭典 4月3日 神武天皇祭(じんむてんのうさい) 神武天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。) 皇霊殿御神楽(こうれいでんみかぐら) 神武天皇祭の夜,特に御神楽を奉奏して神霊をなごめる祭典 6月16日 香淳皇后例祭(こうじゅんこうごうれいさい) 香淳皇后の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。) 6月30日 節折(よおり) 天皇陛下のために行われるお祓いの行事 大祓(おおはらい) 神嘉殿の前で,皇族をはじめ国民のために行われるお祓いの行事 7月30日 明治天皇例祭(めいじてんのうれいさい) 明治天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。) 秋分の日 秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい) 秋分の日に皇霊殿で行われるご先祖祭 秋季神殿祭(しゅうきしんでんさい) 秋分の日に神殿で行われる神恩感謝の祭典 10月17日 神嘗祭(かんなめさい) 賢所に新穀をお供えになる神恩感謝の祭典。この朝天皇陛下は神嘉殿において伊勢の神宮をご遙拝になる。 11月23日 新嘗祭(にいなめさい) 天皇陛下が,神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。 12月中旬 賢所御神楽(かしこどころみかぐら) 夕刻から賢所に御神楽を奉奏して神霊をなごめる祭典 12月23日 天長祭(てんちょうさい) 天皇陛下のお誕生日を祝して三殿で行われる祭典 12月25日 大正天皇例祭(たいしょうてんのうれいさい) 大正天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。) 12月31日 節折(よおり) 天皇陛下のために行われるお祓いの行事 大祓(おおはらい) 神嘉殿の前で,皇族をはじめ国民のために行われるお祓いの行事

 

 これらの祭祀に総て関わられながら、被災地のお見舞いその他数々のご公務、皇室外交を行われます。代々の天皇陛下皇后陛下がお勤めになって来られた厳しい道程でございます。そのお覚悟のある御方のみが、皇室であるお資格をお持ちです。通常一般の人間のお幸せをお望みの方には、無縁の世界です。

 

神殿に装束で立たれると、神のみ前にその方の本質が現れます。

 

 

世界最強の天皇陛下

 タイ国の王女。タイ国民の敬愛を一身に集める方が跪かれる。

 故ダイアナ妃の恭しいカーテシー。

米国大統領がホワイトタイでじきじきに空港にお出迎えするのは天皇陛下、エリザベス女王、ローマ法王。

栄枯盛衰、生じては滅する世界の王家の中で、万世一系の血脈を今に保つ世界の貴種。日本の至宝皇室。 

天皇系図(宮内庁)
http://www.kunaicho.go.jp/about/kosei/keizu.html

世界で最大至高の敬意で遇される天皇陛下ですが、次代に向かいわたしたち日本人はその尊敬を失いつつありはしないでしょうか。皇太子殿下、雅子妃殿下の現状を鑑みるに、次代天皇皇后両陛下としてのお勤めはいかにも御身に余り、ご負担が過ぎるかと存じます。

ご高齢の天皇陛下、皇后陛下のご負担を軽くするのは、本来皇太子殿下、雅子妃殿下ですが、お出来になれる状況にはございません。秋篠宮様の摂政しか手立ては無きよう
に拝察申し上げます。

そしてその上でなお、なにとぞ秋篠宮殿下へ皇位ご移譲を、と伏して願い奉ります。

 

転記ここまで。

コメント (2)

「末期の眼が見し蒼き空  ああヴァチカンの英霊たちよ」大切だから、保存します(40)。BBの覚醒記録より

2017年09月29日 | 皇室
  • 東京在住の美智子さん、

    あなたの崇めるヴァチカンは、

    あなたの貶める「A級戦犯」を祀っているのですよ。

 

    ご存知ですか?

 

    以下、転記。

 

A級戦犯が祀られているから。
宗教の自由が侵されるから。
靖國神社は否定さるべきであると唱える愚かな論者たちへ。

かのバチカンに1068柱の英霊が五重塔にて祀られていることを知らないらしい。

そもそも神道には教祖も教義も教典もなく、いわゆる宗教の概念からはかなり外れる。そして、分祀を唱える愚か者たちは靖國神社にお祀りされているのは、位牌ですら無く霊璽簿(れいじぼ)、つまり単なる「名簿」であることすら知らない。
分祀と言って、何をどう「分ける」つもりなのか。巨額を投じて戦犯を除いた別施設の建設を唱える輩も無知の極み。

霊璽簿奉安殿(本殿の後ろにある霊璽簿奉安殿は、昭和47年(1972)に建てられた。神霊を合祀する際に用いる霊璽簿を納めるための建物で、和紙で作られた霊璽簿には、合祀される神霊のお名前が記されている)

 更にはA級戦犯があたかも最悪人であるかのごとき、浅薄な思い込みも蔓延しているが、ABCは単なる「戦争犯罪」の「区分け」であって「罪状の段階」を示したものではない。戦争犯罪といっても東京裁判に見られるごとく、復讐裁判、見せしめ裁判の趣が強く、実際に彼ら全てが犯罪者であったというわけでもなく、国会ではとうに彼らは犯罪者としては扱わぬこと、決議がなされている。

しかるに、いまだA級戦犯の分祀のと騒ぎ立てる連中はいったい何者なのか。
これもまた火付け役は、従軍慰安婦の嘘と同じく朝日新聞である。
朝日新聞をいまだ購読している国民は無知であろうし、無意識に日本毀損に加担させられていることに、もはや気づかねばならない。

靖國神社の本来の目的は、異国で命を落とした英霊が日本の各地に散在する故郷への道を見失わぬように、その魂の「入り口として」「道しるべとして」建てられたものである。

「靖国神社まで戻る事ができれば、後は、英霊それぞれの故郷までの道は本人が解る。靖国神社に拘束されるのではなく、各英霊の自由で帰郷もでき、家族や知人等が参拝時に一緒に連れ帰る事も出来る。更に、英霊方の集う場所でもあるので、故郷に戻った後も遊びに行きたくなればいつでも、靖国に行けば戦友等や御国の子孫達が待っている、という仕組となっている」

総理や閣僚の靖国参拝を反対する左翼たちは、宗教心の欠片とて無く、魂の存在を否定する者たちなのに、こと靖國神社には死者の魂が祀られていることを肯定しているらしきこと、笑止である。否定するには、否定する前提の事象が前提としていなければ、否定は不可能なのだから。彼らは狭量であると同時に論理破綻者でもある。

韓国、中国が靖國神社に対して何かもの言う資格はない。他国への干渉であり論外だ。野田前総理のごときは、日本へのテロリストが祀られている韓国の「靖國」顕忠院を参拝し、それが批判の対象にもならぬいびつさ。

日本の政治家が靖國を訪れるだけで騒ぎ立てるのに。総理が他国のテロリストをお参りすることは許され、自国のために闘った兵士たちへの参拝が許されないとは。それにしても、日本に歯向かった運動家たちに手を合わせ、靖國を避ける日本の総理とはいったい何だったのか。日本の総理の皮をかぶった、何か別のものだったのか。

新華社通信の中国人記者などは靖國にお祀りされている御霊を「鬼」と呼んではばからない。日本の記者が中国の戦死者たちを「鬼」呼ばわりしたら、中国でどんな騒ぎになるか。ここでも日本人のもの静かさが裏目に出て言われ放題なのだろう。

この中国人記者は、靖国参拝のことを「拝鬼」と吐き捨てている。

《日本の指導者の「拝鬼」(靖国参拝をさす)の目的が、とうに人類の歴史の中ではりつけにされたA級戦犯たちの魂を公然と呼び戻し、日本の狭隘な民族主義の代弁者としての強硬な姿勢を示し、政治的元手を手に入れることにあることをよく知っているからだ。》

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE

靖國神社には英霊の遺骨や位牌もない。日本人なら腹に据えて知っておくべきことである。ただ御霊(みたま)という分けて分けられない存在がそこに鎮まってあるだけだ。たましいを、どうやって分けるのだ? 分祀論の愚かさを知っておこう。

英霊が「具体的に」祀られているのは、ヴァチカンである。

バチカンへの道筋をつけたのは品川寺(東京都品川区)の住職である。同寺の座主仲田順和師が、いわゆるABC戦犯と言われる方々の名誉回復をバチカン市国に懇願、サン・ピエトロ大聖堂に英霊の位牌が奉納された。

これより連合軍の手によって一方的に裁かれABC級戦犯の烙印を押された総ての「法務死」なされたお方の御霊が、世界のキリスト教カトリックの総本山ヴァチカンでローマ法王の御手によりお祀りされることとなった。

偽りの裁きを行ったのは、アメリカというキリスト教徒たちであり、ローマ法王の手になる戦犯たちの祀りは、おごった戦勝国アメリカへの痛烈な批判ともなった。
ローマ法王の弟子である彼らが法王に無言で裁かれたのだ。

日本の英霊を祀る英断を下したのはヨハネパウロ二世であられた。ヨハネ・パウロ二世により、ヴァチカンで英霊を弔う荘厳なミサが執り行われたのであった。

かつて、信教の自由を盾に靖國を訴えた日本人のキリスト教徒がいたが、この事実を知らないのだろう。なんという心の狭さ、貧しさ。GHQが靖國神社を焼き払って、ドッグレース場にしようとしていた時、それを阻止したのも神父たちであった。ローマ教皇庁代表であり上智大学学長でもあったブルーノ・ビッテル(Bruno Bitter)神父とメリノール宣教会のパトリック・バーン(Patrick Byrne)神父である。

「いかなる国家も、その国家のために死んだ戦士に対して、敬意を払う権利と義務があると言える。それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理でなければならない」

「我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教など、いかなる宗教を信仰するものであろうと、国家のために死んだものは、すべて靖国神社にその霊をまつられるようにすることを、進言するものである」(ブルーノ・ビッテル神父)

とまれ英霊のご位牌は、実は靖國神社ではなくサン・ピエトロ寺院の大聖堂にお祀りされている。靖國神社のご祭神は御剣と御鏡であり、他に物理的なものは、何もない。

更に、東条英機たちの遺灰はもともと、最初から別のお墓に納められている。処刑の後、忍び込んだ有志が遺灰を持ち帰りお祀りしたのだ。

東条英機の墓。分祀、分祀と騒ぎ立てなくても、これこの通り当初から
分祀はされている。

 NHKと共に日本から滅し去らねばならぬもの、それが朝日新聞である。
彼らの日本に対する悪意が何に由来するのかは知らず。ただその意図的歪曲による日本毀損ぶりは余りにもあからさまで、その悪意に気づかぬ日本人が多いことに慄然とするばかりである。
普通に自らの国を大切に思う言辞に対して彼らは「ネトウヨ」と、民団用語を用いて愚かな口で喚き立て、まっとうな日本国民を薄い脳であざ笑う。

 

 日本の英霊供養のミサを執り行ってくださった在りし日のヨハネ・パウロ二世

 

ポーランドの12歳の少年であった頃のヨハネ・パウロ二世。
聡明で深い眼差しがすでに将来を暗示しているかのようです。

日本の英霊の皆さまをご供養くださったヨハネ・パウロ二世さま、ありがとうございました。
ご冥福を改めてお祈り申し上げます。帰天されたあなたは、ひょっとして英霊の皆さまを抱擁し握手を交わしていらっしゃるかもしれませんね。

 

サン・ピエトロ寺院広場におけるミサ。

ヴァチカンの神寂びる鐘ぞ靖國の杜に鎮(しず)もる御霊に降りよ

バチカンの鐘の音

英霊に捧ぐ

聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 いとも尊き三位一体の天主、今この祭壇の上に行われんとする聖祭は、主イエズス・キリストの御苦難と御死去とを、われらにしのばしめ、その御功徳をこうむらしめんとて、御みずから定め給いし祭りなれば、この上なく御心に適い、生ける信者と死せる信者の霊魂に、御恵み豊かなるものなることを信じ奉る。

願わくは、カルワリオにて親しく主の御苦難を仰ぎ見奉りし人々の心もて、このミサ聖祭にあずかることを得しめ、かれらに賜いし御恵みを、われらにも与え給え。特にわれらが祈らんとする死せる信者の霊魂に御慈悲を垂れて、この御功徳をわかち、主の御栄えのうちに入らしめ給わんことをこいねがい奉る。アーメン。

 

同期の桜

カトリックの祈祷文の直後になぜ「同期の桜」なのか・・・。理屈ではなく自然に祈祷文の後に耳に心に響いて来たので載せます。ヴァチカンの空も、靖國の空も、ゼロ戦の若き航空兵士が振り仰いだ空も、同じ空です。
高きもののいます蒼きふかき空。

 

【神風特攻隊】特攻―空母バンカーヒルと二人の神風(ケネディ著)より

巨大な敵艦に急降下で体当たり、玉砕する戦闘機、その若き命の散華。
静かに見つめつつ涙こぼれます。
もはや善悪の彼岸を超え、それは美しい。澄み渡った心がそこにあるから。
敵の軍艦にもまた多くの若き命のあることを知りつつ、背後に父母の妻の恋人の悲しみと痛みあることを知りつつ、なお美しい。
人は静かな平和に焦がれつつ、今しばらくは戦の嵐に身を翻弄させる定めに
あるのかもしれません。人類の業。その闇を突き抜けたあとの澄んだ青空、
それこそが若き命が末期に見た景色であったのかもしれません。

平和を。偽りのきれいごとではなき平和を希求しつつ、手にはいまだ武器を、平和を守るための。剣持つ不動明王は大日如来の慈愛のもう一つのお貌(かお)。聖なる瞋恚をもちて悪を断つ。瞋恚転じて大いなる慈愛へと變化(へんげ)する。

 あびらうんけんばざらだとばん

 

Gloria in excelsis Deo. 「グローリア インエクスセルスィース デオー」

 

Gloria in Excelsis Deo - (Angels We Have Heard On High) Angels We Have Heard On High (Full Studio Version) - David Archuleta - Christmas From The Heart

炎。感じる人は・・・。

            ローマ法王、パウロ二世よ。

                    Love

 

 

転記ここまで。

コメント

「日本人なら! 神社での正しい礼儀作法」大切だから、保存します(39)。BBの覚醒記録より

2017年09月29日 | 皇室
    • 毎朝、出勤前に会社近くの小さな神社に参っています。
    • 私にとっては「何気ない習慣」になっているもろもろの所作の一つ一つに
    • こんな意味があるとは・・・深いです。
    • 以下、転記
    • 「日本人なら! 神社での正しい礼儀作法」(初出01/02/13)

 

あけましておめでとうございます。

年頭のごく軽い話題です、過去にも取り上げたけれど、朝鮮飲み特集。

菅さんが、また四国のお遍路に出るそうですが、神社でまで止めて欲しい朝鮮飲み。
それに手水舎の水を柄杓から直接呑む日本人って、います?

手水舎(ちょうずや、てみずや)

 

手水の正しい使い方

1右手で柄杓を持ち水をくみ、

2その水を左手にそそいで清める。

3柄杓を左手に持ち換え、

4右手を清める。

5また柄杓を右手に持ち換え、水を汲み、

6その水を左の掌に受け、その水で口をすすぐ。

7終わったら柄杓の部分を頭に、柄をくるくると回し、次の人のために滴を切って置く。

ついでに、ご神前では二礼二拍手一礼がお作法です。(鈴を鳴らす。両手を腿につけ、2度お辞儀をする。ついで、2回柏手を打つ。最後にもう一度お辞儀をする)

二礼二拍手一礼の更に詳しい解説

「二拝二拍手一拝」(二礼二拍手一礼)とは?



1.拝殿の正面に立つ。

軽く会釈。(この軽い会釈を合わせると三礼二拍手一礼になる)

鈴を鳴らす。 鈴の金属音は邪気祓いで、西洋の鐘も同じ発想で、霊的には事実、低級霊が嫌がって去る。


2.賽銭箱に賽銭を投げ入れます。

乱暴に投げ入れぬこと。心をこめて、投げるという行為自体に「祓う」という意味有り。

3.二礼(二拝)

(2回頭を下げておじぎをする)

4.まずは胸の高さで掌を合わせ、右手を少し下にずらして二拍手。

その後、指先を合わせて祈りを込めてから、手を下ろす。

(掌をずらすのは、神と人とがまだ一体に合一していない、という意味。二度手を打つことで神降臨、その後掌を合わせ神人一体で祈願。

5.最後に一礼(一拝)

神さまをお送りする心持ちで。

以上が基本でほとんどの神社で通じる。まれに特殊作法もあり。

所作正しく、美しい日本人でいましょう。その毅然とした姿勢が中韓の不浄を祓うように。

 

転記ここまで。

コメント

「自民党へのお便り  国を売るのか守るのか」大切だから、保存します(38)。BBの覚醒記録より

2017年09月28日 | 皇室
  • タイミング的にもピッタリなので。

    2012年の記事ですが、まったく「古さ」を感じません。

    ということは、自民党、ちっとも成長してない?

  • 以下、転記。
  • 「自民党へのお便り  国を売るのか守るのか」(初出11/29/12)

 

前略 自民党さま

自民党の外への発信力の
下手っぴさには定評があるけれど
最近、広報担当みたいにテレビに
出てる甘利さん。下手〜
外に向けて「アピールする」という
ことが解ってないみたい。

原発の是非が選挙のポイントの
一つなのに、自民党の原発に
対する姿勢を問われて、一から
タラタラ説明なさる。

そうじゃなくって!

反原発の無理と不自然をスパっと
最初の一言で総括せんかい!
新聞で言えば「見出し」をまず
置かんかい!

反原発は、日本の産業経済を破壊します!
とポーンと出て、なんだろ?と耳をそばだてさせる。

そこへ、反原発運動の背後には
日本の核技術を抹殺したい勢力がいます、
と畳みかける。原発停止で余る日本の優秀な
技術者を引き抜こうと虎視眈々と待ち構えている
国があります。
また原発停止は日本だけがやっても、お隣の
国の原発21基の大半が日本海側の沿岸部に
建てられているので、原発問題は日本国内だけの
問題に縮小しては片付かないんです。

と、出だしを置いてから、自民党では・・・と続けるのが
電波に載せる場合の正しい文脈です。
おおやけに語るに差し障りのある部分は、オブラートを
かければよいだけ。・・・・一国の存亡がかかることに
さほど周囲に気をかねて言葉をぼかすこともなく
もっと激しく突っ込んでもいいと思いますけどね。
サンプル文も、電波に載せること前提にかなり
これでもマイルドに書いたつもり。

発信の目的は選挙でしょう?
説明自体が目的ではないじゃないですか。
いかに、相手をへこましてこっちにポイントを
得るか、それが目的でしょう?

誠実な方なのだろうけど
外部へ向けての発信者は
けれんみのある広告センスが
必要です。甘利さんを発信者に
使うなら専門家を雇って教育が
必要だって・・・・。せめて
マスコミの体質と使い方を
熟知しているアドバイザーを。
前総裁の谷垣さんの発信力の
無さというより、順風を逆風にあおぎ返す
言葉のつたなさは、さんざん言われていたのに
耳に届かないのでしょうか。

現代は情報戦です。マスコミの使い方は
最小限の心得です。

最近、批判されることが多い安倍さんの奥さんの
言動のことで
支持者が党本部に電話入れても
けんもほろろの対応だそうな。
筋違いのことで電話するな、ガチャ。
・・・つくづく素人だなあと思いますね。

党も客がいてなんぼでしょうが。奥さんのことに
かかわらず、どんなクレームを受けたとしても、

「ご心配いただいてありがとうございます。
総裁には何らかの形でお伝えするように
心がけます。今後とも自民党をよろしく
おねがいします」

これが出来ないから横柄、説明不足で
嫌気がさされるんだよ。

クレーマーはおおむね支持者なんだから。
一人の支持者には複数の支持者が連なります。
一人の支持者を失うことは複数の支持者を
失うことです。

またテレビカメラの向こうには常に百万、一千万人単位の
有権者がいます。取材者に向けた不機嫌な顔と
言葉は、有権者に向けてたものとして
受け取られます。イロハのイなんですけど
そのイすら心得てない議員が多過ぎます。
かつての麻生さん(素敵な政治家さんですが)
福田さん、平気でカメラの前で仏頂面を
さらし、そりゃあくだらない質問や、どうせ
カットされる回答にむっとするのは分かるけど
しかし、発信者としてのプロたることも
政治家の条件です。「あなたとは違うんです!」って
なんですか。福田さんの意識では無礼な記者一人に
向けているのだけど、それがオンエアされた時点で
不機嫌さを浴びるのは数百万人の視聴者、有権者なんです。

政権が長かったので、有権者は神様です、
の意識が希薄。
相変わらずの殿様商売は通用しないですよ。
老舗こそ常に新人の意識に立ち戻らねば。
いっぺん地面に叩きつけられて
懲りたでしょうに。

それと公明党は「連立は解らないが、連立を組んだら
自民党さんにうちの政策に合わせていただく」と
言ってます。なんで、こんなカルト基盤の
党といつまでも手をつなぎ続けるのか。
それも嫌気がさされた一因なのに。
ま、ご事情もおありでしょうが、早めに切らないと
自民党の明日はありません。永遠の旗幟不鮮明政党として
いずれは先細り。ものがはっきり言えないのは
公明党との関係もあるのではないですか。

選挙では票は入れますけどね。巷間言われていることを
ご存知ですか?「今回も鼻をつまんで自民党」

いまだ生息している売国因子どもの腐臭を
政権公約にすら感じます。
大半が中韓人の若者になるであろう留学生30万人
受け入れなど、売国の沙汰以外のなにものでもありません。
これとて中国韓国≒創価学会=公明党へのご機嫌とりなのでは
ないですか? いったい自民党は何をしたいのでしょう。
国を売るのか守るのか。どっちつかずの及び腰が過去の姿でした。

党の人もたまに拙ブログを覗いてるみたいなんで
まぁ伝わるといいなと思って書いて
みました。

 (追伸)

現行憲法
  

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
  

自民党案
  

信教の自由は、保障する。国は、いかなる宗教団体に対しても、特権を与えてはならない。
  http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

「政治上の権力を行使してはならない」が削除されているのはなぜ!

自民党の党是である憲法改正は必須であると思うけれど、公明党との癒着ある限り
憲法改正は無理、というより箇所によっては改悪にならざるを得ないのではないですか?

外国人参政権に反対しておきながら、最大参政権推進派の公明党支持は矛盾。矛盾というより自民党の外国人参政権は憲法違反で反対という政権公約の文言自体が嘘になってしまいます。本当にやる気があるのでしょうか? 

「小選挙区では自民候補へ比例区では公明へ」というお宅の候補者の呼びかけは、いいかげんの極みでしょう。在日参政権推進の党への支持表明と同義じゃないですか。反対しながら一方で賛成する。なんですか、これ。
自分の女房であるないに関わらず、反原発、憲法改正反対のアンチ安倍総裁、アンチ自民党の安倍昭恵という一人の「政敵」の写真を平然とその政治上のHPの表紙に掲げる安倍総裁のけじめのなさ、いいかげんさは、自民党の体質にも由来しているのでしょうか。
李明博の竹島不法上陸と天皇陛下侮蔑発言から日いまだ浅からぬ時に、韓国料理屋に出かけ、その写真が出まわることを承知でマッコリを手酌、キムチのお代わりをしてみせる。李明博の従軍慰安婦発言をも含めた肯定であると取られても仕方がありません。
"face bookでネトウヨと共闘”などと言われる軽さもいいかげんにしていただきたい。
ブログやface bookで考えなしの軽率発言を繰り返す夫人とバカップルにならないで頂きたい。夫人に関しては「家庭内野党」などと洒落のめしてかわせるほどの軽い状況ではないと思います。

http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=0dd194ae0b23a2600101cb348260fc5d

本来政敵であるべき公明党を比例区で推すことに通じる安倍総裁のずさんさではあります。 

なぜ習近平の主席就任に創価学会が祝賀メッセージを送ったのか。また習近平が政治上のアレンジメントをなぜ創価学会に依頼するのか、解らぬわけではないでしょうに。安倍総裁が集団的自衛権を打ち出したのは、尖閣防衛のためですがその集団的自衛権を警戒しているのは中国であり、そして公明党の山口那津男代表は早速、集団的自衛権に反対を表明しています。実に解りやすい。

たとえば、アメリカが中国と戦っても現憲法下では日本は助けに行けません。
助けてくれない国の守りをアメリカに期待するのは間違いです。自分たちを
助けぬ日本をなぜ我々が命を懸けて守るのだ、という世論がアメリカで湧き上がるのは
必至です。
しかし、公明党はアメリカを助けに行く事を阻止する。彼らに日本を守る気などありはしません。韓国で大っぴらに反日デモをやっているのは、あちらの創価学会メンバーですよ。

安倍さんはその政権公約で護国防衛の火の手を上げましたがそのかたわら
公明党という水を自らかけて歩いていらっしゃる。やる気があるのかないのか。
公明党と手を結んでいる限り、自民党への全幅の信頼は得られません。
半端な姿勢は半端な結果をしか呼び込みません。
いったい、いつまで防衛といい、憲法改正といい、やるかやらぬか姿勢の
明確ではない状態を続けるおつもりなのか。

発進するぞと国民にぶちあげながら、片手でブレーキを引いている。それが自民党の姿です。

【追記】反原発運動に入れ込み、安倍昭恵氏が共に旅行していた反原発推進者飯田哲也(てつなり)氏は今、「裏民主」と言われる嘉田由紀子知事新党「未来の党」の代表代行となっています。影の主役は小沢一郎氏。嘉田県知事の支持母体は「市民の党」です。嘉田県知事の「びわこ宣言」への賛同者は坂本龍一、茂木健一郎、鳥越俊太郎氏などです。安倍昭恵氏は彼らと思想を共有するのでしょうか。

飯田哲治氏がこの間の山口県の県知事選に自民党が推薦する人物の対抗馬として立ったことも記憶に新しいことです。ことごとく自民党の方針に逆らう安倍昭恵氏。ちなみに昭恵氏と親交が深い飯田哲治氏は、維新の会の橋下徹市長のブレーンも務めていました。

個人の思想は自由ですが、未来の総理夫人であるお立場でアンチ自民党のお考えをブログやface bookに書き散らすのは、賢明とは言いがたいのではないでしょうか。

夫人の暴走を止めぬどころか弁護していた鳩山元首相を安倍さんも思わせますが、鳩山夫人の場合は単に韓流に関することでした。しかし昭恵夫人のは安倍総裁と自民党の政治の根幹に関わるご発言です。一国の首相経験者であり、国民の付託を受けた安倍氏を反原発に説き伏せるなどという夫人のご発言は、国民に対して不遜ではございませんでしょうか。

 

転記ここまで。

コメント

「三島由紀夫の予言 すめろぎは、などて人間となりたまひし」大切だから、保存します(37)。BBの覚醒記録より

2017年09月26日 | 皇室
  • 恥ずかしながら、三島由紀夫を読んだことがありません。
  • 「割腹事件」は、小学4、5年生の頃でした・・・・。
  • 「国家は、幻想」。
  • だからこそ、「民族の物語」が必要なのだ。
  • 以下、転記。
  • 「三島由紀夫の予言 すめろぎは、などて人間となりたまひし」(初出11/23/12)

 

さて預言と予言、いずれを三島由紀夫が市ヶ谷自衛隊バルコニーで飛ばした激に充てるべきか。漢語の上では双方同義だそうだが、聖書学の上では預言は神からの啓示であり、予言は未来の予測であり、よって常識的にはむろん予言であろうけれど、三島の最後の言葉は単なる未来予測として語るには余りにも重い。

三島の極めて身近にいらした方からお聞きしたこと。「夜、書斎のデスクに伏せてうたた寝をしていると、軍靴の響きが聞こえるんだ」と、三島がその方に語った。詳細は省くが、ニ二六の霊魂たちであろうという結論に達した。三島がそのたぐいを信じていたとは思わないが、その時の会話の成り行きで一瞬青ざめていた、という。最初は笑みで気楽に語っていたのが、ニ二六のある方のお名前が具体的に上がったとたん、さあっと顔色が変わったと。

・・・しかしそれにしてもやはり預言という字はふさわしくない。二・二六事件の将校たちから託されたメッセージだとしても、彼らは神ではないのだから。

「などてすめろぎは人間(ひと)となりたまひし」

天皇陛下よ、なぜあなたは人間となってしまわれたのか。この言葉の意味が分かったのは最近のことだ。三島文学のきらびやかな美学の奔流に幻惑翻弄されるばかりで、楯の会に代表されるもう一つの「思想」にも「行動」にも関心が向かわなかったせいもある。

ある日ふと、日本というものに目が行き心を傾けるにつれ、三島由紀夫のもう一つの側面に光が当たって見えてきた。(今、都内ではかなりの揺れあり)

・・・・・地震で気勢が削がれたのか書き継ぐ気力が途絶えました。何を書こうとしていたのだろう。三島さんが、市ヶ谷のバルコニーで飛ばした激を今こそ噛み締めている人達も多いのではないでしょうか。三島さんが憂え、警告を発した通りの日本になっていますね。

それと、三島さんの発した「すめろぎ」に啓発され、皇室小論を試みようとしたのでした。まさに天皇が「人間」となってから、それまで歴史と伝統に支えられ美しい姿勢を保っていた日本がしどけなく崩れ始め、今や目を覆わんばかりの惨状です。天皇も皇室も、なぜそこに在るのか解らなくなっている日本人もいます。

最近のコメント欄にわずかに書いたことですが、国家というものはしょせん幻想であり、フィクションです。実は人間の概念の中にしか存在しないという意味で。よって、絶えずその幻想をリアリズムに近づけるための努力を払わないと国体は瓦解します。幻想にリアリズムの添え木を当てるのが儀式なのです。儀式はある宗教団体や国家に於けるごとく、マスゲームの形態を取ることもあります。共産党大会も儀式です。史実すら美化歪曲、特定国を罵ることを儀式としている国もあります。

国旗は単なる布切れでしかありません。しかし、そこに一国の誇りを託すから命が通う。国旗は常に国歌斉唱、起立という「儀式」が伴う故に、単なる布切れではなくなります。

日本という国の儀式そのものが天皇です。糸を手繰れば一系の神武天皇という神話的現実に辿り着く。神話を実在とするか、ファンタジーと取るかそれはどちらでもよい。日本という美しい幻想の扇を鞏固に保つには天皇という要が必要なのです。

そのためには、天皇は人であってはならない。GHQによって「人間」に降格させられた時から、扇の要は緩み、しどけなく壊れて来ています。儀式とは建前であります。本音をさらしてはいけないのです。あらゆる制服は本音にかぶせる鎧です。天皇を頂点に、日本人が心を一つに束ねることで、日本の国体は、そこに盛られた美意識も情緒も倫理も、最も効率的に保たれて来ました。天皇に代わる何かがもしあるならば、それでもいいのかもしれませんが、おそらく代わるものはないでしょう。

「およそ禁中の作法は神事を先にす」

と歴代天皇がもっとも重んじたのが祭祀です。祭祀とはその神秘的側面はしょせん極主観領域に属することなのでとりあえず触れずにおくとして、神事は決め事であり儀式であります。建前であり様式です。天皇自体が大いなる建前であり様式なのです。

宮中は「神の庭」であるという「虚構」を皇室、国民合意で受け容れる時、神話が現実となります。なべて儀式は虚構にリアリズムを沿わせるための手立てで、これは西洋とて例外ではありません。ただ日本の場合は、万世一系の神武天皇が根っこにおわす。それを信じねば皇室は成立しません。
少なくとも神話という虚構を儀式を通して信じたふりをすべきです。国という、実はこれも実体の希薄なフィクションを成立させるためには、いずれにしてもそれを束ねる虚構が必要です。それが共産思想であれなんであれ。日本では古来より天皇が国体という幻想を束ねる要でした。
国家というものは意識して維持せねば、解体します。幻想なのですから。
幻想は儀式(共産党大会もそうです)で支えねばなりません。
宮家という舞台で、神の取次ぎ人を演じることを捨て去った存在はもはや禁忌ではあり得ません。単なる人間であることを望まれるなら付与された特権のほとんどを捨て、宮城を去るしかありません。

神武天皇は実在であったとする者、神話であったとする者、それはいずれでもよい。天皇を日本国の国体の要として崇めるという約束事が成立した時に、国は一つにまとまります。
女王蜂はそのように生まれるのではなく、そのように育てられます。天皇を天皇として成立せしめるのは畢竟国民の意識でしかありません。国民が天皇を育てます。ひとたび不要と思えばそこには何もない。

皇室というのは、形而上学です。リアリズムの価値観で測っては、とたんに雲散霧消する存在です。国家の数だけ国家観はありますが、美意識に裏打ちされた国家観は日本特有でしょう。そしてそれを根幹で支えてきたのが天皇でした。

 地震に気を奪われ、なにやら文節重畳する半端な論になってしまいました。

 烈士三島由紀夫 英霊の聲(完全版転載編集)https://youtu.be/jJPBC-WaHeE

 

転記ここまで。

コメント

「風よ伝えて・・・パラオからの伝言」大切だから、保存します(36)。BBの覚醒記録より

2017年09月21日 | 皇室
  • 今回も、必読です。
  • われわれの祖先が、いかに強く、勇敢で、優しかったか・・・。
    文中では、「お前らごときとそんなことが出来るかっ!」
  • となっていますが、
  • 伝えられる言葉は、
  • 「帝国軍人が、貴様らごとき土人と戦えるかっ!」のようです。

    あえて侮蔑的表現を使った、強く、優しい言葉だと思います。

    今の日本の現状を見るに、

   国民全員が、噛み締めるべき言葉だと思います。

    また、前記事「35」に通じますが、

    アメリカという国は、敵ながら天晴れと言うか。懐が深い、と言うか。

    愛国心を持った、真っ当な行動には、敵味方の区別無く賞賛を贈る。

    まあ、先の大戦のころまでは、「武士道精神」「騎士道精神」が健在だったのかもしれません。

    文中に出てくる、チェスター・W・ニミッツ提督は、東郷平八郎提督を「心の師」としてい、

    戦後、横須賀港の「戦艦三笠」が米兵対象のダンスホールになっていたのに心を痛め、

    記念艦として立派に修復させたそうです。

     http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

  

  • http://www.sankei.com/premium/news/150704/prm1507040018-n1.html

 

   以下、転記

  • 「風よ伝えて・・・パラオからの伝言」(初出11/01/12)

 

 韓国や中国に修学旅行に行かせる愚かしい学校がある一方・・・

 日本航空高等学校のように親日国パラオへ生徒を送り出す見識の高い学校もあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/jaaw2top/63552621.html

 「日本航空高等学校石川 福校長 浅川正人」さんのブログより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月20日

今日は、パラオ修学旅行の意義を説明し、歌の練習と神社参拝の練習も行いました。
(一部抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜
「パラオ修学旅行、本日未明に無事パラオに到着し、今日はロックアイランドで泳ぎました」
9月30日(日)

日本では、今日は台風17号の影響で大変だと思いますが、パラオ修学旅行団は本日未明にパラオに無事到着しています。
昨日は午前10時に山梨校を出発し、靖国神社を団体参拝し、本殿で正式参拝を行いました。
そのあと資料館である遊就館を職員の方の案内で二時間かけてゆっくり見学出来ました。
私がいつも授業で話していることと重複することも多く、生徒たちは真剣に話を聞いていました。
(一部抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜
「パラオ修学旅行三日目、南洋神社を参拝しました」
10月1日(月)

本日はパラオ共和国の独立記念日です。1994年10月1日にアメリカから独立しました。
今日は、官幣大社の南洋神社の慰霊祭に参加し、参加者と生徒全員で「君が代」と「海ゆかば」を歌い、最後に生徒全員で「ふるさと」を歌いました。
昨夜から雨が降り、地面は濡れていましたが、慰霊祭が始まるまでには雨が止み、神事が始まると日が射してきました。
英霊もさぞお喜びであったと思います。
明日は、大東亜戦争の激戦地ペレリュー島の島内観光とペレリュー神社での慰霊祭に参加し、午後からは海で泳ぐ予定です。
〜〜〜〜〜〜
「パラオ修学旅行四日目、ペレリュー島に上陸し島内観光と慰霊祭を行いました」
10月2日(火)
本日は朝から波が高く、ペレリュー島まで船が行けるかどうか危ぶまれましたが、島に近づくにつれて波が静かになり、予定通り上陸することが出来ました。
島の所々には大東亜戦争の跡が残り、日米の戦車の残骸や戦闘機の残骸がありました。また、島に来る途中の海の浅瀬に、海に沈むゼロ戦の残骸がありました。
また、戦闘で破壊された海軍司令部の建物を見学しましたが、頑丈な鉄筋コンクリート製で、大正十二年に建てられたもので、当時としては最新の設備であったことがわかります。
我々は、ペレリュー神社で行われた慰霊祭に参加し、昨日と同様に神事を執り行い、全員で「君が代」 「海ゆかば」 そして「ふるさと」を心を込めて歌いました。
その時曇りの天気でしたが、太陽の光が射してきました。
私は、「ふるさと」を歌っている時、硫黄島の映画のシーンを思い出し、胸に迫りくるものがありました。
召集され兵隊として激戦地で戦い、日本にいる妻子を思いながら国のために散っていく兵士の気持ちが伝わって来て声が出なくなりました。
まさに、砲弾の嵐の中、補給路も経たれ、食料も弾薬も尽きようとする中で、最後まで米国を相手に戦っている兵士の様子が浮かび上がってくるのです。
ペレリューの戦いはまさにその戦いでした。未だに多くの方の遺骨が収集されずにいるのです。
神事を行った宮司さんは、「英霊が大変喜ばれています。普通なら今朝の天候なら来られなかった。それが来れたのは守っているからです。」と仰っていました。
慰霊祭のあと、遺骨が埋葬されている「みたま」と称する慰霊碑を訪れ、我々だけで「ふるさと」の歌を歌いました。
午後からは波が静かになり、太陽の光が射し青空も見える中で珊瑚の海でシュノーケルを楽しみました。
明日は最終日で、パラオの高校との交流をします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国に生徒をやって、わざわざ虚偽の歴史を教えこむ愚かしい学校や教師たちがあまりにも多いことに絶望しかけていましたが、日本航空高等学校や千葉黎明高校のような学校がある間は日本もまだ少しは大丈夫なのかと思えます。

以下は旧記事の復刻ですが、未読の方には是非読んでいただきたく再アップいたしました。

誇リ高キ大日本帝国 「日本とある国のお話」

戦火の火蓋が切って落とされたとき、パラオの男たちは話し合い、自分らも共に闘わせてくれと日本軍に名乗り出る。

「お前らごときとそんなことが出来るかっ!」

と侮蔑的に怒鳴られ、パラオの青年たちは裏切られた思いで悔し涙を流しながら

疎開の船に乗り込む。空襲を避けて夜。

月影のもと、昨日まで苦楽を共にした日本軍の見送りすら無い。大軍で押し寄せるアメリカとは多勢に無勢。一人でも多くの兵士をと申し出た俺達の心がなんで届かぬのか。

日本人って・・・・こんなにも人情知らずの冷たい人たちだったのか・・・

その時。1人が気づいた・・・

あ!

船が沖に向かって進み始めた時、浜にいっせいに駈け出してきた人影は。

日本軍の兵士たちではないか!

おおーい、おおい!

彼らは船に手を振り、日本の歌を声を張り上げて歌った。

パラオの男たちは海に飛び込もうとした。しかし浜はすでに遠い。

そうか、そうだったのか。

俺たちを巻き添えにしないために、俺達を追い払ったというのか、日本の兵士たちよ。

ごめん、ありがとう、一緒に戦いたかったのに。

お前たちは生き残れ、親に孝行しろ、子を可愛がれ、と日本兵の声なき声がパラオの男たちの耳に届く。

そう、日本軍が彼らを冷たく断ったのは、玉砕を覚悟の闘いにパラオの人々を巻き添えにしたくない一心だったからなのだ。

戦は日本軍の覚悟の通り玉砕に終わり、横たわった日本兵のご遺骸をパラオの人たちは嗚咽しながら拾い埋めた。彼らと共に分かち合った笑い、喜び、そして悲しみ、苦しみが脳裏をよぎる。

あの笑顔、あの歌声。幼いわが子を抱き上げ可愛がってくれた若い兵士も冷たくなっていた。ふるさとに、まだ赤ん坊であった娘を残してきたと聞いていた。

運命を共にするつもりであったのに、あなた方は私たちを守り抜き、祖国日本のために戦い抜いた。ありがとう日本。

・・・・しかし・・・パラオの独立記念日に世界からお祝いが寄せられる中、日本の祝はなかった。あたかもその後日本を傷つけ続ける自虐史観「村山談話」の村山内閣の時であった。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=425&v=5s7prx1Uh-Q

動画の5分39秒前後より碑文

 この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。

あなたが日本の国を通過することあらば

伝えて欲しい。

この島を死んで守った日本軍守備隊の

勇気と祖国を想うその心根を・・・

 

 ペリリュー島守備隊長、中川大佐の遺影と遺品は靖國神社の資料館「遊就館」に展示されています。

日本と日本軍を愛し敬った人たちは多い。アジアの植民地を自由の天地へ解き放ったのは日本だ。世界には親日国が多い。

   

ペリリュー神社

所在地 パラオ・ペリリュー州 主祭神 天照大神
ペリリュー島の戦いで戦死した日本兵・軍属 創建 1944年(昭和19年)

 碑文の作者はしかも、敵のアメリカ人なのです。

ペリリュー神社の境内には、日本軍の戦いぶりに衝撃を受けた太平洋艦隊総司令官のチェスター・ニミッツの作として

「諸国から訪れる旅人たちよ 、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い 、そして玉砕したかを伝えられよ 」米太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツ

「Tourists from every country who visit this island should be told how courageous and patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island. Pacific Fleet Command Chief(USA) C.W.Nimitz」

という文字列が彫られた石碑(1994年に建立)がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E7%A5%9E%E7%A4%BE

敵をして見事だと感嘆せしめる。

大和の民は温和なるも、ひとたび立ち上がるや烈々たる気迫に満ちてありき。

真の日本人たちのご遺骨はいまなお、パラオの土にある。

ペリリュー島の風よ、せめて兵士たちの思いを祖国日本へ運んでおくれ。

靖国へ届けておくれ。

彼らのお母さんも、もうこの世にはいない。

(祖国の紅葉をもう一度見たかった。降る雪に額を濡らしてみたかった。

桜吹雪のそのかげを、幼子の手を連れて歩いてみたかった。

妻よ、老いたる母よ、父よ、幼い妹よ)

(おおい、おおい、祖国の愛しきものたちよ。

君がためわたしは命を捨てた。悔いはない)

 

転記ここまで。

コメント