Jam☆Jam日記

星になった愛犬ジャム(Mシュナ)との徒然日記
現在2代目看板犬DiDyを迎え奮闘中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「マルモのおきて」最終話

2011年07月03日 | 映画ネタ
 しゃべるMシュナ・ムックの出演する「マルモのおきて」が
昨日、最終回(全11話)を迎えました~。
普段、ドラマなんて見ることのないジャム父は、「マルモのおきて」に大ハマり。
毎回楽しみにする自分自信がビックリ。
子供の頃は「ウルトラマン」や「仮面ライダー」を
毎週楽しみに待ってたもんでしたが、
この歳になって、こんな楽しみに待つなんてねえ…。


テレビ欄の最終回の題名が「~ありがとう、そしてさよなら」だったので
「あ~、やっぱり別れちゃうのか..」とガックリしましたが
「いや待て、さよならといっても、視聴者にいってるかもしれん..」と
あれこれ考えながら最終話にのぞみます。

見終えた結果は、ハッピーエンドでした~。
こうなったらいいなという理想形で終わってくれました。
終了後のマルモリダンスは日本中の各家庭が盛り上がったんではないでしょうか。
9話、10話とテンションがやや下がる終わり方でしたからね。


 放送中は、自分なりのスピンオフ・ドラマの設定とか考えてたんですよ。
死んだ二人の子供の父・笹倉がメインの話です。
二人の子供を残して死んでしまった無念、後悔、心配の念でいっぱいの笹倉は
あの世にいくこともできず、人間界の狭間にさまよい、このままでは…

不憫に思った一人(?)の神様が、笹倉を自分の近くに留め置き
自分の使い(式神のようなもの?)を犬(ムック)に託し、
二人の子供を見守らせる役につかせる。
ムックは最初、面倒くさくてヤダなぁ、はやく神様のもとに戻りたいと思ってるが
マルモ達と生活するうちに段々とその考えが…

..なんてことを考えてたので、
最終話での展開は、
あゆみさんが実の母ということが分かり、
子供達の理解を得て、一緒に生活できることを確信し
安心した笹倉は無事昇天できることとなった。
最後に神様の計らいで、ムックを通して高木護に
感謝の言葉をかけ、あの世へと…

全ての役目を終えたムックは、神様のもとに戻るが
「やっぱり僕がいないと心配だから…」と
再びマルモたちのもとへ。
ムックもマルモ達なしの生活は考えられなくなっていた。

ムックはきっと神様のこういったお仕事をこなしてたんだね。
だから経験のうち、コハダとか人間の食べ物が好きなんだな…。

…なんて、解釈しました。
ちょっと「ゴースト」っぽくて、ありきたりかな?
ムック=笹倉(父)は、今までのムックの言動からすると
無いと思うからね。
(ソフトバンクのCMでは、犬はお父さんだけどね)

あのハッピーエンドで、次につながる話が出来ますね。
秋に「マルモのおきて・2」希望です。
やはり、涼しい頃のロケがいいよ。
ムック見てると暑くて大変そうだもの。


それにしても、子供達のセリフの
「生きてくれてありがとう」は、良いことばだな…







コメント

600m越え

2011年03月01日 | 映画ネタ
 本日、東京スカイツリーの高さが600mを越えたそうです



 昨日は米アカデミー賞の発表でした。
ちょうど休みと重なったので途中までWOWOWで中継を見てました。
今年は日本映画のノミネートはなかったんですね。
賞をとった映画では「インセプション」だけみたなぁ…といっても
Blu-Rayですけどね。
劇場ではあいかわらず観てないな..

先日、映画のディスク整理をしようと
録画してたけど、ズッと観てなかった映画を早送りで再生。

「あんまり面白くないだろうな」とタカをくくってたんですが
凄い面白くて、最初からちゃんと再生…ハマってしまいました。

それが上野樹里主演の「キラー・バージンロード」。
題名からはシリアスな青春映画か何かなと思ってたところ
全然違ってましたね。

ひょんなことから○○○をトランクにつめて
結婚式まで逃げまくるナンセンスなコミカル・ロードムービー。
イメージが違ってたので、最初入り込むのに
苦労しましたが(?)
カルト映画の「ロッキーホラーショー」的要素もあったり
伏線もしっかりしてるし
とにかく出演者も映画もはっちゃけてます。

その中でも1番のお気に入りは
シュナMIXのダミアンでしょうか。

○○にトドメ(?)をさし、さらに辱めるあたりは
登場の「ダミアン♪~ダミアン♪~」という
BGМととも最高のサブキャラでした。


 ちょうど今のボサボサのジャムに似てるし…可愛いです


この映画の監督は俳優の岸谷五郎で
音楽は福山雅治というのもテロップをみて知りました。

好みは人それぞれですが、機会があればどうぞ。
笑えます。

コメント

2010年11月13日 | 映画ネタ
 先日の八ヶ岳ドライブから、山の楽しさを味わったんですが
実はその前に山に行きたいと思うことがありまして…

NHKのハイビジョン放送で「グレートサミッツ」という
世界の山を紹介する番組があるんですが、それで
スイスの「ミディ針峰」が紹介されて
いやあ、すごい懐かしく思ってたわけです。
ずいぶん前(20年位前?)に、ここを登りました。

でもね、登頂といっても観光の山なので
一気にロープウェイで頂上まで行けるんですよ、じつは(笑)。
といってもあなどってはいけない…
その高さは富士山よりも高い3,800m以上!
それをふもとのシャモニーから一気に上るわけです。

頂上には写真↓のような展望台があって、そこのドアや壁には
各国からやってきた観光客達が足跡残しに
ステッカーやらカードやらが貼ってるんです(当時は..)。
そこに第1回ジャパンオープンのステッカーを貼ってきました。
まだ、残ってるかなあ…


 左がロープウェイの頂上駅、隣りの展望台まで橋が架かってるのですが
ふっふっふ…怖~。
地元では「エディ・ュ・ミディ」と呼ばれて
「正午の針」とかいう意味でした。
たしかにそんな感じです。
それにしてもロープウェイの工事ってどんなだったんでしょうねえ、
100年位前に計画があったっていうから
ヨーロッパの山に対する技術とか思い入れは凄いです…。

近くにはモンブランも見える絶景さです。
しかし寒かったです、富士山よりも高いとこですからねぇ。
いつかまた行きたい! 行けるかな? 行くぞっ!


それに触発されたのか、遅ればせながら録画してあった
日本映画の「剣岳」を観まして、いたく感動した次第です…
すんごい映像で、これを撮った役者もクルーも
とんでもない仕事だったんだろうなと…
山好きな方は一度観るといいですよ~、遅い?


映画というと気になる映画が3本ばかりあります。
1つはディズニー映画の「トロン・レガシー」
これ、30年近く前の映画の続編ですね。
コンピューターの中に入っていく映画ですが
当時はディスク(フリスビー)がバンバン飛んで
フリスビープレーヤーの心を熱くした映画です。
実際に映画の中でプレーしたのは当時の
フリスビーチャンピオン達でしたし…。

今回の続編「トロン・レガシー」ではディスクもありますが
リングがバンバン飛んでるようですね。
DDJamでもフリスビー・リングが大人気だし
マッチングしてますよ~


 リムがあるのでエアバンもOK、630円也~。


 来月公開…う~ん、こういう映画って大ヒットしづらいんだよねえ...


2つ目は「宇宙戦艦ヤマト」
これは子供時代にリアルタイムで観てたからねえ、
その実写版ということで…
宇宙戦艦ヤマトというと、西崎プロデューサーですが
つい最近、小笠原の方でヤマトという船から
海に転落して亡くなられたんですね…合掌..


三つ目は「キック・アス」
もう題名からヤバイと思うんですが、
主人公の最弱ヒーロー(キックアス)よりも
最強小学生ヒットガールの活躍を観てみたいですね。
コミック映画だけど、悪者をバッサバッサとやっつけるのが
過激すぎてR指定みたいです(笑)。







コメント

懐かし映画…

2010年08月11日 | 映画ネタ
 いやあ、暑い。暑くてブログのネタも出ず、久しぶりです
世の中はお盆休みに入り、各行楽地はにぎやかになっているようですね。
DDJamはいつも通りの営業ですが、
そろそろこの暑さから逃避行したいです

今年の正月以来、旅行という旅行に出かけてなく
旅行好きのジャム家としては考えられないわけで(笑)…

んが、しかし…キャンカーも復活したようだし
旅行の予定をそろそろたてたいと思う今日この頃…

先日、テレビ東京の昼の映画で
「マリリンに会いたい」を放送してました。
この映画、恋犬!?(マリリン♀)に会いたいワンコ(シロ♂)が
隣りの島まで海を渡っていく…
という実話をもとにした映画です。
主演は安田成美、加藤雅也、三浦友和ら..

1988年頃の映画ですから、もう20年以上前の映画なんですね。
舞台となった島は、沖縄の慶良間諸島の阿嘉島と座間味島で
ムッチャクチャキレイな海が広がる島です。
放送は何とハイビジョンだったので、即録画しました。
実は録画しただけで、まだ観てないんですけどね。


この頃、ダイビングや素もぐりとかやってましたので
この慶良間諸島にも毎夏訪れていたものでした。

「マリリンに会いたい」のロケとも遭遇し、
ちょっとだけエキストラで出演した・・
懐かしい記憶がよみがえりましたよ。

「ソナチネ」の石垣島、「マリリンに会いたい」の慶良間諸島と
映画では沖縄の島づいてます。

もうダイビングはしないと思いますが、
スキンダイビングをしに
もう一度訪れたいですねえ。
(でもジャムがいるのでダメなんですが…)

どっかに行きたいなぁと思ってる時に
拍車をかけるような思い出の映画でした…。




 (ウィキペディアより)

 座間味島の古座間味ビーチです。
時間が空いたら、ここでスキンダイビング。
いやーキレイです。時間が止まるひと時でした。



 (ウィキペディアより)

 阿嘉島にはシロの銅像がたっていました(知らんかった…)
 何か船の乗り合い場所も豪華になってる…



 (ウィキペディアより)

 一方、対岸の座間味島にはマリリンの銅像も(知らんかった…)
お互いを見合ってるようですよ。

今現在、島にはシロとマリリンの子孫がいるはずです。
コメント

梅雨明けだけど、気分は…

2010年07月16日 | 映画ネタ
 「風の谷のナウシカ」ブルーレイ観ました。
きれいといっても、やはり古いアナログアニメなので
すんごいキレイ…とはいかなかったですね。
最近のポニョあたりのきれいさとは比べられないです。
それでも当時のアニメとしては十分きれいで楽しめました。


ついでに在庫してたDVD映画を
買取りに処分しようと整理しました。

まあ、あるわあるわで50本位は出てきたでしょうか。
結局ナウシカのDVDの方は処分出来なかったです。
特典映像とかあるので、もう少し手元においておこうかなと…


整理中にきづいたんですが
「猿の惑星」のDVD(オリジナル)…。
とりあえずいつか観るだろうと買っておいたもの
パッケージを開けずそのまま買い取り行きですが…

これからはネタばれなので、「猿の惑星」を観てなくて
これから観ようという人は読まないように..(そんな人いない?)

        

        


 猿の惑星って最後にすごいオチがあるじゃないですか、
主人公があるものを見て

「ここは地球だったんだぁ」

というセリフ。
大事ですよね、この大オチ。

でも猿の惑星のDVDパッケージデザインは
みごとにそのオチなんですよね。



 まんまラストのシーンです


これから観る人は、
「アレ?猿の惑星って地球…?」って
オチばれですよ。
パッケージオチ(笑)。

「二十世紀少年」でいえば
フクベーがお面持って顔出してるようなもんです(笑)。

何で企画会議通っちゃったかな..?


んで、気になる買取価格ですが(笑)
50円でした。
ハリポタ系、マトリックス系なんか10円でしたぁ。


 ぐっふっふっ…世の中そんな甘かねぇぜい..。
 (大好きなジャムの悪顔、再登場)



コメント