Jam☆Jam日記

星になった愛犬ジャム(Mシュナ)との徒然日記
現在2代目看板犬DiDyを迎え奮闘中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

R.I.P. 2

2014年01月17日 | ジャム
 ジャムについては、たくさんのお花やコメント、
励ましのことば等頂いてホントにありがとうです!!
ダメージが大きくて返事出来ませんでしたが
少し落ち着いて来たので、ちょっとだけ経過報告を…

14日に荼毘に付してお骨が自宅にあります。
たくさんの花に囲まれて幸せなヤツだなぁと思います。
骨壺も普通の白いものでなく
ブルーでハートエンジェルのすっごい可愛いものです。
見せてあげたいけど
カバーの中に入ってしまってるんだよなー ( ̄▽ ̄;)

お店の方にもカーテン裏の棚のとこに写真を飾ってます。
お客さんがジャムのことを訪ねてくれるので..。
そのたびにググっときてしまう自分です。
(まだまだ1人になるとググっとしてしまうんですけどね.. )

ジャムと始めジャムと共にあったDDJamですので
ジャムがいなくなったら、やってけるかな..?と
思ってましたが、どうにか大丈夫そうです(笑)。

生前中はジャムを可愛がってくれて感謝いたします。
これからもよろしくお願いします!!




 こちらはお店です。
コメント

R.I.P.

2014年01月13日 | ジャム
 DDJam看板犬のジャムですが
2014年1月12日午後12:27頃に永眠致しました。
亡くなる前日までDDJamのカウンターに立ち(寝てたけど)
最後まで看板犬の職務を全うしました。
15才と3ヶ月。
老衰です。最後は手の中で苦しまず静かに逝きました。
小型犬として平均的な寿命かな。

…もう少し一緒にいたかった…

確かに最近調子は悪かったけど
亡くなる2日前はバクバクとごはんを食べ、水を飲み
「おっ、元気になったな」と思ってたら
前日には一切食べなくなり、飲まなくなり
それでも散歩とオシッコと看板犬の仕事はこなし…

食べず、飲まずが2日続いたので
かかりつけの病院に連れてったのですが
容態が急変、呼吸が止まり5秒に1回の心拍。
もう手のほどこしようはなく
自宅に帰る事に。
帰宅の途中、静かに、本当に静かに逝きました。

ドライブ中に助手席の手の中で寝るのが1番好きだったジャム。
苦しまずHappyな最後だったと思います。

ジャムを飼い始め、DDJamはオープンしました。(1999年)
DDJamといえばジャムでした。
自分自身、半身が欠けてしまったようです。
カウンターの上から
お出迎えするジャムは、もういません…

ジャムを可愛がってくれた皆さん、どうもありがとうございました。



 亡くなる前日のジャム。最後まで看板犬でした。


 1年半位前は、こんなに元気にフリスビーを追っかけていました。


 オイラの居場所


 フリスビー大好き!


 Flying Jam!!
コメント (6)