ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

俺の空(東京都新宿区高田馬場)

2008年01月30日 22時13分32秒 | ラーメン
今日は買い物ついでに高田馬場に行き、久しぶりに
「俺の空」で食べることにしました。

店に入って券売機を見たらメニューの名前が変わっていたので戸惑いましたが、
とりあえず掛け豚玉そば(900円)の食券を買い、待ち時間数分で席に座りました。

豚骨魚介のスープに細めのストレート麺が入り、
具は刻んだチャーシュー、海苔、ネギ、味玉、タマネギ等。
魚介が香る豚骨スープは刻んだタマネギの甘味が加わっているのもあってか
濃厚で個性を感じさせつつもマイルドな味わいで、麺にもよく絡んでました。
具もチャーシューが普通に1枚2枚と乗っているのではなく
刻んで乗せられていて、この食感がスープの味とも合っている感じで、
ネギの選択も申し分ありません。ただ、味玉は固ゆでになっていて、
これだけはちょっと残念でした。

この店もすっかり有名になり、味についても賛否色々な意見が出ていますが、
丼の中に濃厚さと香りとマイルドさが同居し、バランスが取れていると思いました。

ただ、この店に関しては解せないことがあります。
某漫画家の作品のタイトルをそのまま店名にしたのは有名な話ですが、
その割には店内に漫画家のサイン色紙もなければイラストらしきものもありません。
そして、ラーメンを食べてみてもその漫画との関係はさっぱり分かりません。
(ついでに言うなら、その漫画家が実際に食べに来たのかどうかも・・・。)
ま、ラーメンが美味しいから良いんですけどね。
コメント

分かっちゃいるけど・・・(一昨日の成果より)

2008年01月29日 13時40分19秒 | 
アイスランドカモメにしてしまいたい気分です(爆)。
ダメ?(笑)
コメント (2)

中華そば 青葉 船橋店(千葉県船橋市本町)

2008年01月29日 13時30分29秒 | ラーメン
※一昨日の記録です。
今回は出かけた帰りに船橋に寄り道して「船橋ラーメン横丁」にある
「中華そば 青葉」に食べに行きました。
中野に本店のある、Wスープで有名な店の支店です。

で、無難(?)に特製中華そば(850円)を注文。
動物系のスープに魚介系のだしを合わせたWスープに
中太麺が入り、具はチャーシュー、海苔、ネギ、メンマ、なると、味玉。

あまりに有名な店で、味については既に言い古されているので
省略しますが、ルリにとっては非常に美味しい一杯でした。
正直な話、中野の本店で初めて食べた時(当時は店主が作っていた)ほどの
衝撃とか感動とかはありませんでしたが・・・。

人気が出て多店舗展開してからは味が落ちただのと言う人もいますし、
それも当たってはいると思いますが、批判している人の中には
○ガキヤの味と区別出来ないような味音痴もいたりします。
評判の店をネットで探すのは非常に有効な手段ではありますが、
結局のところ、情報の取捨選択は個々人の裁量にゆだねられる訳です。
なにせ、ルリの味覚だって相当に怪しいものですから・・・(笑)。
コメント

今日“も”偶然 ~正面顔~

2008年01月24日 22時03分24秒 | 
最後は何故か妙にカメラ目線でした。
コメント (4)

近頃話題(?)の“あの子”

2008年01月24日 21時59分45秒 | 
・・・はとっても恥ずかしがり屋さんでした(笑)。
※強風で機材ブレを連発し、歩留まりは最悪でした。
コメント (2)

【在庫より】偶然の産物 ~正面顔~

2008年01月23日 15時37分13秒 | 
正面顔よりも横から全身が分かるように撮りたかったのですが・・・(苦笑)。
コメント

二代目海老そばけいすけ(東京都新宿区高田馬場)

2008年01月21日 23時37分49秒 | ラーメン
今日は新宿方面に買い物に行く用事があったので、久しぶりに
「二代目海老そばけいすけ」に食べに行くことにしました。

狭い店内に入り、券売機で海老そば味玉(820円)の券を買って席に着きました。
厨房の奥には何故かスタッフの服を着た金髪の蝋人形・・・と思ったら店長で、
普通に生きているひとでした。目を見開いたまましばらく動かなかったので、
てっきり作り物だと思ってしまいました(笑)。

まあ、それはそれとして・・・
出て来たラーメンは動物系に海老を合わせたスープに中細の平打ち麺が入り、
具は鶏チャーシュー、海老ワンタン、ホウレンソウ、味玉、山クラゲ、ネギ等。

スープは黒コショウもきいていて、海老の味をしっかり出しながらも
適度にパンチがあります(ルリ的にはもう少しコショウ控えめでも良かったのですが・・・)。
麺とスープの相性もさすがといったところでしょうか。

具の鶏チャーシューはスープの味を邪魔しないあっさりした味付けで、
味玉の味のしみ具合も良い感じです。他の店だとメンマを使っている
ことが多いのですが、その代わりに山クラゲというのはなかなか考えられてます。

ベースから具に至るまで独創的な味わいの一杯でしたが、
バランスをとるべきところはしっかりとっているなと思いました。
が、いまいち意味がよく分からないのはこの巨大なレンゲ(写真左上隅参照)。
この大きさに何か利点があるかというと、実はよく分からなかったりします(笑)。
コメント

葫(千葉県市川市新浜)

2008年01月20日 20時34分22秒 | ラーメン
実はブログには書かなかったのですが、この店には時々食べに行っていて、
塩ラーメンだけでなく醤油ラーメンとつけめん(醤油味)も食べていました。
醤油味も悪くはなかったのですが、塩のインパクトが強く、
この店で塩味のつけめんが食べたいなぁと思っていたのですが、
店の前に着いたら「塩つけめん」の文字が・・・。

という訳で開店を待って店に入り、塩つけめん(893円)をあつもりで
注文し、トッピングで手造りチャーシュー(315円)も注文。

豚骨・鶏がらベースにニンニクや根菜類を加えて煮込んだ
スープの濃度を上げて酸味と辛味を加えたつけだれには
海苔、ネギ、揚げニンニクと半熟玉子が入り、
中太の麺が入った皿にはチャーシューとモヤシが乗っていました。
更にスープ割用のスープが最初からデフォルトでついて来ました。

麺はつけだれがよく絡み、ベースとなっているスープの良さが
しっかり活きていましたが、前に塩や醤油のラーメンを食べた時に比べて
スープの配合を変えたのか、あるいは濃度を上げてつけめん用のたれに
したからなのか、ニンニクの味が強くなった気がしました。
しかし、つけめんとしてはこれがかえって良かったように思えます。

トッピングで追加注文したチャーシューは相変わらず肉厚で柔らかく、
味のしみ具合も良い感じだったのですが、
単体でつまみとして食べても良かったかも知れません。
半熟玉子はやっぱり味付けなしでしたが・・・(笑)。

全体的には麺とスープの良さをしっかり味わえる、
期待を裏切らぬ一杯でした。
コメント

何これ?

2008年01月18日 00時04分55秒 | その他
入るなって言われても、この向こうは普通に交差点なのですが・・・(汗)。
コメント

試し撮り(一昨日の成果より)

2008年01月17日 15時09分00秒 | 
一眼を新調(※)したので試し撮りしてみました。
ルリにとってメインはあくまでデジスコで、
一眼はサブ的な位置づけなので、これくらいに撮れれば十分です。
しかもメーカー純正じゃない安物高倍率ズームレンズ使ってるし・・・(爆)。

※既に製造中止になった型遅れで更に中古品だったりしますが・・・(笑)。
コメント (2)