ピッさんの散歩ブログ

江戸川周辺をあちこちコンデジで回るピッさんの日々です。

キビタキ、キアシシギ@真鶴

2017-05-14 12:42:42 | 日記
ゴールデンウィーク中はあちこち行きました。ここのところ修学旅行があるなど忙しく、ようやくおととい帰ってきたので、ゴールデンウィークシリーズを載せていこうと思います。
4日は家族で根府川に出かける用があったので、電車で少し早めに出て周辺を佐々くしてみることにしました。
多摩川を超え…。


アオバトが来てるかも…?


根府川駅を超え、寄り道に行ったのは真鶴です。


駅前から歩いて2分ほどのところにある荒井城跡公園へ行きました。
特に狙いはありませんが入ってみることに。朝8時ごろ着きましたが、キビタキの声でいっぱいでした。

案の定個々のキビタキは愛想がよく、いいところに出てきてくれました。


日がだいぶ上がってきたところで、クロサギを狙って海岸線へ。しかしこの日はとっても暑かったので海にたくさんの人が遊びに来ていて、クロサギの姿はありませんでした。
イソヒヨドリはたくさん♪


テトラポットの周りを歩いていると、「ピューイ」とシギが鳴きました。

キアシシギです!

開けたいいところに出てくれて、ここでも鳥見を楽しむことができました。
時間がまだあったので再度荒井城跡へ。


キビタキがたっぷり遊んでくれました。

今年はまともにキビタキが撮れていませんでしたが、これで満足です(^^)
この後、根府川に移動。

さっきまで歩いていた真鶴半島です(*^_^*)
景色がきれいでした。
ここで撮れたのはヤマガラくらい。


この日はそのまま帰路につきました。
こちらは夕方の酒匂川。


翌日は多磨霊園へ行きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオルリ、キビタキ、コアジサシ、オオヨシキリ他@水元公園

2017-04-30 19:07:07 | 日記
今日は昨日行けなかった水元公園に行ってきました(^^)
気合を入れて朝は始発で…。水元公園バス停付近のハナミズキ☆


この時期でもまだ冬羽のユリカモメの写真を撮ってましたが…。


よおく嘴を見てください!

フナ釣り(?)のルアーが絡まってます(/_;)
こういうのなかなか減らないですよね。釣り針とか糸とかを放置する人の神経がわかりません。

さて、もうすぐこどもの日!


木の上にはカラスの巣が。念のため遠くから撮影します。雛が移ってますね♪


ヒメガマの蒲田付近に来ると一年ぶりに聞く「ギョギョシ、ギョギョシ」です。


オオヨシキリ、良いところに止まってくれました。


森に入っていくと、何やら2、3人の人だかりが(人だかりと言えるのか?)。そのさきには…。

オオルリです!

開けたいいところに出てきてくれました(^_^)

同じところには遠くにキビタキが出てました。朝はあちこちで鳴いてたため、「またあとで撮れるだろう」と思っていたら結局この日これ以降見ることはありませんでした。


その後すっかり森の中はもぬけの殻。
みんな暇してる中出会ったのはこの方(笑)


ちまたで有名なFさんです。肩に乗っているのはカラスのガー幸(?)です。10年ほど前にカラスを保護したんだとか。
そしてこのカラスを守っているのはこちらの犬(名前は聞き忘れました)。

なんでもガー幸の3m以内に入ったら吠えるんだとか。とっても忠実ですね。

森の中は鳴き声一つしない状態。そんな中、姿を見せたのは鶯。


コゲラ。あまりに何もいないのでみんなでこの子を追い掛け回す始末。


クロジのポイントにはたくさんの人が集まります(^_^;)



アオジも。


後でわかったことですが、今日は「G」付近がよかったみたいですね。

ヒドリガモがまだ居ます。


帰り道にコアジサシがいたので、撮影しました。


求愛給餌も♡


このときは失敗でしたが、この1時間後きちんと成功してくれました。
以下、その連続写真です。








最初はどうなることかと思いましたが、たくさんの夏鳥と居残り冬鳥を観察できた日でした。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ビンズイ、サシバ@房総のむら

2017-04-29 22:08:16 | 日記
今日は水元公園に行こうと早起きしようとしたのですが、ダメ人間ピッさんは寝坊(-"-)
というわけで、午後からみんなで房総のむらに行きました( ;∀;)
正直あまり期待はしていなかったので、遊びをメインに。

ろうそくを作ったり、


薬研でシナモンをペーストにするなどしました。


んで、こっから別行動だったので、印旛沼の見える遊歩道を進みます♪
が、残念ながら今日は外れだったようで、狙ったキビタキもセンダイムシクイも居ませんでした。でも今季初のサシバは一瞬ですが見られました(o≧▽゜)o


そして、夕方になってから見つけたビンズイ。20羽ほどの群れでいました(^^)

だいぶ近くまで来ました。愛想は個体によって違いました。

ビンズイだらけでした。



他には青虫(?)を加えたヤマガラ、


大きな蛾を捕まえたセグロセキレイなど。
ひなたぼっこ中のカメ。

浮いているのは八重桜の花びらです( *・ω・)ノ

その八重桜は葉が出始めていました。


ちなみに。実は、今日はこんなものを採ってきたんです!

ワラビ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お詫び

2017-04-29 21:48:10 | 日記
皆さんこんにちは。
早速ですが、実は、、保存していたsdカードがなくなりました。アメリカの鳥が忙しくてなかなか編集終わらず、いざやろうと思って探しても見つからなかったので、見つかり次第のupとなることご了承ください。
ちなみに、アメリカでは
コウウチョウ、ホシムクドリ、ハゴロモガラス、オオクロムクドリモドキ、アメリカガラス、ワタリガラス、ヒメコンドル、セジロコゲラ、セジロアカゲラ、シマセゲラ、ミサゴ、ハクトウワシ、ツバメ(亜種アカハラツバメ)、ルリツグミ、アオカケス、アメリカヤマセミ、メキシコマシコ、ウタスズメ、ユキヒメドリ、イエスズメ、ノドジロシトド、ショウジョウコウカンチョウ、ハシボソキツツキ、ナゲキバト、アメリカコガラ、ムナジロゴジュウカラ、エボシガラ、コマツグミ、マネシツグミ、カナダガン、カワアイサ、マガモ、アカツクシガモ+不明種1種
でした。

その後はカラフトムシクイを撮りに行き、


そのあと水元でオオルリなどを撮りました。

申し訳ないですm(__)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナベヅル、ミソサザイ他@神奈川

2017-03-17 20:44:58 | 日記
所用があり、2週間もブログから遠ざかってしまったこと、本当に申し訳ありません。

実は僕、明日からアメリカに留学するんです。10日間の留学ですが、その間は恐らくブログのUPは出来ません。極まれにしかブログのUPが出来なくなっていますが、これからも見てやっていただけるとありがたいです。ほんとはアメリカに行く前に撮っておきたい鳥はたくさんいたんですけどね…。アメリカの鳥もお楽しみに!

さて、ちょうど2週間前にアメリカに行く前に撮っておきたい!と思い立ち、家族で日帰り旅行みたいな感じで神奈川遠征に行ってきました。
最初はナベヅルのポイントで待機します。

朝8時ごろ到着、本日第一号のホオジロです。


上空をかもめが通過。


なかなか現れてくれません。ギャラリー3人で待ち続けます。
イソシギと遊んでいると、飛びものがとれました。堰から流れ落ちる水バックですが、遠すぎました。


トビも近くを飛んでくれたので、パチリ(^^)
やはり猛禽ですねえ!


後ろの田んぼでツグミがただならぬ様子で鳴き始めたので、振り替えると距離3mほどのところにツグミを追いかけているオオタカがΣ(゜Д゜)

上の写真は、ぼくに気がついてあわてて飛んでいくオオタカの後ろ姿です。距離10m弱。
すぐ頭の上で旋回を始めました。

本当に驚きました。最後は対岸遠くの木の向こうへ飛び去りました。


その後一時間ほど全く動きはなく、待つこと3時間。いよいよ疲れてきたその時、飛び出したのです。近くに寄ってきていたコガモを撮っていて、飛びには反応しきれませんでした。

だいぶ白くなってきた若鳥です。
ずっと遠くの砂利の上にいて、あまり動く様子がなかったので、止まりを撮って早々と退散です。


昼過ぎからは次のポイントに移動しました。
前からずっと来てみたかったところです。

ただし、タイムリミットは2時間ほど。思いの外ナベヅルに時間を取られ過ぎました。
歩き出してすぐ現れたのはジョビ男君ですv(^o^)


しかし、このあとの進展が全くないのです。いよいよクマタカのポイント付近まで来て、沢にかかる橋まで来たところで、「ジャッジャッ」という声が。ウグイスかなと思い、撮ってみると…

なんとミソサザイでした!
ワンカットだけでしたが、嬉しい出会いでした。
帰り際にホオジロ。


マガモ。


遠くのミサゴ等を撮りながら山をかけ降りる結果になりました(^^;

かなり足早に行った感じでしたが、ナベヅル、ミソサザイに会えた良い探鳥でした。
最後に行ったポイントはまたリベンジしたいです。

ちなみに、ぼくがナベヅルを見たりダッシュで山を降りている間に、母と妹はこんな物を作ってました(^^)d

↑妹作カバのサラダボウル

↑母作、かえるの花瓶…なのですが、この写真だと分かりにくいですね。
かえるはこんなところに(^^)


母も妹もかなりクオリティーが高く、驚きました。
サンドグラスアートといい、砂を打ち付けて硝子の表面を削ることで模様をつけられます。相模湖の近くにこんな体験できる場所が在るなんて、驚きです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加