ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

元祖一条流がんこ八代目(東京都千代田区外神田)

2009年02月27日 18時30分42秒 | ラーメン
今日は職場の同僚と一緒に「元祖一条流がんこ八代目」に食べに行きました。

店の表には相変わらず帽子をとれだの携帯の電源を切れだのと
書いてある張り紙があり、骨もぶら下がっていました。
今回も店の外の券売機で塩味付玉子(900円)の食券を
買って店の中に入りました。

スープは豚骨や鶏ガラに煮干などの味を合わせ、更にシソをきかせたあっさり味で、
麺は伸びにくい極縮れ麺で、チャーシュー、海苔、ネギ、メンマ、味玉が乗っていました。

シソが香る塩味のスープは個性を感じさせつつも食べ手を選ぶようなクセはなく、
スルスルッと食べ進められる優しい味わいで、コシのある細麺との相性も文句なしです。

具は丼からはみ出たチャーシューは最後にガスバーナーで炙られていましたが、
変に焦げすぎてないのでスープの味を損ねず好印象です(この辺は好みもありそうですが・・・)。
味玉やネギ、メンマも丼の中で突出することなく、なかなか計算されています。

巷で魚粉を大量投入するラーメンが流行っている最近の状況下において、
流行に流されず独自の工夫を盛り込みながらもシンプルな味をきっちり
まとめ上げたこういう店はなかなか貴重だなぁ思いました。
コメント

やめてくれ~っ!

2009年02月24日 22時52分27秒 | 
本命の子を追い回す、ちょっと困った子でした(笑)。
コメント

京の地に珍客降り立つ

2009年02月24日 22時49分31秒 | 
そして怪人も降り立ちました(核爆)。
コメント (7)

ある意味、かわいそう・・・

2009年02月24日 22時47分07秒 | 
状況が状況だけに、誰にも見向きもされていませんでした(汗)。
コメント (3)

オタク狩り♪

2009年02月24日 21時55分22秒 | その他
今日、鳥見の帰りに寄り道したアキバでオタク狩りに遭いました。
親方日の丸でふんぞり返ってる税金ドロボーの考えることは謎に満ちてます(笑)。
コメント

【在庫より】偶然の産物 ~伸び+足の裏~

2009年02月23日 19時46分59秒 | 
偶然は雑種でも重なるようです(汗)。
コメント

つけめん四代目けいすけ(東京都文京区本駒込)

2009年02月21日 15時19分03秒 | ラーメン
今日は以前から気になっていた、「つけめん四代目けいすけ」に食べに行くために
普段はまず乗らない地下鉄南北線に乗り、本駒込で下車。1番出口から出て左に
行くと店の前には予想通り行列が・・・といっても客の回転はまずまず良いようで、
待ち時間10分足らずで店内に案内されました。

入口の券売機でつけめん渡り蟹の滴味玉入り(950円)の券を買って
カウンター席で店員に渡し、しばし待ちました。

つけだれはワタリガニと魚介が前面に出た濃度の高いスープで、
やや縮れめで太さが均一でない(中太~平打ち麺)麺によく絡んでました。
麺自体はあまり味がしなかったのですが、独特のつけだれの味を味わうにはかえって良いようです。
つけだれは絡みが良いので、食べ進むにつれて目に見えて量が減っていきました。

具はチャーシュー、ネギ、メンマがつけだれに入り、味玉が麺の皿に乗ってました。
特筆すべきはメンマでしょうか。極太で歯応えを残しつつも柔らかいメンマは
なかなかのものです。一方、味玉は完全に蛇足で、単品としては良いものの、
味付が濃すぎて全体の中で浮いた存在になってました。

締めにライスボール(無料)を注文すると丸めたご飯を揚げたものがレンゲに
乗せられたまま出て来て、崩してよくかき混ぜるように言われたのですが、
ライスボールの中にカレー粉が入っていて、最後は何故かカレー味で終わりました。
ワタリガニとカレーの組合せは悪くなかったのですが、
別にカレー味にする必要はないのでは・・・と思いました。

全体的にはやはり独特の風味のつけだれと、これまた独特の食感の麺で
どんどん食べ進められる一杯ですが、どちらも個性があるので、
この辺が好き嫌いが分かれるポイントになるでしょうか。
多少の難はあるものの、独創的なアイデアを形にした一杯だと思いました。
コメント

某駅前で見かけた看板

2009年02月20日 12時14分16秒 | その他
この中途半端なオヤジギャグはいかがなものかと・・・(笑)。
コメント

麺屋 海神(東京都新宿区新宿)

2009年02月18日 23時07分17秒 | ラーメン
今日は帰路の途中で新宿を通ったので久しぶりに「麺屋 海神」に食べに行きました。
で、店に入って迷うことなくあら炊き塩らあめん焼きおにぎり付(950円)を注文。
大盛りサービスということだったので大盛りでオーダー。

魚のアラを炊き上げた透明なスープには細めのストレート麺が入り、
海老のつみれと鶏のつくね、白髪ネギ、ショウガ、ミョウガ、大葉、糸唐辛子がり、
へしこを混ぜ込んだ焼きおにぎりには山椒の粉が添えられていました。
なお、今日は金目鯛、穴子、ハマチ、カンパチ、鱈のアラをスープに使っているとのことでした。

スープは魚をしっかり感じさせつつも変にな魚臭さくなく
繊細な味わいで、細麺との相性も問題なしです。
海老のつみれと鳥のつくねも相変わらず良い味で、
5種類の薬味は店側の狙い通り味に変化をもたらしていました。

麺を食べ終わった後の締めの焼きおにぎりは山椒の粉と一緒に
スープに投入して崩し、最後まで魚の味をしっかり堪能させてくれましたが、
麺を大盛りで注文したのは失敗でした。丼の大きさが通常通りなので
麺に対してスープが少なく、麺が一部ダマになってしまってました。
味自体は相変わらず良いので、次は並盛で注文しようと思いました。
コメント (2)

とりあえず・・・

2009年02月18日 23時04分36秒 | 
オスであるということだけは分かりました(笑)。
コメント