ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

マジですか?ネタですか?

2009年06月30日 18時25分57秒 | その他
衆院の解散総選挙が近そうだからでしょうか、最近、あちこちで見かけます。
別に被選挙権を否定するつもりはありませんが、○ウ☆△□教(現◇ー△○)を
連想してしまうのもあり、せめてポーズだけにしておいて欲しいものです。

まあ、□☆△真◇教(現☆ーレ△)よりは組織力もあるでしょうし、
比例で1人や2人は当選する可能性もあるのかもしれませんが、
間違っても政界で跳梁跋扈して欲しくはありません。
もっとも、そんなことを許すほど日本人はバカではないはずですが・・・。
コメント

ラーメン猪太(千葉県柏市柏)

2009年06月30日 17時44分37秒 | ラーメン
今日は柏に行く用事があったので、久しぶりに「ラーメン猪太」に行ってみました。
味をリニューアルしたと聞いてからなかなか足を運べなかったのですが、
今日は天気が悪かったので鳥見を早々に切り上げて何とか営業時間に間に合いました。

以前はスープの濃度を選べたのですが、特濃だけになったらしいです。
という訳で券売機でラーメン中盛(800円)の食券を買ってカウンター席に座りました。

出て来たのは濃厚な豚骨ベースのスープに自家製中細ストレート麺が入り、
チャーシュー、海苔、水菜、ホウレンソウ、キャベツ、チンゲンサイ、味付玉子が乗った一杯でした。

前から濃厚だったスープは更に濃厚になり、一口目からインパクト絶大です。
野菜も合わさっていてマイルドさも感じさせるスープではありますが、
何分にも豚骨の味の出方が半端ではなく、食べ手を選ぶ味と言えるでしょう。
“こってり”=“油多め”ではないと言う店の主張(※)を見事に具現化したスープです。
※カウンター席上にスープや麺、具に対するこだわりが記されたポップがあります。

麺は柔らかめだったのもあってスープの絡みは十分すぎるくらいで・・・っていうか、
スープがスープなので絡まない訳がないって感じです。
チャーシューはやや薄切りながらもジューシーで、次はチャーシューを
追加トッピングで頼もうと思いました。海苔も濃厚なスープの中にあって
香りをしっかり感じさせ、しかもへたりにくいもので、
味付玉子は半熟よりもやや固ゆで気味でしたが、味のしみ具合はほど良い感じです。
水菜やホウレンソウ、キャベツは濃厚な豚骨スープの中で
アクセントになっていて良い感じです。

全体的には、やはり以前より明らかに濃厚さとインパクトが増した一杯でしたが、
食後にはさっぱりした感じで胃にもたれないのは変わっておらず、格段にクオリティが上がったようです。
が、この濃厚さ故に好き嫌いも余計に分かれそうな感じです。
とりあえず、豚骨好きなら一度は食してみても損はないと思いますが・・・。
コメント

杏樹亭(千葉県市川市塩焼)

2009年06月27日 17時17分21秒 | ラーメン
今日は地下鉄東西線妙典駅から少し歩いた所に
ある「杏樹亭」に食べに行きました。

入口の券売機で特製らーめん(900円)の食券を購入し、
カウンター越しに店員さんに渡しました。

出て来たのは豚骨魚介のWスープに中太ストレート麺が入り、チャーシュー、
海苔、ネギ、メンマ、味玉が入った一杯でした。

スープは豚骨・鶏ガラベースに魚介の香りが立っていて、
割とありがちな味と言ってしまえばそれまでですが、
ほど良く濃厚でしつこくなく、なかなかしっかりと作り込まれています。
麺はスープの絡みが良く、茹で加減が若干柔らかめでありながら
コシはしっかりしていて、ギリギリ及第点といったところでしょうか。

チャーシューは肉厚で柔らかく、味玉も半熟よりやや固茹でといったところでしょうか。
薄めの味付でスープの味を邪魔していません。海苔も香りの良い、しっかりしたものでした。

全体的には九段の有名店、「斑鳩」を荒削りにした感じと言えば、分かる人には分かるでしょうか。
さすがに、煮干しのえぐみが少しばかり出ていたり、メンマが柔らかいだけで
スープの中でやや浮き気味だったりと隙もあるので、全く同じ土俵で比較する訳には行きませんが、
バランスがとれていてクオリティの高い一杯でした。
コメント

地元の公園にて

2009年06月25日 20時09分08秒 | 
もっとすっきりした所にいて欲しかった・・・(泣)。
コメント

白い目の子

2009年06月25日 20時07分44秒 | 
調べてみたら、結構いるようですね。
コメント

六厘舎TOKYO(東京都千代田区丸の内)

2009年06月24日 16時24分32秒 | ラーメン
今日は東京駅の地下街に最近オープンした「六厘舎TOKYO」(※)に、職場の同僚と食べに行きました。
※ラーメン好きには言わずと知れた、大崎の有名店「六厘舎」の支店

開店時間は11時なのですが、その30分前には既に行列が・・・(汗)。
とりあえず並んで待ったのですが、開店後の更に待って計1時間待ちで
やっと店に入れました。入口の券売機で味玉つけめん(950円)の食券を買い、
カウンター席に座りました。

濃厚Wスープのつけだれは動物系のコッテリ感と魚介の強烈な風味のバランスが良く、
インパクトも十分です。大崎の本店で食べた時は結構“尖った”味だなぁという
印象だったのですが、ここは“丸くなって”食べやすくなったという印象です。
具は刻みチャーシュー、ネギ、メンマ、味玉、海苔とその上に魚粉が乗り、
麺はすするというよりは喰らうという表現が合いそうな極太麺でした。

つけだれに魚粉を溶かして行くと魚介風味が更に強くなり、麺にその味がよく絡みます。
刻みチャーシューは本店より量が多かったのが好印象です。
また、本店同様に味玉の半熟具合、味のしみ具合も申し分なかったのですが、
魚粉を乗っけておく以外にその存在意義が認められていないかのような
海苔の扱いも本店同様でした(笑)。
麺を食べ終わった後のスープ割りは柚子の粉の香りが加わって更なる味の変化が楽しめました。

全体としては濃厚でパンチが効いた一杯で満足度は高かったのですが、
それ故につけだれがぬるめなのが気になりました。もうちょっと熱々にして
出してくれると、終盤でもある程度熱い状態で味わえると思うのですが・・・。
コメント

【在庫より】偶然の産物 ~正面顔+わきの下~

2009年06月23日 11時45分36秒 | 
突然変異な子でも偶然は重なることがあるようです(爆)。
コメント

【在庫より】偶然の産物 ~口の中~

2009年06月21日 22時35分30秒 | 
動き回る小鳥は画面内に捕捉してピントを合わせるだけで精一杯です(爆)。
コメント

二代目けいすけ海老そば外伝(東京都千代田区丸の内)

2009年06月20日 21時49分51秒 | ラーメン
今日は東京駅の地下街にオープンしたての
「二代目けいすけ海老そば外伝」に食べに行きました。

開店30分前に着いたのですが、店の前の券売機で食券を購入し、
行列に並んで開店を待ちました(ちなみに先頭から2番目)。

この店は甘海老をスープに使った海老そばがデフォルトなのですが、
ルリが何度か食べに行った高田馬場の店では出してない、伊勢海老をスープに使った
ものもあったので伊勢海老そば味玉入り(950円)を選択。

出て来たのは動物系に伊勢海老を合わせたスープに中細の平打ちストレート麺が入り、
鶏チャーシュー、メンマ、ネギ、味玉、糸唐辛子、水菜、ナルトが乗った一杯でした。。

これまでにも海老をスープに使ったラーメンというのは何店か食べたことがあるのですが、
甘海老や桜海老はスープの中でインパクトの部分を担っている感があります。
ところが、この伊勢海老はインパクトというよりは香りとコクを担い、
全体的には角のとれたまろやかな味わいになっています。
スープの味と濃度がしっかりしているのもあって、麺との絡みもばっちりです。

具の鶏チャーシューはスープの中で変に主張しないあっさりとした味付けで、
味玉の半熟具合と味のしみ具合も良い感じです。メンマも肉厚で柔らかく、
食感の変化が丼全体の中でアクセントになっているようです。

全体的にはやはり独特のアプローチから作られた変り種っぽい面がありますが、
非常にしっかりと作り込まれていて、バランスも悪くありません。
が、やっぱり意味がよく分からないのは巨大なレンゲ。意図がよく分かりません(笑)。
コメント

動きは速いけど・・・

2009年06月18日 23時40分58秒 | 
割と近くで撮らせてくれました。欲を言えば、
もう少し背景のすっきりした所なら良かったのですが・・・(笑)。
コメント (2)