ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

荒らし?

2013年02月27日 22時35分02秒 | その他
ずいぶんと久しぶりに、荒らしたいんだろうなぁという悪意に満ちたスパムコメントを見ました。
どうもルリのことを知ってるかのような文面でしたが、別に犯人探しをする気はありません。
ルリはただ、粛々と削除するだけです。

そもそもこんな過疎なブログ荒らして何がしたいんでしょう?(笑)
コメント

【在庫より】偶然の産物シリーズ ~正面顔~

2013年02月27日 11時57分13秒 | 
至近距離だったので、無駄にどアップです(苦笑)。
コメント

【在庫より】偶然の産物シリーズ ~お尻~

2013年02月26日 22時34分10秒 | 
この手の写真はどうしても正体不明になりがちです(爆)。
コメント

勘違いするなよ?

2013年02月25日 23時38分31秒 | その他
安倍内閣支持69・6%に上昇 鳩山内閣発足時を超える FNN世論調査(産経新聞) - goo ニュース

確かに支持率は高いけど、あまり調子に乗り過ぎると手痛いしっぺ返しが待っていますよ?
どうも、最近の自民党を見ていると一部の長老議員が勘違いして図に乗ってる節があるので・・・。
コメント (2)

喝力屋(千葉県松戸市稔台)

2013年02月24日 23時12分42秒 | ラーメン
今日は鳥見の帰りに新京成線に乗ったので、みのり台駅で途中下車し、
駅から歩いて数分の所にある「喝力屋」に食べに行きました。

店内に入り、券売機を前にしばし考えた後、お勧めとあった雷醤味噌ラーメン(大)(800円)の
食券を購入して店員さんに渡したところ、麺と野菜の量を聞かれたので麺大盛り&野菜マシで頼み、
ニンニクについても確認されたので、通常通り入れてくれるようオーダーし、カウンター席で待ちました。

出て来たのは動物系ベースに背脂を浮かべた味噌スープにウェーブのかかった太めの麺が入り、
山盛りのモヤシ&少量のキャベツ、ニンジンが乗り、その上にチャーシュー、ニンニク、肉味噌、が乗り、
黒ゴマがかけられた一杯でした。まあ、二郎インスパイア系であることは写真を見てもらえば一目瞭然ですね。
※この肉味噌がこの店で言うところの“雷醤”です。

スープを味わうにも上の野菜類をどうにかしないとレンゲを入れることすらままなりません・・・という訳で、
まずはボイルされたモヤシを食すと、割と細めのものをチョイスしていることもあり、
シャキシャキ感がしっかり感じられ、なおかつ食べやすいです(量の割には・・・)。

モヤシを切り崩してスープに到達すると、ほど良いコッテリ感とピリ辛な味付けなのが印象的です。
そういえば、二郎インスパイア系で味噌ってまだそんなに多くはないような気がします。
麺は極太麺までは行きませんが、食べ応え十分で、スープの持ち上げも良好です。

チャーシューは炙ってあって香ばしいのですが、スープと麺のインパクトに負けて見た目の割に存在感が希薄です(笑)。
ニンニク肉味噌でスープに更に刺激をプラスして黒ゴマの香りで全体をまとめるといったところでしょうか。
インパクト勝負に見せかけて計算された構成になっています。

全体的には見た目のインパクトとは裏腹に、ただ流行を追っただけではない何かを感じさせる一杯でした。
コメント

転戦の結果

2013年02月24日 21時47分56秒 | 
強風に悩まされましたが、最終的にはそれなりの成果といったところでしょうか・・・。
コメント (2)

謎の物体X(笑)

2013年02月24日 21時46分42秒 | 
あまりの強風ゆえに飛び立つことも出来ず、うずくまっていました。
コメント

風強し

2013年02月24日 21時45分17秒 | 
お目当ての鳥を探すどころではありませんでした(謎汗)。
コメント

魔乃巣(千葉県松戸市本町)

2013年02月23日 22時55分35秒 | ラーメン
今日は常磐線沿いに出かけたので、その帰りに松戸駅で途中下車して「魔乃巣」に食べに行きました。

今日は開店時刻とほぼ同時に店に着いた・・・っていうか、そうなるように時間調整したこともあってか、
先客なし(ついでに後客もなし)でした。とりあえず荷物を後ろに置いてからカウンター席に座り、
今日のお目当て、ホットカレーつけ麺(中)(950円)にトッピングで味玉(100円)を注文して待ちました。
※ちなみに、麺の量は中で300グラム、大で400グラムとのことでしや。聞かなかったけど、並は200グラム?

出て来たのは豚骨魚介系のスープをカレー味に仕立てたつけだれに炙りチャーシュー、ネギ、メンマ、唐辛子、味玉が入り、
冷水で締めた中太麺の上に鴨肉、水菜が乗り、カイエンペッパーがかかった一杯でした。

つけだれは店主が「激辛ですよ」と言う通り、確かにそれなりには辛いですが、ベースが割とあっさりしていて、
なおかつスパイスのきかせ方が独特で、爽やかな辛さを味わえる逸品です。
麺はツルツルしていてコシもしっかりあり、つけだれの持ち上げも申し分ありません。
最近流行の極太麺ではありませんが、つけだれとのマッチングを考えればこういう選択も
あって然るべきであって、ただ流行をなぞっただけの店とは一線を画している感があります。

炙りチャーシューは写真では分からないのですが、つけだれの中にスティック状の塊で入っていて、
肉厚で食べ応えがあり、炙ってあることで香ばしさも楽しめて非常にグッドです。
メンマはつけだれの味が強いためにあまり主張はしませんが、太めにカットされていて
その食感がアクセントになっています。味玉はきっちり半熟で甘めに味付けされていて卒がありません。
鴨肉は薄めの味付けで肉自体の風味が味わえてこれもなかなか素晴らしいです。
水菜に関しては思い切りしなっとしていてシャキシャキ感が全くなく、彩り以外に存在意義を見出せませんでしたが・・・。

全体的には刺激的ありながらそれだけれはない、ベースからしっかり作り込まれ、
なおかつ中身の構成までしっかり考えられた一杯だとおもいました。
コメント

泥だらけ

2013年02月23日 22時53分21秒 | 
おかげで肝心な特徴まで色が変わって見えてしまいました(苦笑)。
コメント