ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

麺屋 翔(東京都新宿区西新宿)

2014年07月31日 22時42分34秒 | ラーメン
今日は仕事帰りにメルマガで通知が来た限定メニューを食べたいということで用もないのに西新宿方面に足を伸ばし、
「麺屋 翔」まで食べに行きました・・・ら、店の前にはいつにも増して凄い行列が出来ていました(汗)。

とりあえず、列の最後尾に並んで待ちましたが、さすがにこのくらいの店になると客層も意識が高いです。
店の隣のビルの駐車場で車の出入りがあれば何も言わずとも避けて車を通し、また元通りに並び直します。
行列店でよくありがちな列の中での待ち合わせや割り込みもありません。
もっとも、そんなことをルリの見てる前でしたら即座に罵倒してやりますが・・・♪

券売機の前まで来たらもはやナニを選ぶか迷う必要もありません。限定C(950円)をチョイス。
今日のこの店におけるお目当て、旬のオマール海老つけ麺です。食券を購入したら店内のベンチで
更に待ちました。店の前でおよそ40分、店に入ってからは20分ほど、合わせて約1時間ほどの
待ち時間を経てカウンター席に案内され、つけ麺が出て来ました。

出て来たのはオマール海老の風味全開のつけだれに刻んだパセリが散らされ、
冷水で締めた全粒粉入り中太ストレート麺の上に牛肉、パプリカ、絹さや、パパイヤが乗った一杯でした。

つけだれはとにかくオマール海老が強く出ていますが、何だかんだ言ってバランスがとれていて、
濃厚だけどむせ返るほどではない、絶妙な些事加減と言うべきでしょうか。
麺は全粒粉由来の香りが感じられる以外はあまり明確に主張せず、つけだれの旨味を持ち上げるのに過不足ないという印象です。

3色の野菜はソテーされていてつけだれとの相性云々というよりもはアクセント、あるいは箸休め的なポジションのようです。
牛肉が何気に霜降りサーロインの薄切りで、これといった強い味付けではないのですが、
つけだれにオマール海老だけではなく牛骨も使われているからなのでしょうか、
少しばかりつけだれに浸して食べると肉自体の味が引き立ちます。

更にスープ割を頼んだら肉入りサルサソースが足され、酸味とひき肉の食感が加わることによって
最後まで飽きずにオマール海老のスープを味わえました。

全体的にはオマール海老という素材をフルに活かすべく一杯の構成をゼロから組み立てた感のある、
独創的かつバランスが取れていて、締めの味変まで含めて計算され尽くした一杯だと思いました。
コメント

仕事帰りの電車の中にて

2014年07月30日 19時24分45秒 | その他
ルリが座っている目の前に立った妊婦が一人。これ見よがしにバッグにつけてるマタニティーマークの位置を
こっちに見えるようにした上、更にこれ見よがしに腹をさすっているが、子供を盾にしようという魂胆が見え見え。

そういうのには意地でも席を譲らないのがルリの流儀。
そんなのに育てられた子供がまともな人間に育つとは思えないから…。

こっちも腰が痛くて見た目は何ともなさそうでも結構しんどい(笑)。
コメント

蒙古タンメン中本 新宿店(東京都新宿区西新宿)

2014年07月29日 22時10分51秒 | ラーメン
今日は仕事帰りに激辛好きの同僚と一緒に限定メニューを食べるべしということで
小滝橋通り沿いにある「蒙古タンメン中本」まで足を伸ばしました。

店に着くと思ったより店内は空いていて、こちらを見た店員さんが「毎度どうも~♪」とばかりに
テーブル席を用意してくれていたので、すぐさま券売機で本日のお目当てである北極の超(930円)と
半ライス(120円)をチョイスしました。食券を渡す時に色々オーダーを聞かれたのですが、
とりあえずノーマルバージョンで麻婆の辛さは普通でお願いしました。

出て来たのは辛味全開のスープに中太ストレート麺が入り、麻婆豆腐、ガーリックチップ、
コーン、パルメザンチーズ、ネギ、モヤシ、キャベツ、北極味玉、豚バラ肉等が乗った一杯でした。

スープが恐ろしく辛いのは既に知っていますので、慎重に麺をすすったのですが、それでもむせてしまいました(笑)。
パルメザンチーズを溶かすといくらか辛味が緩和されるかと思ったのですが、焼け石に水とは正にこのことでしょうか?
溶かした周辺の色が少し薄くなるだけで辛味は大して変わりませんでした。そして北極味玉も辛いです。
玉子由来の甘味とかそんなのは微塵も感じさせない一品です(爆)。
麺にも野菜にも強烈なる辛味がまとわりついて、旨味ももちろん感じるけど、辛味の前に屈服せざるを得ない感じです。
以前、食べきった時は北極の辛さ2倍がベースだったらしいのですが、これは辛さ3倍がベースだったのではないかという気がしました。
確かに、ルリの体調は万全とは言えませんでしたが、だからと言って辛さ耐性がそんなに落ちるとは思えないので・・・。

店の部長さん(店長の更に上の方)に話をうかがったら、前より辛いかもとのこと。
そして、最終日である4日目は北極の辛さ12倍をベースに作るとのこと(ちなみに、今日は2日目)。
5倍でスープがペースト状になるというのに12倍ではほとんど固形物では?
とても恐ろしくて食指が伸びません。ここで敢えて味噌タンメンを注文するというのはありや否や?
コメント

今日も変身

2014年07月27日 22時38分30秒 | 
サンカノゴイが化けたに違いないっ!(謎爆)
コメント

今更?

2014年07月26日 15時51分10秒 | その他
ファミマ、期限切れチキン問題で打撃 現地で何度も調査してきたが”裏切られた”(東洋経済オンライン) - goo ニュース

国民性からしてまず、信用するに足る相手ではないでしょうに・・・。多少の値上げをしても他の国に切り替えないと
傷口は広がって悪化する一方だと思うのですが・・・?
コメント

海老そば まるは(千葉県船橋市本町)

2014年07月26日 14時54分59秒 | ラーメン
今日は鳥見の帰りにバスが渋滞に巻き込まれ、通常の2倍以上の所要時間で船橋駅の方に辿り着き、
船橋中央公民館の近くにある「海老そば まるは」まで食べに行きました。

バスが遅れたとは言え開店直後であったので、1日10食限定の冷やし海老まぜ麺の大(950円)をチョイス。
券売機で食券を購入し、店員さんに渡してカウンター席でしばし待ちました。

出て来たのは冷水で締めた太めの平打ち麺の上に鶏チャーシュー、サルサトマトソース、玉葱、焦がしチーズ、
バジル、ブライドガーリック、クルトン、チンゲン菜、刻んだ大葉が乗り、レモンが添えられた一杯でした。
もちろん、器の底にはタレが沈んでいます。

とりあえず1枚だけ写真を撮り、あとは“まぜ麺”とある以上は混ぜなければなりません。
そんな訳でしっかり混ぜてから食べ始めました。麺はツルツルしていてコシもしっかりあり、
エビの風味のタレをよく持ち上げます。食感としてはやはりパスタに近い感じがします。
エビの風味とトマト由来の酸味、バジルやフライドガーリックの香りがマッチし、
タマネギの食感がアクセントといったところでしょうか。チーズのコクもきいてはいましたが、
意外に主張しなかったのが大葉で、ビジュアル的には問題なかったのですが、まぜたら
他の諸々が強く主張しているのもあって存在感がすっかりなくなってました。
中盤でレモンを絞り、更に酸味のアクセントを加えて食べるのも良い感じです。

サルサソースよりタマネギを少し多めにした方が食感的に良いのかなぁというのと、
クルトンが食べ進めていくうちに水分を吸収してしなっとしてしまったのは気になりましたが、
全体的には店の持ち味を出しつつさっぱり食べられる一杯でした。

余談ですが、店の前・・・というか、店のある通りに到達したら「ふなばし市民祭り」に
かち合ってしまいまして、なかなか賑やかでした。店員さんも店で作ったエビチャーハンやら
ワンタンやらを売り出すべく、店の前で呼び込みをしてました。その店員さんの中に
アジア系の女性がいたのですが、その呼び込みの掛け声が「キンキノナマ、イカガデスカー!」になってました。
「キンキンの生、いかがですかー!」と言いたいのは分かるけど、それでは魚のキンキと紛らわしいということで、
突っ込ませてもらいました。キンキの刺身でも出すように聞こえるのだが?(笑)・・・と。
さすがに他の店員さんも似たようなことを感じていたらしく、すぐに本人に伝えてくれてました。
コメント

かわいいおまけ

2014年07月26日 14時06分01秒 | 
折角近くまで来た・・・と思ったら潮干狩り客が接近して飛ばされるというケースがここ最近、特に増えた気がします。
コメント

今日の本命

2014年07月26日 14時05分51秒 | 
地味だけど季節モノということでパチリ♪
コメント

近場の干潟にて

2014年07月26日 14時03分45秒 | 
本命の前にこの子で肩慣らしをば・・・。
コメント

一応、一区切り

2014年07月25日 03時35分09秒 | その他
野々村元県議、「全額返納」メールは本当でした(読売新聞) - goo ニュース

でも、金を返して終わりなんてことはない訳で・・・。
コメント