ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

世紀末の小麦祭り 新宿店(東京都新宿区歌舞伎町)

2024年06月13日 22時45分24秒 | ラーメン
今日は仕事帰りに一杯頂いて行こうということで新宿歌舞伎町の区役所通り沿いにある
「世紀末の小麦祭り」まで足を伸ばしました。

店内に入ると場所柄仕方ないのですが、夜の街の住人達の飲み会が開かれていて騒々しいです。
群れてイキがるしか能のない連中の繰り広げる馬鹿話が大音量で響き渡る中ですが、
一杯のラーメンを味わうために集中する必要があります。とりあえず卓上のORコードを
スマホで読み込んでらーめんピリ辛淡口祭り(1050円)を注文してカウンター席で待ちました。

出て来たのは貝出汁に醤油と辛味をきかせたスープに中太麺が入り、
チャーシュー、ネギ、メンマが乗った一杯でした。

スープはあっさりしていますが、貝出汁がビンビンにきいていて辛味に負けていません。
更に粗めに刻んだネギがスープの味を引き立てている印象です。
麺は食べ応えがあってスープとの相性も問題なしです。

チャーシューは薄切りだけどしっとりした食感が良い感じで、薄めの味付けなのもグッドです。
メンマは厚切りで卒なく仕上がっています。

全体的には程良く刺激的かつ滋味溢れる味わいの一杯だと思いました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そこは断念するなよ・・・

2024年06月13日 20時27分18秒 | その他
自民、今国会の憲法改正“断念” 皇族数確保策、旧文通費改革…重要課題先送り相次ぐ

もっと他に断念すべきものがあるだろ!(笑)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蒙古タンメン中本 市川店(千葉県市川市市川)

2024年06月12日 22時50分20秒 | ラーメン
今日は仕事帰りに20食限定の限定メニューを頂こうということで市川駅の北口から歩いて
数分の所にある「蒙古タンメン中本」まで足を伸ばしました。電車の遅延で
思っていたより遅く着きましたが、開店数分後だったので間に合ったようです。

店内の券売機で本日のお目当てである市川咖喱ラーメン(1150円)と
僕の角煮(170円)、コーラ(210円)をチョイス。食券をカウンター越しに
店員さんに渡してカウンター席で待ちました。

出て来たのは辛味噌にカレー味をきかせたスープに中太麺が入り、挽肉、モヤシ、
ピーマン、シイタケ、刻みショウガ、角煮が乗り、オリジナルブレンドの香辛料がかけられた一杯でした。

スープは蒙古タンメンとは違った方向性の刺激でちょっと新鮮な感覚があります(公称辛さ5)。
独特な香辛料使いがカレーの風味を引き立てています。
麺は食べ応えがあってスープもよく持ち上げます。

挽肉は割と多めで食べ応えアップというところでしょうが、今回は角煮も追加で
ちょっと肉肉しい構成に。モヤシのシャキシャキした食感を楽しみつつ
刻みショウガの香りでリセットしてまたカレー風味の辛味噌スープを楽しめます。
ピーマン、シイタケが少なめな気がしたのは偶然でしょうか。

全体的には一風羽変わった、確かにカレーを感じさせる食べ応え十分な一杯だと思いました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蒙古タンメン中本 立川店(東京都立川市錦町)

2024年06月12日 22時37分33秒 | ラーメン
※数日前に食べた分
今回は鳥見の帰りに立川駅を経由したこともあり、駅の南側の繁華街を
抜けた先にある「蒙古タンメン中本」まで足を伸ばしました。

店内の券売機で限定の北極の超(1020円)、コーン(90円)、コーラ(210円)をチョイス。
食券を店員さんに渡してカウンター席で待ちました。

出て来たのは真っ赤な激辛味噌スープに中太ストレート麺が入り、麻婆豆腐、豚肉、モヤシ、
キャベツ、白髪ネギ、コーン、ガーリックチップ、バター、北極玉子が乗った一杯と
別碗のコーン、更にコーラでした。

スープは相変わらずの激辛で粘度が気持ち高めです。故に麺に良く絡み、
更に辛さがアップする印象ですが、そこに早々にバターを溶かし込んで
少しでもマイルドな方向に味変して食べ進めることにします。
麺は相変わらず食べ応え十分でスープの持ち上げも良好です。

各種具材をそれぞれ麺と絡めて一緒に食べ進めて行くのですが、北極のスープに
麻婆豆腐というのもやっぱり良いものです。肉と野菜も食べ応えがありますが、
ガーリックチップは案外ダメージ大なので少し減らしてもらっても良かったかもです。

全体的には突き抜けた辛さと食べ応えを楽しめる一杯だと思いました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【不定期連載】怒りのラーメンレポート その4

2024年06月12日 22時28分46秒 | ラーメン
※数日前に食べた分
鳥見のポイント移動で立ち寄った高尾駅の南側、以前から存在だけは認識していたものの
行く機会のなかった「長崎らーめん 西海製麺所」に初訪問。豚骨+アゴ出汁が
店のメインらしかったのでアゴ出汁らーめん(720円)を注文。

白濁豚骨スープに中太麺が入り、チャーシュー、アオサ海苔、ネギ、メンマ、
紅生姜、白ゴマ・・・って、豚骨スープだから紅生姜を乗せたのでしょうか?
アゴ出汁を紅生姜で台無しにするという愚かしさ。だったらアゴ出汁など不要です。
麺もチョイスが安直だし他の具材もラーメンとしての体裁を整えているだけ。
まあ、周りに競争相手がいないから商売が成り立っているだけですね。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続・転戦先にて

2024年06月12日 22時25分14秒 | 
こうして見ると結構かわいい♪
※数日前撮影分
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

転戦先にて

2024年06月12日 22時23分00秒 | 
お散歩やらお参りやらの人が頻繁に通るからか、しょっちゅう辺りを見回してました。
おかげで目を開けるまで待つとか、そんな手間もなく撮れて楽でしたが・・・(苦笑)。
※数日前撮影分
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母の肖像

2024年06月12日 22時21分56秒 | 
良く見ると頭が逆立っているのですが・・・。
※数日前撮影分
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蒙古タンメン中本 新宿店(東京都新宿区西新宿)

2024年06月12日 22時15分07秒 | ラーメン
※数日前に食べた分
今回は21周年祭があるということで朝一の電車に乗って・・・いくつもりが寝坊してしまい、
3本目の電車に乗って都営大江戸線の新宿西口駅に。そしてD5出口から地上に出て
小滝橋通りを北上して「蒙古タンメン中本」に着きました。やっぱり10人以上並んでます。
予定より20分遅く着きましたから仕方ありません。それでも一巡目には入れたのでOKです。

開店時間までは主に顔見知りの常連客同士の交流を楽しみつつ今日食べるメニューを
心に決め・・・ようと思ったら7時半には食券を買う段取りに。いつもより早めに決めなくては
という訳で早々に決断し、順番に案内された店内の券売機で蒙古タンメン(890円)と
コーラ(210円)をチョイス。食券を店員さんに渡して再び外に並び開店を待ちました。

出て来たのは辛味噌スープに中太ストレート麺が入り、麻婆豆腐、豚肉、
キャベツ、モヤシ、ニンジン、キクラゲ等が乗った一杯でした。

スープは麻婆豆腐の辛味&野菜の旨味で間違いのない美味しさです。
食べ応えのある麺との相性もいつも通りで安心です。各種具材は麺と絡めて食べ進みます。
今日も今日とて野菜の具合が「クタッ」と「シャキッ」の間の絶妙な加減で美味です。

全体的には安心して辛味と旨味を楽しめる一杯だと思いました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

麺屋翔 みそ処(東京都新宿区西新宿)

2024年06月08日 22時05分46秒 | ラーメン
今日は仕事帰りに限定メニューをいただきましょう&今年の冷やし麺探訪始めましょうということで
西新宿の「麺屋翔 みそ処」まで足を伸ばしました。

店内に入り、券売機で“みそ処の冷やし担々麺”(1400円)の食券を購入して
社長に渡し、カウンター席でしばし待ちました。

出て来たのはほんのりピリ辛だけどクリーミーな冷たいスープに冷水で締めた中細麺が入り、
挽肉、エシャロット、エビ、青菜、チンゲンサイ、味玉が乗り、マー油が浮かんだ一杯でした。

スープは冷たくサッパリしているだけでなく、コクもしっかり感じさせる味わいで、
プリプリした食感の冷たい麺との相性も悪くありません。この麺、結構汎用性が高い気がします。

挽肉で食べ応えプラス、エシャロットで食感に変化、青菜&チンゲンサイで彩りも添えて
といったところでしょうか。味も見た目も欲張りな構成で、そしてバランスがとれています。

全体的には非常に繊細かつハイレベルにまとまった一杯だと思いました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする