ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺南町)

2018年06月24日 14時31分07秒 | ラーメン
今日は朝から天気が悪かったので色々考えました。昼くらいからは天気も回復する予報が出てはいる、
けどそこから撮影開始だと早めに切り上げたとしても帰りは確実に夕方になる、そして昨日までの疲労が
蓄積して体調もいまいち・・・ということで今日は鳥見をお休みして休養に充てようという流れから、
何故か吉祥寺の蒙古タンメン中本に向かうことに(爆)。

11時の開展時刻に対して10時過ぎに店の前に到着して先客4名でルリは5番目。
開店時には50人近い行列が出来ていました。コラボ限定ラーメン目当てであることは想像に難くありません。

そんな訳で開店と同時に順番に店の中へ。店内の券売機で本日のお目当てである
最強バッキバキラーメン(1100円)と吉祥飯(200円)、黒烏龍茶(210円)を
チョイスし、食券を店長さんに渡す際にLINEクーポンで更にゆで玉子をお願いして
カウンター席で待ちました。

※一応説明しておくと、アニメ「バキ」とのコラボです。

出て来たのは鮮やかな赤をまとった、どう見ても激辛な味噌スープに中太ストレート麺が入り、
ブロック上のチャーシュー、キャベツ、モヤシ、ゆで玉子が乗った一杯と吉祥飯、黒烏龍茶でした。
吉祥飯はあまり辛くない通常バージョンと辛いREDがありますが、ルリは大抵通常で頼みます。
でも、食券を渡す際には何故か“REDですか?”って聞かれます。
REDは1回しか頼んだことがないのですが、北極系の限定を食べに行っているからなのか、
ご飯モノも辛い方で・・・と思われているのかもしれません(笑)。

スープは隠し味のハチミツ由来の甘味を確かに感じさせるものの、通常のメニューで使われている
特製唐辛子や粉唐辛子に加えてカイエンペッパーだのハバネロだのジョロキアだのをぶち込んでいる
こともあって北極ラーメンの辛さ5倍相当に仕上がっていて、結構辛いです。
ただ、通常の北極ラーメン○倍と違ってスープの粘度が高くないので何とか大丈夫です。
麺は相変わらず食べ応え十分でスープの持ち上げも良いので、激辛を容赦なく持ち上げてきます(笑)。
迂闊にも麺をすすって何度かむせてしまいました(笑)。

チャーシューが冷たかったのが唯一残念でしたが、スープに浸せば問題なし。
チャーシューの脂身とキャベツが激辛が支配する丼の中でハチミツに次いで甘味を感じさせてくれます。
ゆで玉子が箸休め的な感じになりましたが、クーポンで頼んだ分が多かったかもしれません(汗)。

全体的には突き抜ける辛さの奥に旨味とこだわりを感じさせる一杯だと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒙古タンメン中本 高田馬場店(東京都新宿区高田馬場)

2018年06月24日 06時03分19秒 | ラーメン
※昨日食べた分
今回は限定メニュー狙いということで、鳥見を終えてレンタルしてた機材を返却し、
高田馬場駅の早稲田口から程近い雑居ビルの地下に入っている「蒙古タンメン中本」に向かいました。

雨が降っていることもあってか店の前の待機列は数人程度でした。とりあえず店内の券売機で
食券を購入してから待機列に並び、注文を取りに来た店員さんに食券を渡して順番を待ちました。
今回のチョイスは焦がし味噌卵麺(950円)に半ライス(120円)、コーラ(210円)で、
LINEクーポンでゆで玉子もお願いしました。

カウンター席に案内されてから程なくして出て来たのは辛さ全開の真っ赤な味噌スープに中太ストレート麺が入り、
豚バラ肉、モヤシ、糸唐辛子、ゆで玉子が乗り、マー油がたっぶりかけられた一杯でした。

スープは蒙古タンメンや焦がしの工程とマー油のおかげで味噌卵麺特有の突き抜ける辛さに
複雑な味わいが加わり、面白い味わいに仕上がっています。辛さ自体は容赦ないと言えば容赦ないですが、
辛さ一辺倒ではないというか、これまでありそうでなかった辛さというか、ちょっと不思議な感じです。
麺は食べ応えがあってスープの持ち上げも相変わらず良好です。
豚バラ肉やモヤシ、糸唐辛子は麺に絡めながら食べ進め、時々ゆで玉子を食べながら食べきってフィニッシュです。

全体的には辛いだけでなく良い感じに複雑化した一杯だと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折角なので・・・

2018年06月23日 23時49分43秒 | 
帰りの途中で港に寄り道してパチリ♪この子が暑そうにしているところなんで初めて見ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・大本命

2018年06月23日 23時45分16秒 | 
結果的には父親の方も出て来てくれたので目的は達成できました。
それにしても今回のテレビ東京のスタッフは頭に来ました。事前の勉強不足にも程があります。
おかげですっかり寝不足になりました。帰りの空港までの車の運転がしんどいことしんどいこと・・・。
※昨日撮影分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大本命

2018年06月23日 23時41分35秒 | 
テレビ東京の取材スタッフがいらんことしてくれたのがだいぶ影響したようで、
出現が遅れに遅れ、集中が切れかかったところでまず母親の方が出て来てくれました。
※昨日撮影分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前座?

2018年06月23日 23時39分46秒 | 
遠征先で機材をセットしてスタンバイしてたら、やけに愛想が良かったので撮らせてもらいました。
※昨日撮影分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺屋 翔(東京都新宿区西新宿)

2018年06月21日 23時31分06秒 | ラーメン
今日は仕事帰りに限定メニュー狙いで同僚と一緒に西新宿の「麺屋 翔」まで足を伸ばしました。
今回は注目度の高い限定メニューだからなのでしょうか、行列がなかなかに凄いことになってます。

それでも何とか間に合ったようではあったので、店内の券売機で限定のボタンをポチッ!
ちなみに、今回の限定は濃厚カレーつけ麺(900円)。割とありがちなネーミングかもしれません。

食券を店員さんに渡してカウンター席でしばし待った後に出て来たのは豚骨魚介系をベースに
牛スジとタマネギ、挽肉が入ったつけだれに冷水で締めた極太平打ち麺という組合わせの一杯でした。
麺に添えられたレンゲには味変用でしょうか、フライドオニオンが入っていました。

つけだれは最初こそ魚介強め?という印象でしたが、後からじんわりスパイシーといったところでしょうか。
タマネギは刻みたてでしょうか、フレッシュな香りと食感がつけだれのカドを取って丸く収まる感じです。
麺はツルツルした食感でコシもしっかり感じられ、つけだれの持ち上げも良好です・・・というか、
この場合はつけだれの濃度がやはり高めで問答無用で麺に絡みつくと言っても良いかもしれません。

具材としては牛スジが飛び抜けています。何でも、“千本筋”というかなりの希少部位だそうで、
柔らかさと適度な歯応え、肉自体の旨味が濃厚なカレー味の中でも際立っていて存在感バッチリでした。

全体的には地味な見た目ながらも一点集中でこだわりを詰め込んだ一杯だと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

答えは単純明快

2018年06月21日 05時38分43秒 | その他
会期延長、誰のせい?=与野党が非難合戦

誰のせい?反対するしか能のない烏合の衆のせいでしょ?(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【在庫より】偶然の産物 ~白目~

2018年06月20日 23時32分57秒 | 
やっぱりこの子は白目になると目立ちますね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒙古タンメン中本 新宿店(東京都新宿区西新宿)

2018年06月18日 23時14分36秒 | ラーメン
今日は毎年恒例の冷し系限定メニューを頂こうということで仕事帰りに西新宿方面に
足を伸ばし、「蒙古タンメン中本」で食べることにしました。

雨がぱらついてはいるものの、店の中には相変わらずの待ちの行列が出来ていました。
店内の券売機で本日のお目当てである北極涼麺(880円)と固ゆで北極玉子(120円)、
コーラ(210円)の食券を購入して店員さんに渡す際にLINEクーポンでゆで玉子を
お願いし、
更に固ゆで北極玉子を別腕で出してくれるようお願いしてカウンター席に案内されるのを待ちました。

カウンター席に案内されてから少し経って出て来たのは辛さが前面に出つつもほのかな酸味も感じられる
冷たいスープに冷水で締めた中太ストレート麺が入り、豚しゃぶ、ニンジン、キャベツ、モヤシ、
カイワレダイコン、ゆで玉子が乗って白ゴマが振り掛けられた一杯と別腕で頼んだ固ゆで北極玉子、コーラでした。

スープは中本らしい辛さとさっぱりした味わいが同時に楽しめ、冷水で締められた麺はスープをよく持ち上げます。

豚しゃぶはさっぱりしつつも一定のボリューム感があり、キャベツやニンジン、モヤシ等からの
甘味やシャキシャキした食感が麺と絡めて食べ進めることによってアクセントになっています。
白ゴマの香りもしっかり感じられてグッドです。麺を半分くらい食べたところで固ゆで北極玉子を
食べると口の中が一気に熱くなり、食べ終わってから再び麺を食べ始めると冷たさが際立つ感じです。

全体的には辛さと清涼感を楽しめる、夏にぴったりな一杯だと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加