ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

麺屋 はなび 南行徳店(千葉県市川市i相之川)

2022年09月26日 23時27分42秒 | ラーメン
※昨日食べた分
今回は1周年記念で食べられる最終日ということで、南行徳駅の線路下で
焼き鳥屋が変則的な二毛作とでも言いたくなるような営業形態で始めた
台湾まぜそばのお店、「麺屋 はなび」に足を運びました。

店内に入り、券売機でお目当てのど肉台湾まぜそば(1000円)をチョイス。
カウンター席に案内され、店員さんに食券を渡す際にはニンニクありでお願いして待ちました。
なお、ど肉台湾まぜそばは普段なら1370円です。

出て来たのは湯切りした平打ちの太麺の上に唐辛子で味付した挽き肉、卵黄、ネギ、刻み海苔、
ニンニク、魚粉、ブロック状のチャーシューが乗り、丼の底にはもちろん、タレが沈んだ一杯でした。 

とりあえず写真を撮った後はひたすら混ぜ込んでかき込みます。
若干柔らかめながらもモチモチした食感の麺は食べ応え十分で、
タレの味や挽き肉の辛味、ニンニクの風味などを持ち上げてパンチのきいた味わいです。
卵黄でコクを加えつつ全体の角を取るといったところでしょうか。
魚粉も風味を加えつつ全体のバランスをとるといった意味合いのようです。
正直な話、ここまでのニンニクと魚粉で味のかなりの部分を持って行ってる感があります。
ネギは混ぜる前はちゃんと見えていたのですが、タレにまみれてあまり主張しなくなります。

チャーシューはゴロゴロした食感で、炙りもしっかりしているのは
焼き鳥屋ならではの焼きの技術と厨房機器のおかげかも知れません。

全体的にはジャンクでガッツリなだけでなく、細部まで手を抜かりのない一杯だと思いました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蒙古タンメン中本 新宿店(東京都新宿区西新宿)

2022年09月26日 23時15分06秒 | ラーメン
※昨日食べた分
今回は鳥見を終えて帰宅する途中で5のつく日限定メニューを頂こうということで
西新宿方面の「蒙古タンメン中本」まで足を伸ばしました。

店内に入り、券売機で本日のお目当てである冷しインドラーメン(950円)と
チャーシュー2枚(220円)、納豆(90円)、半ライス(130円)、更に
食後の辛味消し用にコーラ(210円)をチョイス。食券を店員さんに渡す際に
まず麺を少なめでお願いし、アプリのクーポンで生卵もお願いしてカウンター席で待ちました。

出て来たのはカレーを合わせた激辛味噌スープのつけだれと冷水で締めた中太ストレート麺の組合わせで、
つけだれの中に豚肉、ネギ、ゆで玉子が入り、麺の方にチャーシュー、モヤシが添えられた一杯と、
更に別腕で生卵、そして半ライスと納豆、コーラでした。

つけだれは冷し味噌ラーメンのスープ+カレーな訳ですが、
今回は独特の“化学反応”が弱い印象で違和感があります。
とは言え、それでもトータルでは美味い部類に仕上がっているのはさすがです。
麺は食べ応えがあってつけだれの持ち上げも良好です。
途中で麺を生卵につけてからつけだれに浸ける食べ方も試みましたが、
これは正解でした。生卵によって幾らかマイルドになり、コクもプラスになってグッドです。

チャーシューは肉厚でしっかり炙っていてジューシーです。
モヤシのシャキシャキした食感とネギの香りがアクセントになっています。

全体的には激辛だけではなく、旨味と食べ応えを楽しめる一杯だと思いました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

転戦先にて

2022年09月26日 23時13分10秒 | 
暗くなる前に出て来てくれたので助かりました♪
※昨日撮影分
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続・とある休耕田にて

2022年09月26日 23時10分17秒 | 
ここでのお目当て、最初は遠かったけど最終的にはそこそこの距離で何とか撮らせてもらいました。
※昨日撮影分
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

とある休耕田にて

2022年09月26日 23時09分30秒 | 
まずは目立つ子をパチリ!
※昨日撮影分
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

死人に鞭打つ輩

2022年09月23日 17時36分57秒 | その他
安倍元首相の国葬「悼む気持ちをぶち壊した」 岸田首相の手腕は20点、専門家から辛辣採点

ジミンガー言いたいだけの輩こそが分断を招いているのだが?良いから今は静かに見送れよ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

麺屋 翔(東京都新宿区西新宿)

2022年09月23日 04時09分09秒 | ラーメン
※昨日食べた分
今回は仕事帰りに限定メニューを頂こうということで西新宿方面に足を伸ばし、
開店30分ちょい前に「麺屋 翔」の前に着き、開店を待ちました。

開店と同時に店内に案内され、券売機でお目当てである竹岡式風中華そば(1000円)の
食券を購入して店員さんに渡し、カウンター席に案内されました。
何でも、千葉県出身の店員さんの初の限定だそうです。

出て来たのは鶏ベースに醤油ダレをきかせたスープにややウェーブがかかった中細麺が入り、
チャーシュー、タマネギ、メンマ、味玉が乗った一杯でした(味玉はたぶん、常連サービス)。

スープは竹岡式をモチーフにしたということもあって醤油感がかなり強いです。
予備知識なしで食べたらまずビックリするでしょう。店員さんに聞いたら、
試作版はもっと醤油感強めだったとか・・・。
麺は通常麺とは違う趣きであるものの、スープの持ち上げは良好です。

チャーシューはこの店にしてはやや強めな味付けであるものの、
スープの主張が強いので突出のしようもありません。むしろ、もう1~2枚増量して欲しいです(笑)。
タマネギのシャリシャリした食感が良い感じですが、メンマが通常のものが良過ぎるせいか、
チープな印象がぬぐえません。これはあまり増やさなくても良かった気がします。
メンマを少し減らして、その分でチャーシューを1枚位、プラスしてくれれば嬉しかったかもです。

全体的には参考にした店の味をなぞることは出来たものの、まだ荒削りな一杯だと思いました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二代目 倉蔵商店(東京都新宿区西新宿)

2022年09月22日 23時02分05秒 | ラーメン
今日は前を素通りしてきた居酒屋がいつの間にかランチの時間帯にラーメンを出すように
なったことを少し前に知ったこともあり、確かめに行ってみようかということで
「二代目 倉蔵商店」で食べることにしました。

開店時間を待って店内に入り、カウンター席でメニューを見てしばし考えた後、
“お勧め”とあった貝出汁味噌そば(900円)を注文。それから出て来るまでしばし待ちました。

出て来たのは貝出汁や酒粕をほのかに感じさせつつも味噌が前面に出たスープに細麺が入り、
チャーシュー、ネギ、紫タマネギ、カイワレダイコンが乗った一杯でした。

スープは貝出汁や酒粕といったクセの強い要素が味噌でマスキングされ、
無難なところに落ち着いた感が否めません。商売的には正解なのでしょうが、
もっと弾けて欲しかった気がしないでもありません。塩とか醤油といった
メニューもあり、そちらの方が期待が持てます(特に塩)。
麺はスープの持ち上げ重視といったところでしょうか。

チャーシューは柔らかく、タレの味がやや強めですが許容範囲内です。
紫タマネギやカイワレダイコンは彩り&食感にプラスといったところですが、
気になったのはネギ。香りも食感も主張が強すぎてスープに勝ってしまってます。
もしかしたら、この辺も含めてスープの貝出汁や酒粕をマスキングしているのかもしれませんが・・・。

全体的にはパッケージにやや難はあるものの、居酒屋が二毛作的に始めたにしては
かなり本気度の高い一杯だと思いましたが、店員さんに聞いたら本当に今月から
始めたのだそうです。厨房内からラーメンを出す際の手順からしてまだ試行錯誤の状態でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元祖ニュータンタンメン本舗 西船橋店(千葉県船橋市西船)

2022年09月20日 18時17分02秒 | ラーメン
今日は鳥見を失意のままに終え、何となくフラフラッと歩を進めて辿り着いたのが
西船橋駅の北口から少し歩いた幹線道路沿いにある「元祖ニュータンタンメン本舗」でした。
後になって調べてみたら、今春にオープンしていたんですね(汗)。

店に入ったらそのままカウンター席に案内され、メニューを見て注文を決定。
店員さんを呼んで、タンタンメン(860円)を大辛で、追加トッピングで肉ダブル(130円)も
お願いしてしばし待ちました。

出て来たのは豚ガラベースの塩スープに見たまんまに大量の粗挽き唐辛子の他に
溶き玉子、ニンニク、挽肉が入ったスープに中太麺が入った一杯でした。

スープは割とあっさりしているベースのおかげかしつこくありません。
唐辛子とニンニクで尖っているのを溶き玉子でいくらかマイルドにしている感じです。
辛さは4段階ある中で上から2番目の大辛をチョイスしたのですが、
少々ビビり過ぎたようです。次はMAXのめちゃ辛にしようと思いました。
チャレンジメニューの鬼辛というのもあるようではありますが・・・。
麺はやや柔らかめで、モチモチした食感とスープの持ち上げも良さが印象的です。

川崎のソウルフードなるものを初めて頂いた訳ですが、全体的には
奇をてらわず親しみやすい味に仕上がった一杯だと思いました。

実は焼き餃子(420円)も頼んだのですが、そこそこのサイズのものが5個、
味については可もなく不可もなくといったところでした。次は・・・別のサイドメニューかな?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日も変身

2022年09月20日 18時14分57秒 | 
背中が黒くて腹が白い子が化けたに違いないっ!!!(謎滝涙)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする