千葉シニアアンサンブル・それいゆ(CSE) 音楽の世界

毎週月曜13時15分から花見川区畑コミュニティセンターで練習中。クラリネット、マンドリン 募集中

CSE・それいゆ Newsletter 20160926

2016-09-27 18:33:03 | 日記

千葉シニアアンサンブル・それいゆ 連絡事項 2016/09/26

1.9/26練習報告
9月の最終週、晴山会訪問演奏に向け、候補曲に取り組みました。「仮面」「真珠採り」「小雨降る径」「ブルーシャトー」「亜麻色の乙女」「証城寺」そして「青きドナウ」でした。
先生のアドバイス(ポイント)
「仮面」はドナウとはまた違った味付けのワルツ演奏を意識して。「真珠」は6,7小節のスタッカート、61小節目の16分音符のスタッカートに注意、弾むように。「小雨」の冒頭の2小節、速い16分音符の連続部分の克服、それに3-4小節のリズムを覚えてください。「ブルーシャトー」はメロディ部分の二分音符は伸ばさず、四分音符気味に弾むように軽快に演奏。「亜麻色」は歌伴なのでメロディ部分mfはmpぐらいに抑えて演奏。「ドナウ」の冒頭の入り方注意して下さい。大分揃ってきて何とかNo.1は終了。以降継続して確認していきます。

今日は「小雨」でIさんが見事な美声を披露。他の二曲の歌伴曲、楽しみですね。また新譜が配布されました。「百万本のバラ」-加藤登紀子さんのヒット曲ですね。来週の練習が楽しみです。

2.今後の練習予定
10/3,10,24  29は晴山会訪問コンサートです (10/17は練習休み)  
11/7,14,21   27は畑コミロビーコンサート (28は休みです)

来週以降用意する楽譜
カプリ島、小雨降る径、美しく青きドナウ、仮面舞踏会、威風堂々、証城寺の狸囃子、 真珠採りのタンゴ、運命、シルクロード、コーヒールンバ、ヤマト、恋のフーガ、京都の恋ブルーシャトー、亜麻色の髪の乙女。
次回は、以上の譜面のほかに「百万本のバラ」「里の秋」「青い山脈」の三曲の譜面を用意して下さい。持っていない方はパートリーダー経由で楽譜係へ連絡してください。

3.演奏会情報
10/1(土) 成田SE 秋のコンサート 14:00~ 成田中央公民館
10/2(日) コバケンとその仲間たちオーケストラ 15:00~ 県文化会館 指定席@3,000円
10/15(土) 船橋SE 第3回定期演奏会 13:30~ 船橋市民文化ホール
10//16(日) アンサンブルクララ 第7回定期演奏会 14:00~ 千葉市生涯学習センター

4.Teddy
 Bear より 
蒸し暑いほどの天気。晴れ間に草取りと庭木の剪定をしたら大汗。お蔭でジムに行かずとも体重が減りうれしいことです。小さな菜園の秋ナスも食卓を彩り、貧弱ですがアスパラ数本、ゴウヤも数個収穫。今年は新たに芽キャベツの苗を二本植えました。みかん、柿、ユズと共に収穫が楽しみです。団員から頂いたバイオリン草、秋海棠も元気に花を咲かせています。(Teddy Bear)


 みかん              バイオリン草           秋海棠           萩

コメント

CSE・それいゆ Newsletter 20160919

2016-09-20 18:16:48 | 日記

千葉シニアアンサンブル・それいゆ 連絡事項 2016/09/19

1.9/19練習報告
世の中は「敬老の日」。雨の天気でしたがKさんも元気な姿を見せてくれ、練習を楽しみました。ドナウ、シルクロード、カブリ、小雨降る径、コーヒールンバ、最後に威風堂々と6曲練習しました。「ドナウはイントロ部分(44小節まで)を繰り返し練習。大分縦のラインが揃ってきた、今まで一番の出来、と先生からお褒めのお言葉。1時間ちょっとの集中練習でした。課題/最後の585小節からの8分音符の速いパッセージが通常の速さでできるよう更なる練習が必要ですね。「シルクロード」は何度も弾いた曲ですが、曲の情景を頭に浮かべながら演奏すること、と指摘されました。「カプリは軽快に弾むように。「小雨降る径」はイントロの3小節、16分音符の連続部分を克服することが課題ですね。「コーヒー」はドラムがない分、リズム楽器(クラベス、ベース)のリズムを聴きながら軽快に乗っていきましょう。最後は、「威風堂々」。練習番号Dまでが勝負。ここを反復練習しましょう。

2.今後の練習予定
9/26(11:00~役員会)  10/3,10,24  29は晴山会訪問コンサートです (10/17は畑コミ休館日で練習休み) 
11/4,11,21   27は畑コミロビーコンサート

用意する楽譜
カプリ島、小雨降る径、美しく青きドナウ、仮面舞踏会、威風堂々、証城寺の狸囃子、 真珠採りのタンゴ、運命、シルクロード、コーヒールンバ、ヤマト、恋のフーガ、京都の恋ブルーシャトウ、亜麻色の髪の乙女。

3.晴山会コンサートの件
企画Mさんから説明あり。会場レイアウト変更あり。観客140名ほど予想。
集合:12時30分、現地。 演奏時間:14:00~15:00の1時間。
候補曲は、シルクロード、コーヒールンバ、ヤマト、恋のフーガ、京都の恋(8/29案内済)

4.演奏会情報
9/22(木・祝) 四街道SE  第7回定期演奏会 14:00~ 四街道市文化センター
10/1(土) 成田SE 秋のコンサート 14:00~ 成田中央公民館
10/2(日) コバケンとその仲間たちオーケストラ 15:00~ 県文化会館 指定席@3,000円
10/15(土) 船橋SE 第3回定期演奏会 13:30~ 船橋市民文化ホール
10//16(日) アンサンブルクララ 第7回定期演奏会 14:00~ 千葉市生涯学習センター

5.Teddy
 Bear より 
台風が本土上陸、千葉へは今夜遅くから明日朝にかけ、大雨予報です。緊急の外出は避け、被害のないよう諸々の準備を。(Teddy Bear)

コメント

CSE・それいゆ Newsletter 20160912

2016-09-13 20:50:15 | 日記

千葉シニアアンサンブル・それいゆ 連絡事項 2016/09/12

1.9/12練習報告
新譜2曲が配布されました。「ブルーシャトウ」と「亜麻色の髪の乙女」です。ブルーコメッツ、とヴィレッジシンガーズ、若き日に燃えた歌ですね。その他には、美しく青きドナウ、シルクロード、小雨降る径、カプリ島、合計6曲。
まずは「美しく青きドナウ」からスタート。小節を再確認しながらたっぷりと1時間練習しました。ワルツの導入部はゆっくりと入りますので、指揮者をよく見て、自分が躍っているような気持ちで演奏してみましょう。先生によると本来は合唱曲だったようです。
新曲2曲は初見で演奏。ブルーシャトウはブルコメの歌う姿を想像しながら元気よく演奏する感じです。亜麻色はおとなしいメロディーですが、強弱をつけて盛り上がりをつけるとまとまりそうですね。シルクロードは弾きなれた曲ですが、全国大会を思い出して更に質を上げたいですね。カプリは軽く弾むように。小雨はイントロの4小節が大事。練習が必要なところです。先生の助言「1~2小節目の速い個所は後ろから一つずつ克服していくと最後には頭から流れるように弾けるようになる」とのこと。練習あるのみ。

2.今後の練習予定
9/19,26
10/3,10,24   29は晴山会訪問コンサートです。 (10/17は畑コミ休館日で練習は休みです) 
11/4,11,21   27は畑コミロビーコンサート

今後用意する楽譜:
カプリ島、小雨降る径、美しく青きドナウ、仮面舞踏会、威風堂々、証城寺の狸囃子、 真珠採りのタンゴ、運命、シルクロード、コーヒールンバ、ヤマト、恋のフーガ、京都の恋ブルーシャトウ、亜麻色の髪の乙女。

3. Teddy Bear より
先日、デパートで、偶然通りかかった楽器店でバイオリンを眺めていたところ、同じショウケースに懐かしいハーモニカを発見。小学生時代、学校の行き帰りに吹きながら歩いたことを思い出した。懐かしくなって手ごろな価格のtombo製のものを買った。早速家に帰り、あの頃の曲を吹いてみた。結構覚えているもので、弦で弾くよりスラスラとできた。社会に出て初任給で買ったトランペットも棚から出して吹いてみようかな?とも思っている。音楽とは長い付き合いになる。小学校時代の音楽クラブの先生、中学校の合奏部の先生、バイオリンを教えてくれた音楽の先生、高校時代に出会った吹奏楽の三戸知章先生はじめ講師の先生、ヤマハのバイオリン教室の先生方、そしてシニアに入って熱心に指導して下さったS先生や仲間。それに引き継いで教えていただいているO先生に感謝。何よりも小さい頃ハーモニカを与えてくれた両親に、今あらためて感謝である。

追記:先週TVの「仰げば尊し」最終回を観た。指導の先生が念願の吹奏楽関東大会での指揮を最後にこの世を去ってしまった。生徒の心に灯を残して。泣けてしまった。涙が止まらなかった。丁度昨年のシニア全国大会での舞台を最後に急逝されたS森先生のお姿と重なってしまったから・・・・・・。S先生が残した数々の音楽の灯が音の質向上へのモチベーションとなっている。(Teddy Bear) 

コメント

CSE・それいゆ Newsletter 20160905

2016-09-06 20:55:13 | 日記

千葉シニアアンサンブル・それいゆ 連絡事項 2016/09/05

1.9/5練習報告
練習は、ドナウ、小雨降る径、カプリ島、ヤマト、シルクロード、コーヒールンバ、威風堂々の7曲。
まずは「美しく青きドナウ」からスタート。カットする小節を再確認しながらたっぷりと1時間練習しました。美しく流れるようなワルツにはまだまだ時間がかかりそうですが、できない箇所は後ろから小節を増やしながら練習して克服するようアドバイスがありました。

各曲とも、曲のイメージを描きながら演奏に取り組むと曲想が演奏に反映される、と先生からアドバイスをいただきました。
確かに高揚させる曲はそれなりに元気よく演奏しないと気持ちが聴き手に伝わりませんね。
愛を伝える歌は、声に心を込めて歌わないと気持ちは伝わりませんからね。早速楽譜の冒頭に、曲想を書き込むことにします。「元気よく」「パートナーとワルツを踊るように」等々。お試しあれ。

<入団者>FlにEさんが今日から練習に参加しました。よろしくお願いします。

2.今後の練習予定
9/12,19,26
10/3,10,24   29は晴山会訪問コンサートです。 (10/17は休みです) 

今後用意する楽譜
カプリ島、小雨降る径、美しく青きドナウ、仮面舞踏会、威風堂々、証城寺の狸囃子、 真珠採りのタンゴ、運命、シルクロード、コーヒールンバ、ヤマト、恋のフーガ、京都の恋

3. Teddy Bear より
先日、NHK音楽コンクール関東甲信越大会に出る孫を応援にさいたま市まで出かけてきました。同じ課題曲でも各小学校とも表現の仕方に工夫が見られ、審査員の作曲家の講評にも、なるほどとうなずくことが多く、勉強になりました。音の表現には演奏者の姿勢、表情も重要な要素だと。これからの練習にもここを意識してさらに質を上げたいと思います。

台風に備え、皇帝ダリア4本の幹をひもでくくり、前回の強風でしおれた枝葉は剪定、なんとか今のところ無事に立っています。また台風が関東を狙っているようですが、さらに対策を講じなければと警戒しているところです。 皆様も準備怠りなく。不急な外出は控えましょうね。

(Teddy Bear)

コメント