井財野は今

昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。

ツファスマン:ピアノと管弦楽のためのピアノ組曲

2020-07-08 07:43:44 | 音楽
偶然見つけた曲である。
寡聞にして、全く知らない作曲者だった。
しかし、YouTubeだけでも3本上がっているし、あちらでは結構演奏されているようだ。
ヴェルビエ音楽祭ではプレトニョフがケント・ナガノ指揮で演奏している。

なかなか楽しい曲だ。


ウィキペディアによると、ツファスマンはソビエトジャズの重要人物となっていた。「ソビエトジャズ」というジャンルも初耳だった。官製ジャズ、みたいなものだろうか。

しかし、モスクワ音楽院を出ているし、ガーシュインやカプースチンをクラシックに入れるなら、これもクラシック音楽だろう。

なぜ、日本では演奏されないのか、何度か聞きながら考えた。
曲の内容的には、カプースチンとあまり変わらない感じがしたので。

一つには、カプースチンは全音から出版されて普及した、というところがあるだろう。

そして何よりも、このツファスマン、ピアニストが名手でないと、さまにならない感じを強く受けた。
非常に技巧的な部分が多く、そこを支える管弦楽は、わりとありきたりの和声進行をしているから、ピアノで聞かせてくれないと、つまらない部分が増える。ミヨーの《屋根の上の牛》があまり演奏されないのと似た感じだろうか。
ありきたりの和声進行は、良く言えば安心感とつながるから、排除すべきものではない。バッハだってモーツァルトだって、そういう部分はある。
でも、ちょっとつまらないと思ってしまうのは、ショパンのバラード1番のコーダから始まるようなところがあるから。
おいしいテーマの後に、このような技巧的部分は聞きたいなあ。
(ショパンに負けるとなると、相当構成力が弱いことになるが。)

視点を変えれば、ピアニストがこの曲に惚れ込むと、なかなか楽しい世界が作れるだろう。

察するに、ツファスマンもそのような名手だったのだと思う。
そして、それを楽しむソ連邦人民……。

と、そこまで想像すると、ちょっと悲しい、やりきれない思いもわいてくるが、そこはあまり深く考えずにピアノの妙技を楽しみたいところだ。
コメント

グルダ:チェロ協奏曲、と「天下御免」

2020-07-03 23:57:43 | 音楽
ピアニスト、フリードリヒ・グルダの作品、正式にはチェロとブラスオルケスターのための協奏曲だが、長いのでチェロ協奏曲と通称されている。

先日、久しぶりにラジオで1楽章だけ聴いた。

どうしても笑ってしまう。しかも、なぜか日本語が聞こえてしまう。

その理由が、やっと今日わかった。
約半世紀前のNHKテレビドラマ「天下御免」の挿入歌に似ているのだ。

♪黙って川を眺めていると
川の流れが聞こえてくるよ
流れ流れて村から町へ
海へ出ようと旅に出る
川は、ハァいいなぁ

みたいな歌詞だったと思う。

作曲は山本直純。

ひょっとして、と思って調べた。

グルダの協奏曲は1980年作曲、天下御免は1971年のドラマ。

どちらかが影響されて作った可能性はなさそうだ(ホッ)。

どちらも、いわゆるブルースの進行だから、ありきたりと言えばありきたり。偶然似る可能性は低くない。

それにしてもよく似ているのだ。

天下御免をお聞かせできないのが残念。

NHKは1976年、テレビ放送50周年を迎え、記念番組を作ろうとした途端、気づいた。過去の番組の記録をほとんど残していないということを。

慌てて、その後は番組を残しまくるのだが……。

1971年は、わずかその5年前。それでも無いものは無いんだねぇ。
1971年と言えば、同じく大人気だった少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」の年だ。
これもスチール写真を残すのみの、幻の名作。

「天下御免」の方は、主演の山口崇がプライベートビデオに少しだけ録っていて、後でNHKがそれを譲ってもらって、ほんの数話だけあるはずだ。
当時のビデオはものすごく高価だったから、NHKでさえ録画を持っていない。ビデオテープが当時2万円したと聞いた。今の数十万円相当だ。機械にいたっては多分、現在の百万円以上だろう。

音楽の山本直純、ご子息達が遺産の楽譜を整理中だとは聞いているので、再現は可能かもしれない。
だけど、この歌を聞きたいと思う人は、いないだろうなあ。

かくして、またもや幻の殿堂に入っていくことになる。
コメント

「敵兵を救助せよ」とチャイニーズが言えるか?

2020-07-02 00:06:56 | 国際・政治
大東亜戦争までは、尊敬すべき、素晴らしい、カッコいい日本人がたくさんいたのだな、とこの動画を見て思った。

もちろん戦後だって、それなりにいらっしゃる。だが有事の際、このような振る舞いができるか……。



個人的に最近、武士道という言葉に滅法弱い。

戦争気違いの米ルーズベルト大統領も、武士道には感銘を受けて、新渡戸の本を配りまくったそうだ。

武士道大好きと戦争大好きが同じ人間の中に同居しているとは、なかなか理解が難しいが、多分欧米人には騎士道のバックグラウンドがあるから、ということなのかもしれない。

新渡戸稲造も「欧米に騎士道があるなら」と武士道を書いたのだと思うから。

なので、今我々が考えるべきは「孫子の兵法」で攻めてくるチャイニーズへの対抗策だろう。

「戦いは詭道なり」つまり、戦いは騙し合いだ、と言っている相手に、フェアプレイは通じない。
「敵兵を救助せよ」などといったら発狂したと思われるだけだ。

武士道精神を捨てずに、騙し合いができるか、これが目下日本人に課せられた課題のように思う。
コメント

一人13役のマルチミュージシャン

2020-06-26 23:50:51 | 音楽
昔から敬愛するチェロの先輩がいて、東京を離れた今でも10年に一回くらい仕事を頼むことがある。

何せユニークな方で、シャンソンの伴奏をする時はチェロとヴァイオリンを持ちかえで弾く、という芸当をやっているらしい。

この度、私が多重録音をした報告をしたついでに「先輩もやってみませんか」と水を向けたら「自分のは価値がないから」とご謙遜。

「自分の元弟子達が配信やっているから、そちらを応援してください」とのこと。
早速見たら、ぶっ飛んだ・・・



西方正輝氏はチェリストである。東京芸術大学の大学院までチェロ専攻で修了したれっきとしたチェリスト。

彼のもう少し若い頃の動画もアップされていて、ハイドンの協奏曲を、かなりアグレッシブだけど正攻法で弾いている姿が確認できる。

しかし、このトランペットは何だ!余技にしては上手すぎる。実際トランペッターとしても活躍しているし、毎日トランペットの練習も欠かさないそうだ。

専門以外にピアノが上手い人は時々いる。それでも大したものなのだが、弦楽器奏者で金管楽器の名手という存在は、音楽史上いたのだろうか。(金克木なんて余計な心配か…)

私も仕事柄、ヴァイオリン以外の楽器を練習してみたりしたのだが、チェロは1週間しか続かなかった。
ホルンにおいては1日で音をあげた。

要はそこまで好きではないということだ。

逆に西方氏は、トランペットも好きなのに違いない。

高嶋ちさ子や葉加瀬太郎のバックもやっているから、見たことがある人は多いのかもしれない。
しかし、こんな多才な人材だとわかっている人はどれだけいるのだろうか。

その昔、澤先生が「今はチェロの学生が凄いんだ」と盛んにおっしゃっていた。それがちっともピンとこなかったけど、そうか彼が凄かった訳ね、と今頃納得した次第である。

見習って、ではチェロの練習でも、と思うが、今は遠隔教育対応で、残念ながらその時間はない。

とりあえずやれることをやっておかねば……。
コメント

滋養豊富、風味絶佳 その2

2020-06-19 18:56:14 | グルメ
「滋養」という言葉に滅法弱いことを再発見した。
同じく「絶佳」も惹かれる。

この、滋養豊富、風味絶佳が売り出されて百数十年、ついに姉妹品を限定発売。
「滋養」に惹かれて買ってしまった。



もう1つ、本家のキャラメルと抱き合せ、一緒に買うと割引キャンペーンをやっていて、こちらも買ってしまった。



「魅惑の甘さ」とはよくぞ言った❗️

いやはや、本当にとろける甘さ。



果糖ブドウ糖液糖という、一番安物の甘味料が入っている。

栄養成分表示が曲者だ。こちらには砂糖と書かないのだ。【炭水化物】なのである。
砂糖が25.5グラム。

3グラムのスティックシュガーを8本入れた勘定になる。スプーン一杯の幸せ、と昔言っていたが、スプーン8杯は幸せ過ぎて昇天してしまいそうだ。

この、ひたすらに甘い飲み物を「滋養」の一言で幸せに飲んでしまう私は、頭の感覚が明治時代で止まっているのだろうか……。
コメント