井財野は今

昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。

演奏会のはしご

2018-09-17 20:43:33 | 日記
多分生まれて初めて、演奏会のはしごをした。
というのも、両方とも私が以前教えていた人、いわゆる教え子の演奏会だったから、両方とも見てみたかったのである。

移動に新幹線まで使って、しかも早退と遅刻だったが、こういうのは苦にならないどころか、とても楽しい。
あっちでもこっちでも、活躍の姿が見られるのだから。

などと言えるのは、両方ともそれなりに良かった証拠だ。

最初の方は築100年の教会で行われたバロックの演奏会。
この教会に今は亡き父が、ずっと籍を置いていたという興味もあって赴いたのだが、なるほど、すぐ裏に父の元職場と思われる建物があった。閑話休題。

あまり座席数も多くなく、そのためもあり満杯の聴衆。

ゲストにテラカド氏を招き、本格的なバロック奏法の協奏曲等が演奏されたのだが、聞き慣れたビバルディの「秋」が、あそこまで遊び心たっぷりのデフォルメされたことに仰天した。
テラカド氏が酔っぱらいを演じてよろよろ動き回りながら弾くのだから。

もう一つはファミリーコンサートタイプの小オーケストラの公演。

こちらも指揮者が激しく動き回ったが、こちらは「普通」である。

普通でないのはティンパニをドラムセットに置き換えたり、軽騎兵序曲で聴衆に手拍子させたり、等々。

でも終わって帰る聴衆が口々に「今日は楽しかったね」と言って帰っていったのだから、これは成功である。私も嬉しかった。

で、ふと疑問に思ったのは、アンコールがなぜ「ラデツキー行進曲」なのだろう、ということ。(今晩は別のアンコール曲もあったが…)

明らかにウィーンフィルの真似だが、ウィーンならばよくわかるのである。ラデツキー将軍は「そこそこ」強かったそうで、侵略してくる敵はしっかり追い払ってくれたそうだ。ウィーンにとっては縁起の良い将軍をたたえた行進曲、これはウィーンっ子には快感だろう。「なかなか」名曲だし。

しかし、日本人にとっては何なのか。

絶対的な名曲ならば、元が何であれ、どうでも良いことだ。

私の意見だが、この曲に合わせて手拍子するのは、少々高度な技術がいる。手拍子するために作った曲ではないから当然だ。
そのように、手拍子するには練習が必要、みたいな曲を、遠く離れた我等日本人がやる必然性があるのだろうか。

《軍艦行進曲》とか《東京オリンピック行進曲》で手拍子、ではダメなのだろうか。

個人的には斎藤高順作曲《輝く銀嶺》なんて好きなのですが…。

(そう言えば今日は斎藤高順氏の息子さんの誕生日でした。この場を借りておめでとうございます。)
コメント

オペラ「千の鶴の物語」①

2018-09-16 13:16:29 | 指揮
日系カナダ人の作曲家、リタ上田作曲のオペラ《1000 White Paper Cranes for Japan》の日本初演を指揮した。
以前《禎子と千羽鶴》と本ブログで紹介していたものである。(実際には《禎子》とはほぼ無関係だった。)

国際的には6度目の上演になる。
5度目がアムステルダムで8/25に行われた。

演奏したのはカナダのグループMUアンサンブル。これはバンクーバー・インターカルチュラル・オーケストラの選抜メンバーで、来日したのはソプラノ、笙、サントゥール、ギター、ピパ、ダンバウの6人。それに東京からの箏と福岡の打楽器が加わる。

この、見たことのない編成は作曲者も見たことがない編成で、演奏者の都合で演奏の度に編成が変わるそうだ。
ちなみにアムステルダムではチェロと尺八があり、これがとても良かったらしい。

とは言え、福岡初演9/1の直前で、その演奏を参考にすることもできず、1か月ほど前に送られてきたスコアを、ひたすら勉強する毎日……

と言いたいが、9/1は例の《鼎華章》を始め、初演の曲がいくつもあり、運営の準備にも追われ、ほとんどの日はスコアの表紙を眺めるのみ。

と、物理的に忙しいのは、スコアを読まなかった理由の半分でしかない。

私は楽譜を読むのが好きなので、どんなに忙しくても、楽譜は見る。

見なかった理由の半分以上は、見ると苦しくなって、途中で読むのを止めてしまうこと。

と、今書きながらも、ちょっと苦しくなってきたので、とりあえず中断する。

写真は福岡初演の様子。

コメント

鼎華章(ていかしょう)

2018-09-14 19:29:26 | 井財野作品
オンド・マルトノという不思議な電気楽器がある。
正直言って、いずれシンセサイザーに全て変わるだろうと思っていた。

ところが北九州市に一人だけ、その演奏者がいらっしゃって、それを目の当たりにすると、シンセサイザーにそう簡単には移行できないということがわかった。
あの自由自在なポルタメントとビブラートはオンド・マルトノでしか表現できない、と思った。

それで「よし、オンド・マルトノのための曲を作ろう」と思って書いた曲である。

ところが、なかなかアイディアがまとまらず、曲の提出期限が迫る一方のある日、台湾へ家族旅行をした。

そんなことしてる場合か、と言うなかれ。

台北で現代音楽の演奏会があり、その視察も兼ねていたのである。

その演奏会では、チャイナ系民族楽器と西洋系楽器とのアンサンブルで、6曲演奏された。

同行した妹曰く「打楽器系の音楽と旋律系の音楽に分かれるね」、「できれば旋律系の音楽を作ってほしいね」みたいなことを言っていた。

何気ない感想なのだが、これがかなり強く影響してしまう。やはり兄弟、同じように思ってしまうからである。

調性の有無に関わらず、歌う部分があってこその音楽、ではなかろうかと、台北の現代音楽を聴いて確信した。

「どんな曲にしたものかねぇ」「やはり台湾幻想でしょ」

そこまで安直には考えなかったけど、生まれて初めての台湾には、かなり刺激を受けた。

せわしないとも言えるが、エネルギッシュな人々、そして複雑な繁体字。
食堂をいちいち餐廳と書くのだ。
その書き方だと、とても美味しいものが出てきそうな雰囲気を感じる。

それで選んだ漢字が【鼎】
かなえの意味で、三本足で立つ器である。
ヴァイオリンとピアノとオンド・マルトノの三重奏曲なので、ちょうど良いと思った。

そして、中華民国の華、楽章の章をくっつけた。
とにもかくにも、井財野の初オンド・マルトノ作品である。
「歌う」作品ではあるが、所々拍子が変わってスリリングな曲でもある。

それもあってか、初演は何だかわからないうちに終わった。できれば、もう一回やりたいところだが…。
コメント

組曲「一寸法師」

2018-09-10 20:10:33 | 井財野作品

お陰様で、再演を7月と8月にすることができ、好評のうちに終わった。

ピアノを練習している子供とヴァイオリン、チェロによる三重奏の組曲である。

次は「かぐや姫」がリクエスト上位に来ている、ということを今日知った。

日本人は、子供でも悲劇が好きなのか、月に登って行くところがロマンチックなのか・・・。

私は苦手なのだが、リクエストとあらば考えなければ・・・。

コメント

演奏の目指すもの

2018-08-22 07:09:00 | 音楽
何かを演奏して他人に聴いてもらう行為の目指すところは何か。

言わずと知れたことで、まずは聴いてもらう人に楽しんでもらうこと。ここまでは当たり前のことで、今さら取り沙汰するような話ではない。

どう楽しんでもらうか。

ここからは、演奏する人によって様々な方法がある。

見た目を楽しませるために衣装に凝ったり、照明で演出したり、というのもあるし、私などは曲の構造を解き明かす説明をしたり、単なる思い出話をしたこともあり、とにかく興味を持ってもらうために手を尽くしたものだ。

このような方法が、その時の自分にとってのベストな手段だったから。

しかし、経験を重ねてくると、私のようなものでも「あ、みんなが聴いてくれている」という気配を感じる瞬間がある。
それこそ「演奏の醍醐味」である。

こういった瞬間を経験できるようになると、前述のような「興味を持ってもらうための工夫」の必要を、あまり感じなくなる。

そして、言わば「魂レベルの交流」とでも言うようなものを、いかに長い時間できるか、に関心が移ってくる。

この短い時間に、演奏者と聴衆両者の魂をどれだけ燃焼できるか、これが演奏の目指すものなのではないだろうか。

私の目下の目標は、仮にどんなにつまらない曲でも、魂を燃焼させて「何だか良かったね」と聴衆に感じてもらうこと。
難しいことだけど、ようやくそのレベルに達したことは、素直に嬉しいものだ。
コメント