さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパクは危険な「毒素」であると発表 Celeste McGovern

2021-06-03 06:00:00 | 毒ワクチン
ワクチン研究者も言わざるを得なくなってきましたが、陰謀団は、どうせ羊民は聞いていないとたかをくくって接種強行中、、

Vaccine researcher admits ‘big mistake,’ says spike protein is dangerous ‘toxin’
‘Terrifying’ new research finds vaccine spike protein unexpectedly in bloodstream. The protein is linked to blood clots, heart and brain damage, and potential risks to nursing babies and fertility.
ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパクは危険な「毒素」であると発表
ワクチンスパイクタンパク質が血液中に予期せぬ形で混入していたという「恐ろしい」研究結果が発表された。このタンパク質は、血栓、心臓や脳へのダメージ、そして授乳中の赤ちゃんや不妊症への潜在的なリスクと関連している。

Mon May 31, 2021 - 5:22 pm EST
https://www.lifesitenews.com/news/vaccine-researcher-admits-big-mistake-says-spike-protein-is-dangerous-toxin


Man refusing to take vaccine Shutterstock


By Celeste McGovern
Follow Celeste

編集部注:この記事は、緒方教授の最近の研究において、ワクチンを接種した13人の被験者のうち11人の血流中にSARSコロナウイルス由来のタンパク質が検出され、そのうち3人はスパイクタンパク質の測定が可能であったという内容に修正されました。記事では、ブライドル教授のグループが、スパイクタンパクが1人の人に29日間存在したという声明を参照していましたが、問題の研究では、2回目のワクチン注射から1日後の29日目にスパイクタンパクが検出され、2日後には検出されなかったとしています。

2021年5月31日(ライフサイトニュース) - COVID-19ワクチン接種によるコロナウイルスのスパイクタンパク質が予期せず血流に入ることを新しい研究が示しており、これは血栓や心臓病から脳障害や生殖問題まで、報告されている何千もの副作用のもっともな説明であると、カナダのがんワクチン研究者が先週述べました。

「我々は大きな間違いを犯した。我々は今までそれに気づかなかった」とオンタリオ州ゲルフ大学のウイルス免疫学者であるバイラム・ブライドル[Byram Bridle]准教授は先週木曜日のアレックス・ピアソン[Alex Pierson]とのインタビューの中で、彼のメッセージは「怖い」であるとリスナーに警告しました。

「私たちは、スパイクタンパクは優れた標的抗原だと思っていましたが、スパイクタンパク、それ自体が毒素であり、病原性タンパク質であることは知りませんでした。だから、人々にワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまうことになります」と、ブライドルは番組で語りました。この番組は、グーグル検索では簡単に見つかりませんが、今週末にインターネット上で話題になりました。

昨年、COVIDワクチン開発の研究のために23万ドルの政府助成金を得たワクチン研究者のブライドルは、国際的な科学者のグループとともに、「生体内分布研究」と呼ばれるものへのアクセスを得るために、日本の規制当局に情報公開請求を行ったと述べました。

ブライドルは、「メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンが接種後にどこに行くのかを科学者が知ることができたのは初めてのことです」と語りました。「肩の筋肉に残ると考えてよいのでしょうか?手短な答えは:絶対にそうではない、です。それは非常に気になるところです。」

ワクチン研究者たちは、新規mRNA COVIDワクチンは「従来の」ワクチンと同様の挙動を示し、感染とその最も深刻な症状の原因となるワクチンスパイクタンパクは、そのほとんどがワクチン接種部位である肩の筋肉に留まると考えていました(訳注:ナノ粒子相手に、そりゃーーないだろ、といいたい。本気だったら単なる超専門バカ。しかし、認めて発言したことは大いに評価。私に読めるのだから、陰謀団中枢は当然知っていた)



しかし、今回のデータでは、コロナウイルスのスパイクタンパクが血液中に入り込み、接種後数日間循環した後、脾臓、骨髄、肝臓、副腎などの臓器や組織に蓄積され、卵巣では「かなり高い濃度」で蓄積されていたことがわかりました。



「スパイク蛋白質が病原性蛋白質であることは、長い間知られていました。これは毒素です。循環してしまうと私たちの体にダメージを与えることができます」とブライドルは言う。

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質は、SARS-CoV-2が人間の細胞に感染するためのものです。ワクチンメーカーは、このユニークなタンパク質を標的にして、ワクチンを接種した人の細胞にこのタンパク質を製造させ、理論的にはこのタンパク質に対する免疫反応を呼び起こして、細胞への感染を防ぐことにしたのです。(訳注:抗体依存性感染増強は無視していたのでしょうか?)

COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2による血液凝固や出血などの最も深刻な影響は、ウイルスのスパイクタンパク質自体の影響によるものであることが多くの研究で明らかになっています。

「科学界で発見されたことは、スパイクタンパクが循環してしまうと、心臓血管系にダメージを与える原因のほとんど全てがスパイクタンパク自身にあるということです」とブライドルはリスナーに語りました。

精製されたスパイクタンパクを血液中に注射した実験動物は、心血管障害を起こし、スパイクタンパクは血液脳関門を通過して脳に障害を起こすことも実証されました

ブライドルによれば、スパイクタンパクが血液中に逃げ出すことはないと考えていたことが重大な過ちだったといいます。「今、私たちは、三角筋の細胞にこのタンパク質を製造させるワクチン、そのワクチン自体に加えてこのタンパク質が血液循環に入っていくという明確な証拠を持っているのです。」

ブライドルは、最近の研究で、モデルナ社のCOVID-19ワクチンを接種した若い医療従事者13人のうち、3人からスパイクタンパク質が検出可能なレベルだったことも含めて、11人の血漿からSARS-CoV-2タンパク質が検出されたことを挙げています。スパイクタンパク質の一部であるS1と呼ばれる「サブユニット」タンパク質も検出されました。スパイクタンパク質は、最初の注射から平均15日後に検出されました。1人の患者では、(訳注:二回目の)注射から1日後の29日目にスパイクタンパクが検出され、2日後に消失しました。(訳注:この例では、一カ月間撒き散らし続けるというわけでもなさそうなのが、ちょっと「ワクチン」未接種者の安心材料。しかし、用心に超したことはありません)


心臓と脳への影響

血中に入ったスパイクタンパク質は、血小板や血管を覆う細胞にある特定のACE2受容体に結合します。ブライドルはまた、「それが起こると、その結果、血小板の凝集を引き起こし、血液凝固を引き起こすことができます。血小板が固まりやすくなり、血栓ができやすくなります。出血の原因にもなります。循環中のスパイク蛋白質が、最近報告されたワクチン接種を受けた若者の心臓病を説明できます」と述べました。

マサチューセッツ工科大学の上級研究員であるステファニー・セネフ[Stephanie Seneff]は、ライフサイトニュースの取材に対し、「ワクチンのmRNAの生体内分布を追跡したファイザー社の流出研究の結果は、驚くべきものではないが、その意味するところは恐ろしいものである」と述べています。脾臓、卵巣や副腎を含む腺にワクチンの内容物が届けられていることが 「今、明らかになって」います。「放出されたスパイクタンパク質は、媒質(細胞外液)に流され、最終的には血流に到達して全身にダメージを与えています。ACE2受容体は心臓や脳に多く存在しており、このようにしてスパイクタンパクが心血管や認知機能の問題を引き起こすのです」とセネフは語ります。

疾病管理予防センター(CDC)は先日、COVID-19ワクチン接種後の「軽度の」心臓疾患の報告を調査していると発表しましたが、先週、コネチカット州だけで18人のティーンエイジャーがCOVID-19ワクチンを接種した直後に発症した心臓疾患のために入院しました。

アストラゼネカ社のワクチンは、生命を脅かす致命的な血栓との関連性が指摘されたため、多くの国で接種が中止され、若年層には推奨されなくなりましたが、mRNA COVIDワクチンも同様に何百件もの血栓事象の報告に関連しています


スパイクプロテインの危険性をFDAが警告

小児リウマチ専門医のJ・パトリック・ウィーラン[J. Patrick Whelan]は、COVIDワクチンに含まれるスパイクタンパクが、「安全性試験で評価されなかった方法」で、肝臓、心臓、脳にダメージを与える微小血管障害を引き起こす可能性があることを、米国食品医薬品局のワクチン諮問委員会に警告していました
 
ウィーランは、コロナウイルスの感染を阻止するワクチンならば(現在流通しているCOVIDワクチンにはその効果が証明されていない)その価値に異論はないものの、「全長スパイクタンパクベースのワクチンが他の臓器に意図しない影響を与えることを短期的に理解できなかった結果、何億人もの人々が脳や心臓の微小血管系に長期にわたる、あるいは永久的な損傷を受けることになれば、それは非常に悪いことです」と述べています。

2021年5月21日現在、米国政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告されている、これまでの4,000人の死亡と約15,000人の入院を含め、COVIDワクチンから報告されている無数の有害事象は、ワクチン関連のスパイクタンパク質が血液循環に関与していることで説明できます。ハーバード・ピルグリム・ヘルスケア社の調査によると、ワクチン接種後に医師が患者に報告すべき副作用のうち、実際にVAERSに報告されているのは1%未満であることが判明しており、この報告は受動的な報告システムであるため、これらの報告は有害事象の氷山の一角に過ぎないと考えられます。


授乳中の赤ちゃん、子供、若者、体の弱い人たちが、最もリスクの高い人

ブライドルは、血液循環中にワクチンによって誘発されたスパイクタンパク質が発見されたことは、献血プログラムにも影響を与えるだろうと述べました。「この病原性スパイクタンパクが、その血液を輸血される傷つきやすい患者に移ってしまうことは避けなければなりません」と、ブライドルは述べています。

また、このワクチン研究者は、母親がワクチンを接種した授乳中の赤ちゃんは、母乳からCOVIDスパイクタンパクを摂取する危険性があることを示唆していると述べています。(訳注:すでに被害は起こっていますネ)

ブライドルは、「血液中のタンパク質は母乳中で濃縮されてしまう」と述べ、VAERSでは「授乳中の乳児が消化管で出血性障害を経験している証拠が見つかっている」と述べています。

ブライドルは引用していませんが、一つのVAERS報告書には、母親が3月にファイザー社のワクチンの2回目の投与を受けた、生後5カ月の母乳育児の乳児が記載されています。翌日、赤ちゃんは発疹が出て「落ち着かない」状態になり、授乳を拒否し、熱が出ました。報告書によると、この赤ちゃんは血栓性血小板減少性紫斑病(全身の細い血管に血栓ができるまれな血液疾患)と診断され入院しました。その後、赤ちゃんは死亡しました。

また、今回の新しい研究は、「SARSコロナウイルス2が高リスクの病原体ではない人々にとっても深刻な影響があり、その中にはすべての子供たちが含まれている」としています。


生殖能力や妊娠への影響?

日本の機関が公開したファイザーの秘密データでは、精巣や卵巣からスパイクタンパクが高濃度で検出されていることから、疑問も生じています。「若者を不妊症にすることになるのではないか?」 とブライドルは問いかけました。

COVID-19の注射を受けた女性による月経障害の報告は数千件、ワクチンを接種した妊婦の流産の報告は数百件、男性の生殖器の障害の報告もあります。


悪質な中傷キャンペーン

リクエストに応えて、ブライドルは月曜日の朝、ライフサイトニュースに声明をメールで送ってくれました。ラジオインタビュー後、何百通もの肯定的なメールが寄せられたとのことです。また、「私に対する悪質な中傷キャンペーンが開始されました」とも述べています。「これには、私のドメイン名を使った誹謗中傷のウェブサイトの作成も含まれています」と、彼は付け加えました。

「このような時代だからこそ、学者である公務員は、嫌がらせや脅迫を恐れずに、人々の正当な質問に科学的根拠に基づいて正直に答えることができなくなっている」とブライドルは書いています。「しかし、科学的な事実を国民から隠すことを許すのは、私の性質ではありません。」

彼は、インタビューでの発言を裏付ける主要な科学的証拠をまとめた簡単なレポートを添付しました。この報告書は、カナダの独立した医師、科学者、専門家で構成されるカナダCOVIDケアアライアンス(CCCA)の仲間とともに作成したもので、その目的は「COVID-19に関する最高品質のエビデンスに基づく情報を提供し、入院を減らし、より多くの命を救うことを目的とする」と宣言しています。

声明の焦点となったのは、カナダを含め、最新のワクチンマーケティング戦略のターゲットとなっている子供や10代の若者に対するリスクです。

2021年5月28日時点で、19歳以下のカナダ人におけるSARS-CoV-2の感染が確認されたケースは25万9308件。CCCAの声明によると、このうち0.048%が入院しましたが、死亡したのは0.004%に過ぎません。「季節性インフルエンザは、COVID-19よりも重症化しやすい。」

CCCAは、ファイザー社のワクチン試験では若い研究対象者が少なく、臨床試験の期間も限られていることから、ワクチンスパイクタンパク質が血液脳関門を通過するかどうか、ワクチンスパイクタンパク質が精液の生成や排卵を阻害するかどうか、ワクチンスパイクタンパク質が胎盤を通過して胎児に影響を与えるかどうか、母乳に含まれるかどうかなど、子供や10代の若者がワクチンを接種する前に、スパイクタンパク質と別のワクチンタンパク質に関する疑問に答える必要があると述べています。

ライフサイトニュースは、カナダ公衆衛生庁にCCCAの声明を送り、ブライドルの懸念に対する回答を求めました。同庁は、質問に取り組んでいると回答しましたが、公表時間までに回答を送ってきていません。(訳注:例によって、解っているけれど、シナリオ通りに進むということでしょうか)

ファイザー社、モデルナ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社は、ブライドルの懸念に関する質問に回答しませんでした。ファイザー社は、日本の機関が公表した、ワクチンを接種した人の臓器や組織にスパイクタンパクが含まれているという研究データを、同社がどのくらいの期間認識していたのかという質問には答えませんでした。

Updated on June 1, 12:15 p.m. to include an additional comment by Stephanie Seneff.


関連

スパイクタンパク で GO!!
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/e3696fbcd04427c2c763787e12be6537

ゼレンコ博士は、子ども用ワクチンの義務化を「強制的な人体実験、人類に対する犯罪」と呼んでいる AFLDS
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/77c7f2676c1080e1b5227244409ac1a5


これも追加

Horrifying study reveals mRNA vaccine nanoparticles are circulated throughout the entire body: Brain, heart, liver, ovaries, testes and more
恐ろしい研究により、mRNAワクチンのナノ粒子が全身を循環していることが判明。脳、心臓、肝臓、卵巣、精巣などなど Wednesday, June 02, 2021 by: Mike Adams
https://www.naturalnews.com/2021-06-02-horrifying-study-reveals-mrna-vaccine-nanoparticles-are-circulated-throughout-the-entire-body-brain-heart-liver-ovaries-testes.html



(ナチュラルニュース) 驚くことではありませんが、covidワクチンについての体制側の説明は、すべて計算された嘘です。その中でも最も危険なのは、「mRNAワクチンは腕に留まり、ナノ粒子は体内を循環しない」というものです。日本で行われた新しい研究によると、mRNAコードを含むリピッド・ナノ・パーティクル(LNP)は、ワクチン接種後に体内を広く循環し、脳、脾臓、大腸、心臓、肝臓、肺などの臓器に到達することが分かっています。

この研究論文は、日本語で書かれたものを英語に自動翻訳したもので、ナチュラルニュースサーバーのこのリンクから見ることができます(PDF)(訳注:日本語で出たものを英語で知らねばならない、クニでした)

この研究は、「ファイザーの機密情報[Pfizer confidential]」と書かれており、ルシフェラーゼ酵素と放射性同位元素マーカーを用いて、ファイザー社のmRNA LNPの体内での分布を正確に追跡する生体分布研究として知られています。最初のセクションにはラベルが貼られています。

SARS-CoV-2 mRNA ワクチン (BNT162, PF-07302048)
2.6.4 薬物動態試験の概要

この研究では、mRNA LNPがどのように全身に分布し、卵巣や精巣にまで影響を及ぼすかが明らかにされており、mRNAワクチンの注射を受けた人の妊孕性について大きな疑問を投げかけています。次の図は、mRNAワクチン接種後に各臓器で発見されたNLPの質量(単位:マイクログラム)を示しています。副腎を攻撃しているのがわかりますか?





ワクチン推進派の医師が警鐘を鳴らす:「私たちは大きな間違いを犯した」

バイラム・W・ブライドル博士[Dr. Byram W. Bridle]というワクチン推進派の医師が、ポッドキャスト「On Point」のアレックス・ピアソンのインタビューを受けました。そのインタビューはBrighteon.comにも掲載されており、こちらで紹介しています。収録時間は約9分です。

Brighteon.com/3d683a15-fc3d-432d-a057-3313969eb075

以下は、上記記事で、、


これも重要関連

コロナ離婚 中村 篤史/ナカムラクリニック 2021/06/01 23:31
https://note.com/nakamuraclinic/n/ne0eb76f4640a



最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実の玉手箱)
2021-06-03 06:09:01
コロナワクチンを接種する」という選択は、周りに「害」を与えることを知ってください。

https://shinjitsu7.com/2021-6-1-2/2326/

伝染したところで、それが有害でなければ、さほど問題にはなりませんが、問題なのは、伝染したものが、有害であることが明らかになっていることです。

まず、このワクチンは、「治験中」なのです。

そのために、どのような結果が出るのかは、調べてみないと分からない、というのが現実です。



しかし、現時点で、ありとあらゆる副作用、重篤患者、そして死亡者が噴出しています。
Unknown (なんでこんな簡単に騙されるの?)
2021-06-26 11:22:03
あきらかなデマ満載ですね。
ファイザーの流出資料なんかではなく公式に出ているものですし。
英語が読めるなら原文確認してくださいよ。
言ってることはまったく別だから。
Unknown (Unknown)
2021-06-26 23:59:50
こういったscientificな話題は学術論文を通じて行われるんですが、そういったソースを示していただけると嬉しいです!
Unknown (Unknown)
2021-07-03 17:20:54
このデータは、ファイザーの非臨床試験での薬物動態試験のうち、LNPno体内分布をみているもので、いわゆるdisutributionを調べているもので、蓄積, すなわち、accumulation を見ているものではありません。どこにも書かれていません。投与量に対しても48時間で0.1%以下であり、筋肉注射では全身に分布するのは当然です。本当に科学者の見解ですか?
Unknown (いやはや)
2021-07-05 14:47:21
こんなデタラメなものを書いて拡散しているあなたが毒物ですよ

コメントを投稿