さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

WHOはついにCOVID19 PCR検査に「問題」があることを認める John O'Sullivan

2020-12-19 05:07:39 | PCR検査詐欺
先のドイツでのPCR検査詐欺告発関連記事にさわりだけ追加した記事全文です。日本でも自信を持って、告訴していきましょう!!被害者と弁護士は頑張って!! 厚生科学審議会感染症部会メンバーも対象ですネ。吸血鬼の仲間が、日中ゴソゴソしてますヨ

WHOはついにCOVID19 PCR検査に「問題」があることを認める Published on December 17, 2020 Written by John O'Sullivan
https://principia-scientific.com/who-finally-admits-covid19-pcr-test-has-a-problem/



2020年12月14日に発表された声明の中で、世界保健機関(WHO)は、10万人の医師や医療専門家が何ヶ月も前から言ってきたことを最終的に認めた:COVID-19の診断に使用されたPCR検査は、あまりにも多くの偽陽性へ導くデタラメなプロセスである。

このWHOが認めた「問題」は、目的に合わない診断テストに頼ったことで、公衆衛生当局者や政策立案者の無能さと不正を暴露する国際訴訟の後に起こったものである。

この世界保健機関の認めた「問題」の核心は、「ウイルスを検出するためには多くのサイクルが必要であったことを意味しており、いくつかの状況では、バックグラウンドノイズと標的ウイルスの実際の存在の区別を確認することは困難である」、という完全に恣意的なサイクルプロセスであるということである。

司法を通じ、発明者のキャリー・B・マリス[Kary B. Mullis]教授でさえも、決して病気を診断するために設計されたものではないと述べている[1]一つの検査に頼ることの狂気を暴いてきた多くの訴訟が処理されるようになるにつれ、国連機関は今、致命的な欠陥のある検査から距離を置こうとしているのは明らかである。



マリス教授は1993年にノーベル化学賞を受賞した。 「偶然にも」、マリス教授はパンデミックが始まる直前に死亡した。

私たちは2020年11月22日に、ポルトガルでの画期的な裁判で、COVID-19の診断に世界中で使用されているポリメラーゼ連鎖反応検査(PCR)は目的に適さないとの判決が下されたことを報告した。 最も重要なことは、たった一つの陽性PCR検査は感染症の有効な診断には使用できないとの判決を下したことである。

Off-Guardian.orgが当時報じたように:

「判決の中で、マルガリーダ・ラモス・デ・アルメイダ[Margarida Ramos de Almeida]裁判官とアナ・パラメス[Ana Paramés]裁判官は、いくつかの科学的研究に言及した。最も注目すべきは、ヤーファー[Jaafar]らによるこの研究で、PCR検査を35サイクル以上実行した場合、精度は3%に低下し、陽性結果の97%までが偽陽性である可能性があることを発見した。」

その判決は、彼らが読んだ科学に基づいて、25サイクル以上のPCR検査は全く信頼性がないと結論付けている。政府や民間の研究所は、PCR検査を行う際の正確なサイクル数について非常に口を閉ざしているが、時には45サイクルになることもあることが知られている。恐怖屋の最高責任者であるアントニー・ファウチ[Anthony Fauci]でさえ、35を超えるものは全く使えないと公言している。

あなたは判決の全文をポルトガル語で読むことができ、そして英語に翻訳されている

PCR検査を使用すべきではないと主張する何千人もの怒っている医師たちの中には、パスカル・サクレ[Pascal Sacré]博士がいる。彼はこう書いている

「このRT-PCR技術の誤用は、科学的安全協議会と支配的なメディアによって支援されている一部の政府によって執拗で意図的な戦略として利用されており、実際の患者数ではなく、RT-PCR検査の陽性数に基づくパンデミックを口実に多数の憲法上の権利の侵害、社会の活動部門全体の破産を伴う経済の破壊、多数の一般市民の生活条件の悪化などの過剰な措置を正当化するために使用されています。

明確で決定的な科学的証拠は、これらの検査が正確ではないことを証明し、統計的に有意な割合で偽陽性を生み出していることを示している。陽性の結果は「風邪のような通常の呼吸器疾患」を示す可能性が高い。[2]



しかしながら、これらはいずれも科学にとって新しい情報ではない。これらの事実は、ニューヨーク・タイムズ紙が「Faith in Quick Test Leads to Epidemic That Wasn't(迅速検査への信仰は、そうではなかった疫病を引き起こす)」(画像、上)と題する記事が、検査の使用に関する医学の専門家の衝撃的な発言を多数取り上げ、それがどのようにして偽陽性を引き起こし、危険な誇張や誤報につながるのかを明瞭に説明して、いかにPCR検査が科学的に不正確な検査であるかを明確に示した後、少なくとも2007年以前から知られていた。[3]

その2007年の記事の中で、ニューヨーク・タイムズ紙は、ニューハンプシャー州保健福祉局の州疫学副長であるエリザベス・タルボット博士[Dr. Elizabeth Talbot]の、先見の明のある言葉を引用している:

「疑似伝染病の最も厄介な側面の一つは、すべての決定が当時は非常に分別があると思えたことです。」

私たちの公的機関を運営する人々は、歴史が繰り返されることを許してしまった。無能と悪政の先頭に立つのは、国連そのものである。2020年3月16日に行われたCOVID-19に関するメディアブリーフィングで、WHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス博士[Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus](写真、下)は次のように述べている:

「我々はすべての国にシンプルなメッセージを持っています:テスト、テスト、テスト。」



症状がなくてさえも、誰でも全員検査をするというこの狂気は、紛れもない世界的な公衆衛生上のスキャンダルであり、止めなければならない。この犯罪に加担した高官はすべて起訴されなければならない。


著者について:ジョン・オサリバン;ジョンは、プリンキピア・サイエンティフィック・インターナショナル(PSI)の最高経営責任者(CEO)であり、ティム・ボール博士[Dr Tim Ball]との共同創設者である。 ジョンは、『世紀の科学裁判』で世界をリードする気候変動の専門家、マイケル・「ホッケー・スティック」マンを倒すためにボール博士を支援した経験豊富な科学ライターであり、法的分析者でもある。オサリバンは、2010年に科学者のオリジナルの「スレイヤーズ」グループを結成し、世界初の『温室効果ガス理論の偽りを暴く』全編とその新しいフォローアップ本を共同で作成した先見性のある人物として知られている。


[1] Kary Mullis : « Le test PCR ne permet pas de savoir si vous êtes malade », vidéo accessible sur YouTube, 9 octobre 2020.

[2] David DeGraw, Torsten Engelbrecht and Konstantin Demeter, https://www.globalresearch.ca/national-security-alert-covid-tests-scientifically-fraudulent-epidemic-false-positives/5720271

[3] New York Times,’Faith in Quick Test Leads to Epidemic That Wasn’t,’ Gina Kolota, Published: January 22, 2007


Please Donate Below To Support Our Ongoing Work To Expose The Lies About COVID19



関連

メルケル首相のドイツで勃発するコロナウイルススキャンダル。偽陽性とドロステンのPCR検査 F. William Engdahl
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/54141bf547edd3d5f8e6f5a70b763f4c

コロナ封鎖を鋭く批判:弁護士ライナー・フュルミッヒがウイルス学者のドロステンとRKIのボスを攻撃 von Volker Nies
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/1108a6c31365c2eb250ae377f3772679

ポルトガルの裁判所はPCRテストは信頼できないし、人々を隔離するためには違法であると裁定している By Great Game India +
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/dd4d94c0af5cccc6d1733ca58f1b5e27

COVID検査:我々は騙されてきた By A. Castellitto
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f5af06f28c573f0d5736b316597f76c4

ほかPCR検査詐欺

ロックフェラー財団は2010年に現在の「パンデミック」を脚本化していた
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0eccb101d5b3b778016de57a1cf78315

2020年4月のロックフェラー財団の論文が米国の人口全体の検査と追跡を促している By Makia Freeman
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/71ab7e5a5c29b00ab78fc331371b7c04

パンデミックが目的を持って計画されたことの証明:数百万個のCOVID-19テストキットが  2017年と2018年に販売された
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d0a25914d2435225b26fd31fad7759b5

我々はWHOを信頼できるのか? By F. William Engdahl
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/682dfe5cb001f3100ebdaa3df950a44e

WHOの真のアジェンダ:中国をモデルにした新世界秩序 By Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7cbe5de6e8ff23899078dbaf4154ebf9





https://twitter.com/NeilClark66/status/1339581907026112513 
Neil Clark@NeilClark66
Life is NEVER going back to normal if you are waiting for the government to deliver it. As I, & others warned, they mean these restrictions on our lives to be permanent. This is the ´New Normal’. But the nightmare can end tomorrow if enough people simply stop living in fear.

政府がそれを届けてくれるのを待っているのであれば、人生は決して元通りにはなりません。私や他の人たちが警告したように、彼らは私たちの生活に対するこれらの制限を永久的なものにすることを意図しています。これが「ニューノーマル」です。しかし、十分な人々が単に恐怖の中で生活するのをやめれば、悪夢は明日には終わることができます。





いや、興味深い



ロバート・F・ケネディJr: COVID19ワクチンは何としても避けるべきである
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/67d495b225e64cc1f573085b8e823b36

20. これは戦争なのですか?

そうです!我々は勝利する!団結して他の人を目覚めさせなければならない、多くの情報を与えて。

「強制的にマスクを被らされても黙ってはいない。」



JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack
https://satehate.exblog.jp/8847000/



石油とホロコースト by Clifford Shack 4
https://satehate.exblog.jp/7946332/






おまけ

【独自】初めに医療者1万人接種、高齢者の接種体制は3月に…工程表案 黄泉売り12/19(土) 7:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdab85db0a2a5e55e5ad6998e963f47a5da1c72a



医療者はリンゲル液というのでなければ、カネカネカネ医やアホ医が倒れてくれて、助かるかもネ。看護婦(師)さん達はかわいそう、なんとか拒否してください! 酷怪議員や痴事たちは、全員打つように。厚生労働省職員も手本を示しましょう。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 医薬品の陰謀:GcMAF - リン... | トップ | 「ダークウィンター」は、イ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いいちこ)
2020-12-19 09:05:24
https://twitter.com/Reina74019155/status/1339775858228117506

創価知事 小池百合子「年末年始コロナ特別警報」発出…感染者は過去最多を大幅更新
https://tokyo-np.co.jp/article/74925

4人の影武者説、本物は一体何処で何をしているのか?
https://twitter.com/Reina74019155/status/1312334432590733313?s=19

コロナは創価が仕掛けた茶番
http://kawata2018.com/2020-04-12/
お疲れモードの首元ヨレヨレの福笑いゴム影武者w
Unknown (Unknown)
2021-01-22 09:49:56
会社によって違うPCR検査キットを、一律に「役に立たない」としている時点でおかしいですね。

なお、キャリーマリス博士がPCR検査を作ったのは37年も前です。
当時と今ではPCR検査の性能が全然違います。
Unknown (Unknown)
2021-01-26 02:32:06
> 会社によって違うPCR検査キット
それって、今まで陽性と判定されたデータに科学的な意味あるんですか?

ドロステン論文の撤回を求めているドイツの専門家チームが、ドロステン論文には、標準的なテストをおこなうための条件が一切記載されていない。これは科学ではないと言ってますけど。それって製造元毎に仕様がぜんぜん異なることを意味すると思うんですけど、それってありなんですか?

コメントを投稿

PCR検査詐欺」カテゴリの最新記事