さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パンデミックが目的を持って計画されたことの証明:数百万個のCOVID-19テストキットが  2017年と2018年に販売された

2020-10-08 01:48:34 | 詐欺デミックと健康・デジタル独裁のシナリオ
現在話題の記事を訳しました

パンデミックが目的を持って計画されたことの証明
https://www.stopworldcontrol.com/planned?fbclid=IwAR2LfknuMMo-JqtT5wPnsjLGv5FrwTkUxWLfZ8f3fwCPr5mDMxdXHVZspDQ


100%事実確認済み
私たちの目的は、正確な情報を提示することです。すべての事実は、ページの下部にある参考文献で確認することができます。もし100%正しくない情報があれば、お知らせください


医師はパンデミックが計画されていたと宣言



ドイツで「情報のための医師」と呼ばれる500人以上の医師が所属するグループが、全国的な記者会見で衝撃的な発言をした。(1)

「コロナ・パニックは、劇だ。それは詐欺だ。一つのペテン。世界的な犯罪の真っ只中にいることを理解する時が来た。」

この医療専門家の大規模なグループは、主流メディアの大規模な誤報について国民に知らせるために、毎週50万部の医療新聞を発行しています。「情報のための医師団」は、6,000人以上の専門家によって支えられています。彼らはヨーロッパで大規模な抗議行動を組織しており、2020年8月29日には1200万人が署名し、推定100万人が実際にデモに参加しました。

なぜ500人以上の医師が パンデミックは世界的な犯罪だと言うのか?

私たちが知らないことを 彼らは何を知っているのでしょうか?



スペインの数百人の医師がパンデミックは計画的なものであると述べている

スペインでは「真実のための医師」と呼ばれる600人の医師のグループが記者会見で同様の声明を出した。



「Covid-19は政治的目的のために作られた偽のパンデミックです。これは衛生的な言い訳をしている世界的独裁です。私たちは医師、メディア、政治当局に真実を広めることによって この犯罪的な作戦を止めるよう強く求めます。(2)

ドイツとスペインは、ほんの2つの例に過ぎません。同様に数百人の医療専門家からなる大規模なグループが世界中の国々に存在しています。

アメリカでは、COVID-19が犯罪行為であることを暴露するドキュメンタリー『PLANDEMIC』が、27,000人以上の医師によって支持されています。

なぜ世界中の何千人もの医療専門家が、パンデミックは犯罪だと言っているのでしょうか?私たちが主流のメディアから得られない情報を、彼らはどのように入手できるのでしょうか?

私はあなたが心を開いて以下の事実を見て、あなた自身の結論を出すように招待します・・・


数百万個のCOVID-19テストキットが  2017年と2018年に販売されていた

私たちが知っているように、新しいCOVID-19の病気は、2019年の終わりに向けて中国で登場しました。したがって、それはコロナウイルス病2019の頭字語であるCOVID-19と名付けられました。世界統合貿易ソリューションからのデータは、しかし、驚くべきことを示しています。

2017年と2018年-COVID-19の2年前-には、COVID-19のための何億ものPCRテストキットが世界中で配布されていました。



早く!隠せ!

この不可解なデータは、2020年9月5日に何者かによって発見され、ソーシャルメディアに投稿されました。翌日、それは世界中でウイルスになった。9月6日、WITSは突然、本来の呼称「COVID-19」を「Medical Test Kits」という曖昧な用語に変更しました。

一般的な用語を使うことはトレードでは認められていませんので、常に具体的でなければなりません。様々な病気のためのテストキットには多くの種類があります。

このデータが世界的に知られるようになった後、彼らが「COVID-19」という仕様を削除したという事実は、彼らが誰にも知られたくないということを証明しています。しかし、彼らは1つの詳細を削除するのを忘れていました:ウェブページの下部には、これらの「医療検査キット」の製品コードが300215であることを示しています。



彼らの隠蔽工作は遅すぎました:この重要な情報は明らかにされ、世界中の何百万人もの人々によって明らかにされています。このウェブサイトのオリジナルデータを示すPDFをダウンロードすることができます。


COVID-19の発生の2年前に、世界中の国々が数億の診断テスト器具を輸出し始めました・・・COVID-19。


このデータを否定するために使用される議論は、COVID-19というラベルが2020年に追加されただけだということです。しかし、なぜ彼らは最初に「Medical Test Kits」のような非特異的な用語を使用し、数年後に「COVID-19 Test Kit」に変更し(これはまさにそれが何であるかを示している)、そして古い曖昧な「Medical Test Kits」に戻したのだろうか?この人たちは混乱しているのだろうか?私は、このような明白なものを否定しようとする試みには引っかからない。

ところで、これらのCOVID-19テストキットは、実際にCOVID-19の検査に世界中で使われている有名なPCRテストです。

仮に彼らがラベルをいじっていたのが本当だとしても(それがばかみたいにプロ的ではないので、可能性は非常に低い)、パンデミックの2年前に突然、世界中のすべての国が数億ものPCRテスト(キット)を配布し始めたという事実に変わりはありません。だから、問題の核心は変わりません。



問題は:なぜCOVID-19を検査するために特別に使用されている数億個のPCRテストが、世界中で爆発的に大量に流通したのかということです。

彼らは何のために準備していたのか?

ツイート用:COVID-19 PCRテストキットが2017年、2018年に遡って世界中で配布されていました!


ロスチャイルドは2015年にCOVID-19の試験方法の特許を取得しました。

オランダ政府の発明特許サイトにも興味深いものが掲載されています。イギリスのリチャード・A・ロスチャイルド[Richard A. Rothschild]は、2015年にさかのぼってCOVID-19をテストするシステムの特許を取得しています。



ロスチャイルド王朝を知っている人は、彼らが何世紀にもわたって世界を支配してきたことを理解しています。彼らは、世界のほぼすべての国の中央銀行のほとんどを所有しています。(2D) ロスチャイルド家は、多くの戦争を組織し、政府を操り、伝染病を引き起こすことで知られています。

一人のロスチャイルドがCOVID-19に特化した検査方法を特許化したことは、非常に興味深いことです。


COVID-19「プロジェクト」は2025年まで予定されている

世界銀行によると、COVID-19は2025年3月末まで計画されているそうです。つまり、あと5年は継続するということです。(2C)



ファウチは次の2年以内のパンデミックを保証しました



2017年、アンソニー・ファウチは、さらに奇妙な確信を持って、非常に奇妙な予測をしました。完全な自信を持ってファウチはトランプ大統領の1期目の間に、感染症のサプライズアウトブレイクが確実に起こると発表しました。ここで彼が言ったことを紹介しましょう。(3)

感染症の分野での次期政権への挑戦は、疑問の余地がありません。

驚きのアウトブレイクがあるでしょう。
これについては誰の心にも、疑いの余地はありません。


トランプ政権の1期目の間にアウトブレイクが起こることをどうやってファウチは保証できたのか?私たちが知らないことを、彼は何を知っていたのでしょうか?


「2年後には驚きのアウトブレイクがあるでしょう。これについては誰の心の中にも疑いの余地はありません。」
アンソニー・ファウチ



ビルとメリンダ・ゲイツは差し迫った世界的なパンデミックを保証しました

2018年、ビル・ゲイツは3000万人を一掃する世界的なパンデミックが進行中であることを公に発表しました。彼は、これはおそらく今後10年の間に起こるだろうと述べました。(4)

メリンダ・ゲイツは、人工ウイルスは人類の最大の脅威であり、また、これは今後数年間で人類を襲うと確信していると付け加えました。(5)

彼らの言葉の選択が一瞬だけあなたの心に響くように・・・


「世界的なパンデミックが進行中です。
遺伝子組み換えウイルスは、人類の最大の脅威です。
これは次の10年以内に起こるだろう。」
ビルとメリンダ・ゲイツ


彼らは、世界の人口が密集していることが、この差し迫った世界的なパンデミックを保証すると主張しています。しかし、正直に言いましょう:地球のほとんどは無人島です。アメリカの上空を飛行機で飛んで窓の外を見てみてください。あちこちにいくつかの都市があるだけで、ほとんどの場合、何もない空間が広がっているのが見えます。アメリカのほとんどはまだ広くて空っぽなのです。世界の他の地域も同じです。オーストラリア、ロシア、インド、中国、アメリカ、アフリカ・・・大部分は荒野です。私たちの惑星は、ビル・ゲイツが思っているほど人口が多いわけではありません。この世界地図はそれを明確に示しています・・・



地球の大部分には、人間の存在が全くない。だから、世界は膨大な過密状態にあり、それゆえに差し迫った世界的なパンデミックを引き起こすことになるという考えは嘘である。

ゲイツはまた、空の旅が世界的なパンデミックを引き起こすことは確実だと主張しました。しかし、この一世紀、数え切れないほどの人々が飛行機で旅をしてきました。それが世界的なパンデミックの絶え間ない発生をもたらしたのでしょうか?もちろんそんなことはありません。

彼らがなぜ今後数年間の世界的なパンデミックを保証したのかについての彼らの主張は嘘です。では、そのような保証された予測をする彼らの本当の根拠は何なのでしょうか?


パンデミックに向けての練習



アウトブレイクの数ヶ月前、ビル・ゲイツはニューヨークでイベントを開催しました。何のイベントだと思いますか?それは「コロナウイルスのパンデミック演習」でした。はい、あなたはそれを正しく読みました。

ビル・ゲイツは、コロナウイルスのパンデミックが起こる直前に、コロナウイルスのパンデミック演習を開催しました。

講堂の大型ディスプレイには、「パンデミックになるイベントに備えよう」という文字が表示されているのを目にします。このパンデミック演習はEvent201と呼ばれ、2019年10月、文字通りパンデミック発生の直前に行われました。

彼らの結論は、全人類がワクチンを接種しなければならないというものでした・・・


Event201の目的は、コロナウイルスのパンデミックに備えて世界を準備することだった・・・そのパンデミックはイベントの直後に起きた。



次の年のワクチン販売についての興奮

この「コロナウイルスパンデミックのための演習」の直後、ビル・ゲイツはつぶやきました:

私は、来年が世界保健分野で最高の買い物の一つであるワクチンのために何を意味するかについて特に興奮しています。



これについて考えてみてください:世界第1位のワクチンディーラーは、今後数年の間に世界的なパンデミックが起こることを保証しています。そして彼の妻は、私たちは「その途中にある」人工ウイルスを恐れるべきだと言いました。そして、彼らは差し迫った世界的なパンデミックのための演習を組織し、ワクチンが唯一の解決策になると言う。次にビル・ゲイツは、来年中にワクチンを販売することにどれほど興奮しているかをツイートします。その直後、発表されたパンデミックが勃発する。

そして確かに、すぐにビル・ゲイツは、人類にとって唯一の解決策は彼のワクチンを買うことだと宣言します・・・


2013年に予言された2020年コロナウイルスパンデミック

次のちょっとした情報が特に興味深いのは、あえて調べようとする人のために、いかに多くの情報があるかを示しているからです。2013年に、クリープ博士という奇妙な名前の音楽アーティストがPANDEMICというラップソングを書いた。何もそのことについて特別なことではなかった、もし彼の歌詞の1つが以下のように読めなければ: (6)

「2020年にコロナウイルスと相まって、死体が積み重なっている。」

無名の音楽家が7年後にコロナウイルスのパンデミックが起こることを正確に予測できるわけがない?

また、この曲は現在アメリカ全土で暴動が起きていることも予言しています。

「国は暴動を起こしている、外の通りを使って。それはあなたの窓にやってくる。」



もう一度言います: 怪しげなアーティストがどうして2013年に、2020年にコロナウイルスが地球を席巻し、その後に大規模な暴動が起こることを知っていたのでしょうか?彼の答えは興味深い:


「2012年に調査しました、そしていわゆる『陰謀論』を読みました。ごぞんじ、マスコミが私たちに調べてほしくない調査ですね。その説によると、パンデミックは2020年から2030年の10年間に起こる運命にあると言われていた。だからそれについてパンデミックという曲を書きました。


わかりました?この男は一般的に「陰謀論」と呼ばれるものを研究していた。我々は「ナンセンス」として無視するようにプログラムされているものです。しかし、どうやらこれらの調査はいつもそんなに愚かなものではないようだ。正確に予測したのは、2020年にパンデミックと暴動が起こることです。

人々が主流のメディアによって提示される基本的なストーリーよりも少し深いところを見始めると、他に何が発見されるのだろうか?「陰謀論」というネガティブなレッテルの下には、他に何が隠されているのだろうか?

もっと知るために読み進めてみましょう。


ツイート用:2013年に研究者がコロナウイルスのパンデミックと暴動が2020年に起こると予測していました。


世界的なコロナウイルスのパンデミックに備えよう

2019年9月に - 同じく発生直前に - 世界準備監視委員会は「A World At Risk」と題した報告書を発表しました。

それは、準備の必要性を強調していました・・・コロナウイルスの大発生!

報告書の表紙には、コロナウイルスとフェイスマスクをつけた人々の写真が掲載されています。



報告書の中には、次のような興味深い段落があります:

「国連(WHOを含む)は、致死性呼吸器病原体の意図的な放出をカバーするための1つを含む、少なくとも2つのシステム全体の訓練とシミュレーション演習を実施しています。」

見ましたか?致死性呼吸器病原体の意図的放出のための訓練を行っているのです。


発表されていた中国からのアウトブレイク

動画

2018年 疾病モデリング研究所はビデオを作りました。その中で、中国の武漢地域から発生したインフルエンザウイルスが世界中に広がり、数百万人が死亡と説明しています 彼らはそれを『世界的なインフルエンザのパンデミックのためのシミュレーション[A Simulation For A Global Flu Pandemic])』と呼びました。それは、正確に2年後に起きたことです。なぜ彼らは中国から来ると言ったのか?なぜアフリカではなく、はるかに多くの病気が存在する場所ではないのでしょうか?またはなぜ南アメリカではないのですか?インドでは?

中国からインフルエンザウイルスが来ることを、彼らはどうして知っていたのでしょうか?そして、いかにして武漢が発祥の地で、全世界に感染するだろうことを示すことさえできたのか?

ツイート用:2018年、疾病モデル研究所は、武漢周辺から始まったコロナウイルスのパンデミックが世界的に広がっていることを示す動画を作成しました。どうしてわかったのでしょうか?


このコロナウイルスは人工的に作られたのか?



ウイルスはどこから来たのか?生物兵器の世界的権威の一人、フランシス・ボイル博士。彼は確信しています、生物安全研究室レベル4の武漢の生物兵器研究室から発生したと。(訳注:訳者は、フランシス・ボイル博士も完全には信用できないと考えています。米中合作には違いないでしょうが)

この施設はコロナウイルスの開発を 専門にしている!

既存のウイルスを「兵器化」し、生物兵器として使用するために、はるかに危険なものにします。次の2分間のビデオクリップでは、トランプ政権のスポークスマン、生物兵器の専門家フランシス・ボイル博士とトランプ大統領が、このウイルスが武漢の研究室からどのようにして出てきたかについて話しています。

動画

今、興味深い部分が来る:2015年にアンソニー・ファウチは、まさにこの研究室に370万ドルを与えました。

これを図にすると:次の2年間でウイルスの突然の発生を保証した同じ男は、コロナウイルスを開発している研究室にほぼ400万ドルを与えた。下の短いクリップでは、ジャーナリストがトランプ大統領にファウチによって武漢の研究室に与えられたこの助成金について尋ねるのを見ることができます。

動画


中国のウイルス学者によると、ウイルスは拡散を許された

2020年4月、中国のウイルス学者で免疫学者のリー・メン・ヤン[李孟延、Li-Meng Yan]は中国を逃亡し、アメリカに政治亡命を申請した。なぜか?彼女はCovid-19についての真実を明らかにしたかったからです。ヤンは、この新しいコロナウイルスに取り組んだ最初の科学者の一人であると主張している。このウイルスが中国の内陸部で深刻な病気を引き起こすことが知られるようになったとき、ヤンは研究をするように命じられた。(訳注:この人物の証言にも疑問を感じる。なぜ、Covid-19について、きちんとした単離と、有毒性証明が発表されないのかが、最大の疑問である。発表されているシーケンス末端の33A 問題もある。「感染」の展開も、でっち上げが多く、妙である。納得出来る説明がなされていない)



彼女は何か重大なことを発見した。このウイルスは人の接触によって感染したのだ。彼女がこの不穏な情報を監督に知らせたとき、彼女はそれについて黙秘するように強調して命じられた。

その後まもなく、世界保健機関(WHO)は、中国で新たな危険なウイルスが発生したと発表した・・・しかし、それは人間との接触によって感染したものではなく、したがって、世界の人々に危険はないと発表した。

WHOによるこの虚偽の声明の後、彼女は、ウイルスについて話したすべての科学者の口調が友好的なものから遠いものに変わったことに気付きました。彼女の上司は言った。

黙って注意していなさい。赤線を越えてはいけません。さもないと、我々はトラブルに巻き込まれて消えてしまいます・・・」。

リー・メン・ヤンはアメリカに逃げることを決意し、Fox NewsとFBIに自分の話をしました。ヤンによると、中国政府はこのウイルスが人と人との間で拡散していることを知っていて、世界的に拡散することを望んでいたため、世界に知らせるのを待っていたという。

世界保健機関(WHO)は中国共産党と協力し、この新しいウイルスは人と人との間では感染しないと主張した。その結果、世界中に広がる可能性があったのです。

もちろん、その発言はWHOや中国政府によって否定されています。しかし、2020年1月の初め、WHOはその新型コロナウイルスはヒトからヒトへの感染性がないと宣言したため、何の対策も取られず・・・全世界がそれに「感染」(「」は訳者)してしまったのは事実です。

リー・メン・ヤンは、ソーシャルメディアの検閲を受けました。ツイッターはアカウントを停止 Facebookは彼女に関する投稿を削除しました。

彼女は現在、潜伏生活を送っており、米国政府に保護されています。
 (訳注:この辺の話は、メーソン劇場の様な気がしてならず、まだペンディングが妥当だと思います。大橋博士の疑問の矢は鋭いのである)


いくつかの映画がコロナウイルスのパンデミックを予測した



予測プログラミングとは、まもなく発生するイベントについて人々に情報を与えるプロセスのことです。過去数年間、いくつかの映画やテレビシリーズが作られました・・・世界的なコロナウイルスのパンデミックについて!

映画『Dead Plague』では、コロナウイルスによる世界的なパンデミックが描かれており、治療薬としてヒドロキシクロロキンにまで言及しています。

文字通り、今私たちが見ているすべてのものは、これらの映画の中で詳細に予測されています。


欧州連合のコミック本が世界的なパンデミックをビジュアル化していた



2012年、欧州連合(EU)の職員のみに配布するために、奇妙な漫画が制作された。(2B) 漫画のタイトルは「INFECTED」で、中国の研究室で発生した新しいウイルスが世界中に拡散していく様子が描かれている。このパンデミックの解決策は、漫画の中で概説されています:グローバリストは、一つのグローバルヘルス計画を強制実施します。これはつまり:

もう医療の自由はなく、グローバリストによる医療の専制政治。

これが、欧州連合(EU)の職員に向けて出版されたこの漫画本のメッセージである。この漫画の引用文の一つに、次のようなものがある。

「その後の安全対策は、私たちの存在を完全に耐え難いものにした。」




2012年のオリンピックのサマーゲームで描かれたパンデミック



2012年の夏季オリンピックのオープニングショーでは、コロナウイルスのパンデミックが全世界の目の前で繰り広げられた。何十床もの病院のベッド、大量の看護師が操り人形になり、死が潜んでいて、悪魔のような巨人が世界にそびえ立ち、劇場全体が空から見るとコロナウイルスに見えるようにライトアップされていました。

オリンピックはなぜオープニングショーでコロナウイルスのパンデミックを見せたのか?


2008年に世界的なロックダウンが予測されていた



作家であり調査員でもあるロビン・デ・ルイター[Robin de Ruiter]は、世界的なロックダウンが起こるだろうと、2008年に予測しました。

彼は、その目的は、権威主義的な支配の新しい世界を作ることだと言いました。

彼が2008年に書いたことの多くが、今、目の前で起こっているので、この本は再出版されました。


ジャーナリストたちは計画的パンデミックを予測していた

2014年、調査ジャーナリストのハリー・ヴォックス[Harry Vox]は、計画された世界的なパンデミックを予測し、「支配階級」がそのようなことをする理由を述べました。

「彼らはコントロールのためのツールキットを完成させるために何でもするだろう。彼らのツールキットに欠けていたものの一つは、検疫と外出禁止令である。計画は、何十万人もの人々を感染させて、次の段階のコントロールを作り出すことである。」(7)


その計画は何十万人もの人を感染させて
コントロールの次の段階を作ります
ハリー・ヴォックス
高名な調査ジャーナリスト



「未来へのシナリオ」

この有名な研究者は、ロックフェラー財団の有名な文書を参照しています。その中には、今起きていることが文字通り詳細に予測されています。世界的なパンデミック、ロックダウン、経済の崩壊、権威主義的な支配の押し付けなどです。

そのすべてが、恐ろしいほどの正確さで記述されています・・・それが起こる10年前に!



資料のタイトルは「技術と国際開発の未来のシナリオ」。(9) それがすべてを物語っている、未来へのシナリオである。「ロックステップ」という章があり、世界的なパンデミックが過去に起こったかのように報告されているが、これは明らかに未来へのリハーサルである。


2020年のパンデミックについては、2010年に書かれたロックフェラー財団の「未来のシナリオ」に恐ろしいほど詳しく書かれています。


その『未来のためのシナリオ』は、予測されたパンデミックに対する2つの異なる対応を比較することで続けています:アメリカは人々が飛行機に乗ることを「強く抑止」しただけである一方、中国は全市民に強制検疫を実施しました。最初の対応はウイルスをさらに拡散させていると非難される一方で、息の詰まるようなロックダウンの乱用は賞賛されています。そして、全体主義的な統制の実施について説明しています。

そのパンデミック時には、世界各国の指導者たちは、フェイスマスクの着用義務化から、駅やスーパーなどの共同空間への立ち入り時の体温チェックまで、権限を行使して、気密なルールや制限を課していました。



明らかに権威の屈服が望まれる反応である。しかし、この「未来のシナリオ」によれば、それはさらに悪化する。

「パンデミックが衰退した後でさえも、市民とその活動に対するより権威主義的な統制と監視は続いており、さらに強化されている。」

「先進国では、この強化された監視は多くの形で行われた。例えば、すべての市民のための生体認証IDや、安定性が国益に不可欠であるとみなされた主要産業の規制強化などである。」



ロックフェラー財団によると、世界的なパンデミックは、人々が再び安全だと感じるために、喜んで自由を手放すようなコントロールを強化しなければならない。



グローバル制御ハンドブック

発表されたパンデミックが実際にここに来た今、同じロックフェラー財団は、ステップ2のために名乗りを上げました:このパンデミックの間に新しい制御システムを実装する方法についてのハンドブックです。必要とされるすべての制御ネットワークが整って初めて、世界は再び開かれるのです。



2つのロックフェラー文書を組み合わせると、計画が見えてきます。

1)最初に、コロナウイルスによる世界的なパンデミックを発表し、それがもたらすべきものは何かを述べています。

2) 第二に、この制御システムをどのように適用するか、実践的な手順を示しています。

これらは、彼らのガイドからのイラストと引用です:



「デジタルアプリとプライバシー保護された追跡ソフトウェアは、より完全な接触者追跡を可能にするために広く利用されるべきである。」

「コビド19の流行を完全にコントロールするためには、毎週のように大多数の人を検査する必要がある。」




彼らの『未来のシナリオ』によると、全世界の人々は、誰がすべてのワクチンを受けたかを示すデジタルIDを取得する必要があります。十分なワクチン接種がなければ、学校、コンサート、教会、公共交通機関などへのアクセスができなくなる。

2020年の今、ビル・ゲイツや多くの政府が求めているのは、まさにその通りなのです。


全員の接触連絡先を確認する必要がある

リークされた政府のビデオ(10)では、ビル・クリントン元アメリカ大統領とアンドリュー・クオモニューヨーク州知事の会話が見られる。彼らは、全人口をテストし、すべての接触連絡先をチェックするために、大規模な管理システムを構築する方法について話し合っています。彼らは、この制御システムを実行するための軍隊をどのように構築するかについて話し合っています。


何万人もの管理者を任命しなければならない。彼らは全員をテストし、すべての連絡先をチェックする。この規模で行われたことはありません。これは尋問官の軍隊であり、すべての人の連絡先をチェックします。
アンドリュー・クオモ
ニューヨーク州知事



全く新しいレベルのグローバルコントロール



ビル・ゲイツは、また、Covid-19のワクチンを接種した人だけが旅行や登校、会議や仕事に参加できるようにすることを明言しています。(11) デジタルワクチンIDはすでに開発されており(12)、ゲイツは個人の身体をどこでもトレースできるようにする技術の特許を持っている。この技術はWO2020-060606と呼ばれている(13)。さらにゲイツは、Covid-19に接触したすべての人を追跡するグローバルな監視ネットワークを構築したいと考えています(14)。


計画:DNA改変ワクチンを人類に注射する



有名な調査ジャーナリストのアンソニー・パッチ[Anthony Patch]は、パンデミックとワクチンの義務化によって世界を支配する計画について何年も研究してきました。2014年のインタビューの中で、この研究者は次のように予測した:

「彼らは、人工コロナウイルスを放出するだろう。その結果、人々は自分たちを守るためのワクチンを要求するだろう。ワクチンは第3のDNAを追加して、ハイブリッドにする。人が注射されると、ほとんどすぐにDNAが変化する。この遺伝子の変化は、人々が自分自身で考える能力を失う原因となるだろう。それなしでは、このことが起きたことに気付きさえしない。こうして、エリートの奴隷になるように、簡単にコントロールできる。」

もちろんそれは非常識に聞こえますし、確かに非常識です。しかし、このプロの調査員は馬鹿ではないことを 認識しなければなりません。彼は何年もの研究をしてきて、これが何年もかけて発見したことです。


私たちは、単純に、これらのトピックに対する私たち自身の洞察力が不足しているために、長年の研究に基づく健全な知識を拒絶しないように気をつけなければなりません。



20年間の研究では:そのワクチンは私たちのDNAを変える



キャリー・マデイ[Carrie Madej]医師は、ドミニカ共和国で人道的な仕事をするためにドミニカ共和国に行く前に、ジョージアで2つの大きな診療所を指揮していました。彼女は過去20年間、DNAとワクチンを研究し、Covid-19の非常に危険なワクチンを人類に注入する計画があることを警告する緊急ビデオを作りました。これらの新しいワクチンの目的は2つあります:

1)私たちのDNAを再プログラムして、私たちを制御しやすいハイブリッドにします。
2) デジタル・ワクチンIDを介して 人工知能に接続します。これもまた制御の全く新しい領域を開くでしょう


この医学の専門家は、彼女がどのようにして病気が航空機によって集団に広がったかを複数回観察したと言います。安全の理由で、彼女はこのことについての詳細を公開することはできません。


組織的な伝染病によって地球を過疎化させる



ジョン・コールマン博士は、CIA(訳注MI6)の諜報部員で、「300人の委員会」という本を書いた。その中で、彼は秘密結社がどのように政府、医療、食品産業、メディアなどを操作しているかを説明しています。この本はCIAのウェブサイトに掲載されている。(15)

政府やメディアをコントロールする多くの秘密結社の主な目的の一つは、地球の人口削減である。

コールマン博士は、彼らの戦略について次のように述べています:


2050年までに少なくとも40億人のむだ飯食いを排除しなければならない。限定された戦争と、致命的速効性疾患の組織的な伝染病によって。
ジョン・コールマン博士、CIA諜報部員



人類を5億人以下に保て



1980年、ジョージア州にガイドストーンと呼ばれる花崗岩の記念碑が建立されました。10のガイドラインのセットは、8つの現代言語で構造物に刻まれ、短いメッセージは、4つの古代言語のスクリプトで構造物の上部に刻まれています。最初のガイドラインは以下の通りです:

1. 自然との永続的なバランスの中で、人類を5億人以下に保て。

CIAのコールマン博士は、彼らの「人類を維持する」ための方法の一つが、「致命的・速効性疾患の組織的伝染病」を引き起こすことであることを明らかにした。


人類を削減するためにワクチンを使う

TEDトークの中で ビル・ゲイツは、彼が文字通り、新しいワクチンを使えば 世界の人口を10~15%減らすことができると言った時に、この目標を響かせました! (16)


現在、地球上には67億人の人がいますが、間もなく90億人になるでしょう。しかし、新しいワクチン、ヘルスケア、避妊手術をうまく行えば、その数を10~15%減らすことができます。
ビル・ゲイツ、ワクチン販売業者



人口抑制のためのCovid19ワクチン?

マイク・アダムスは、出版された食品科学者、人気の科学書『食品科学捜査』の著者であり、ISO認定のCWCラボの創設者でもあります。数年前、彼は次のように述べています。

人工的に作られた生物兵器が人口の中心地に放出されるだろう。ワクチン産業がワクチンを開発するために、政府に巨額の資金提供を求める声が上がるだろう。奇跡的にワクチンは記録的な速さで開発されるだろう。誰もが一列に並んで、このワクチンの注射を受けることを要求されるだろう。

動画

確かに、人工的に作られた生物兵器のリリースがあり、それに続いてワクチンの義務化、ワクチン業界への巨額の政府資金提供、そして記録的な時間で開発されているワクチンがあります。

彼のメッセージの残りの部分は、このワクチンは数年の間に数百万人(数十億人とは言わないまでも)の人々をゆっくりと殺し始めるだろうということだ。これは、世界の人口を減らすために設計された、キルスイッチ・ワクチンになるだろう。 (訳注:確実に、自己免疫疾患が発生して死に向かうでしょう)



とりあえずここで区切ります;この後は、概要と、その他解説です。参考資料リストは、以下に付けました。本文が長いので、概要もそのうち別立てで載せたいと思います。

References
________________________________________
1: German group of Doctors For Information
2: Spanish group of Doctors For Truth
2B: EU comic strip depicts global pandemic
2C: World Bank shows planned end date of project COVID-19
2D: Rothschild owning central banks around the world
3: Fauci guarantees an outbreak with the next two years.
4: Bill Gates announced a global pandemic
5: Melinda Gates says humanities greatest threat is an engineered virus
6: Lyrics of 2013 song that predicted coronavirus pandemic in 2020
7: Harry Vox predicted the global pandemic
8: Robin de Ruiter predicted lockdowns
9: Scenario for the future described global pandemic
10: Andrew Cuomo talks with Bill Clinton about authoritarian control
11: Bill Gates talks about a digital ID to control people
12: Linking vaccines to a digital ID
13: Gates has pattent on technology to trace a body anywhere
14: Gates wants a global monitoring system
15: Download the book of CIA officer Coleman
16: Gates talks about reducing world population using vaccines
17: Tens of millions of Covid-19 test kist were exported by the EU, USA, China etc in 2017 and 2018
18: DAVOS and the gathering of the globalists
19: The head of the World Health Organization is member of violent terorrist group
20: Letter from archbishop and cardinals to humanity


Fight With Us For Freedom!

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« コロナウイルス:良心の医師... | トップ | パンデミックは計画されてい... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フィクション? (L)
2021-02-04 23:13:55
https://worldwide.espacenet.com/patent/search/family/072235969/publication/US2020279585A1?q=pn%3DUS2020279585A1

同じタイトルのデータが見つかりますが、Publication Dataは2020年9月3日

コメントを投稿

詐欺デミックと健康・デジタル独裁のシナリオ」カテゴリの最新記事