さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

社会的隔離は拷問である by Frank (henrymakow.com)

2020-09-01 07:56:22 | マスク・社会的距離の欺瞞
社会的隔離は拷問である August 24, 2020 by Frank (henrymakow.com)
https://www.henrymakow.com/2020/08/social-isolation-is-torture.html 



イルミナティは心理戦に従事している
公衆に対して

「社会的距離」は
溯る
確立されたCIAの拷問技術に




Latest-- Don't look at passersby -

by Frank
(henrymakow.com)

マスクをつけているかどうか(人間性を奪うため)、社会的距離を置いているかどうか(追跡し探し出すため)、14日間隔離しているかどうか、これらはすべて拷問の方法である。 無症状の人々、つまり健康な人々が、精製されていないウイルスの潜在的な拡散者になっているという嘘でさえ、疑念を抱かせ、お互いに距離を置くように仕向けているのである。 これは心理戦である。

ブルームバーグでの最近のヘッドラインは、述べている:


強制隔離が、ウイルスの復活を阻止する唯一の方法かもしれない


ヘルスインパクト・ニュース編集部のブライアン・シルヘイビー[Brian Shilhavy]は、最近の記事でこう書いている。CIAの社会的孤立の拷問技術の次のステージ:FEMA 「非集合シェルター」での不本意の検疫「子供たちはCOVIDで死ぬ0.00%の可能性を持っているが、社会的距離を隔てることによって生涯にわたって害を受けている、それはCIAの拷問技術にそのルーツを持っている。」

以前の記事で、我々は、「社会的孤立」技術の起源について、市民権弁護士リー・ダンダス[Leigh Dundas]の研究を発表したが、その「社会的孤立」技術は、CIAが何十年にもわたって使用してきた拷問技術にまで遡ることを、彼女は発見した。

彼女によると、社会的距離と隔離の技術は、70年前にCIAが開発したもので、国家の敵を打破するためのものだそうだ。それらは、1日15本のタバコを吸うのとアル中であることに相当している。死の危険性を倍増させ、学習を司る脳の一部を破壊する。

2010年、調査記者のセシル・ロスナー[Cecil Rosner]は、「隔離-感覚遮断へのカナダ教授の研究と不穏な新しい尋問方法との関連」と題した素晴らしい詳細な記事を執筆した。記事の中でロスナーは、ジョン・ズベック博士[Dr. John Zubek]とマニトバ大学で50年代から60年代にかけて行われた彼による隔離実験について書いている。

ロスナーは書いた:


「恐ろしい、本当に不快」

ズベックと彼の同僚は、1960年代初頭までにテストの結果を発表し始めた。マクギルでの劇的な体験を再現することはできなかったが、ボランティアの認知と知覚・運動の障害が広範囲に及んでいることが判明した。14日間隔離された状態で過ごした人々は、ドームから出てきた10日後も異常な脳波(EEG)測定値を示した。結果は様々であったが、彼らはまた、監禁が被験者の幻覚、極度の不安と心配の事例を作り出していたことを発見した。変数を調整することによって、彼らは何が悪影響に寄与し、何がそれらを緩和するかを発見した。例えば、運動は知覚剥奪によって引き起こされる損害を打ち消すことが示された。

「我々は、彼らにもっと長く滞在してもらいたいが、危険を冒している」とズベックは1960年にメディアに語っている。「我々は未踏の領域に入り込んでいる。これは非常に激烈な条件だ」と語っている。彼らはズベックの出版の成功と研究費の獲得には満足していたが、大学関係者は彼の次のアイデアを心配していた:棺桶のような箱を作って、人々を長時間固定することである。




最近、哲学者ハンナ・アーレント[Hannah Arendt]の1951年の名言に出くわしたが、それが私の心を揺さぶった。今起きていることは、以前にも起きている。それは計算された計画であり、戦術であるが、私たちの多くはそれに気づいていない。ここに引用がある。


(社会的距離を置く本当の理由。互いの電磁的接続を遮断するため。彼らはあなた方をお互いから完全に切断したい、覚醒のこの時に)


  「テロは、お互いに孤立した人々に対してのみ絶対的に支配することができるということが頻繁に観察されてきた。それゆえ、専制政府の主要な関心事の一つは、この孤立をもたらすことである。孤立はテロの始まりかもしれない;それは確かに最も肥沃な大地であり;それは常にその結果である。この孤立は、いわば、全体主義前のものであり;権力は常に人々が一緒に行動し、協調して行動することから生まれるものである限り、その特徴は、無力である;孤立した人々は、定義により、無力である。


全体主義の起源

歴史は繰り返されている。カバリスト達は、心理的に、肉体的に、そして精神的に、我々全員を崩壊させようとしている。孤独、自殺、不安、アルコール依存症、配偶者/子供/動物虐待のすべてが、孤立、反社会的な距離、マスクの着用、そしてこの計画され台本化された心理作戦によってもたらされた経済的な苦難のために増加している。

我々はこの暴政に反抗しなければならない、だから、声を上げてください!あなた自身を聞かせてください。嘘を暴いてください。友人や家族と連絡を取り合いましょう。孤立している人、見知らぬ人にも手を差し伸べてください。繋がりを持とう。みんなで団結しよう!

------

Related

Social Isolation may be only way to stop virus
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-08-13/forced-isolation-may-be-the-only-way-to-stop-resurgence-of-virus

Prof Franz Ruppert - A video on the psychological effects that social isolation, social distancing, and masks have on adults and children.
https://www.youtube.com/watch?time_continue=398&v=QS8SPk_5k7c&feature=emb_title


コメントは略



Isolation A Canadian professor’s research into sensory deprivation and its connection to disturbing new methods of interrogation. Written by Cecil Rosner — Posted January 21, 2016
https://www.canadashistory.ca/explore/science-technology/isolation









コメント (1)   この記事についてブログを書く
« Covidワクチンの大量強制接種... | トップ | アシュケナジの禁断の真実 ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-09-01 23:38:01
左は未だにコロナ危険視だが、右はラテン系のせいかコロナはナシよが多い。その左らしきブログのずくなしの冷や水ブログはコロナ危険視でコロナ感染死を痛く感傷的だね。右は少しずっこけ過ぎて自分は中立だわ。

コメントを投稿

マスク・社会的距離の欺瞞」カテゴリの最新記事