さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

2009年、WHOはジェノサイドを計画していると非難された Kurt Nimmo (henrymakow.com)

2021-01-29 17:00:00 | 毒ワクチン
2009年の「練習」のときにも焦ったのを思い出しますネ。多くの人が、想定外だと思うのは、何も考えていなかったからです。「標準」インストールされたままで、彼らの悪意がわからなかった。悪魔主義者が民衆に仕掛ける熾烈な闘いは、何十年あるいは100年、1000年以上前から、行われ続けてきたのです。1975年のアシロマ会議で良心的な防衛側研究者が多少頑張った後、遺伝子組替技術はもちろんさらに発展しましたが、情勢は秘密裏にことを進める秘密攻撃側に有利となっていきました。ファウチがいい例ですが、カネをそちらに流して、守るふりをした攻撃兵器(病原体、「ワクチン」、「治療薬」という毒薬)の開発を続けたのです。攻撃側は2020年が最終局面開始のつもりなのです。良心的な防衛側は怪死が連続。何も考えてこなかった人たちも、怪死。ランクト医師のように、ずっと前から頑張ってきた人もいるのです。本ブログでもいろいろ紹介してきましたが、「標準」教育にも、マスコミにも出てこないだけで、多くの良心的な医師や研究者はわかっていて警告してきたのです。日本でも、例えば安保先生が、なくなられたとき呆れました、そこまでやるかと。笹井さんの怪死も思い出されますね。


In 2009, WHO was Accused of Planning Genocide
2009年、WHOはジェノサイドを計画していると非難された January 28, 2021
https://www.henrymakow.com/2021/01/WHO-Faced-BioTerror-Charge-in-2009.html?_ga=2.27571708.1172455493.1609518139-903648786.1588285733 



2009年、カナダの医師ギスレーヌ・ランクトは、エリートとその手先は、「世界人口の大規模かつ標的的な削減」のために、特に優生学の武器として使用される、致死的なウイルスを含む強制ワクチン接種を導入するだろうと警告した。

私たちは何十年にもわたり練られた陰謀のクライマックスを経験している

クルト・ニモ(ニモー)は2009年にこのように書いている-「グローバルエリートの実績を考えると、現在、政府が義務づけた予防接種プログラムは、ギスレーヌ・ランクトとジェーン・ビュルガーマイスターが警告しているように、地球を人口減少させるための優生学的計画に役立つだろう。謀略的なパンデミックはまた、戒厳令とハイテク監視と警察国家のグリッドの実装のための最終段階を設定している。

クルト・ニモは、ジェーン・ビュルガーマイスターの2009年の訴訟を紹介するために、ギスレーヌ・ランクトの著書『The Medical Mafia』を使用している。

Canadian Doctor. H1N1 Vaccination: A Eugenics Weapon for "Massive & Targeted Reduction of the World Population."

by Kurt Nimmo

(henrymakow.com)


カナダの医師で、『メディカル・マフィア[The Medical Mafia]、1995年』(Pdf)の著者であるギスレーヌ・ランクト[Ghislaine Lanctôt]は、オーストリアのジャーナリストであるジェーン・ビュルガーマイスター[Jane Bürgermeister]が最近、WHO、国連、そして数人の政府高官や企業の高官を相手に起こした訴訟を強調している。ビュルガーマイスターは、国際的な企業の犯罪組織が、いかに致死的なインフルエンザウイルスを解き放ち、強制的な予防接種プログラムを実施しようと計画しているかを文書化している。



「私はワクチン接種の話題について長い沈黙から抜け出した。なぜなら、今回、関係するリスクが非常に大きいと感じているからだ。結果は予想以上に広がるかもしれない」とランクトは書いている。彼女は、「A(H1N1)ウイルスは、軍事的、政治的、産業的利益のために奉仕する国際組織であるWHOによって計画され、組織化されたパンデミックに使用されるだろうと信じている。

ランクトは、次のように警告している:エリートとその手先は、「世界人口の大規模かつ標的的な削減」のために、特に優生学の武器として使用される、致死的なウイルスを含む強制ワクチン接種を導入するだろう。

さらに、ランクトによれば、パンデミックはさらに戒厳令と警察国家を確立し、「反逆者を収容するために建設された」強制収容所を活性化させ、そして、最終的にはすべての国から単一の国連政府に権力を移譲し、新世界秩序の不吉な計画を実現するためにも利用されるだろう・・・


彼女は次のように書いている、「保健機関にとって、予防接種の話題はタブーでした。知らず知らずのうちに、私はパンドラの箱を開けていました。」「公式な主張にもかかわらず、ワクチンは公衆衛生とは何の関係もないことがわかりました。政府の承認スタンプの下には、深い軍事的、政治的、産業的利益があります。

1995年の彼女の裁判の間に、ランクトは、1979年3月11日の60分テレビ番組からのエピソードを使用して、1976年の豚インフルエンザの発生に対応するためにアメリカ国民に押し付けられた大規模な予防接種プログラムをカバーしていた。

そのウイルスがニュージャージー州のフォート・ディックスを起原としていたことが、後にCDCによって確立された。「フォート・ディックスでの突発は、寒い冬の間、混雑した施設内でストレスを抱えた集団への動物性ウイルスの導入によって引き起こされた人獣共通感染症の異常であった可能性がある」と、Joel C. Gaydos, Franklin H. Top, Jr, Richard A. Hodder, and Philip K. Russellは指摘している。

ボルチモアのジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院によると、「ヒトからヒトへの感染が記録されているインフルエンザウイルスの稀な例」という特徴もあるという。このウイルスは「1918年のパンデミックを引き起こしたウイルスの直系の子孫であると考えられている」と、当時の国立アレルギー・感染症研究所のリチャード・クラウス[Richard Krause]所長は説明した。

ボルチモアのジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院によると、「ヒトからヒトへの感染が記録されているインフルエンザウイルスの稀な例」という特徴もあるという。このウイルスは「1918年のパンデミックを引き起こしたウイルスの直系の子孫であると考えられています」と、当時の国立アレルギー・感染症研究所のリチャード・クラウス所長は説明した。

「公衆衛生の専門家は、1918年のパンデミックの再来の可能性を恐れ、どのように対応するかについて激しい議論を交わしました。最終的に彼らは、3月にジェラルド・フォード大統領によって発表された全国的な予防接種キャンペーンを開始しました。その年の終わりまでに、4,800万人がワクチンを接種しました」と、感染症研究・政策センターのロバート・ルース[Robert Roos]とリサ・シュニリング[Lisa Schnirring]は書いている。「しかし、恐れられていたパンデミックは決して実体化しなかった。」

その代わりに、政府が宣伝している(訳注:もともとブタ用で、ブタが死んでしまうのでヒトに打たれた)予防接種を受けて、麻痺性の神経症であるギリアン・バレー症候群にかかった人が多数出てきた。


SARSや鳥インフルエンザのように、この豚インフルエンザの恐怖は無意味である

33年以上経った今、脳神経外科医の資格を持つラッセル・ブレイロック博士によると、「ウイルス学の専門家たちからも同じような叫び声が聞こえてきています。製薬会社は、別のワクチン関連の災害が彼らのパーティーを台無しにする前に、今の政権がワクチンを義務化することを期待して、豚インフルエンザのワクチンの設計に忙しくしている・・・それ以前のSARSや鳥インフルエンザのように、この豚インフルエンザの恐怖は多くのナンセンスだ。ただ、高用量のビタミンD3(1日5000 IU)を摂取し、健康的な食事をし、免疫力を高めるサプリメント(β-1、3/1、6グルカンなど)をいくつか摂取するだけで、このインフルエンザについて心配する必要はありません。(訳注:前から同じでしょ 爆あるいは激おこ)


現在でのエコー

元NSA職員ウェイン・マドセン[Wayne Madsen]の知る情報源によると、「アフリカでの致命的なエボラウイルスの発生とHIV/AIDSの犠牲者を調査してきた国連のトップ科学者は、H1N1は、新型インフルエンザが軍事的な生物兵器として遺伝子操作で製造されたことを示唆する特定の感染 《ベクター》を持っていると結論づけた

4月、陸軍の犯罪捜査官は、フォートデトリックのバイオラボから病原体のサンプルが行方不明になった可能性を調べていた。「チャド・ジョーンズ[Chad Jones]、フォートミードのスポークスマンは、CIDが米陸軍感染症医学研究所からウイルスサンプルが行方不明になった可能性を調査していると述べた」と、フレデリック・ニュース・ポストは報じた。

明らかに、現在の豚インフルエンザの恐怖と新型株の合成起源の可能性を考えると、2001年の炭疽菌株が放出されたのと同じ陸軍の研究所からウイルスサンプルが行方不明になっているかもしれないという事実は、非常に不穏である」とポール・ジョセフ・ワトソン[Paul Joseph Watson]は当時書いている。


ビュルガーマイスターの2009年訴訟

ジェーン・ビュルガーマイスターは、「全体の《豚インフルエンザ》パンデミックビジネスは、そこに人口に脅威をもたらす自然のウイルスがないという大規模な嘘を前提としていることを告発している」と、自然健康ニュースに、バーバラ・ミントン[Barbara Minton]は書いている。「彼女は、鳥インフルエンザと豚インフルエンザウイルスが、実際には、とりわけ、WHOと他の政府機関によって供給された資金を使用して、研究室でバイオエンジニアリングされているという信念につながる証拠を提示しています。この『豚インフルエンザ』は、一部の豚インフルエンザ、一部の人間のインフルエンザと一部の鳥インフルエンザのハイブリッドであり、多くの専門家によると、研究室からのみ来ることができる何かである。」

ミントンは続けている:豚インフルエンザ」を口実にして、(ビュルガーマイスターの訴訟の)被告たちは、強制的な予防接種による米国人の大量殺人を事前に計画していた。彼らは、FEMAの強制収容所の広範なネットワークを設置し、大量の墓場を特定しており、彼らは、反逆罪を規定する法律に違反して、国連とWHOを違法な恐喝に影響された組織犯罪活動の隠れ蓑として使用する国際犯罪シンジケートに米国の権力を渡すための計画を考案し、実施することに関与してきた。オバマのビルダーバーグ保健福祉長官キャスリーン・セベリウス[Kathleen Sebelius] - とビルダーバーグのメンバーは、この秋、彼らの毒素を満載した優生主義者の「豚インフルエンザ」ワクチンを子供たちへ接種させるためにそれを簡単にしたいと考えている。学校の子供たちは、この秋の豚インフルエめの最初の行列になるかもしれません、そして、もしかしたら、学校で接種を受けることができるかもしれない」と、6月16日にAP通信が報じている

先月指摘したように、政府はインフルエンザの予防接種を義務化する計画を立てているようだ。ロン・ポール議員は、展開される経済崩壊に関する最近の記事の中で、ヒステリックに誇張されたH1N1インフルエンザの「パンデミック」は、政府がインフルエンザの予防接種を義務化することになるかもしれないと警告している。「80億ドル近くが、ワクチンを作る製薬会社を豊かにする以外には、見分けのつかない理由で強制的なワクチン接種につながる可能性のある『潜在的なパンデミックインフルエンザ』に対処するために費やされるだろう」と、ポールは書いている。

グローバルエリートの実績を考慮すると、政府が義務づけた予防接種プログラムは、現在、作業中である - ギスレーヌ・ランクトとジェーン・ビュルガーマイスターが警告するように - 地球を人口減少させるために優生主義者の計画に役立つだろう。謀略的なパンデミックはまた、戒厳令とハイテク監視と警察国家のグリッドの実装のための最終段階を設定している。

Related
-- 2009 Lawsuit charges elite plan mass genocide

++
同じことを、しっかりと予行演習していたでしょ?






不幸にも、当ブログを2007年9月に以下の記事から開始した理由をわかっていただけるときがきたようです、、

強毒性インフルエンザ
https://satehate.exblog.jp/6918901/


関連(一部)

カナダ人医師: H1N1ワクチンは、大量殺戮のための優生学的兵器 である by クルト・ニモー
http://satehate.exblog.jp/11914440/

人類の歴史上最大の犯罪が進行中 ジェーン・ビュルガーマイスターによる告訴について
http://satehate.exblog.jp/12509984/


細菌戦争ならば効果があるかもしれない by バートランド・ラッセル
http://satehate.exblog.jp/8752829/

イギリス東インド会社の忠実な召使いだったトマス・マルサスの『人口論』 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8770049/

ニューヨーク・ハリマン・シンポジウム(1915)と、ウェルズの「公然たる陰謀」 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8783370/

第三回国際優生学会議(1932) by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8785181/


邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

WHOはあなたを殺そうとしている? (WHO)-世界保健機関の事実と噂
http://satehate.exblog.jp/12470091/

ワクチンによる虐殺は、もはや単なる理論ではない by David Rothscum (再掲)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/fa22534dbdbab761521d3f0c9e1304c2

生物兵器戦争の一方法としてのワクチン接種の歴史 by David Rothscum 


ワクチン-最も古い詐欺 by Eustace Mullins (henrymakow.com)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4d2b4361ee3ec284447316fff5090a5d

前々からこうなると決まっていた・・・今こそ、私たちは立ち上がらなくてはならない デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/12497585/

危険なのはインフルエンザではなく・・・ワクチンだ by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/12763238/

あなたにも、子供や孫がいるでしょう。いったいぜんたい何をやっている? by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/12650505/


スクアレンと関連アジュヴァントに関するより多くののっぴきならない科学
http://satehate.exblog.jp/12555433/

ノバルティスのワクチンに 自己免疫誘導毒性物質“MF-59 アジュヴァント”;不妊化大作戦
http://satehate.exblog.jp/12566591/

ヒトの免疫学的不妊化 2009年のワクチン接種オデッセイ By A. True Ott, PhD
http://satehate.exblog.jp/12593371/

「インフルエンザ」ワクチンの大陰謀:免疫学的不妊化の基礎
http://satehate.exblog.jp/12615253/

++
当然ですが、当時よりも、「ワクチン」兵器は進化させられています

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 状況更新、1月28日 - バイデ... | トップ | RNAワクチン接種後の高齢者の... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いいちこ)
2021-01-29 19:23:24
史上最大の悪魔崇拝

http://rapt-neo.com/

コメントを投稿

毒ワクチン」カテゴリの最新記事