頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

寒になると旨くなる魚を求めて

2017年12月20日 | 沖釣り

いよいよ寒になると旨くなる魚の時機到来なので、

真鶴港<富丸>さんの寒ビラメ狙いに嫁さんと行って来たよ。

10月、11月のヒラメは数は釣れるが、身の締まりがイマイチ。

12月下旬から2月一杯が寒ビラメと云われ、数は望めないが脂が乗り極上物。

若き頃は鮎釣り同様ヒラメ釣りに狂い、銚子外川港に通い詰めたくらい奥の深い釣り物。

午前6時河岸払い。5分もしない港の出入り口からスタート。

早速嫁さんにガツガツのアタリ。合わせも上手くいったが、途中で痛恨のバレ・・・

エサのイワシは跡形も無く針だけが。。。間違いなくヒラメだよ残念だね。

その後はアタリも無いので少々深場へ移動。

移動直後、船中7名全員の竿が満月状態。イナダの集中攻撃。

イナダの活性が高いと云う事は、まだ水温が高めなんだね。

海はまだまだ寒入りしてないのかな??

諦めかけた頃、自分の竿先にヒラメ特有のゴツゴツ。合わせたい気持ちを抑えて待つと、

竿先がグーンと海中へ。すかさず合わせるとバッチリ針掛かり。

海面に浮かんだのは待望のヒラメ。やれやれだよ。

船中3枚のヒラメが上がったが、本命の活性は低い一日だったね。

 

…………………………………………………………………………………………

 最後までお付き席合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。。 

 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへにほんブログ村鮎釣りランキングに参加しています。

 他にも鮎依存症候群サイト盛り沢山ですよ。。

 ………………………………………………………………………………………… 

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の<今年の漢字>は・・ | トップ | 鮎2017を振り返る »
最近の画像もっと見る

沖釣り」カテゴリの最新記事