頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

魚野川鮎、場荒れが進み大苦戦!!

2016年07月27日 | 鮎友釣り

7/25.26の両日、越後湯沢魚野川へ嫁さんと狩野川のお仲間さん5人、総勢7名で出掛けてきたよ。

解禁からのお祭り騒ぎは一段落。月曜日とあって釣り人は少ないな。

川は減水垢腐れで難しい釣りの予感。セオリー通り、朝は瀬肩にオトリを入れると即反応。

ニヤリとした途端口掛かりでポチャーン。ハイサヨナラだよ。

実績ある瀬なのでガンバしてやっと3匹。場荒れも相当進んでいるみたい。

狙いを変更、竿抜けを探してテクテク!!。

川幅が狭いため竿が何処でも入りやすく、中々見つからないが、

見逃しそうな小さな竿抜けポイントを見つけて、オトリを入れると18~20cm級が即追って来るよ。

広範囲の拾い釣りで15~22cm18匹苦労の釣りだったね。

他のお仲間さんも苦戦気味で5~15匹。解禁当初より鮎はサイズアップしていたな。

25日釣果 16~22cm 18匹 

 

二日目、沼津のお仲間さん3名も合流。総勢10名。

皆さん気合満々だが、朝から気勢を削がれる雨模様。

小降りになるのを待ったが止む気配無し。

仕方なく竿を出すことにして我々は大源太川へ。堰堤下の瀬肩にオトリを入れると暫くして19cm。

これは行けると4匹追加した頃から雨粒が大きくなり、上流から枯れ枝&葉っぱが流れ始め、

水位も僅かに上昇薄く濁りも出てきたので危険と判断。1時間半程で撤退。

花水木に戻り早めの昼食。暖かいお茶が身に浸みる位の気温低下。

夏だというのに、カッパを着てもズブ濡れで体がブルブルだよ。

普段ならここで竿を畳むのだが、皆さんやる気満々!!!

宿へ戻りたかったが、仕方なく下手の一本荒瀬へ。絶対掛かる筋では全く無反応。

明らかに土日で抜かれた形跡大。対岸のヘチ寄りに入れてやっと3匹追加。

気温、水温急低下で集中力も急低下。2時間程で竿仕舞い。

川も少々場荒れ気味。足で稼がないと難しい大苦戦の二日間だったね。

川をリセットするくらいの雨が欲しいところだよ。

 写真は25.26日の釣果

……………………………………………………………………………………………………

 最後までお付き席合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。。 他

 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ にほんブログ村 鮎釣りランキングに参加しています。

 他にも鮎依存症候群サイト盛り沢山ですよ。。

……………………………………………………………………………………………………

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« これが分かれば、余程の通! | トップ | 鮎釣りには最悪の季節到来! »
最近の画像もっと見る

鮎友釣り」カテゴリの最新記事