ブログあつたかい

しんちつが神の心にかなハねば いかほど心つくしたるとも (12-134)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一寸心に余裕が出来たかなぁ~~。

2012年05月30日 11時01分06秒 | 思った事
昨日ようやく支部内の県庁へ提出する書類が揃い、これから教区へ提出に行ってきます。

先月12日には、月次祭に合わせて、創立120周年記念祭を行いました。
とても良い天気(前日は強風でどうなることかと思いましたが、皆さんが集われる時には、風は無く、おつとめ中から風が出てきました。)の元、大教会長様夫妻にお越し頂いて、とても陽気につとめさせて頂きました。

ただ残念な事は、5月のこの時は、ゴールデンウィークの直後のために、どうしても仕事を休む事が出来ずに来て頂くことが出来なかった人が多くあった事でした。
その中には、前半下りのおてふりを一生懸命に練習していてくれていた人もありました。

しかし、その子の分までも頑張るからと、親御さんが一生懸命に、おつとめのみならず、世話どりに心つくして下さいました。本当にありがたい事でした。

記念写真を2枚自動シャッターで撮りました。狭い教会なので顔が半分しか写っていない人、横を向いてしまった人などがあり、私としてはとても残念でした。次回はちゃんと撮ってくれる人をお願いしたいと思いました。

写真集を作りたいと、頑張って見ましたが、時間が足りずに断念しました。(><)
またの機会にしたいと思っています。

妻の身上は、お蔭様で順調に回復し、先日からアルバイトにも出かけられるようになってきました。
残念ながら私の方は手術の後遺症で、どうしても無理が利きません。身体に相談しながら、腹を立てないように、お与え頂いた御用を一つずつさせて頂こうと、心に言い聞かせております。

かしもの・かりもので思案させて頂くと、本当に、届かない自分が頂いている今のお与え、そして自分の思い通りにならない事をありがたく思います。

親神様・教祖、一つ一つのお導きをありがとうございます。
コメント