ブログあつたかい

しんちつが神の心にかなハねば いかほど心つくしたるとも (12-134)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神名流しをしながら

2013年01月30日 22時39分36秒 | 思った事
昨日、神名流しをしながら思った。

なぜ教祖は、こかん様に神名流しを命じられたのだろうか?と

稿本教祖伝には、

 その年、親神のお指図で、こかんは、忍坂村の又吉外二人をつれて、親神の御名を流すべく浪速の町へと出掛けた。……翌早朝から、往来激しい街角に立った。
「なむ天理王命、なむ天理王命。」
 元気に拍子木を打ちながら、生き/\とした声で、繰り返し/\唱える親神の御名に、物珍しげに寄り集まって来る人の中には、これが真実の親の御名とは知らぬながらも、何とはなく、清々しい明るさと暖かな懐しみとを覚えるものもあった。こうして、次から次へと賑やかな街角に立ち、
「なむ天理王命、なむ天理王命。」
と、唱えるこかんの若々しい声、冴えた拍子木の音に、聞く人々の心は晴れやかに且つ和やかに勇んで来るのであった。

と書かれてある。

昨日の神名流しは、その前日にイラク内戦の様子をNHKで放映した録画を見て、「少しでも納まるように親神様にお働き頂いきたい。百匹目のサルではないが、その上に一人でも多くの日本の方の心が澄んでもらえれば……。」と思いたってした。

一人で拍子木を叩きながら、よろづよ八首を歌いながら、栄を目指して歩いた。

高層ビルの間、一人で歌う声など車の騒音で人々には聞こえない。
しかし、拍子木の音はビルとビルに跳ね返って清々しい音が響き渡る。

時折信号待ちのために、交差点で立ち止まって歌い続ける。
「よろづよのせかい一列みはらせど 胸の分かりたものはない
 そのはずや といて聞かした事はない 知らぬが無理ではないわいな……」と
歌いながら、本当にそうだよなぁ。この拍子木の音で心が澄み、親神様・教祖に導いて頂ける人があることを。などと思う。

一人でする事なので、周囲の人々に威圧感を与えることもなく、物珍しげに見る人々の視線を感じる。

そうした中、若い綺麗な女性から「何をしているんですか?」と声を掛けられる。
「みなさんの心が澄むように願って歌っているんです。天理教です。奈良県にあります。」などと答え、「頑張って下さい。」と言葉をもらって別れた。

なんだか教祖が喜んで下さって、励ましてくださったように思えた。

神名流しの理由は分からないけれど、また時間のできた時にさせて頂きたいと思う。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 大祭を終えて | トップ | 軟らかい心 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けい)
2013-02-01 09:02:38
道行く人々に、走り去る車に、マンションの一部屋一部屋に、をやのみ名を届かせたい。
「をやの名を呼び続ける」のが、私の、神名流し。   
慕わしい、懐かしい気持ちで満たされます。
Unknown (けい)
2013-02-01 09:11:38
昨日、別席の待ち時間を利用して、やっと!ですが、あらきとうりょう249号、上田禮子姉の特別寄稿を読むことができました。
今ちょっと嬉しい気持ち
けい様へ (きたろう)
2013-02-01 20:49:09
コメントありがとうございました。
神名流し、新しい土地へ移転されても、今でもご夫婦でされておられるのでしょうか?

以前、けい様が話して下さった「近所の人から、『浄化してくださっているのですね』といわれました」という言葉が、私の心にあります。

ついつい事務仕事に傾注してしまう我が性分を切り替えて頂く一つになるかも・・・。(^^)
Unknown (けい)
2013-02-01 21:21:13
こんな形での会話、何だか変?ですね(^ー^)ノ♪
長い間一人でさせて頂いていましたが、こちらへ移ってからは、月数回、神名流し、駅頭での路傍講演と云う形で、皆で動いています。

でも本音を言えば、こういう事は一人が良い・・・

一人もいいけど (きたろう)
2013-02-01 22:11:00
結構ですね。(^^)
うちも10年後には、若い人たちと神名流しできるようになれるといいなぁと思います。
「いくたりなりとつれて通れよ」だと思います。

大勢でしても、ひとりでもする心が大切かと・・・。
「一人万人にむかう!」かなぁ。

コメントを投稿

思った事」カテゴリの最新記事