ブログあつたかい

しんちつが神の心にかなハねば いかほど心つくしたるとも (12-134)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こどもおぢばがえりを終えて

2013年08月09日 09時58分18秒 | 思った事
8月5日にこどもおぢばがえりのひのきしんを終えて、無事教会へ戻った。

今年は24日から26日まで詰所で準備のひのきしん。
28日から30日まで団参。
31日講社祭。
1日から5日まで詰所でひのきしん。
という日程だった。

うちの子供達は、大教会の鼓笛隊に参加させて頂いており、この鼓笛隊のおぢばがえりは30~31日となっている。
大概、団参の最終日、鼓笛の子供を、鼓笛隊に預け、連れて行った子供達と共に名古屋へ帰るために、おやさとパレードに出演する姿はほとんど見たことがない。
それが、今年はうちの子供以外の参加者が無く(初めてのこと)どうした事かと思っていたところ、昨年金賞を受賞して、単独隊としておやさとパレードに出演する事になっていた事を思い出した。
これはありがたいと、おやさとパレードに出演する子供たちを見て、夜に教会へ戻った。
単独で出演する子供たちの姿(スタッフも含めて)が見れてとても嬉しかった。

そんな事を思いながら振り返ると、今年はひのきしんの年だったように思える
長男は大学の都合で教会の留守番をする以外、全員が何かしらおぢばでひのきしんをさせて頂いたことになる。
長女は医療大学生として、前半詰所のひのきしん。後半本部のひのきしん。
次女は高校3年で、28日から5日まで詰所ひのきしん。
次男・3女は25日から30日まで少年ひのきしん隊。その後鼓笛隊。
三男四男は28日から30日まで団参。その後鼓笛隊。

そしてもう一つのありがたいことがある。
必ず誰か喘息の発作を起こして憩いの家のお世話になるのだが、今年は誰ひとり発作が起こらなかった事である。

親神様教祖ありがとうございました。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどもおぢばがえりですね。 | トップ | 大難は小難にとお連れ頂ける... »

コメントを投稿

思った事」カテゴリの最新記事