ブログあつたかい

しんちつが神の心にかなハねば いかほど心つくしたるとも (12-134)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月次祭無事に終了。

2011年07月13日 09時34分47秒 | 原発事故
昨日、無事に月次祭を終えさせて頂くことが出来ました。
朝青空が見えていたお天気は、皆さんが来られる9時半頃から薄曇り。
クーラーのない我が教会には、とてもありがたいお天気でした。
それでも、扇風機が止まると(消し忘れを防ぐために2時間のタイマーを掛けていたのが、前半くだりの途中で止まってしまいました><)とても暑くて、風のありがたさをしみじみと感じながらのおつとめをさせて頂きました。

腰の曲がった、100歳になるおばあちゃんが来て下さいます。
また先日手術をされた、80を越えた方が来て下さいます。
「この方たちの体調を考えると、やはりクーラーが必要だなぁ。」と、地方を勤めながら考えていました。

腰の曲がった100歳になるおばあさんは、部内の前奥さんです。
15年以上前に原因不明の腰痛で苦しんでおられました。
何とかご守護を頂きたいと願っておさづけにも行かせて頂きましたが、どうも良くなりませんでした。
そうした中、大教会長さん(前の会長さん)から松の剪定をして欲しいと、母親を通して話が来ました。
椎間板のヘルニアで松に登っての剪定など到底無理でした。
その時ふと「理を受ける、理を運ぶ」という事が心に浮かび、やらせてもらうことにしました。
そしてバイクで大教会へ行き、松の剪定をして、部内の教会へと足を運びました。
たった一本の松ですが、3日ほどかかったと思います。

その間私の体は全く痛むこともなく、バイクで教会→大教会→部内→教会を数日間やり続ける事が出来ました。
おさづけをさせて頂いても、前の奥さんの痛みは変わる感じはありませんでした。
けれども、私がこうして動くことが出来ることから、親神様はご守護を下さっていると確信させて頂き、1本の松の剪定を終えて、部内への運びも終わりにしました。
また、その奥さんが来て下さっても良いようにと、トイレに手すりを着けたり、洋式の簡易便座をすえたりしました。
それから後、前の奥さんの痛みは不思議となくなり、月次祭にも来てくださるようになりました。

先日また前の奥さんの腰が痛み出し、どうなることかと思いましたが、良くなりまた月次祭に来て下さいます。
けれども腰は一層曲がっており、以前取り付けた手すりでは高くて役に立たない事を昨日知りました。

修理・改修を考えたいと思いました。
コメント (6)

NHKの特集を見て・・・

2011年06月06日 09時12分58秒 | 原発事故
フェイスブックの投稿記事
NHK
5日の夜は今回の原発事故についていっしょに考えてみませんか。

まず、5日(日)総合テレビ 午後9:00~10:00 NHKスペシャル シリーズ 原発危機 第1回「事故はなぜ深刻化したのか」いまだに危機的な状況が続く福島第一原発事故。事態はどの様に深刻化し、その時官邸、東京電力、専門家はどう動いたのか、徹底検証します。

そして午後10:00~10:30 Eテレ(教育テレビ)で大きな反響を呼んだ番組の続報、ETV特集「続報 放射能汚染地図」をお送りします。原発から1キロ地点で採取した土壌にプルトニウムは含まれていたのか、そしてさらに範囲を広げた汚染測定結果をお伝えします。

さらに午後10:30~はETV特集 第2部「暗黒のかなたの光明」を放送します。梅棹忠夫の幻の書「人類の未来」の資料を元に作家荒俣宏さんが文明の行く末を考えます。私たちの文明世界の価値観がゆらいでいる今、ぜひいっしょにご覧ください。


を見て、この3篇を見た。

【原発危機 第1回「事故はなぜ深刻化したのか」】では「200人余りの方にインタビューをして纏め上げたもの」と、冒頭で紹介されていたのがすごく印象的で、様々な人が初めての体験で右往左往した中で、よくこれだけの事で済んで今日へとつながっていると思った。
専門家で決定すべき権限のある人々が、思考停止してしまって、最優先されるべき人々の安全を忘れてしまった様がとても感じられた。
先に「チェルノブイリ事故25年」としてNHKが再放送したものを見て、今回の番組を見たのだが、隣で起きた事を我が事として、対策を考えていない。自分中心の考え方が露呈しているように思えた。

先日、椎間板ヘルニアで入院して、不思議と痛みを止めてもらい、こうしてブログも書けるようになったが、病床で思えたことは、本当に我がの力では及びもしない、身上の人に合わせて頂き、少しでも良くなってもらいたいとおたすけを願い、お世話取りをさせて頂いてきた経験があって思えることばかりで、それで色々な思案をさせて頂く事が出来、皆さんの心を頂いてご守護頂く道を歩ませて頂けたと思っている。

「人たすけたら我が身たすかる」とのお言葉、正しくと思う。

第2編の【ETV特集「続報 放射能汚染地図」】で動かれている人々は、チェルノブイリへも何度も足を運び、地道に研究をされてきた方が、それの研究に基づいて初動から動いた功績が、今人々に正確な新しい情報をとして認められようとしていると思った。

「人たすけたら我が身たすかる」という言葉、その日人をたすけて次の日に自分がたすかるという事では決して無い。
この行動を起こす元には心が無ければ出来ない事である。
またこの心「続くが誠」「続いてこそ道」という言葉があるが、人の事を思って、我が事を二の次として色々な苦労の中でも勤め続けていくその心によって、いずれ実を結び、人から称えられる事につながる一つの筋道だと思う。
この緊急時に二世・三世の国会議員が不祥事を起こして・・・。という話題があり、今日のニュースで医者が先代の医者を殺すという話題があった。求めている物の違いを感じてならない。
「知恵も神様が授けて下さるもの」と教えて頂く。発明する人々がひらめく事、また人々を導く方が悟る事、これらはその人々の心魂功績を神様が見定めて、与えて下さるといえる。ひらめいて発明したり、悟る本人はである。
しかし発明や悟りを受け継ぐ人々はどうか、これがとても大切で、今求められている事のような気がする。
表面的な物の便利さ、豊かさまたは利益だけにしか心向かず、今回の大震災そして大事故と見せられているようにも感じる。

先のブログで、「こうき」について書いた。
「こうき」は、道を歩むようぼくに、自らがひながたを歩んで、神様の働きを体感して、人々に自信を持って伝えられる物を作れ、と求められているものと私は考えているが、これを世間の事柄にあわせると、「自ら歩んで確信をもって人に伝えられるもの」と言い換える事が出来るかと思う。
ただ知識だけで判断するのではなく、実際に歩みまたは、実際に当事者に会って、自らが感じることの大切さ、その感じた事を台として次への歩みを進めて行く事がとても大切な事だとも思っている。そしてその中には、人の意見を素直に聞くこと、自分の意見を素直に言う事、それが出来る心がこれまた大切な事だとも思っている。

この自ら現場を見て知識を得ることの重要性を示していたのが、3編目の【ETV特集第2部「暗黒のかなたの光明」】に登場する梅棹忠夫氏である。
この人については、第二専修科の時、民俗学についての講義を受けた時に知り、フィールドワークの宿題を貰って、調べに歩いた事で覚えている。
この番組を見て、今の文明思想(科学は業)では太刀打ちできない事態に来ている事を既に予言しており、これを打破するためには一般民衆の思想の切り替えが大切であると考えていたようである。
正しく民衆の思想転換が重要なキーワードだと私も思っている。主役は民衆。

業という言葉は、神様の言葉ですれば、癖性分「八つのほこり」の中で、よく・こうまんに値するものだと思っている。
さらには、自らの心・性分について全く感知せず、他を責め、他を滅ぼすものにつながっているようにも感じている。

民主主義という思想。これは民衆の心次第という事と思う。
その民衆が選んだリーダーを「無能だから・・・」とこき下ろす。これは選ぶ者が自らを無能だと認めていることと同じではないだろうか?と思ってしまう。
人や社会を自分の思い通りにしたいから選挙に出る。当選するためには支持表を貰うためにどんな事でもする、当選したらいう言葉が変わるなどの事を見聞きすると、当選が目的でその先の事は2の次。良い大学に入ることが目的で、その後の事を考えていないのと同じような気がしてならない。
こんな人ばかりではないのは、先の原発が事故を起こした初動から動いた人々を見ても明らかなのだが、それはまだまだ僅かな人々で、自らの心を思い、他人の心を思い(神様・自然の事も含めて)実動する民衆が増える事。今はその一つの段階のようにも感じられる。

原発の事故、これは日本と神様との戦争なのかも知れない。
戦争という言葉は過激すぎるかもしれないが、原子力が発見されてから今日まで、もっと言えばチェルノブイリ事故が起こってから4半世紀が経つのに、他の事では丸で違った進歩があるのに、放射性廃棄物を安全に処理できる知恵を授けてもらえない。

原子力の原子は、全ての元である事を思うとき、人間の根本をしっかりと学び思案して、それぞれの心に刻み付ける時のようにも思える。
コメント

ひのきしんデー・・・

2011年04月29日 22時12分41秒 | 原発事故
本日、全教一斉ひのきしんデーでした。
大勢の方と一緒に公園の落ち葉履き、ドロ上げをしました。

先日救援物資を届けて下さった方。昔、学生担当をしていた頃、学生だった人。その他、日頃会えない方々にお会いして、近況を聞かせて頂いたりしました。
中には、県から被災地へ行かれた方もあったりして・・・。
この日を定めてもらっている事のありがたさをかみ締めながら、楽しくお世話取りと作業をさせて頂きました。

そしていよいよ。2日から友人と共に、岩手、宮城へと陣中見舞いとボランティアひのきしんをしに、おぢばから出発できる事になりました。
自分に出来る、人の役に立ち次につながる何かを得たい。と思っています。
コメント

一日一日、いんねんの中を・・・親神様は・・・

2011年04月21日 21時55分54秒 | 原発事故
先日の誕生祭の後、教会へ帰りに2件病院を回り、おさづけをさせて頂いて帰った。

一件は、人工呼吸器を取り付けておられる方、一件は胃がんの手術を終えた方である。

人工呼吸器の方は、段々と身体が動かなくなってきている。私の持病の将来の姿と思える。
しかし、この方の奥さんはうつ病が良くなって、家の事、仕事の事、またご主人の世話と忙しく動き回っておられる。その奥さんと病院で一緒になることが出来て、うつ病が良くなったきっかけを聞く事が出来た。
それは「自分でやらなきゃと思った時から変わることが出来た。」という事だった。
寝たきりのご主人が、教会に運び始めたのは、奥さんの病が元との事。それからとても長い月日がたって今である。親神様の不思議なお働きを感じている。

もう一人の胃がんの方に、手術後、胸の発作は?と尋ねたところ。
明るい顔で「ないよ。」と応えて下さった。
また、手術も順調で、昨日退院された。

私自身、先月の26日より腰が痛み、それの痛みが段々と下がって、今月の10日頃にはすっかり無くなった。この腰の痛みの中で「この痛みはいんねんの現われだ。このいんねんも親神様が薄くして下さり、日々を通らせて頂く事が出来ているんだ。」と思えたらドンドン痛みが下がって抜けていった。

親神様は心どおりの守護と教えて下さった。
本当にそうだと思う。

ところがこの心がままならない。思い込んだら。なかなか動かす事が出来ない。
「人が何事言おうとも神が見ている気を鎮め」というお言葉があるが、この言葉、一見すると「神様が見ているから、人のいう事は聞かなくても良い、自分の思うとおりに進め!」と言うように思える。しかし、よく読むと「気を鎮めよ」と言われているに過ぎない。
この「気を鎮める事」とても大切な事だと思う。

短気を起こさず、たんのうの心・辛抱の心で、新たな一歩を・・・・と思う。
コメント

最悪の事態を想定する事は悪いのだろうか?

2011年04月16日 13時31分37秒 | 原発事故
先日、何とか命をつなぐ一助となればと思って物資を運んだ。
一日経ったが、どうしても災害の事が心から離れず、決算書を作らなければならないのに手がつかない。
そこで、協力くださった方々にお礼するための報告書を作り、自らを振り返っている。

今朝のワイドショーを見ていて、
原発の問題に関しては、この先の事について誰にも確かな事は分かっていない。
全く手探りの状態で、それぞれが思うことを述べ、行っているに過ぎないと感じた。
さらに、
徐々に避難する地域が増えている状況から、「もっと早くに避難させた方が被爆の被害は少なかったのでは?」という意見もあり、手遅れになってからでは、すべて遅いと感じた。

私は以前より、最悪の事(原発の爆発または制御不能など)を想定して、完全に原発が終息するまで住民を避難させて置く事が一番良いと思っている。

こんなニュースを見つけた。

「原発ほぼ制御不能の所まで行った」細野補佐官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000375-yom-soci
読売新聞 4月16日(土)12時8分配信
 細野豪志首相補佐官は16日午前のBS朝日の番組で、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生直後の状況について、「どん底までいった。ほとんど制御不能のところまでいった」と述べ、一時、かなり危機的な事態に陥っていたことを明らかにした。
 その上で、「少しずつだが、コントロールできるようになった。冷却機能の回復という大きな壁を乗り越えないといけない」と強調した。
最終更新:4月16日(土)12時8分


菅首相 「東日本つぶれる、そういう認識あった」

毎日新聞 4月12日(火)21時14分配信
 菅直人首相は12日の記者会見で、福島第1原発事故に関して笹森清内閣特別顧問と3月16日に会談した際「最悪の事態になったら、東日本がつぶれることも想定せねばならない」と発言したとされることについて「原子力事故が極めて重大だという認識について、何らかの表現をしたことはあるかもしれない。そういう認識を持っていたことはその通りだ」と述べ、発言を否定しなかった。
 首相の発言は笹森氏が会談後に記者団に明らかにしたが、与野党から「国民の不安を高める」として強い批判を浴びた。【田中成之】


この最後の「国民の不安を高める」という言葉。一体何を根拠に言っているのだろうか?
最悪の事態にならないという確証があっての事だろうか?

原発反対の意見が多くなって、原発を無くす方向へこれから進んだとしても、すぐになくす事は出来ない。
ある程度の年数、冷却の時間が必要でその後に解体との事である。
つまりその間、天災が来なくても、事故が起こらなくても、「いつまた天災が起きて大事故になるか分からない」という不安な状態で、ずっと過ごす事になる。

「国民の不安を高める」ではなく、もう既に「国民の不安は高まっている」と言えないだろうか?
コメント (2)

原発事故 福島原発 (講演・勉強会_YouTube)

2011年04月10日 01時41分37秒 | 原発事故
話が長いので、いつでも見れるようにリストを作りました。

福島原発に関する講演などの YouTube 映像リスト

【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk&playnext=1&list=PL05F299901641574A


上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
1/6 http://www.youtube.com/watch?v=O0CRuajD6C8&feature=related
2/6 http://www.youtube.com/watch?v=0ur1dyhLtys&feature=related
3/6 http://www.youtube.com/watch?v=o91IDAxrNG8&feature=related
4/6 http://www.youtube.com/watch?v=eMZMfpiOD8Q&feature=related
5/6 http://www.youtube.com/watch?v=f_ELXK3oaNw&feature=related
6/6 http://www.youtube.com/watch?v=ZhlwTXxyfm4&feature=related

【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
1/7 http://www.youtube.com/watch?v=B1aAYwCnRt8&feature=related
2/7 http://www.youtube.com/watch?v=42glnjDbHg0&feature=related
3/7 http://www.youtube.com/watch?v=VS0JufTbRto&feature=related
4/7 http://www.youtube.com/watch?v=txkDYIYIc1s&feature=related
5/7 http://www.youtube.com/watch?v=UvVndLGt-ec&feature=related
6/7 http://www.youtube.com/watch?v=v3zg8mt6ll0&feature=related
7/7 http://www.youtube.com/watch?v=6nBnId_HS70&feature=related
コメント

原発事故 チェルノブイリ (テレビ放映_YouTube)

2011年04月10日 01時08分46秒 | 原発事故
自分自身が見るためにも、チェルノブイリ原発事故に関する気になったテレビ放映(YouTube)のリンクリストを作りました。

チェルノブイリ事故から20年
こんな放送が行われていたとは知らなかったです。

1/3 http://www.youtube.com/watch?v=jiuTh1H4n4U&NR=1
2/3 http://www.youtube.com/watch?v=aRgH-C4lqCo&feature=related
3/3 http://www.youtube.com/watch?v=Ylxh0L1MRoo&NR=1


チェルノブイリ原発事故その10年後
1/3 http://www.youtube.com/watch?v=rKFsAewRA8U&feature=related
2/3 http://www.youtube.com/watch?v=lNkd_d-Andw&feature=related
3/3 http://www.youtube.com/watch?v=4Q2UwVYWkcM&feature=related


チェルノブイリ原発 隠されていた事実
これを見て、日本に原発ができてからこれまで、今回のような事故にならなかったのがとても不思議な気がしてきました。

1/3 http://www.youtube.com/watch?v=b0-AWtxkrjE&NR=1
2/3 http://www.youtube.com/watch?v=bYlJC6ijpuY&NR=1
3/3 http://www.youtube.com/watch?v=fiW10XUnkaw&feature=related



放射能事故 チェルノブイリ 終わりなき人体汚染
日本人には癌の発生率が高いから、多少の放射線を受けても、癌の発生率はそんなに変わらないというような報道を見ましたが、日本海にソ連の原潜が捨てられているとかいう話を聞いたり、原発推進の上に隠されたものが多いような話を聞いた時、、「日本自体がすでに放射能の影響を大変受けているのでは?」という気になってしまいました。
大変ショッキングな映像です。

1/4 http://www.youtube.com/watch?v=rCX1A3yJLqI
2/4 http://www.youtube.com/watch?v=gFOxGGdzfn8&feature=related
3/4 http://www.youtube.com/watch?v=oHg23DkfZDA&feature=related
4/4 http://www.youtube.com/watch?v=tsE0CqvuifE&feature=related


続チェルノブイリ原発事故その10年後子供の甲状腺がん多発!

http://www.youtube.com/watch?v=rG4VkvHtObk&feature=related
コメント