ブログあつたかい

しんちつが神の心にかなハねば いかほど心つくしたるとも (12-134)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おさづけ

2009年01月23日 00時34分38秒 | 思った事
20日に、修養科生のおさづけがあり、うちの信者さんも晴れてようぼくにならせて頂いた。
丁度予定があいていたので、色々と話をさせて頂き、おさづけ集合の送り迎えをさせて頂けて本当にありがたかった。
そして、首の身上のお願いもさせて頂く事が出来て、より一層ありがたかった。
コメント

うそをついたらその者が・・・

2009年01月15日 08時29分52秒 | 思った事
昨年の11月半ば、「飛騨」ナンバーの軽自動車に乗った男女二人連れの人が、「派遣切りにあって、実家に帰る金もありません。」と教会に訪ねて来た。
経緯を聞き、「心底親不孝をわびて実家へ帰るように」とガソリン代を渡した。
教会へはサギまがいで小金をせびりに回っている人も多分にある。私にはそうした人を見分ける事は出来ない。
ただ、八つのほこりの話をし、最後に「うそとついしょうこれ嫌い。」と神様は言われるからね。と伝えて・・・・

それから約2ヶ月、先日「飛騨ナンバーの軽自動車に乗った男女が、小金をせびりに教会を回っています。ご注意下さい。」と教区からFAXが届いた。

その二人が私に話した話が本当かどうかも分からないが、理は回ってくる。
「これからハうそをゆうたらそのものが うそになるのもこれがしよちか」
とおふでさきにある。

誰でもついつい、わが身可愛いなどの心で小さなうそを言ってしまう時はある。
そんな小さなうそも言った後には心痛いものであり、
「実はね・・・一寸うそついちゃった。ごめんなさい。」と言えれば心は楽になるのである。
行ったら詫びて訂正していく。これはとても大切なこと。
それをせずに、「分からなければ大丈夫」とうそを重ねたら、最後にはその人は完全に信用されなくなる。
信用されないということは、相手にされないという事であり、これこそ淋しい話である。

世間には「うそも方便」とも言われて、うそを肯定する言葉もありますが、皆さんはどう思われるでしょうか?
コメント

病院で・・・

2009年01月14日 09時29分31秒 | 思った事
両手の痺れから病院通いをしている。

病院には雑誌がおいてあり、待合の間に目を通している。

その中に孔子を特集した雑誌があり、なるほど。と感心した。

教祖が教えて下された元の理の話には、6000年は知恵の仕込み、後3999年は文字の仕込みと仰せられると聞かせて頂く。そして親神様は宗祖、開祖、知者、学者に入りこんで、陰ながら人間を導いて来たが、この度約束の年限が到来したため、この世の表に現れて・・・ともお話し頂く。
親神様は苦心をして、道徳や習慣を教えて下さったと思う。

そして、かしもの・かりものを元に思案すれば本当にその通りだと思う。
ただ、道徳・習慣と言っても人間の欲得で曲げられたものもあるだろう。そうした事を親神様の教えと照らし、それぞれが実践して、洗い変えていく事が大切ではないかと思う。

他の雑誌を見て・・・
「心のよき種を蒔けば、悪しき種も蒔いてきた」とお教え頂くが、この「心の種を蒔く」という言葉が一般化しているようにも思えた。
とても結構な事だと思う。
ただその分、お道を通るものとして確りと学び通らなければならないと思った。
コメント

2日になりました。

2009年01月02日 08時02分17秒 | 思った事
昨年暮れから体調が思わしくなく、何とか乗り越えた新年であります。

今一度「おふでさき」「おさしづ」などの原典を勉強して、根を掘り下げ、新しい世界の歩みを思案したい。大教会のデータベースを作りたい。などなど(おたすけももちろんです・・・)やりたい事が一杯あるのですが、お貸し頂いている身体は一つですので・・・・。
短気な私の性分を見つめて、やれる時にやれる事をボチボチやろうと思います。

そんなんで、本年もよろしくお願いします!!

追記。。。。。
あつたかいのHPですが、コンピュータをMacからPcに変更したため、現在更新できずにおります。これも何とか更新したい。これもやりたいことの一つです。
コメント (8)

立教172年

2009年01月01日 00時31分07秒 | 思った事
あけましておめでとうございます。

旧年中は色々とお世話になりました。

本年もまた、かわりませずよろしくお願い申し上げます。
コメント