日々感謝

~毎日の出来事・出会い・すべてに感謝。そんな医心堂です~

掛川新茶マラソン

2018-04-19 19:47:46 | 日記
先週の焼津みなとマラソンに続いて掛川新茶マラソンに参加してきました

これで県内のフルマラソン4大会全てを走破したことになる

コースは事前に聞いていたようにアップダウンが激しく風の影響もかなり苦戦しました

目標は3時間以内と行きたいところでしたが30キロ過ぎから失速して3時間11分


ゴールに向かう最後の坂はかなりきつかったです

しかしゴール後、フルーツの食べ放題がありバナナ、オレンジ、イチゴが置いてありました

イチゴは1パック相当、オレンジは2個分くらいは食べさせて頂きました

周りのランナーも相当食べていましたがこれだけ食べれるとお得感満載でした

そしてひとけの少ない場所で着替えていると後ろから女性に「おつかれ~」と話しかけられました

振り向くと知らない女性だがどこかで見たことがある女性

「もしかして谷川真理さんですか?」

「そうだよ」

私は谷川真理さんの大ファン!!

「すいません、一緒に写真撮ってもらえますか?」

「いいよ」と軽い返事

着替え終わっていましたがせっかくなので
「すいません、もう一度着替えるのでちょっと待っていて下さい」

すると谷川さん
「ウケル~、わざわざ着替えるの~」と明るい返事


とにかく明るく優しいサービス精神旺盛の谷川さんでした

私との写真撮影の5分後には表彰式で賞状を渡しておりました

忙しいのに立ち止まって声を掛けてくれて写真まで撮ってくれた谷川さんに感謝・感謝です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強風の焼津みなとマラソン

2018-04-16 18:17:02 | 日記
4月8日(日)に焼津みなとマラソンハーフマラソンに参加してきました



例年、ランナー仲間みんなで参加してみなと祭りの会場で打ち上げをして楽しく過ごすので毎年参加して今年で11年連続参加になります



陸連の公認でフラットなコースでタイムも出やすいのが魅力



そして10人に3人にカツオが当たるというのは最大の魅力



タイムが出やすいのでベスト記録も狙いたい



今回の目標は1時間22分を切りたいと言うことで1キロあたり3分53秒を目安に設定



例年最初の1キロを抑えて入りたいのだが3分40秒の前半で入ってしまうので今年こそは3分50秒を超えて入ることを意識する



そして最初の1キロは3分50秒ジャストで入ることに成功



その後は3分53秒でキープできればいい調子で走れる予定だったが2キロのラップが3分55秒

3キロのラップは3分58秒と波に乗れない



走っていても向かい風で前に進む感覚が全くない



気がつくと8キロ、9キロのラップは何と4分39秒まで落ちている



しかし明らかに私だけが遅れていて後続のランナーにどんどん抜かれて行く



折り返してからは3分55~58秒のラップに戻りましたがゴールしてみると

目標からは程遠い1時間24分44秒



カツオもはずれてしまい散々な結果でした


風やコースのアップダウンという変化に弱いというのがあからさまに出たレースでした

来年に向けて克服する課題がはっきりしました


いつかは焼津みなとマラソンの表彰台に上がりたいというのが走り始めからの目標です

今年は夏場もしっかり走って向かい風やアップダウンなどの変化にも動じないランナーになりたいと思います

例年楽しみにしている、みなと祭りでの打ち上げも風が強く駅前の居酒屋で昼食を食べることに


こんな強風の中でも大会を運営してくれるスタッフの方、ボランティアスタッフの方に感謝、感謝です



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーフマラソンランキング

2018-03-22 10:02:44 | 日記
先日、第2回日本ハーフマラソンランキングが発表になりました

1歳刻みで全国の対象大会であるハーフマラソンを完走した人のベストタイムでランキングを決めていくというものである

100位以内まではネットで名前が掲載されるのですが第1回の昨年は109位ということで
掲載されることはありませんでした

今年は何とか100位以内に入れる事を目標にしてきましたが64位で見事にランキング入りすることができました

同じ48歳の1位は平塚潤さんで箱根駅伝や世界陸上にも出ている超一流のアスリートです

そして何より64位まで静岡県の選手がいないので静岡県で1位ということになります

同年齢でも63人もの人が私より速い人がいるということですので
更なるモチベーションになります

まだまだ若い気持ちになれます

感謝感謝です



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤枝マラソン

2018-03-12 15:50:50 | 日記
静岡マラソンから一週間、今年も藤枝マラソンの5キロを走ってきました

一昨年前に初めて参加したら3位入賞ができた事が嬉しくて昨年、今年と3年連続の出場

毎年、静岡マラソンの一週間後なのでみんなに「よく一週間で脚が回復するな」と言われるが
静岡マラソンを走った人でこのレースもエントリーしている人は少なくないように思う

参加目的は入賞(8位までが入賞)して賞状と賞品をゲットする事

ちなみに昨年は一昨年よりタイムは良かったが5位

みんな5キロというと距離が短いのでハーフマラソンやフルマラソンと比べて
大した事のないように思われるが走ってみると全力で走る5キロは心肺が苦しいので私にとってはハーフマラソンの方が正直、全然楽である(本当に苦しいんです)

今回はランナー仲間4人で参加
一昨年は3人で参加して3位、5位、7位と3人とも入賞
昨年も3人で参加して4位、5位、8位と3人入賞

今年も4人で入賞したいところでしたが顔ぶれは例年になく速い人たちが揃っている

5キロのレースを走るのは久しぶりなのでやはり呼吸が苦しい、仲間のBさん、Oさんと抜きつ抜かれつの苦しいレース展開

私はメンタル的に弱いのでこういう内容のレースは苦手でしたがなぜかこの時ばかりは
「Bさん、Oさんも苦しいはず」と思いラストの500メートルで引き離してみようと
最後の力を精いっぱい振り絞ってラストスパート

結果は私が8位、Bさんが9位、Oさんが10位

タイムは昨年とほぼ一緒でしたがギリギリ8位入賞



やはりレベルが上がっているというかランニングブームを受けて走る人たちが増えたのか
入賞も年々厳しくなっている

私も来月で49歳になるがハーフマラソンの記録は年々、良くなってきている
それに私よりも年上でまだ全然、早いタイムで走っている方々も大変多くいらっしゃる

まだまだ年齢は言い訳にできないしタイムが更新されると若返ったような気になる

この歳になっても熱中できるランニングに感謝、感謝







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡マラソン

2018-03-12 09:09:24 | 日記
3月4日に第5回静岡マラソンを走ってきました

1年間この大会での好記録を目標に走ってきました

通常はA~Fのゼッケンだが過去2年以内に3時間を切って走れると
Sゼッケンで走れるのが嬉しい

私も昨年の大会で2時間58分で走ったことでSのゼッケンをつけて走れる



Sゼッケンの違いは記録を計測するチップが通常1枚なのだがSゼッケンの人は計測漏れがないようにすためか2枚付いていて両足につけるようになっている


そして選手の召集場所が他のブロックはきちんと並んでいなければならないがSブロックの
場合、走って待っていられるようなスペースがある。しかもトイレまで近くにある場所なので
これはVIP待遇だと思った

今回の私の目標は2時間55分を切る事!
そのために1年間、月間走行距離300~400キロ走ってきました

Lapはキロ4分8秒ペースで行けば達成できる

スタートして最初の1キロはゆっくりめに入りたかったので4分30秒くらいで行きたかったのですが時計に目をやると4分2秒、ゆっくりのつもりだが周りに釣られてしまったのか速い入り

その後は4分5秒から4分8秒で30キロまで順調に行く
自分では余裕がありすぎるくらいに感じるスピードなので間違いなく2時間55分は切れると
確信していたがそうはいかないのがフルマラソンの怖いところ

30キロを過ぎたあたりからLAPが4分10秒を超えてきた

そしてとうとう35キロを過ぎたあたりからLAPが5分を超えてきて身体に力が入らなくなってしまう

LAPが5分を超えたことで3時間以内も無理だという状況になり戦意喪失、歩き始める

一度、歩いてしまうことで今度は脚の痙攣が始まる

結局、歩いたり少し走ってみたり止まったりしてゴールタイムは目標から程遠い3時間12分

最初から3時間を切れるぎりぎりのキロ4分15秒で走っていたら3時間切れたのかもしれないが
そこがマラソンの難しいところ

周りの人は「今日は気温が高かったから厳しいよね」と慰めてくれたがコンディション関係なく3時間を切れるようになりたい

結果は大失敗のレースでしたがこの失敗から「まだまだ練習が足りない」「練習の仕方が悪い」と素直に思えて、かなりモチベーションが上がりました

ということで今回のレースは大成功なのかもしれない

そして私のランナー仲間のYさんはスタートまで付き添ってくれてスタート直前にウエアを受け取ってくれ、その後本通りで応援してくれたあと車で久能の海岸に行って更に声援を送りそこから草薙に行って電車で清水市役所まで移動してゴールを見届けてくれた
(局所局所で走って移動してくれたためマラソンを走っていないのに筋肉痛になったと言っていました)

こんな素晴らしいランナー仲間がいる私は最高に幸せです

本当に感謝、感謝です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加