安珠のブログ

運命は自分でつくるもの。その方法をお伝えします。

虹を挙げる

2013-10-20 | ブログ

挙げる=示す

先日、名古屋と高知に行ってきました。 台風が近づく中の出発でした。 10年に一度の大型台風。 それに向かっていくのか、と思いましたが「多分、大丈夫」。 そう感じながら朝一の飛行機に乗るために、まずは盛岡駅へ。 

空は天気になったかと思うと小雨が降ったりと、不安定。
ビュッと風が吹いた空を見上げると北の空に虹。
おっ  こいつは朝から縁起がいいね、と言いながら、今度はバスの中でも虹。

写真は右端まで映せませんでしたが、くっきりと半円を描いていましした。

ここは多分、紫波町あたり。

以前も この辺りの森から虹が生まれるのを見た事があります。



わあっ なんてきれい! ますます縁起がいいね。 今回の旅はきっと良いものになるね、とスタッフさんと写真を激写


026

名古屋につくと雨脚はひどくなっていましたが、翌日は晴れて、そして二十の虹。

 

「今日の龍神供養は素晴らしい祝福を受けている」と思い感動。

 

龍神様を水に移して岐阜の養老の滝へ。 そこの菊水の源へお移しさせていただきました。

 

儀式が終ると  また虹。

 

凄ーい!  本当に 今回の龍神様は「示す力むがお強いのだな、と感じました。

 

示す力とは「自分はここに居る。 そして叫んでいる。」という熱情。

 

これに感応して 地の底からお引き揚げをさせていただけたのです。

 

意力  いりき   私たちを待っている、という意力。

 

何千年もの間、閉じ込められた存在。


訳も知らされず急に暗い地の底に閉じ込められた自然霊、龍神。

 

その驚きや悲しみは怒りになり、そして  そこの土地に住む人と共鳴を起こすと、住民も哀しみや怒りの状態となます。

私は それを治めに行くお手伝いをしている事に成ります。

 

 

虹は宇宙創造の神様から示された「約束の印」

生きなおす事、やりなおす事、それが許された証拠の形。
神様が虹を挙げてくださっているうちに「生きなおす事が大事」とかんじました。

 

さて、帰りも飛行機の予定でしたが台風で飛ばないかも、という情報にがっくりしつつ、取りあえず名古屋空港へ。

前便はすべて飛行欠航でしたが私たちの便はセーフ。

特に揺れる事もなく帰ってくる事が出来ました。


本当に感謝の一言です。

高知でのチョーファンタスティックな龍神様については  また後日。

030

コメント   この記事についてブログを書く
« 業務連絡です | トップ | 神戸体験会のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。