ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記 HP https://www.kitano-takashi.com
 



人類というのは、幾度もウイルスとの闘いを乗り越えてきた。
しかし、今回のコロナはなかなか終わりの見えないウイルスとなっていますね。

新型コロナウイルスとの闘いが、これかも、長く続くことを覚悟する必要があるかもしれませんね。

新型コロナウイルスのように、絶えず変異していくような厄介なウイルスの撲滅は、不可能なのかもしれませんね。
ワクチンの完成も期待したいですが、それも長期戦になるのかも。
そうすると、つまり私達ができることは、ウイルスに負けないだけの耐性をつけることが大切で、それが、早道ですよね。

ウイルスに限ったことではなく、人間にとって厄介な存在を撲滅することに執心するばかりでなく、地球上の様々な生命とお互いによりよい関係を維持しつつ、生き延びていく。
そういう共存の関係をつくりあげていくことを、考えなくてはいけない時代になってきてるんだと思います。
 

進化論を唱えた、世界中を回り生物環境を研究した結論、有名な言葉があります。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることができるのは変化できる者である」

そんな言葉を残している。

新型コロナウイルスが私たちに与えた教訓は、目の前の試練に柔軟に対応しながらそれを乗り越えていくこと、その度に新たな知恵や技術を身につけていくことのではないかと。

私たちは、ここで立ち止まり、よく考えてみる必要がありそうですね。

地球環境は明らかに私達に警鐘を鳴らしているように思えます。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新型コロナウィルス感染拡大の影響で、休園だったり、休校だったり、幼児から中学生、多くの子達に子供の1日の過ごし方を調査した記事を読みました。

この、自粛の時間に増えた時間はテレビやビデオ視聴(80%)インターネット動画視聴(62%)ゲーム機器利用(52%)で。
読書の項目はありませんでした。
1日の読書時間が0と答えた大学生は48%でした。

日本の高度経済成長の要因を分析した著者でこのように、綴られています。
「日本の成長基盤をなすものは、その高い学習意欲と読書習慣である」
と述べてありました。

一国の今があるのは、国民の学習意欲と読書習慣にあると。真実を説き明かしています。

幼少期の読書習慣こそ、遠き慮りの原点になるんだと。

慮り(おもんぱかり)とは 考えをめぐらすこと。

日本の将来のために
今こそ、自分も本を読むことを大切に、親になる前の自分自身が読書を楽しむ姿を、背中で示すことができる父親に。

最後に、
非常時には特に、先人の多様な事例を学んでいるかどうかが、成否の分かれ目になるんだと。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月1日となり、流れが止まっていた日本が、徐々にスタートし始めましたね。
制限がある中でも、動き始めてきた経済の流れ、人の流れ。
それは、一気に取り戻せるものではないと思います。


今、兆しが見えて来たのか。
それとも、一時的なものか。
この事実をつくものは、現段階では誰も解釈でしか予測はできない部分だと思います。

先を考えることよりも、自分たちができる予防は、引き続きする。

よく寝る、しっかり食べる、手を洗う、うがいをする、身体を鍛える。

そこは、下げることなく、もしくは、もっと徹底的に底上げをすることが、必須ですね。

そんななか、Jリーグの開催日が決まりました。
スポーツが持つ力は、大きいと思います。
サッカー、野球、さまざまなスポーツが無観客試合でやるということは、スポーツマンにとっても、初めての試みかと思いますが、皆様が与える影響と希望、勇気は大きなものがあると思います。
スポーツ精神で養った自分としても、そんな皆様の、どんな状況でも、どんな環境でも、自分を鍛えぬく精神、勝敗を超えた真剣勝負、究極の準備の世界、そんなエンターテイメントを楽しみにしている、1人です。

スポーツの力で、日本に幸せの渦を!
スポーツの力で育ててもらった1人の漢として。
私も日本に、世界に幸せの渦を目指します!








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


矢印  


5月1日に、更新してから15日が経ち、日本も、地域によってではありますが、制限も少しつづ和らぎ、復興の兆しが少し見えてきましたね。

ポジティブな要因は、良い事ですね。
しかしながら、いつクラスターしてもおかしくないことは確かです。
今一度、続けることとして、うがい手洗いマスクといったことは、継続はしていかなければですね。

最近、海外のサッカー選手、母校である北海高校、東京に抱えるお弟子達、zoomでやりとりすることが増えました。
明日も早朝にzoomミーティングです。

その中で、まず意識レベルを上げるために、言ってきた言葉を今回は話したいなと思います。


現実をみて出る矢印は2つ。

ネガティブ現実ポジティブ

人は、今という現実から2つの脳裏のどちらかになる。
現象、出来事、周りの沢山の言葉で………ネガティブな矢印を出すのか。

自らを、ポジティブな言葉で固め、ポジティブな矢印を出すのか。


ここで1つ言えることがある。
新しい扉、新しい道、乗り越える力は…………ポジティブな矢印にしか見つけ出すことしかできないということ。

今、知らずうちにネガティブな心になりやすいのかもしれない。
それは、世界が、日本が、周りの言葉が、周りの気が、マイナスに集まりやすいのかもしれない。

大切なのは、マイナスになることが悪いのではなく、人はマイナスから入る生き物ではあるけど、プラスに変える強さがあるということ。

なぜかというと、プラスを書く時、書き順はマイナス(➖)から書いて、プラス(➕)になるから、人の心もマイナスから入りやすいということ。

私も、いつも心を奮い立たせているんです。
それは、誰かに頼るのではなく、自分自身の言葉でです。

では、次の更新までこの言葉を、大切に歩んで頂けたらなと思います。

皆様の、悩みとかもあれば色々きいていけたらなとも思っています。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


皐月  


こんばんは!

今、終焉の見えないこの世の中。日本、世界。
ネガティブ・現実・ポジティブ。
ネガティブな気持ちになり、現実をみて、さらにネガティブになりやすい今。
新しい目標、新しい扉、乗り越える強さ、
それにはポジティブな心こそ必要なんです。
自分にも言い聞かせています。

今、世界は激動の渦です。
僕のサッカーキャリアはここで終焉なのかなとも、強い運命を感じています。

ポジティブに力強く聞いてください。
皆さんに伝えたいことは、サッカー人生の幕が閉じようと、生きていくことの人生は続くファーストキャリアです。
ぼくの生きる熱量は変わらないということ。
サッカー選手時代に培った、精神面、それは人によって作られたもの。
多くの出逢い、出逢いこそ人生の実りです。
今も繋がり、大切な人がいること。
今も日本の全国から気にかけ、応援してくれている応援者がいて、今10代なのに応援してくれる子もいたりすること、感謝の言葉しかありません。

今僕ができることは、ポジティブの渦をつくり共有できる心の場をつくること。

これからの時代、共有をして、人をさらに大切にする心だと思います。
共振・共鳴・共感。
ポジティブな渦をつくる場が長年かけてあること。

20歳アルビレックス新潟時代から始めた、このほっかもブログ。
大宮アルディージャ時代の2014年12月11にインスタグラムを始めたこと。
横浜FC時代2017年11月29日ツイッターを始めた日。

SNSは、あんまり得意ではなかったけど言葉を通して、皆様に勇気を届けることができるツールでありたい、一緒に熱く生きたい、夢を一緒にもち叶えたい、そんな想いを胸に、いつのまにか3つのSNSを活用し、ホームページも作ってきました。

この今までつくり上げてきたものを活用し、皆様と新たな渦をつくっていきたいなと思います。


共有の、時代。
コロナ打破とかでなく、共に生きる。
自身、今なんにもないし、さきの形もないし、ゼロの人生。でも負けない。

できると信じれば、必ずできる。



皆様に寄り添ったSNS。
皆様の時間を大切に、心に安心してみにきてもらいたいなと思います。

⚪︎インスタグラム更新
:朝7:00 か16:00〜21:00
毎日

⚪︎ツイッター
:月・水・金 
朝6:00〜7:00 か 20:00

⚪︎ブログ
:月2回/1日・15日 
夜21:30




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ