ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 

4月  


こんばんは!
4月1日も過ぎて多くの新入社員、新しく社会人として仲間入りする、素敵な若者を多く見かけます。
新社会人の皆様、おめでとうございます。

自分もとっても嬉しいです!
この4月から新たな一歩を踏み出し……期待、希望、ドキドキしながら社会人への道へ踏み入れた多くの若者達。

素敵な日本をつくっていく仲間が増えたと思うと心が熱くなりワクワクします!

いつどこで…いつそのときがきて…組む日が訪れ、そのときが来ることを楽しみに。
常日頃から精神、肉体を鍛えなければいけませんね!

背中に定規を入れて歩いているような思いで、良い姿勢を保ち、良い視野を持つことで、良き未来が拓けると思っています!

この何日間、都内の電車に乗りながら、目に輝き満ち溢れた、男性、女性。
スーツに身を引き締め、初々しいトークをしながら、明日の朝もしっかり起きなければなど、ハイヒールの話しなど……そんなときめいた会話を耳にする。

新社会人となる人の目は、希望に満ち溢れ輝いている。
そして、この輝きをいつまでも持ち続けて欲しい。
ときに、自分が思うような社会人としての生活でないとき、自分が求めていないようなお仕事を二つ返事でやらなければいけないとき、理想の上司に恵まれない時もあるかもしれない。

それが、社会人として、歩まなければならない経験なのかもしれない。

今までは、もしかすると、そういう場から、避けることもできたかもしれないけど、真っ向から向き合わなくてはいけないことも多々あるのが社会です。

社会人になるということは、お仕事をしてお金を受け取るということである以上に………
お仕事という、あらゆる事柄を仕えながら、我が身を修養する場が仕事ではないかと思います。
そんな捉え方が良い方向へ大きく変わるかと思います。

様々な出来事、様々な出会い、それを全てお仕事という場で、経験できます。


小中高と義務教育で、多くのことを指導され、大学という社会に出る前に、ラフな環境で自分次第で時間を考えるライフスタイルになり、ここから一気に社会という場に踏み出します。
社会にでたら、全ては自分次第です。

人が話す、聴き方一つで、大きく人生が変わってしまいますし、一つ一つの行動の質で、最高の道がつくれます。

いい方向にするのも、悪い方向にするのも、自分の捉え方と、一つ一つの行動の質です。

出来る出来ないかではなく、全力でやろうとするのか。
そんなおもいで、ゴール設定をしてほしいなと思います。

そして、新入社員だけでなく、今一度、新社会人の目や、姿勢から、何十年目、何年目の社会人もこの新しい風を受けて、今一度あのときの想いや、どんな心で打ち込んでいたかを見直す必要があるかと思います。

仕事があることは、幸せなことです。

幸せとは、希望と夢だと思います。

仕事から希望と夢を見つけ
希望に満ち溢れ、夢をもって歩む!!

それが、幸せなんだと思います。

成功、成功、成功!
この言葉の持つ、真の成功者とは、
「希望をもち、夢に向かって、人間を高める」ことだと思っています。


新社会人の皆様、そして、今、社会に出て何年目の方も、今一度この4月からパワーをもらって、自身を見つめなおし、ピチピチの心とワクワクした心を自分で高めていきましょうね!!



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


オフ  


こんばんは!
今日と明日は、二連休を頂きました。

今日は、起きて寝具の掃除から始まり、クラブハウスに行き、試合で使用したシューズを磨いたり、アップ使用の服を畳んだり、練習着の整頓をしに行き、連休明けからすぐに良い仕事(トレーニング)に入れるように、ロッカーを整理しに来ました。

そのあとは、米子のスターバックスに行き、音楽を聴きながら以前読んだ本のまとめ、いわゆるオリジナルノートの抜き出しをしていました。
この抜き出しは、本を読みながらマーカーペンで引いたものを抜いたり、文を編集して分かりやすく自分なりにノートを作っていくのですが、時間は相当かかりますが、読み返しながら字を書くことで、頭にさらに吸収されます。

以前まとめた中からこの文を載せたいと思います。


【「才」と「徳」をバランスよく高める】


「才だけではなく、徳を磨いて人の心を動かす」

これをやったら得をするのではないか、これをやったら損をするのではないかと、若い頃は自分にとっての目先の損得を一番に考えてしまう。

とくに、頭のよい人ほど、その傾向が強い。
すぐに自分にとっての利害を考えて、うまく立ち回ろうとする。

そういう損得ではなくて、「徳」と「才」の両方を身につけることを一番に考えてほしい。

若い頃は、スキル、質(才)をしっかり身につけることが大切です。
仕事ができるようになるためにも、スキルをしっかり身につけなければならない。
しかし、歳を重ね、上にいけばいくほど、「スキル」よりも「徳」の部分が大切になる。

立場が上に行けば行くほど、人を動かす必要が出てくるからだ。
人を動かすのは「スキル」ではなく「徳」だからだ。

では、どうやって徳を磨くのか。
何も世の中を変えるようなことを考える必要はない。人知れずよいおこないをするのだ。

落ちているゴミを拾う。
水しぶきの散った洗面所をそっと綺麗にする。
お年寄りに挨拶をする。
席を譲る。
そうした日々のおこないから、徳を積んでいくことができる。

さらに、日々精神修養となる本を読むことだ。

「才」と「徳」を磨くことによってより良い人生を歩もう!!


帰宅後も、自宅で抜き出しに時間をかけていますが、こんなオフの過ごし方は、鳥取県だからこそ、できる時間かな。
自分と向き合い、あらゆる方向から人間を高めていけるように……なんか歳を重ねるごとに自己反省が必要なのかなと思うこの頃です。

徳について、一つ付け足しさせてもらいますと。

人として徳を高めるために、良い本を手に取り、人として品格を高めていくような本に出逢い、意識的に人間性を高める本を読むようにするべき。
自己修養を心がけること。

こんな風に書かれていました。

オフに、本を読んでまとめるなんて、素晴らしい時間を過ごさせて頂いています!

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは!

明日から沖縄遠征です!
鳥取、米子を早朝に出まして、大阪までバス移動して、そこから沖縄へ入ります!
そして、沖縄で練習となり、翌日試合となります!

自分にとって沖縄は、初めて飛行機に乗って渡った地であり、北海高校が修学旅行で訪れた場所という、とっても思い出深い地です。

男子校であった、北海高校。
男だけで色々な事を感じ、心に沁みた沖縄の地。
涙しながら、防空壕の中で、おばあさんの実体験の話を聞いた。
ひめゆりの塔、平和祈念公園。
あの当時ながら色々な想いを感じて、過ごした三日間でした。
沖縄に行くといつも、綺麗な海を見つめながら、必ず思うのが、この今ある綺麗な海の過去には、凄まじい姿の海があったんだなと手を合わし、心が染み渡ります。

沖縄で忘れてはいけない、過去があるから、今の日本があり、今の平和がある。
今、私達がサッカーをしたり、普通に仕事をしたり、不平不満のストレスがあろうと、それを持つことさえできるのは、「日本のために」
ただ、その心一つに、理由もわからず戦った多くの方々によって、今の日本があることを忘れてはいけない。

二度と起きてはいけないことであり、この過去から何を刻み……私たちは生きるなかで、思い出さなくてはならない。

こんな言葉が書かれていたのを思い出します。

『一億一心大和魂』をもって歩みなさい。

『心身鍛錬』して生きなさい。

あの当時の言葉で、こんな想いが綴られていました。

太陽の下で大手を振って歩きたい
水が飲みたい、水、水

私たちは
真相を知らずに
戦場へ出て行きました。

私たちは一人ひとりの体験をとおして知った
戦争の実体を語り続け、伝えなければいけないことがある。



今、太陽の下で大きく手を振って歩ける。

ひねれば出る、水。

気付けば、幸せのかたまりです。
幸せだらけです。


日本人である、誇り。
日本人の立ち振る舞い。

日本という国で生まれたのであれば
『一億一心大和魂』
そんな想いで、今の命を、一人一人が使い果たしたいですね。


日本のために闘って下さった皆様に
恥のない生き様を、胸に刻んで生きたいなと思います(手合)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )







・良い本に出会う
・良い映画に出会う

この映画は、映画館で観るべき名画。
音、歌、ダンス。全てに魅了されるだろう。

8年の月日をかけて、ヒュー・ジャックマンも手掛けてきた、作品。
私達が、8年前に何をしていただろう。
そして、私達は8年後に何をしているだろう。
私達が知らない8年前からコツコツとダンス、歌、この完成を希望に、トレーニングを励んでいた人がいるということ。

一人一人が全力の姿で出来上がっているのが伝わってくる!

是非多くの方に観て頂き、感性を高めるきっかけになってもらえたらなと思います。

そろそろ、上映が中止をされるかもなので、「思った時が動くとき」

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは!
多くの皆様に感謝しております。

3月11日、本日J 3が開幕しました。
鳥取県の皆様、全国から応援してくださる皆様、そんな皆様のお陰で勝利を引き寄せることができました。

ただ、この勝利を信じ、どのチームもシーズン当初から歩んで来たかと思います。
真の勝者は、相手の心を汲んで、浮足立つことなく、勝って尾を締める集団かと思います。

終了時のホイッスルは、次のホイッスルの準備のスタートだと思っています。
鹿児島という歴史ある偉人が多く育った地で、闘えたことに感謝しております。

3月11日は、東日本大地震が起きた日です。
人間は忘れてしまう生き物です。
和尚さんの話で、忘却という心があるからこそ、人間は生きれるようです。
私は、忘れることが悪いのではなく、風化することが悪いのではなく、「気づき」こそがもっと大切なんだと思っています。

思い出し、何かのきっかけで「ハッ」とすることで「気づき」「気づく」。

当たり前と思えることが、当たり前ではないのです。

今、自分にとって当たり前のようにあるもの。

健康、家族、仕事、家、友人、恋人、兄弟、親戚、時間
全てがごく当たり前のように感じ、空気や水のごとく思ってしまいがちです。
感謝を思うだけでなく、言葉にして伝えることも大切です。

今自分が手にしている幸せにしっかりと目を向ける。

当たり前のことって、急に当たり前でなくなることがあることを知るべきなのです。

感謝することは、幸せに気づくことでもあり、感謝することから、幸せが始まります。

3月11日尊い命が多く失われ、今は天から私達を見届けてくれています。
私より若く天へ戻った子、私より偉大な先輩方で天の元へお戻りになった方。
その方たちに恥じぬような命を使い生きる。
それこそが、私たちがすべき行動かと。

日本がより良い国なることを、天から見守ってるかと思います。

私自身も、今日という日を「気づき」にかえ、
「真剣に生きるから、気づきが生まれる人生」にしたいなと思います。

色々な方々、色々なご縁のお陰で、今の命があることに感謝し、天国に戻られた皆様に、お手を合わせて頂きたいと思います。

自分もそんな天へ戻る日がくる、事実と向き合い、真剣に命を使いたいと思います。


北野 貴之



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ