札幌でワインを飲もう スープカレーを食べよう

時々、ワインにまつわるお話,
札幌 スープカレー 食べ歩き ブログ
築地のこと のらのこと 東京カレー

アジャンタ らむ

2018年11月12日 | スープカレー

気がつけば、アジャンタでラムを食べている。
今日は自転車の乗り納めでアジャンタ。
水をがぶ飲みしない辛さでとどめる。
節度。節度であってますか。

コメント

札幌ドミニカ円山店

2018年11月11日 | スープカレー

元祖の文字にざわめくが、あのドミニカです。円山にお目見えです。
10時開店が嬉しいですね。

スウプの色が4色あります。
黒 ポークの 6番。
オペレーションも初々しく。

コメント

コングの大将発見。

2018年11月07日 | スープカレー

読売新聞にコングの大将発見。うれしい。
志賀さんでしたか、大将。

コメント

アジャンタ らむ

2018年10月29日 | 札幌ワイン

原点に立ち帰るにはアジャンタ。
らむ(スープカレー)。おいしい。
ただし、「らむすじカレー」はスープカレーではないので注意。
ごちそうさまでした。

コメント

カラバトカリー 藤野 

2018年10月28日 | スープカレー

メニュウは一種類。
チョイスは量のみ。
極限まで液体分を取り除いたカレー。
スウプを愛する身としては茫然となるしかない。
だがカレーはおいしい。
辛さの調節も利かないが、これはこれで良いのだ。

コメント

函館五稜郭 吉田商店

2018年10月27日 | 札幌ワイン



素敵なお店でした。
やわらかチキンの雷辛(5番)

香 増世は「かおり ますよ」人名ギャグ、好きだ。

また行こう。

コメント

函館 高島屋珈琲

2018年10月26日 | コーヒー

路地裏に佇む コーヒー屋さん。
豆は、だいたいどれも500円。
深い焼きが嬉しい。



本店は、新幹線の新函館北斗駅のそばにあるということです。
おいしい豆でした。

コメント

STAR本店 ほしみ

2018年10月21日 | スープカレー

注文をした直後から
10人以上のお客さんが次々にやってくる。
しかし、テキパキとカレーが出てくるので、見ていて安心感がある。



大きなナンとスープカレーとほうれん草のカレーのセットに、
チキンティカと小さなライス。そしてサラダにラッシー。辛さ2番

チーズナンと豆カレーラムカレーに
ご飯とサラダとラッシー。辛さ5番

インドカレーは穏やかでおいしい。
スープカレーはインド風かつスパイシー。

ボリューム満点(懐かしい響き)
税込み二つで2500円。
いやこれは素敵なお店だ。

コメント

スパイシースポット オープン

2018年10月20日 | スープカレー

西線デストロイヤーのお隣にできた スパイシースポット。
チキンの5番。お肉が大きくて、スウプの大盛が無料。
若い方達ががんばっています。

車は並びのパーキングに入れてしまうのが無難かと。

 
コメント

五十嵐

2018年10月19日 | 札幌ワイン



開店前の内装工事から見続けてきたお店。
正しく食事をしたことは、多くはないけれど、
一番たくさん話をし、話に耳を傾けたお店であります。

「予約の電話が鳴り続けているうちに、次のステージへ」

私もそういう心持ちで、仕事に向かいたいと思いました。
まだ見ぬ「次へ」進んでいこう、そんなことを思ったお食事でした。


コメント

そしてまたアジャンタ

2018年10月18日 | スープカレー

らむ、だっちゃ。
体の一部は、ここのカレーでできている。
血湧き肉躍る、とまでは言わないが。

コメント

Beyond Age (ビヨンド エイジ)

2018年10月16日 | スープカレー

 

南19条。環状通沿いということになりますね。
チキンの5番。
穏やかにおいしい。
前来たときより、お店が明るくなったように感じました。

コメント

バザールの喜び

2018年10月14日 | スープカレー

スープカレーではなく、インドのカレーです。
おいしいです。
五十嵐からのバザール。
お腹はちきれのゴールデンロード。
んー、確かに仏の慈愛を感じるお姿です。

コメント

HIGUMA ハンバーグ

2018年10月13日 | スープカレー

ハンバーグ 辛さ8番。
競馬場のすぐそばにあります。
親しみやすいお店です。

コメント

あじゃんた らむ

2018年09月29日 | スープカレー

アジャンタ らむ。
もはや体の一部をなしているように思います。
おかみさんがにんじんの皮をむいている。
自分もそんなふうに
自分の仕事ができたらと思う。

コメント