郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

渓流ゼロ釣法で使用するワンタッチ目印の編み込み動画❗

2017年11月26日 | Weblog

前々回、渓流ゼロ釣法で使用するワンタッチ目印の編み込みを紹介しましたが、今回はその編み込み動画をUPしてみました。

編込みで使用している台に取り付けているバイスには極細糸でも傷が付かない様に。ゴム(タイヤのチューブ)が張り付けてあります。

コメント

ゼロ釣法0 1号水中糸仕掛け作り!

2017年11月25日 | Weblog

今回は、ゼロ釣法水中糸仕掛けです。

今までに作成したクッションリングリリアンを使用した移動式天上糸とワンタッチ目印を使用した、ゼロ釣法0 1号水中糸仕掛け作りの動画をUPしました。

仕掛け作り手順

①ロッドはDAIWA EP Zero SENSITIVETYPE 01-70の穂先に移動式天上糸をワンタッチで取り付けます。

②タフロン速攻XP0.1号を8の字結びで4回ひねりチチ輪を作り、移動式天上糸のクッションリングリリアンに取り付けます。

③ロッドをズームインした状態で、水中糸を手尻より30~40cm程長くします。

④ワンタッチ目印の黄色ラインを引き抜き、目印を輪の端にスライドさせ輪の中に水中糸0.1号を通して5cm程折り返して目印を水中糸にスライドさせます。

⑤ハリ(D-MAX渓流BL2号)を簡単結びで結び余分な糸を切れば完成です。

 この時、目印をスライドさせるために折り返した5cmは必ず切って下さい。

⑥仕掛け巻き又はスプールに完成した仕掛けを巻けばOKです。

 ガン玉はゴム張りを使用するのでオモリガードは付けていません。

以上が私の水中糸仕掛け作りです。

河原で水中糸が切れた場合は③~⑤の工程で簡単に水中糸仕掛けがセット出来ますので、参考になれば是非作ってみて下さい。(^^♪

今回は0.1号を使用しましたが、2月の解禁からのスタートは0.08号を使っています。

コメント

渓流ゼロ釣法用「自作ワンタッチ目印」作成!

2017年11月19日 | Weblog

ゼロ釣法の極細糸(0.080.1)に渓流釣り場で、水中仕掛けに目印を編み込むのは水中糸が切れやすくなります。

そこで、今回は渓流現場でも簡単に極細水中糸にワンタッチで目印がセット出来る「自作ワンタッチ目印」を作成手順を掲載します。

①    ナイロン0.260cmとナイロン0.830cmを用意します。

                 

       私は藤本重兵衛の郡上糸の0.2号と0.8号の黄色を使っています。

②    0.2号6cmを折り返し、小さな輪を作ります。残りの0.2号を輪の所に重ね、0.8号の端も輪の所に合わせて8の字結びをし、余分な糸を切り取ります。

       

③    8に字結び部分を左のバイスに挟みます。

      

    右側のバイスには0.2号の折り返した端と0.8号の糸を一緒に挟みます。

④    目印を片編み込みで7回編込みます。

      

⑤    7回編込んだら1回結び更に2回ひねりで結びます。

       

  この時、右側部分が水中糸に目印を通す部分になるので、水中糸上部にセットする目印色を右側にして下さい。

⑥    水中糸にセットする目印3つを編み込みます。

      

        私の場合は、水中糸にセットする目印は上から、赤・赤・緑としています。

⑦    編み込んだ目印の余分な部分をカットし、1セット分が完成です。

       

⑧    上記④~⑦の作業を5~6セット分作ります。

      

⑨    スプールの糸挟み部分にチチワを挟み込みます。

       

⑩    スプールに巻き込みワンタッチ目印の完成です。

       

⑪    目印の水中糸への取り付けは・・・ 渓流現場での取り付け方。

       

  1、0.8号黄色の糸のみ、赤・赤・緑の目印3つから引き抜きます。

  2、目印3つを右端3cm手前までスライドさせます。

  3、移動式天上糸のクッションリングリリアンに極細水中糸をセットし全長より数cm長くセットします。

  4、カットした水中糸を、編み込んだ目印右側の3cmの0.2号輪に数cm通します。

  5、極細水中糸の折り返し部分を右手で摘み、目印3つを左手でスライドさせればセット完了です。

    目印を通すために折り返した所(数cm)は、ハリを結んだ後にカットします。

 

この方法で目印をセットすれば、極細水中糸が編み込みで傷む事が無いので安心です。

水中糸仕掛け作りは、また次回にでもUPしたいと思います。

私の自作なので参考になるか解りませんが、もし興味があれば作ってみて下さい。(^^

コメント

渓流釣り「ゼロ釣法講習会」動画!

2017年11月18日 | Weblog

ゼロ釣法を楽しむために・・・    

今回は、気仙川で行われた東レフィールドテスターによる、上州屋主催の「ゼロ釣法講習会」動画を掲載しました

 

ゼロ釣法の基本から流し方も勉強になります!(^_-)-☆

コメント

来季の渓流ゼロ釣法に向けて再認識!

2017年11月11日 | Weblog

さて、このオフシーズンに来季の渓流ゼロ釣法の向けて再認識するために読み込みます!

           

まずは、自分のゼロ釣法の基礎となっている、伊藤稔さん著書の「零釣法のすべて」から読み込みます。

先ずは、目で見るポイント学から・・・

     

じっくりと読み込んで再認識したいと思います!(^_-)-☆

 

コメント

渓流ゼロ釣法用移動式天上糸作成!

2017年11月05日 | Weblog

今回は、先日作成したクッションリングリリアンを使用した、ゼロ釣法用移動式天上糸の作成手順を掲載しました。

作成前の準備品

仕掛けハサミ・仕掛けピンチ・8の字結び・極細目印・クッションリングリリアン・0.2号ライン・仕掛け巻き・仕掛け作りホルダー(私はバイスを利用)を準備します。

     

今回のラインはナイロン0.2号を使いました。

穂先取り付け部

①    0.2号ラインの2ヶ所に結びコブを5mm間隔で作ります。

      

②    ラインを折り返しバイスに固定。折り返した結びコブは右側。

            

③    極細目印で5回片編み込み固結び2

       

④    穂先取り付け部の完成

      

⑤    穂先への取り付けは、メタカラマン、回転トップ、リリアンいずれも輪を掛ける。

      

⑥    天上糸を引き、輪を絞め込む。

      

⑦    取り外しは、編み込み部分を摘み輪を広げる。

      

移動式部分を作る。

①    穂先取り付け部から4mラインを切り、先回作成したクッションリングリリアンをとおす。

         

②    1cm程の輪を作る。

      

③    輪の方を30cm出して、クッションリングリリアンをバイス間に入れラインを固定する。

      

④    輪の下ライン10cmの所に仕掛けピンチを挟む。(編み込み時にラインが絡まない)

      

⑤    極細目印を輪に通し18回編込む。

      

⑥    編込み後目印を結び、余分な目印を切り取ります。

     

編込み部分を摘みながら、折り返し部分をスライドさせ、好みの長さの移動式天上糸が完成。

     

私は、折り返しを50cmにして、3m50cmの天上糸として使用し、ハリスが切れた場合は切れた長さ分だけ天上糸の移動式部分を下げて、仕掛け全長を常に一定の長さにしています。このようにして使えば水中糸も1日1本で済む事もあり経済的です。

天上糸も水中糸に合わせて0.08号から0.3号を数組、パワーゼロでは0.8号迄を使っています。

作成した移動式天上糸は・・・

      

スプールに巻き予備として持っています。

参考になるかは解りませんが良かったら作ってみて下さい。(^_-)-

コメント (2)

「名もなき池」 通称 モネの池 を訪ねて板取川から那比川ドライブ!

2017年11月04日 | Weblog

今日は、一度は見てみたかった、根道神社の「モネの池」へ・・・

国道22号から関市を流れる長良川沿いに走り、板取川沿いの国道256号を北上する。

洞戸から板取地区に入ると、根道神社前にある通称「モネの池」に到着。

駐車場もタイミングよく入る事が出来ラッキー!!!

観光バスも数台来ており、海外からの観光客も多くいる。

100m程歩き「モネの池」へ・・・

      

透明度抜群で思わず見とれてしまう・・・

      

❤マークの鯉を探すも・・・  この鯉かな~(笑)

      

観光客の皆さんも❤鯉探しに一生懸命ですね!

ここで、チラシといももち・じゃがいもドーナッツ・しし鍋無料券(各自いずれか1枚)が配布されていたので・・・ 

板取温泉で、「2017関にし秋の祭典in板取」が昨日と今日されているので行ってみる・・・

           

板取川の清らかな流れを眺めながら上流へ車を走らせる・・・

川の流れを見ていると・・・あそこはアマゴのポイント・・・ あの瀬は鮎で狙いたいなぁ~ ついつい釣り人目線に~(笑)

板取温泉に到着し、臨時駐車場へ案内され車を止める。

会場では、歌謡ショ-が行われている。

      

会場周りの屋台を散策~ 

           

モネの池で貰ったいももちとジャガイモドーナッツの無料券で・・・ 頂きま~す。(^^)/

     

上流の山々は紅葉が綺麗です。

       

板取地区案内です。

帰りは板取からタラガトンネル経由で那比川沿いに郡上へ・・・

     

今年良く楽しませて貰った那比川を眺めながら相生地区へ・・・ 

長良川に架かる法伝橋を右折し名古屋へと帰りました。(^_-)-☆

コメント

アマゴ釣り用クッションリングリリアン作成

2017年11月03日 | Weblog

鮎釣りも終わりオフシーズンのこの時期に、来季のアマゴ釣りで使用する、移動式天上糸の水中糸接続部分に使用する「クッションリングリリアン」を作成!

先ずはクッションリング(小)と極細目印そしてナイロン又はフロロの0.2号までの糸を準備します。

私は釣りをしている中でトラブルで回収したナイロン又はフロロの0.2号までの糸を再利用しています。

     

先ずは、クッションリングに糸を通してバイスに固定します。

     

     この時に、少し強めに張ります。

クッションリングに極細目印20cmを通します。

     

片編み込みを20回

     

     

     編込み後、固結びを2回

写真左側のバイスを緩め糸を抜き、目印と糸を一緒に摘みクッションリングの方から、固結び部分で1回結びます。

     

     余分な目印を切り、糸を5mm残して切り、その5mmをライターで目印部分まで炙ります。

これで1cmの移動式天上糸の水中糸接続に使用するクッションリングリリアンの完成です。

     

このクッションリングリリアンを使用した移動式天上糸は、また後日にUPしますね!

私が、ゼロ釣法で使用する移動式天上糸で使っている自作クッションリングリリアンです。

 

 

 

コメント