マクロス外伝大本営 新統合軍極東太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第55話 マスター墜落後の状況

2017-11-09 22:05:03 | マクロス外伝 ダブルフェイク
                    【地球統合軍欧州方面軍司令部】
ブランドン一派から解放したパリの地球統合軍欧州方面軍司令部ではマチェッティとマスターのバルキリーの衝突の映像が流れていた。
あまりにも衝撃な映像でありこの場にいる人は固まる・・・・・・・・

アリス「あぁぁぁぁ、そんな......」

衝撃的な映像であるため、オペレーターは固まる。
確認したのは一部のモニターであるため・・・・

ジョルジュ「どうした?」

アリス「ピースファング大尉の機影がマチェッティに激突爆発。」

ジョルジュ「なんだと?」

作戦会議をしていたジョルジュはアリスなどのオペレーター達の間抜けな顔を見て質問する。
アリスは質問するジョルジュにマスターがマチェッティに激突し爆発した事を伝える。
その言葉はジョルジュを驚かす・・・・・・

アリス「スーサイドアタックです。」

                     バサッ

ラーナ「え.......」

自殺攻撃と聞いて偶然通りかかったラーナはマスターがスーサイドアタック(自殺攻撃)した事を知る。
ラーナはスーサイドアタックと聞いて・・・・精神が揺らぐ・・・・・
スーサイドアタックは死を意味する・・・・・マスターが死んだ・・・・・
そうラーナは捉えてしまい、精神的に激しい動揺を誘う・・・・・

アリス「でもベイルアウトは確認してます、しかし.....あっ・・・・・・」

ラーナ「マスター......マスター....」

ジョルジュ「いかん・・・・・・・・カザハラ少尉下がれ、ここは....誰か・・・・カザハラ少尉を・・・・」

「ハッ」

アリスがマスターがベイルアウトしたと言おうとした時にラーナの姿を見る。
激しく精神が動揺した顔を見たジョルジュは女性兵士を召喚しラーナを救護室に運ぶ。
この時のラーナの姿は物凄く気の毒であった。

ラーナ「(マスター生きて……生き続けて……。あなたがあなたのままで帰って来てくれればそれでいい……だから……だからお願い……生きて……生きて……!マスタァァァァァァァァ!)」

女性兵士に連れられ救護室に連れていかれたラーナは心の中で叫んだ。
マスターが心配、死んでほしくないそれがラーナの今の気持ちであった。

その頃・・・・・・・・・・・地上では・・・・・・・

フェアリ「はぁぁぁぁぁ。」

「うわぁぁぁぁぁ。」

                     バターン

「よし今だ!制圧部隊突入!」

戦闘に介入できず、周りで見ていた部隊が反乱軍鎮圧に乗り出す。
フェアリやナタルマなどのゼントラーディ人達の尽力もあり、ブランドン派の統合軍や潜入していた反統合同盟構成員を制圧する。
大体の抵抗は終わり、そろそろこの叛乱は終わろうと言う流れになりつつあった。
後はあの変な兵器だが、ゼブラ達は特に気にしてない。

マスターが帰ってくれば、別にいいのだから・・・・・・・・

ゼブラ「片付いたな、無駄に抵抗してたくさん俺たちの味方の方が多いんだぜ。」

フェアリ「案外いいコンビだね、ゼブラ。」

ゼブラ「あぁそうだな。」

ゼブラとフェアリとの仲はかなり進んでいた。
ゼントラーディ軍時代は同じ場所にいる事はなかったが、近くにいるとかなり違う感じになる。
フェアリはゼブラを、ゼブラはフェアリを愛するようになる。
ゼントラーディ軍時代になかった事だ・・・・・・・

ディー・ヴァーミル「何よこれ!?痛てて。」

怪我をしていたヴァーミルは映像を見て驚く。
足を痛めており痛がるが、かなり深刻な表情をして動画を見ていた。

フェアリ「ディーどうしたの?」

ディー・ヴァーミル「マスターが突っ込んだ。」

「えっ!?」

その映像とはマスターがマチェッティに追突した映像であった。
ベイルアウトしている姿を確認しているため、一時はマスターが激突して死んだのかと言うフェアリ達を安堵させる。

ナタルマ「とにかくよかった・・・・」

フェアリ「脱出してくれているならばいつか帰ってくる・・・・・・・・生きていてよかったねゼブラ。」

ゼブラ「あぁ・・しかしどうやって戻るのだろうか・・・・・・」

脱出している姿を確認し生きている事はいいのだが、一体どうやって帰ってくるのか・・・・・
それは・・・・・・・・・・・・・

            【地球統合海軍アスチュート級反応炉搭載潜水艦アスチュート】
大西洋に展開していた、砲撃から難を逃れたアイスランド地下海軍基地に所属する地球統合海軍最新鋭潜水艦アスチュート級潜水艦アスチュートは同型艦アンブッシュ・アートフルと共に展開していた。

「艦長、パラシュートを確認。友軍兵士を確認しました。」

「よし要救助者だな、浮上。パラシュートで漂流している兵士を救助する。」

「念のためデストロイド・ドルフィン出しますか?」

「出しておけ!」

パラシュートで脱出し漂流しているマスターを確認する。
アスチュート艦長は直ぐ様、マスター救助のため浮上を開始。
念のため各艦から水陸両用デストロイド・ドルフィンを出撃させる。

マスター「このまま救助されずに放置されるのだろうか・・・・・・・」

海上を漂流しているマスターは救助されずに放置されるのかと心配する。
すると・・・・・・・・・・・

                     ザバァァァァァァン

マスター「なんだ?」

マスターはアスチュート級潜水艦の浮上に驚く。
艦首に地球統合海軍のエンブレムを確認し友軍と確認する。
その後マスターは、アスチュート級潜水艦に救助されロンドン海軍潜水艦基地に収容される事になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 武田信満 | トップ | 第56話 長距離迎撃弾頭ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス外伝 ダブルフェイク」カテゴリの最新記事