マクロス外伝大本営 新統合軍極東太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第1幕 長信とキチョウの出会い

2017-11-16 22:54:28 | マクロス外伝.長信とキチョウ
ゼントラーディ軍元エース.キチョウは現在、新統合軍ポートモレスビー基地に勤務している。
VAH-1コマンチのパイロットとして勤務している。
不良少年だけど勉学ができる織田長信は上院議員でありグローバル政権下では財務省長官を務めている織田信家の息子である。

そんな二人は後に結婚し惑星エデン自治政府の自治大統領選を共に戦う事になる・・・・・・・
がそんな二人の出会いはどうであったのであろうか・・・・・
それはずっと前の上記のプロフィールの通りの西暦2013年ポートモレスビーから始まる。

織田長信「この店にするか・・・・」

長信は同様に視察に連れてこられた包信.益長.行信.市を連れてビックキングバーガー.ポートモレスビー基地前点に入る。
さっそくハンバーガーなどを頼むが、長信の顔が不機嫌である・・・
スーツ姿であるが、まるで飲んだくれたサラリーマンみたいになっており周りの客は長信を恐れさせた。

織田長信「けっ親父め俺を政治基盤の後釜に据える気だな気にくわねぇ。」

織田包信「兄者そんな事言わずに・・・」
織田信家次男.警察局巡査.織田包信

織田益長「ポートモレスビー茶でも飲んで・・・・・落ち着きなされ」
織田信家三男.お茶専門マニア.織田益長

織田長信「落ち着いているよ!!!、お前らは政治基盤を継がないからそんな気楽な事が言えるんだぞ!」

その原因は父信家による政治基盤の後釜を自分を置く事である。
政治家になる気のない長信はそれに腹を立てていた。
それに気に行っていた月面アポロの街並みから離れている・・・・
ストレスが溜まる。

弟も弟だ・・・・自分が後釜に座らないと言って気楽に言う・・・・・

織田市「兄上・・・・我がままですよ。」
織田信家長女.織田市

織田行信「そうです。感情的になったらまずいですよ・・・・それに兄さんはまだ学生ですし・・・」
織田信家三男.織田行信

織田長信「うっ・・・・・・・我がままか・・・・・感情的か・・・そうれもそうだな。」

織田益長「じゃぁポートモレスビー茶を・・・・」

織田長信「いやココナッツ蜂蜜ミルクにしてくれ・・・」

織田益長「分かりました・・・・・・・あれは極度の甘い物好き用だぞ・・・・

妹である市と行信などの諫められ、落ち着きの無かった長信は落ち着く。
更に落ち着くためカルト的人気のある甘い飲み物ココナッツ蜂蜜ミルクを頼む。
これを頼んだ時の弟達の顔がドン引きしていた。
無論、取ってくる益長の顔もヤバかった。

織田長信「いやぁぁぁやっぱココナッツ蜂蜜ミルクだよな。」

織田包信「おい大丈夫かよ、糖尿病になるんじゃないのか?」

織田長信「なるわけないだろ!」

織田包信「油断しているな・・・・・・・・・」

ココナッツ蜂蜜ミルクは結局3杯も飲んでしまった。
それだけでも以上なのだが、更にチョコアイスなどを頼む。
その光景に弟達は兄は当分中毒になったと悟った。

ヨシノ「キチョウ1級・・・・じゃなくて・・・・キチョウさん・・・・」
新統合陸軍.ヨシノ・メダーファ.准尉

キチョウ「緊張しなくていいって、ヨシノちゃん。今は普通に同僚だし、上官じゃないでしょ。」

ヨシノ「はぁ・・・・・」

キチョウ「エイちゃんも同じだったな~」

ヨシノ「副官殿ですか・・・・」

キチョウは同じ部隊の同僚でゼントラーディ軍時代の部下であるヨシノ・メダーファを連れてビックキングバーガーに来た。
戦闘時と平時のキチョウの感情は違っており、かなり明るい感じになっている。
ゼントラーディ軍時代のキチョウを知る人は・・・・

マテ「戦後になると人が変わりました。」
キチョウのゼントラーディ軍時代の部下の一人.マテ・フィッシュ

エイ「もしかしたら創造主が設定した素かも。」

ナツ「冷静だけど抜けていますね、更に酷くなりましたが。」

フィルナ「マイクローンで言う天然と言う奴。」
キチョウのゼントラーディ軍時代の副官.フィルナ・ナルダ

などと言っている。
冷静沈着な性格で30機余の部下を率いて監察軍と戦い多くの命を奪ってきたが。
素の時はかなり天然で、副官を困らせる言動を取るがかなりあり。
特に艦隊司令にとんでもない発言をする事もあった。

織田長信「・・・・・・あれは・・・・」

長信は店に入ってきたキチョウに注目する。
地球人ではないマイクローン化したゼントラーディ人・・・・
女は顔の違いがあれど可愛い娘が多い。

織田行信「兄さん・・・どの娘を見ているんですか?」

織田長信「あっいや・・・・その・・・・」

織田益長「ほう兄上にも春ですか。」

織田長信「馬鹿言え・・・・」

織田包信「と言ってもあの子も兄者を見てますぞ。」

織田長信「えっホント?」

弟に茶化されるが長信は否定する。
だけど、顔が恋しているかのように崩れており説得力がない。
そんな中包信がキチョウが長信の事を見ていると言う。
それを聞いて長信は期待してキチョウを見る。

キチョウ「なんだろう?」

ヨシノ「どうしました?」

キチョウ「うん・・・なんだかあの人を見ていると懐かしいような感じがするんだよね。」

ヨシノ「まさか・・・・私達は男と女に所属分かれていましたそんなはずは・・・・」

キチョウ「そうだよね・・・・でも・・・・・気になる・・・・」

ヨシノ「ちょっ・・・・」

キチョウが長信を見ていたのは、なぜか懐かしい感じがするから。
ヨシノは不思議がるが、キチョウは長信に近づいて行ってしまい慌てる。
長信はキチョウが近寄ってくるのを確認するとドキッとする・・・

だけど

初めて会うのだが懐かしい感じがする・・・・・もしかして運命かと思った・・・・
一体このゼントラーディ人女性と赤い糸があるのでは?
と長信は思った。
コメント