虎バカ グルメ日誌

毎年30試合前後阪神タイガースを
観戦応援する虎バカです。
観戦前に立ち寄った飲食店の
グルメ日記です。

2018#01《拉麺放浪記/横浜編5》

2018-03-30 12:00:00 | 神奈川県横浜市
虎バカ日誌【03月30日】

ご無沙汰しております。
3ヶ月ぶりのブログ更新です。
いよいよ 今夜 2018年度シーズンの
ペナントレースが開幕します。

開幕戦カードの6試合です。
(セ • リーグ)
広島C ー 中日D マツダ 18:00
横浜De ー 東京ヤ 横浜 18:30
読売G ー 阪神T 東京D 18:00
(パ • リーグ)
福岡ソ ー オリB ヤフオクD 18:30
千葉ロ ー 楽天E ZOZOマリン 18:30
日本ハ ー 西武L 札幌D 18:30

タイガースの開幕ゲームは
敵地 東京ドームでの
読売G戦となります。
日本プロ野球界に於いて
歴史のある読売Gと阪神T
両球団は更なる繁栄を祈念して
伝統の一戦
 ~THE CLASSIC SERIES~
と云う相互展開プロジェクトを
2016年シーズンから始めました。
昨年 そして今年と
3年連続で行われるようです。

両球団による相互展開の
プロジェクトに
ケチをつける気持ちは
毛頭ありません。
しかし タイガース側から見た
私の個人的な思いですが
あまり伝統の一戦と
盛り上げるのは
止めてもらいたい。
両球団の対戦成績を振り返ると
タイガースは2007年に
14勝09敗01分で勝ち越した後は
● 2008年 10勝14敗
△ 2009年 11勝11敗02分
△ 2010年 12勝12敗
△ 2011年 11勝11敗02分
● 2012年 05勝15敗04分
● 2013年 11勝12敗01分
● 2014年 11勝13敗
● 2015年 09勝16敗
● 2016年 09勝15敗01分
● 2017年 10勝13敗02分

タイガースはここ10年間
読売Gに勝ち越していません。
伝統の一戦とか永遠のライバルとか
言うのも聞くのも
正直 恥ずかしいですよ。
確かに世紀の大一番として
多くの人々が
注目していた時代はありました。
しかし それは
ひと昔もふた昔も前の話しです。
再び 両球団の対戦に輝きを
取り戻すには
タイガースがもっともっと
頑張らねばなりません。
今年は 何がなんでも読売Gに
勝ち越してもらいたい。
開幕3連戦 3タテして
勢いをつけたいものですね。

今年はタイガースにも
優勝の可能性が十分に有ると
聞いていましたが
オープン戦の戦いぶりを見ると
不安になるばかりです。
今年のオープン戦は
3試合を雨に流したので
16試合になりましたが
戦績は酷いものとなりました。
いくらオープン戦とは言え
02勝12敗02分はダメでしょう。
負け方が悪すぎです。

2/24 ● 対東京ヤ (浦添)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ⓪①⓪①⓪⓪⓪⓪⓪ || ②⑧②
ヤ ⓪⓪⓪①⓪③⓪⓪Ⓧ || ④④①

3/03 ● 対福岡ソ (ヤフオクD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪① || ①④②
ソ ⓪⓪⓪⓪②①⓪①Ⓧ || ④⑦⓪

3/04 ● 対福岡ソ (ヤフオクD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ⓪⓪①⓪⓪⓪⓪⓪③ || ④⑧⓪
ソ ④②⓪⓪⓪⓪⓪⓪Ⓧ || ⑥⑤⓪

3/06 ● 対横浜De (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
横 ⓪⓪⓪③⓪⓪⓪⓪② || ⑤⑤⓪
神 ⓪⓪⓪⓪⓪②⓪⓪① || ③⑩⓪

3/07 ● 対横浜De (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
横 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪③⓪ || ③⑥⓪
神 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪① || ①③①

3/09 ● 対中日D (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
中 ④⓪⓪①⓪⓪⓪⓪⓪ || ⑤⑨⓪
神 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪② || ②⑥⓪

3/10 △ 対中日D (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
中 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪①⓪① || ②⑥⓪
神 ①⓪⓪①⓪⓪⓪⓪⓪ || ②⑩⓪

3/11 ○ 対読売G (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
巨 ①⓪⓪⓪⓪②⓪⓪⓪ || ③⑦②
神 ⓪⓪⓪③⓪③⓪⓪⓪ || ⑥⑨⓪

3/13 ● 対東京ヤ (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
ヤ ⓪⓪⓪⑨①⓪⓪⓪⓪ || ⑩⑩⓪
神 ⓪⓪⓪⓪⓪④①⓪⓪ || ⑤⑭②

3/14 ● 対東京ヤ (甲子園)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
ヤ ⓪⓪①⓪⓪⓪⓪②⓪ || ③⑦⓪
神 ⓪⓪⓪⓪⓪①⓪①⓪ || ②⑤②

3/16 ○ 対楽天E (静岡)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ⓪⓪⓪⓪②②⑧⓪⓪ || ⑫⑳①
楽 ⓪⓪⓪⓪①⓪③⓪⓪ || ④⑨①

3/17 ● 対中日D (ナゴヤD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ②⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪ || ②⑧②
中 ②①①①⓪⓪③④Ⓧ || ⑫⑬⓪

3/18 ● 対中日D (ナゴヤD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪ || ⓪③①
中 ①③⓪⓪①②①⓪Ⓧ || ⑧⑬①

3/23 ● 対オリB (京セラD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ①⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪ || ①③⓪
オ ⓪⓪⓪③⓪⓪⓪⓪Ⓧ || ③⑥⓪

3/24 ● 対オリB (京セラD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
オ ⓪④⓪①⓪⓪⓪⓪① || ⑥⑩②
神 ②⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪ || ②⑤①

3/25 △ 対オリB (京セラD)
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪①⓪ || ①②⓪
オ ⓪⓪⓪⓪⓪①⓪⓪⓪ || ①⑦⓪

2018年度 オープン戦の
最終順位表です。

順    | 試 | 勝 | 敗 | 分 |
①. 読売G | 17 | 11 | 05 | 01 |
②. 千葉ロ | 14 | 08 | 04 | 02 |
③. 楽天E | 16 | 09 | 05 | 02 |
④. 横浜De| 15 | 08 | 05 | 02 |
⑤. オリB | 14 | 07 | 05 | 02 |
⑤. 日ハム | 15 | 07 | 05 | 03 |
⑦. 西武L | 16 | 08 | 06 | 02 |
⑧. 東京ヤ | 16 | 06 | 06 | 04 |
⑨. 中日D | 17 | 07 | 09 | 01 |
⑩. 福岡ソ | 16 | 05 | 10 | 01 |
⑪. 広島C | 14 | 03 | 09 | 02 |
⑫. 阪神T | 16 | 02 | 12 | 02 |

オープン戦のタイガースの
チーム成績は ほとんどの部門で
12球団最低レベルの数値です。
打 率:.225 ⑪
防御率:3.72 ⑦
得 点:46 ⑫
失 点:79 ⑪
本塁打: 7 ⑪
盗 塁: 5 ⑫
オープン戦 全日程が終了し
5日後には開幕を迎えるこの時期
本当にこれで大丈夫なのでしょうか?
今年は優勝もあり得ると
言われていますが
私にはどう贔屓目に見ても
優勝なんて見えないのですが ••••。

それでは今年も
セ・リーグ順位予想を
しておきたいと思います。

その前に まずは昨年の
答え合わせです。
昨年はオープン戦の
全日程が終了した翌日
2017年3月27日に更新した
当ブログ 2017#17《魚勝》の回に
順位予想をしていました。

2017年度
(セ)順位予想     (セ)最終順位
優勝 読売G    Ⅹ 優勝 広島C
2位 広島C    Ⅹ 2位 阪神T
3位 横浜De   → ○ 3位 横浜De
4位 阪神T    Ⅹ 4位 読売G
5位 東京ヤ    Ⅹ 5位 中日D
6位 中日D    Ⅹ 6位 東京ヤ

何と的中は3位横浜Deだけと
酷い予想をしてしまいました。
そんな私の予想なので
今年も当たらない事を願って
2018年のセ・リーグ順位予想です。

優勝 読売ジャイアンツ
2位 広島東洋カープ
3位 阪神タイガース
4位 横浜DeNAベイスターズ
5位 東京ヤクルトスワローズ
6位 中日ドラゴンズ
実は昨年と同じ順位予想を
していましたが
横浜Deの先発投手陣の
出遅れが響くと見て
3位と4位の予想を入れ替えました。
いずれにしてもタイガースは
今年は厳しいシーズンになると
私は予想しています。
優勝して欲しいと思っていますが
優勝なんて絶対に無理って思う
もう一人の自分もいます。
一応 3位予想しましたが
最下位の可能性も十分あるが
私の本音の予想です。
今年も私の予想が
大ハズレする事を切に
願っています。
頑張れ 阪神タイガース

さて今回のグルメ情報は
私が大好きな横浜家系ラーメンです。
本場横浜市エリアにある
家系ラーメン店を
当ブログ レギュラー表題である
拉麺放浪記の横浜編 第5弾として
4軒紹介したいと思います。

《大岡家》鴨居店
 横浜市緑区鴨居 1-8-12

JR鴨居駅南口の階段を降りて
正面に見える通路?の奥
駅から徒歩1分と好立地条件の
大岡家は2012年6月にオープンした
横浜家系ラーメンの一大勢力
町田商店系列のお店です。

ラーメン(並) 680円

麺は町田商店系列ご用達の大橋製麺
やや平打ち気味の太麺で
舌触りはつるつるで滑らか
噛むともっちり感もあるし
低加水タイプのごわごわ感も
楽しめる美味しい麺です。
スープは濃厚でクリーミーな
豚骨醤油スープを
期待していましたが
マイルドなただ塩辛いだけの
残念なスープ
具材は肉と脂身のバランスの良い
しっとり系のチャーシューと
大判海苔3枚と青菜と
横浜家系の定番具材です。

町田商店系の店にしては
豚骨臭も抑え気味のライト感覚の
食べやすいラーメンで
中毒性という観点からは
物足りなさを感じてしまう
家系ヘビーユーザーには
残念な一杯でした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 5点

《金壱家》
 横浜市中区不老町 1-1-14

JR関内駅南口から徒歩3分
お向かいにはハマスタが見える
不老町の信号の先に
2016年8月にオープンした
家系の中でも壱系に分類される
松壱家の流れを汲むお店です。

醤油豚骨(並) 750円

麺は舌触りなめらかな
もちもち食感の中太ストレート麺
スープは豚骨前面に押し出した
壱系特有のクリーミーなスープです。
醤油辛さはややマイルドな
後味はサラッとした感じの
美味しい家系スープです。
具材は少し塩味の強い
トロトロのチャーシューと
大判海苔/青菜の家系定番具材に
メンマ/うずらの卵/刻みネギと
壱系らしい具材もありました。

マイルドでバランスの良い
家系ラーメンでした。
不味くはありませんが
やや中毒性は弱いように思えます。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 6点

《寿々喜家》曙町店
 横浜市中区曙町 3-42-5

総本山吉村家の姉妹店本牧家から
独立して出来たお店なので
直系店ではありませんが
正統派の流れを汲むお店です。
2012年に読者参加型企画として
横浜のご当地ラーメンである
家系ラーメンの NO.1を決める
「IEK48 総選挙」に於いて
見事1位に輝いたのが
保土ヶ谷区上星川にある本店です。

並 700円

麺は家系直系店定番の酒井製麺の
平打ち短めの太麺ストレート
スープは万人受けするマイルド系で
完飲したくなる豚骨醤油味です。
具材は程よい味付けの
やや小さめのチャーシューと
大判海苔/青菜

パンチの効いた家系が好きな人には
物足りなさを感じる一杯ですが
バランスの良い完成度の高い
家系ラーメンで
また食べたくなる一杯でした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 8点

《大桜》東神奈川店
 横浜市神奈川区西神奈川 1-7-10

店名はおおざくら
本店は横浜市緑区十日市場にあり
支店は14店舗ほどあります。
オーナーは横濱家出身で
屋号に家は付いていませんが
本牧家-六角家-横濱家ラインの
広義家系店です。

ラーメン 720円

麺はつるつると滑らかな
中太のちぢれ麺です。
スープはややとろみのある
豚骨の旨味はしっかりしているが
醤油感の弱いマイルドな家系スープ
具材は肉と脂身が半々の
柔らかい炙りチャーシューと
大判海苔/青菜

不味くはありませんが
炙りチャーシューは家系では
私は邪道と思います。
スープも化学の味がするかな?

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 5点
コメント

2017#70《拉麺放浪記/横浜編4》

2017-10-10 17:45:00 | 神奈川県横浜市
虎バカ日誌【10月10日】

今季55試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
26勝24敗4分です。

本日の試合は
中日ドラゴンズ
25回戦です。
今季の対戦成績は
15勝9敗0分で
勝ち越し6です。

今夜 行われる対中日D25回戦は
2017年シーズンの143試合目
今季最終戦となります。
広島C/横浜De/読売G/東京ヤの
4球団は既に全日程を
終了しています。
本来 タイガースは
10/01の東京ドームでの読売G戦が
今季最終戦の予定でした。
しかし 9/16~17の中日D戦が
台風18号で試合中止となり
その振替日の 10/05~06の2連戦も
2日目がまた雨で中止
そんなわけで今季最終戦が
今日までズレ込んでしまいました。
さぁ タイガースの
2017年度シーズンが
いよいよ今夜 幕を閉じます。
既に順位は確定しています。

10/09 終日時点の
セ・リーグの順位表です。
順    | 試 | 勝 | 敗 | 分 | 差 |
①. 広島C |143| 88| 51| 04 |優勝|
②. 阪神T |142| 77| 61| 04 |10.5|
③. 横浜De|143| 73| 65| 05 | 4.0 |
④. 読売G |143| 72| 68| 03 | 2.0 |
⑤. 中日D |142| 59| 78| 05 |11.5|
⑥. 東京ヤ |143| 45| 96| 02 |16.0|

昨年のタイガースの成績は
143試合で 64勝76敗3分と
負け越し数は12を数え
優勝した広島Cに24.5ゲームも
離されての4位でした。

今年は能見/藤浪/岩貞/青柳と
先発投手陣がガタガタで
頼りになるのは
メッセンジャーと秋山の2人だけでした。
その頼りのメッセンジャーも
シーズン後半に打球を足に当てて
骨折して戦線離脱
よくこんなチーム状態で
シーズンを2位で終えられたと
私は思っています。
昨年よりも攻撃力は成長しました。
昨年のタイガースの打撃面での
主なチーム成績は
チーム打率: .2445 ⑥
本塁打数: 90 ⑤
安打数: 1171 ⑥
盗塁数: 59 ⑥
打 点: 475 ⑤
総得点: 506 ⑤
セ・リーグで5位や6位の
成績ばかりでした。
しかし今年のチーム成績は
チーム打率: .249 ③
本塁打数: 111 ④
安打数: 1188 ④
盗塁数: 70 ③
打 点: 553 ③
総得点: 583 ③
どの部門も成績が向上しています。
それと中継ぎ以降の投手陣の
頑張りでリーグ2位と
なったのでしょう。
もちろん 読売Gの大コケも
大きな要因のひとつでしょう。

今季のタイガースの
チーム状態を振り返って見ると
明らかに先発投手が不足しています。
今年のドラフトは
既に1位指名を
早稲田実業の清宮内野手と
タイガースは公言しています。
確かに清宮選手は将来が楽しみな
魅力的な選手ですが
果たして今のタイガースに
必要でしょうか?
現状 野手は内外野 共に
ダブついています。
今 タイガースに最も必要なのは
即戦力級の先発投手です。
どうも金本監督は攻撃重視で
投手を含めた守りの野球が
疎か過ぎのような気がします。
確かに猛打で打ち勝つチームの
試合は観ていて楽しいですよ。
でも野球は やはりピッチャーですよ。
どんな強打者も
出来の良いピッチャーからは
そう打てませんよ。
タイガースは2年連続で野手を
1位指名してきました。
今年はどう考えても
即戦力投手じゃないですか。
金本監督の言いなりにならずに
球団はしっかりとした
ビジョンを持って
今ドラフトでの獲得選手を
再考してもらいたいものです。

本日 試合終了後には
全日程終了のセレモニーと
安藤投手の引退セレモニーが
予定されています。

今年は一度も1軍に
上がって来なかったので
私は引退発表は特に驚かず
やはりな ••••と云った思いでした。
プロ生活15年の通算成績は
485試合に登板し先発は133試合
77勝66敗 防御率 3.56
輝かしい成績とまでは
言えませんが
虎のエースとして一時代を築き
タイガースの功労者で
あることには違いありません。
また一人 タイガースの優勝を知る
選手が居なくなります。
本当にお疲れ様でした。

本日セレモニーはありませんが
今シーズンでユニフォームを脱ぐ
引退を発表した選手は
他にもいます。
#99 狩野恵輔
そして正式な発表はまだですが
#32 新井良太
今のところ この2名が
引退するようです。
狩野選手は先日2軍の方で
引退試合がありました。
新井(良)選手は 今夜どこかの場面で
出てくると思います。
12年間のプロ野球人生に
悔いがなきよう
良太選手らしいダイナミックな
バッティングフォームで
気持ちの良いフルスイングを
見せて下さい。

#99 狩野 ヒッティングマーチ

♪打て この一瞬に
  狙いを定め 振り抜け 狩野
   飛ばせ! 飛ばせ! 飛ばせ!♪

#32 新井(良) ヒッティングマーチ

♪スタンド奮わす 気迫の一撃
  行け! 新井良太 お前の出番だ♪

もうこのヒッティングマーチを
唄う場面が無いのか •••••。
寂しくなるね。

本日のグルメ情報も
また前回 前々回と同様で
横浜市エリアのお店となります。
先日の横浜遠征応援での
2泊3日の滞在中に巡った
横浜市内のラーメン店を
拉麺放浪記/横浜編4として
いつものように4軒紹介します。

《らあめん花月嵐》中山駅前店
 横浜市緑区寺山町 85-1

経営母体は東京は杉並に本社を置く
グロービート・ジャパン(株)で
青森(3)/岩手(2)/宮城(5)/秋田(3)/
山形(2)/福島(1)/茨城(4)/栃木(2)/
群馬(1)/埼玉(29)/千葉(23)/東京(74)/
神奈川(44)/富山(3)/石川(2)/福井(1)/
山梨(2)/長野(1)/静岡(10)/愛知(5)/
広島(3)/山口(1)/長崎(1)/沖縄(7) と
1都23県に232店舗
チェーン展開しています。

嵐げんこつらあめん味噌 680円

麺は歯切れの良い中太ちぢれ麺
スープは熱々の鶏ガラベースのみそ味
あっさり飲みやすいスープです。
具材は薄切りチャーシュー
半玉子/メンマ/海苔/刻みネギ

まだ新しいお店なのか
店内も綺麗でベタツキ感もなし
普通に美味しいコクとキレがある
味噌ラーメンでした。

《壱九家》
 横浜市神奈川区白楽 100-5

東急東横線白楽駅の西口を出て
すぐ右手側にある
白楽コミュニティプラザの
1F通路の奥にお店はあります。
この白楽近郊には家系の名店が多く
ここもそうかと期待大
自然とハードルが上がります。

醤油ラーメン 580円

麺は平打ちのちぢれ太麺
加水率高めのツルツル麺で
一般的な家系で頂く
ワシワシ感の麺ではありません。
スープは豚骨醤油味の
家系スープですが
濃厚さは感じられない
ただ塩辛いだけのスープです。
具材は硬めのチャーシューと
青菜/海苔/半玉子
壱系店でよく見られる
うずらの卵もありませんでした。

久々に残念な家系に出会いました。
屋号の壱九家から壱六家系統と
思いましたが
おそらく無関係な店でしょう。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 3点

《勝鬨家》
 横浜市中区長者町 2-5-4

長者町一丁目の交差点近くに
2016年8月にオープンした
家系ファンの間では直系店の味に
近いと評判の良いお店です。

ラーメン(並) 680円

麺はもっちり食感の
平打ちタイプのちぢれ太麺で
麺箱には大橋製麺所と刻印有り
スープは熱々でとろみのある
豚骨醤油味です。
醤油は濃いめで直系店の味に近い
スープと言えなくもないですが
私にはコクが足りない
ややパンチの弱いスープで
後に引くとまでは言えません。
具材は厚切りのしっかりとした
燻製チャーシューと
青菜/海苔

全体的に悪くはありません。
かなり完成度の高い
美味しい家系ラーメンでした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

《鶴一家》
 横浜市神奈川区鶴屋町 1-7-34

JR横浜駅前 横浜モアーズの北側
歩いて5分くらいの距離
ひっそりと路地の奥で24時間営業の
横浜家系ラーメン店です。

豚骨ラーメン 700円

麺は滑らかな食感の
中太ちぢれ麺
スープは獣臭が気にならない
まろやかな美味しい豚骨醤油味です。
具材は肉と脂身が半々の
チャーシューと
青菜/海苔/刻みネギ

家系ラーメンとしては
ややパンチに欠ける感じもしますが
まろやかで美味しい一杯でした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 8点
コメント

2017#69《横浜 瀬里奈》

2017-10-05 17:45:00 | 神奈川県横浜市
虎バカ日誌【10月05日】

今季54試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
25勝24敗4分です。

本日の試合は
中日ドラゴンズ
24回戦です。
今季の対戦成績は
14勝9敗0分で
勝ち越し5です。

9/29 私も遠征応援で観戦した
対横浜De 今季最終戦
敵地 横浜スタジアムで
タイガースは残念ながら
負けてしまいました。
今季の対横浜De戦の
対戦成績とチーム成績を
まとめてみました。
      阪神T   横浜De
勝 敗:14-10- 1|10-14- 1
打 率: . 251  | . 251
防御率: 3 .07  | 3 .60
得 点: 110 |  86
失 点:  86  | 110
安 打: 217 | 217
本塁打:  20  |  19
盗 塁:  09  |  07
三 振: 180 | 231
四 球: 110 |  69
死 球:  06  |  09
失 策:  15  |  19

タイガースの勝敗内訳
甲子園球場 6勝7敗
横浜スタジアム 8勝3敗1分
今季も14勝10敗1分で勝ち越し4
これで横浜Deには4年連続で
勝ち越しました。
しかし 今季は甲子園では
6勝7敗と負け越してしまいました。
10/14から甲子園で行われる
C•Sファーストステージは大丈夫でしょうか?
少し不安です。

また 10/01にタイガースは
東京ドームで対読売Gと
今季最終戦を戦い
見事 白星で飾りました。
今季の対読売G戦の
対戦成績とチーム成績を
まとめてみました。
      阪神T   読売G
勝 敗:10-13- 2|13-10- 2
打 率: . 235  | . 251
防御率: 3 .80  | 3 .60
得 点:  79  | 101
失 点: 101 |  79
安 打: 199 | 214
本塁打:  16  |  20
盗 塁:  09  |  08
三 振: 188 | 152
四 球:  64  |  74
死 球:  08  |  01
失 策:  09  |  15

タイガースの勝敗内訳
甲子園球場 3勝7敗2分
東京ドーム 7勝6敗
今季も10勝13敗2分で負け越し3
これで読売Gには6年連続で負け越し
しかも引き分け3年を挟んで
更に負け越しが1年
2007年に勝ち越した後
読売Gに10年間 勝ち越しなしは
情けないの一言ですね。

さて本日から甲子園で行われる
対中日D2連戦
いよいよタイガースもラスト2試合
2017年シーズンの
ゴールを迎えました。
本日の予告先発は秋山です。

今季 ここまで24試合に登板して
投球回数は 153回1/3
12勝6敗 防御率 3.05 と大活躍
昨年までプロ入り7年間で
通算成績6勝11敗が
嘘のような今季の成績です。
12勝をあげてから3試合ほど
足踏みをしていますが
今日が今季レギュラーシーズン
最後の当番です。
勝って 有終の美を飾ろう!
頑張れ 秋山
頑張れ タイガース!

本日のグルメ情報は
横浜市エリアのお店です。
先日の横浜遠征応援時に訪れて
2017#68《横浜遠征4》の中では
紹介出来なかったお店です。
JR関内駅の北口から出て
海方向へ向かって通りを北進して
3つ目の信号 [関内ホール前]角の
LAWSONの手前にあるビルのB1F
しゃぶしゃぶ/牛なべ/ステーキの
《横浜 瀬里奈》浪漫茶屋です。

*住所*
 横浜市中区住吉町 4-45-1 

1984年(昭59)に開店した
旬の食材をふんだんに使った
四季折々の本格的な日本料理を
贅沢な気分で楽しめる
隠れ家的な素敵なお店です。

1本西側の通り 馬車道には
鉄板焼ステーキ&シーフード専門の
《横浜瀬里奈》ステーキドーム
と云う姉妹店もあります。

地上階の入口付近に置かれている
店看板やメニュー看板に
料理サンプルです。

地下へ向かうじゅうたんが敷かれた
階段を降り店内に入ると
雰囲気は一気に変わります。

古き良き横浜の異国情緒と
大正浪漫が溢れる
重厚で優美な造りです。

ホームページに見取り図から
2人掛けテーブル席 1卓
4人掛けテーブル席 20卓
個室 3部屋と
各テーブルは広めの間隔で
ゆったりと落ちつける
豪華な雰囲気の店内です。

この店のメニュー表の一部です。

しゃぶしゃぶ/牛なべ/ステーキが
メインデッシュで
それぞれにコース料理が
設けられています。
価格設定はやや高めです。

しゃぶしゃぶ
 Cコース 15000円

(コースの内容)
 ・食前酒
 ・前菜
 ・おさしみ
 ・伊勢海老造り
 ・ずわい蟹と季節料理の盛込
 ・A5ランク特選肉しゃぶしゃぶ
 ・うどんスープ
 ・伊勢汁
 ・デザート

食前酒/前菜

食前酒はほんのり甘くて冷たい
食欲をそそる梅酒でした。
一緒に出された
前菜との相性も良くて
とても美味しかったです。

おさしみ

マグロ/タイ/マハタの3点盛り
新鮮で身はコリコリ
美味しいお刺身でした。

伊勢海老造り

独特なぷりぷり感と
ほんのりとした甘味が最高です。
後で殻の方は赤だしで
出てくるそうです。

ずわい蟹

ほんのり塩味の茹でずわい蟹
脚肉も爪肉も根気強く
身を掻き出して
山盛りにしてから一気に頂く
至福の時がたまりません。

季節料理の盛込

秋鮭の焼き物/茄子の煮浸し/
湯葉とイクラ 等々
秋が旬の食材ばかりです。

メインデッシュ(しゃぶしゃぶ)

着物を着こなした
店員さんが手際よく
お給仕をしてくれます。

タレは左からポン酢/胡麻ダレ/
胡麻ダレ(辛)の3種類
お好みで使い分けて頂きます。
私はポン酢オンリーで頂きました。

A5ランク特選肉と野菜

肉は食べずとも
美味しさがわかる
見事なサシが入った
綺麗な薄切り肉が5枚
野菜は白菜/えのき茸/人参/水菜/
ネギ/豆腐/お餅/若布/葛きり と
新鮮な野菜がたっぷりです。

さすがA5ランクの特選肉
数回噛むと溶けて無くなります。
野菜も自然としっかり摂れる
鍋料理はこれからの
季節に欠かせません。

うどんスープ

しゃぶしゃぶ鍋の〆は
肉や野菜のエキスがたっぷりの
しゃぶしゃぶのスープで
うどんを頂きました。

伊勢汁

ほっと落ちつく赤だし
日本人で良かったと思います。

デザート

焼きプリンのアイスに
フルーツはメロン/ぶどう/梨でした。

びっくりするほどの
絶品料理とは言いませんが
クラシックな雰囲気の店内で
コース料理を頂く
何とも言えない特別感の中で
大切な相手と食事を楽しむ時に
また利用したい
素敵なお店でした。
コメント

2017#68《横浜遠征4》

2017-09-29 17:55:00 | 神奈川県横浜市
虎バカ日誌【09月29日】

今季53試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
25勝23敗4分です。

本日の試合は
横浜DeNAベイスターズ
25回戦です。
今季の対戦成績は
14勝9敗1分で
勝ち越し5です。

今季3度目の横浜遠征応援です。
C•S出場権を掛けた大一番
横浜Deとの直接対決が
始まりました。
甲子園球場で行われた
9/24~25の2連戦は
タイガースは連敗しました。
しかも2試合とも
完封負けでした。
私は前回 , 前々回と このブログで
タイガースの2位を前提として
C•Sを戦う相手は
対戦成績で分が悪い読売Gよりも
横浜Deの方が良いので
この5試合は2勝3敗で良いと
書きましたが
その負け方が連続の完封負けとは
心穏やかではおられません。
9/26の移動日を挟んで
今度は横浜Deの本拠地
横浜スタジアムに場所を移して
9/27~29の3連戦が
始まりました。

9/27 対横浜De23回戦
  123456789101112| 計安失
神 000003001 000| 4111
横 220000000 000| 490
〈勝〉
〈S〉
〈負〉
【本塁打】
(神) 糸井15号
(横) ロペス29号

9/28 対横浜De24回戦
  123 456 789| 計 安 失
神 005 123 000|11 16 2
横 000 001 100| 2 4 1
〈勝〉能見 6勝6敗0S
〈S〉
〈負〉井納 6勝10敗0S
【本塁打】
(神) 岡崎2号
(横) 梶谷20号

1戦目は 0―4からの
勝ちに等しい引き分けで
甲子園での2戦連続完封負けの
悪い流れを絶ちました。
流れが変わった2戦目は
ちょっと打ち過ぎ感はしますが
猛打爆発の圧勝で
今季の3位以上が確定し
C•S出場権を獲得しました。

そして1勝1分で向かえた
3連戦の最終日
今季の対横浜De最終戦です。
予告先発はメンドーサ

うーん 大量点を取った翌日
しかもメンドーサ
やや 不安な点もありますが
今季最後の横浜遠征応援
タイガースの勝利を願って
今回もハマスタ応援観戦時の
私のお決まりの場所

三塁側内野指定席(SS)から
熱い応援をしたいと思います。

さて 9/28終日時点の
C•Sクリンチナンバーですが
(阪神T) 残り5試合
 C•Sクリンチ数
 3位確定
 2位確定 0.5 あと1勝
(横浜De) 残り5試合
 C•Sクリンチ数
 3位確定 4.0 あと4勝
 2位確定 自力消滅
(読売G) 残り3試合
 C•Sクリンチ数
 3位確定 自力消滅
 2位確定 自力消滅

今夜も勝って2位を確定させよう!
頑張れ メンドーサ!
タイガースに移籍しての
初勝利を飾れ!

そろそろ遠征応援時恒例の
食べ歩きの話題に移りましょう。
今回の遠征も1日早く
横浜に乗り込んで参りました。
横浜滞在中に無理をしない程度に
私が食べ歩いた
横浜市内の飲食店を紹介します。

まずは新横浜で新幹線を降りて
1食目は駅ビル内にある
居酒屋食堂に飛び込みました。

《新横のまぐろや》
横浜市港北区篠原町 2864

JR新横浜駅に隣接する
新横浜ビルディングのB1F
昭和な雰囲気が漂う
オゾン通り内に店を構える
生の本鮪が食べられる
和風海鮮系居酒屋です。

まぐろ丼 900円

ランチタイム(11時~14時)の
人気メニューです。

小さめの丼に酢加減柔らかめの
酢飯が盛られ
その上にややトロ寄りの
まぐろ赤身が5切れ
まぐろは厚い部分で 1cm強と
食べごたえ十分の
美味しいまぐろ丼でした。

和の次は洋と云う事で
続いて訪れた店は
小さな町に根付いた
洋食屋さんを訪れました。

《キッチン友》
横浜市神奈川区六角橋 1-7-21

東横線白楽駅で下車して
西口から出てそのまま直進して
六角橋商店街の通りに出たら
左折して100mほど南進した先
右側に入る路地の奥にある
小さな洋食屋さんです。
孤独のグルメSeason2 第5話で
紹介されたお店です。

ジャンボランチ 1250円

孤独のグルメ ドラマの中で
五郎さんが食べたメニューは
豚肉と玉ねぎのニンニク焼きの
スペシャル友風焼でした。

しかし今回私が選んだメニューは
カツ/えびフライ/ハンバーグ/
唐揚げ/目玉焼きと
人気メニューが勢揃いした
豪華な盛り合わせメニューの
ジャンボランチにしました。

一番左側は唐揚げです。
鶏カラと言うよりは
大分名物の鶏天のような感じで
あっさりしています。
唐揚げの右側はえびフライです。
サイズはやや小さめですが
サクサクの衣にプリプリの身
とても美味しいえびフライでした。
えびフライの右側には
ハンバーグと目玉焼きです。
厚みは驚くほど薄いハンバーグですが
噛まなくても溶けて無くなるような
柔らかくてとてもジューシーな
ふわふわのハンバーグでした。
そしてそのハンバーグ上には
半熟の目玉焼きが
載せられていました。
唐揚げ/えびフライ/ハンバーグ/
目玉焼きの下には
カツが敷かれています。
このカツもハンバーグ同様
非常に薄い物ですが
そこそこ大きなカツでした。
カツの下にはスパゲッティも
盛られているし
サラダもしっかり添えられていて
ボリューム満点のその名の通り
ジャンボランチでした。
鰹ダシがしっかり効いた味噌汁も
とても美味しかったです。

横浜滞在時の朝食は
中華街で中華粥が前回 前々回と
2回ほど続いていたので
今回は喫茶店でモーニングと
決めていました。

コーヒー専科《小島屋》
横浜市中区相生町 1-26

材料からこだわる港横浜の
老舗珈琲専門店です。
サイフォンでいれたコクのある
珈琲の香りが漂う
昭和レトロな純喫茶です。

Aモーニング 500円

この店の名物メニューは
サンドウィッチの王道
BLTサンドのようですが
私はサンドウィッチにしても
バーガーにしてもトマトを挟むと
種の部分の水分でパンが濡れて
それが気持ち悪くて嫌いなのです。
そんな訳で今回私が頼んだ物は
モーニングメニューの中から
Aモーニングを選択しました。
厚切りトーストに
サラダと目玉焼きが付いています。

ドリンクはコーヒー/紅茶/ミルク/
オレンジジュースの中から
コーヒーを選びました。
苦みは弱めで やや酸味を感じる
飲みやすいマイルドな
ホットコーヒーでした。

関東に来たら蕎麦は外せません。
つけ天そば発祥の
横浜で人気の老舗店に
12年振りの再訪です。

《角平》
横浜市西区平沼 1-36-2

戦前はカツ屋を営んでいたこの店は
1950年(昭25)に蕎麦屋に変わり
今年67年目を迎えた
横浜 平沼橋にある行列の絶えない
老舗の蕎麦屋です。

つけ天 1210円

この店の初代が
盛りそばや天ぷらそばを食べて
シコシコの蕎麦にサクサクの海老天
同時に美味しく食べたいと
長年 研究を重ねて
天ざるや天せいろの祖となる
メニューが生まれました。
この店の看板メニューのつけ天です。

蕎麦はよく冷えていて
1本1本がプリッとしていて
コシを感じる歯応えしっかりタイプ
蕎麦の風味はやや弱いが
のど越しの良い美味しい蕎麦です。

温かいつけ汁は鰹が利いた
濃口醤油ですが甘みを感じます。
そのつけ汁に大きな海老天が1尾
つゆをたっぷりと吸った衣が
とにかく激旨で感動ものでした。

遠征応援時の試合前には
必ず縁起物として
とんかつを頂きます。

《とんかつ馬車道さくら》本店
横浜市中区相生町 4-67

名立たるとんかつの名店が多い
横浜馬車道エリアに
2016年10月にオープンした
とんかつ専門店です。
3種類の銘柄豚 栃木県 桜山豚/
北海道 夢の大地豚/千葉県 林SPF を
取り揃えているお店です。

桜山豚 ロースカツ定食(140g) 1680円
おろしポン酢 100円
*注* 外税価格です。

ご飯/しじみの味噌汁/キャベツは
おかわり自由です。
注文後 直ぐにキャベツだけ
先に出て来ます。

桜山豚(オウシャントン)は
日本に100頭ほどしかいない
幻の豚 梅山豚(メイシャントン)と
良質な肉質のケンボロー種と
掛け合わせて生まれた種です。

ビタミンとミネラルが豊富で
歯切れよくあっさりとした肉質と
プリプリの脂身はさらっとしている
美味しい豚肉です。
おろしポン酢で食すも良し
ソース辛子で食すも良し
ひと切れずつ交互に頂きました。

さぁ 縁起物のカツも頂き
そろそろ球場へ向かう
時間となりました。
昨夜の勝利でタイガースは
今季の3位以上が確定しました。
2位確定まで あと1勝が必要です。
まだまだ気を緩めず
今夜も勝ちを取りに行こう!
頑張れタイガース
絶対勝つぞ タイガース!
コメント

2017#49《拉麺放浪記/横浜編3》

2017-07-12 17:45:00 | 神奈川県横浜市
虎バカ日誌【07月12日】

今季35試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
18勝15敗1分です。

本日の試合は
中日ドラゴンズ
14回戦です。
今季の対戦成績は
6勝7敗0分で
負け越し1です。

7月に入りプロ野球は中盤戦
セ・リーグの方は既に
決着が付いた感がありますが
パ・リーグの方は
楽天Eと福岡ソの2チームの
首位争いが連日激しさを
増しています。
そんな日本のプロ野球ですが
7/14 ナゴヤドーム
7/15 ZOZOマリンで
オールスターゲームが行われます。

そんな訳で7/11から始まる
中日Dとの2連戦が
前半戦最後のカードとなります。
現在 82試合消化して
37勝42敗3分で中日Dは4位
4月 , 5月は負けが込んでいましたが
6月は14勝9敗と勝ち越し
チーム力も整ってきて
厄介な相手になってきました。

今季 これまで対戦した
中日D12回戦までの
対戦結果と両チームの成績を
比べてみました。
    阪神T 中日D
勝 利: 5勝 | 7勝
打 率: .198 | .241
防御率: 2.08 | 2.51
得 点: 32 | 28
失 点: 28 | 32
安 打: 74 | 91
本塁打: 05 | 03
盗 塁: 09 | 07
四死球: 57 | 26
失 策: 10 | 04

ここまでのタイガースは
やはり投手陣の
頑張りに尽きますね。
とにかく打てなさすぎですよ。
何とか後半戦に向けて
再浮上のきっかけになるような
勢いのつく勝ち方で
前半戦を締めたいものです。

そんな前半戦最後のカードは
中日Dとの2連戦です。
初日はタイガース唯一の
地方開催の主催試合で
倉敷マスカットスタジアムで
行われました。
7/11 対中日D13回戦
中 100 000 000|1
神 013 150 00X|10
〈勝〉メッセンジャー 8勝5敗0S
〈S〉
〈負〉ジョーダン 6勝3敗0S
【本塁打】
(中)
(神) 上本5号/福留7号

先発のメッセンジャーは7回を投げて
被安打9 奪三振6 与四死球0 失点1
毎回 ランナーを背負った
苦しいピッチングでしたが
低めを意識しての粘りの投球で
初回に与えた1失点のみ
久々に勝ち星が付きました。
打撃陣も14安打で10得点
特に上本が大活躍
4打数4安打(1本塁打)3打点と
元気でした。

そして前半戦最後の試合
本日の予告先発は秋山です。

今季13試合に先発して
7勝4敗 防御率3.26
毎試合 大崩れする事なく
安定したピッチングを
見せてくれました。
前半戦 タイガースの
先発陣の中では
1番の活躍と言っても
過言ではありません。
本日もストライク先行の
攻めのピッチングで8勝目と
前半戦を有終の美で
飾ってほしいものです。
頑張れ 秋山!

さて本日のグルメネタも
前号に引き続き横浜市エリアの
お店の紹介になります。
横浜遠征応援にて 7/05~7/06に
掛けて横浜市内滞在中に巡った
4軒のラーメン店を
拉麺放浪記 横浜編 第3弾として
紹介したいと思います。

横浜市内にあるラーメン店を
紹介する拉麺放浪記の横浜編の
これまでの2回で
とらきち家/介一家/六角家/吉村家/
三國家/太田家/銀家/味の時計台
と8軒のラーメン店を
紹介しましたが
うち7軒が家系店となりました。
もちろん 横浜市内にも
家系以外のラーメン店も
たくさんありますが
ここは 横浜家系ラーメンの本場
今回も大好きな家系店を4軒
紹介したいと思います。

《伊勢佐木家》
 横浜市中区伊勢佐木町 3-107

2015年3月 家系の激戦区
伊勢佐木モールにオープンした
ひもの屋/ばじりこと云った
関東を中心に広まっている
飲食店経営会社の(株)subLimeが
新しく手掛けた家系店です。

ラーメン(並) 730円

麺は小麦を感じる低加水の
かなり短めの平打ちの中太麺です。
スープはとんこつ/醤油/油の
バランスは悪くはない
マイルドな家系スープです。
具材は薄味の柔らかチャーシューと
青菜/海苔/半玉子/うずらの卵

壱系―商店ラインのような
ラーメンですが
家系の荒々しさはありませんが
トータルバランス的には
まずまずのラーメンでした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

《たかさご家》関内店
 横浜市中区常盤町 2-14

横浜市内4箇所でチェーン展開中で
横浜家系直系店や主流店とは
直接の接点はない
家系ラーメンに感化啓発されて
新しく生まれた
インスパイア系とか亜流系に
分類されるお店です。
しかし関東地方にはたかさご家から
派生した店舗も幾つかあり
家系ラーメンの関東地方での
拡大定着の一翼を担った
お店でもあります。

ラーメン(並) 650円

麺は家系定番の酒井製麺で
平打ちの短いストレートの太麺です。
スープはさらさらのマイルド系で
家系にしては薄味のライト感覚
良かった点は食べ終わるまで
熱々だったところだけです。
具材は家系定番の
チャーシュー/青菜/海苔の3種のみ

こんな弱々しいラーメンは
家系ではありません。
確かに看板を見ても
家系とは名乗っていません。
しかし屋号に家を付けて
家系ラーメンと同じ3種の具材
家系を意識している事は
間違いありませんね。
もちろん 不味いラーメンでは
ありません。
博多で食べるさらっとした
美味しい豚骨ラーメンですよ。
家系っぽいスタイルでの
営業は辞めたらどうですか?

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 5点

《大館家》
 横浜市中区伊勢佐木町 4-117

ラーメン激戦区の伊勢佐木町に
1年前にオープンした
おそらく個人経営の店舗です。
店長が秋田県大館市出身との事で
店名が大館家になったそうです。

醤油ラーメン 680円

麺はやや平打ちの短い中太の
ストレート麺
スープは醤油辛さが穏やかな
とんこつ醤油味で
家系本来のパンチ力が全くない
醤油辛さの穏やかな
マイルド系の熱々スープです。
具材はホロホロと崩れる
チャーシューと
青菜/海苔/メンマ

家系としては物足りなさを
私は少し感じましたが
とても美味しいラーメンで
完成度もかなりのものだと思います。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

《ゴル家》伊勢佐木モール店
 横浜市中区伊勢佐木町 1-3-1

ウルトラフーズ(株)が手掛ける
横浜/町田/藤沢で展開中の
家系店《ゴル麺。》と
藤沢/平塚/戸塚/茅ヶ崎で展開中の
家系店《ラーメン松壱家》
両方の家系の強みを生かした
進化系の家系店として
2014年12月に伊勢佐木モールの
入口にオープンしました。

醤油(並) 700円

麺は平打ちストレートの太麺
スープはかなり熱々で
家系としてはサラッとした
後味すっきりのマイルド系です。
具材は脂身の少ない小振りの
チャーシューと
青菜/海苔/うずらの卵/メンマ/
刻みネギ

好みの問題で美味い不味いは
人それぞれですが
私は家系としては やや残念な
感想を持ちました。
しかし ラーメンとしては
完成度の高い美味しい一杯でした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

今回も4軒の家系店を廻りましたが
やはり家系は最高です。
まだまだ家系店はたくさんあります。
次回 訪れる機会があれば
また 家系巡りをしたいと思います。
コメント