へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

つまるところ、自分は何を得たいのか・・・?

2014-09-19 00:17:10 | 日々雑感
 宝くじ、当たったらいいな~って思っている人は多いと思う。では、その人に聞こう!

 もし、1億円当たったら、あなたは何に使いますか??


 え~っと、まず、マンション買うでしょ、あ、それより一戸建てがいいかな??どうせなら、クルマも買い換えて、えっと、1億円だから、2台目も買えるかな??なら、2台買いましょ、2台目は・・フェラーリでお願いします。

 で、海外旅行・・・ずーっと行きたかったおフランスに行って・・・そうだ!1億あるんだから、どうせなら、豪華客船で世界一周の旅、なんていいかもお~!


 と、せっかく盛り上がった「夢」にピリオドを打ってゴメンナサイ。ここまでの収支決算、限りなく1億に近づいてるかも・・・このまま、使い切ったら、まさか、まさかの「破産」かも・・・



 何が言いたいか、と言うと・・・果たして、マンションや戸建てといった「家」は、のちのちを考えると必要な買い物、かもしれません。しかし、2台目の高級車は必要ないですよね?


 確かに、豪華客船の旅は・・・世界の富豪と出会えるチャンス!あなたの人生観を変えるかもしれません・・・


 

 宝くじ、当たったらいいな~って漠然と思っている人に万一、当たったら・・・ロクな事にならない、だから当たらない方がいい・・・って私自身、思っているんです。


 
 話変わって、最近、こんなコトがありました。仕事上、よそとの付き合いが多くあり、異動してきたばかりの私を紹介する上司の言葉の最後に必ず付くこの言葉・・・「コイツ、独身なんです。よろしくお願いします・・・」


 正直言って、迷惑です。何度も聞かせられる本人からすれば、「セクハラ」で訴えたいくらいです。

 
 そもそも、独身でなぜ、いけない??

 では、聞こう!結婚して、果たして何%の人が幸せになった??

 なかには、家庭内暴力、不登校、嫁姑の争い・・・果たして、それって幸せの構図なの??


 私に、そこまで「結婚」を進めるなら、こちらにも言い分がある。「もう、子供は産めない。」「84歳になる一人暮らしの母がいる。」いざとなったら、その母の最期をみとらなければならない・・・


 そういったリスク、というか、ある意味、「覚悟」を背負う事ができるか・・・??ということ。

 そう、私にとって「結婚」とは、恋愛の延長線上にあるものではなく、「覚悟」そのものを意味するのである。

 

 だったら、そんな「覚悟」は、いらない。「今」で十分である。


 結論として、各人、問うてみて欲しい。「つまるところ、自分は何を得たいのか?」って。

 私は、考えた結果、「研ぎ澄まされた感性」と「いくつになっても衰えないシャープな肉体」である。

 なぜか?

 これから先の時代、全く、読めない時代・・・だからこそ、生き延びて行くために、これら二つの条件が必要だと痛感するから。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラマダン・ダイエット

2014-09-16 22:26:02 | 健康・フィットネス
 この3連休は・・・久々のウルトラ100km(予定通り55kmのビール園で打ち止め。逆コースで2時間歩きのゴール)参加で、ビール園でしこたま飲んで、打ち上げで、しこたま飲んで・・・

 そして、最終日は・・・ズンバ・トーニングクラスの受講~という、なんとも有意義な3連休でありました。

 おかげで、今日は、筋肉痛 ~ さすがに、スポーツクラブに行くのはパス。その代り、仕事した、めずらしく夜9時まで・・・


 しかし、有意義すぎて体重が増えた。ま、つまるところ、久々にウルトラ仲間に会ってうれしさ倍増~の暴飲暴食の成果なのだが・・・3日前より3kg増量は、確かに堪える・・・


 この成果は、「ラマダン・ダイエット」で解消する以外にない。

 そう、イスラム教徒のラマダン・・・である。と言っても、私自身はイスラム教徒でもなんでもない。悪名高き「イスラム国」のおかげで、世界的にイメージが低下しつつあるイスラム教だが、ラマダンの風習には見習うべきものがある、と個人的に思う。

 ラマダン=断食、みたいに思われている節もあるけど、実際はそうではない。断食するのは、日中だけで、日が沈むと人々は飲食を始める。考えてみりゃ、そりゃそうだ。一日飲まず食わずで、あの砂漠の暑さに耐えられるワケがない。

 では、彼らは、いったい何のためにラマダンをするのだろうか?ラマダンの意義について考えてみた。

 ま、考えるまでもなく、断食した後は、その直後に初めて口にする食べ物、飲み物は・・たとえどんなにマズイものであっても、美味く感じるワケである。

 さらに、その奥には・・・食べ物、飲み物に感謝する心が現れる・・・というワケ。

 どうですか?ラマダンは、決してイスラム教徒のためのものではなく、むしろ、食べ放題飲み放題に走り、平気で余った食べ物・飲み物を捨てる我々日本人のために必要な習慣では、なかろうか??と。

 でも、コレって、最近、推奨されている「一日一食主義」に通ずるモノがある・・・

 
 一日一食・・・と聞いて、そんな馬鹿なって思った。けど、ラマダンのように、一日の終わりに好きなモノを好きなだけ食べてもいい。その分、日中は、飲食を制限しているから、通常より小さくなった胃袋は、「さあ、食べるぞ!」と言っても、いつもよりは暴走しないのである・・・


 明日からさっそく、ラマダンに入ります。ち~ん(笑)

 それでダメなら、週末、大阪から来る腸モミの先生にお願いしよう~(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加