やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

絹さやとスナップエンドウの種まき。

2017年11月12日 | エンドウ

11月5日


6月に自家採種した絹さやとスナップエンドウ。
ハウスの中に吊るして保管していました。


カラカラに乾いています。


鞘を手でもんで、テミで煽って実だけにしました。


今年もエンドウは混植です。
昨年はアブラナ科も一緒に混植しましたが
今年はほうれん草だけにします。


昨年は15㎝間隔でいたが、今年は30㎝間隔で種まきしてみました。
種が豊富にあったので、1穴5粒位を目安に種まきです。
畝の両肩には、ほうれん草をすじまきしました。


支柱を立て、寒冷紗をかける準備です。
今年は、初めて自家採種からのエンドウ栽培なので、発芽が気になるところ。
しっかり見届けてから寒冷紗をかける予定です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンドウの種採り。

2017年06月14日 | エンドウ

6月10日


ほんのひと月前は、収穫が間に合わないほどだったエンドウも、
気温の上昇と共に一気に終了となりました。
今年は、エンドウの自家採取に挑戦です。
スナップエンドウと絹さや、同じ畝で育てていましたが、交雑するのかな?


こちらは、スナップエンドウの「スナック753」。


カラカラになった莢を採りました。


秋までネットに入れて保管してみようと思います。
左がスナップエンドウ、右が絹さやです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エンドウ、終盤。

2017年05月19日 | エンドウ

5月19日

エンドウの畝にとうとう見られなくなったもの。
それは、花です。
絹さやは、開花後約15日、スナップエンドウは開花後約25日で
収穫適期になると言われています。
こちらは、スナップエンドウゾーン。
実が沢山ぶら下がって、収穫のピークです


スーパーで買うと、結構いいお値段しますよね。
1本10円くらい?
ここに写っている物は・・・・何百円分あるかな?(笑)


朝露が付いています。こんな朝の収穫時には、濡れるのを覚悟した
服装で畑に行かないとなりませんねぇ。


絹さやは、収穫できるような実が少なくなってきました。
絹さやはまさに終盤です。


収穫が追いつかないくらいのスナップエンドウと、


数えるほどしか収穫できなくなってきた絹さや。
絹さやのピークは10日ほど前でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絹さやの収穫が追いつきません。

2017年05月10日 | エンドウ

5月8日


絹さやが背丈を越えました。自分の身長が172cmですが、
それよりも大きく育っています。
花盛りのように見えますが、よく見ると開花状態は終盤。
花色が落ち、花の大きさも小さくなりつつあります。


身長122cmの息子が収穫のお手伝い。
運動会の練習シーズンに突入し、毎日体操服で通学しています。


5月2日の収穫分よりも多く採れています。
というか、はっきり言って収穫が追いつきません。
約30分かけて、息子と二人で、約1kgの絹さやを収穫しました。
1莢約3~4gなので、このカゴには300個くらいあるのかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絹さやがピークを迎え、スナップエンドウが収穫開始。

2017年05月05日 | エンドウ

5月2日


絹さやの初収穫から約10日。ピークを迎えました。


赤花の絹さや。上の写真の反対側からの撮影です。(影の関係で)
背丈が1㍍を超えました。


収穫が忙しいです。


白花のスナップエンドウ。
品種はスナック753。


絹さやより遅れること10日。
ようやく収穫がはじまりました。


左側がスナップエンドウ、右側が絹さやです。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加