やしまファーム

カテゴリー分けし、管理過程等を紹介しています。
たまに、趣味や日常生活の紹介もあります。

たまねぎの発芽。

2020年09月20日 | たまねぎ

9月17日

9月10日に種まきをしたたまねぎ。


順調に発芽をしています。


種まき直後に、トレイを重ねて乾燥防止を行っていましたが、


9月15日に、平置きにしていました。
種まきから5日目には、数か所で発芽を確認。
これが、1日遅れると、もやし状態になって
その後の生長に影響が出ます。


コメント

秋ナス。

2020年09月19日 | ナス

9月14日


約1か月ぶりに紹介するナス。
途中まではV字仕立てを心がけていましたが、
すっかり放任になってしまっています。
収穫時に、側枝に実が着いた場合は、
枝毎切り落としているくらいです。


9月に入り、適度なお湿りが続いたので、
更に気温が高い状態が続いているので、
適量ずつ収穫し続けることができています。


アマガエル発見。
7月に見つけた子かな?
大きく育っている様子なので、
しっかりお仕事してくれているのでしょうね。





中3日くらいでの1日の収穫量です。
今年はまだ、台風の直撃がないので、
風による擦れ傷が少なくて、助かっています。


コメント (2)

秋じゃがの定植。

2020年09月18日 | じゃがいも

9月14日


8月5日に掘ったじゃがいものデジマ。
自家栽培のじゃがいもは、種に使うのは
あまりふさわしくないのでしょうけれど、
このデジマだけは、自家採種をしています。
ダンボールで遮光保存していましたが、
芽が動き始めたものがあります。


種用に、35個見繕いました。


目印に紐を張って、


培土機を付けたこまめで、紐を頼りに溝を掘って、


30㎝間隔で芋を並べました。


秋じゃがの定植適期は、8月下旬なので、ちょっと遅め。
昨年は9月1日の定植でした。
少しでも生長を早めるため、芽を上に向けての定植です。


コメント

施肥、耕運作業。

2020年09月17日 | 肥料、堆肥

9月13日

8月27日に耕運をしたクロタラリアを漉き込んだ場所です。
だいぶ分解が進んだ様子です。
次作はニンニクを予定。
お彼岸過ぎくらいに、マルチを貼って植え付ける予定です。
元肥として、春に仕込んだぼかし肥料をまいて、3度目の耕運します。


耕運作業は、小学校6年生の息子がお手伝い。
だいぶまっすぐ、進められることが出来るようになりました。


定植前に、もう一度耕せば、問題なさそうな具合に、
クロタラリアの分解が進みました。



コメント

ズッキーニ、初収穫。

2020年09月16日 | ズッキーニ

9月13日

9月9日に、雌花を見つけて人工授粉をしていましたが。
新たに雌花が咲きました。
中3日での雌花です。


4日前に人工授粉した実が、採り頃になっていました。
ズッキーニの遅まき、意外といけますねぇ!


初収穫です。


ところで、9月9日の人工授粉時に発見した、
前日に開花したであろうものは、実受粉だったためか、
腐り始めていました。
写真ではわかりづらいですが、茎の陰の実がそれです。


ナスとベーコンと共に、オリーブオイルで炒めてみました。
妻と娘がズッキーニ好きなんです。喜んで食べてくれました。
自分は、味も素っ気もないズッキーニ、
どこが美味しいのかわからない、ってのが本音ですけれどね(笑)
直売に出しても、好きな方は本当にお好きみたいで、
好みの分かれる野菜なのでしょうね。


コメント