東京湾の漁師 東京湾海人の日記

青混ぜ海苔の達人のブログです。

彼岸花

2006年09月30日 19時53分18秒 | Weblog
北の風



かれこれ 彼岸花が咲き出して 何日になるのだろうか。
12日の記事にありましたね。
もう 20日近く咲いて ロングランですね。
今年は おかげで 白い彼岸花を 見逃してしまいました。
家の彼岸花は 陽だまりにありまして ちょっと 遅れて丁度 見ごろです。

アゲハチョウも 必死で 蜜をとっていますね。
彼岸花が 長く咲くということは 草木も季節に迷っているという証拠です。
今年は お月見が 10月ですからね。
彼岸花が 迷うということは 海苔も 迷っているのかもね。

海苔養殖日記



天気予報に反して 雲の切れ間からではありますが 時折薄日の差す 今日。
人それぞれの工夫で 海苔網管理が始まりました。

海苔は 潮間帯植物(果たして正確な漢字か定かでありませんが)といいます。
時には 海水から 出て 干しあがっても 大丈夫です。というよりも 他の海草にない干出に対する耐性を持っているので その性質を利用して 養殖するのです。

ただ 今の海苔は あまり干出すると 品質が低下して なるべくなら 最小限度に干出したほうが 黒い海苔になります。つまり高価な製品ができます。

でも こうして 自然に潮が干上がって 海苔が乾くと 美味しい海苔が出来上がります。干潟の海苔が美味しいのは 自然な干出が影響しているのではないのでしょうか。
日本で養殖されている 海苔の原種はここの隣町の奈良輪というところで 採取された たった一枚の 海苔の葉なのです。
昭和38年に東京湾で 全滅した 海苔はたった一枚の葉を残してくれたのです。
(私の従兄弟や 身内のおじいさんたちが発見したのはひそかな自慢です。)
それを 全国で 品種改良され 長い年月を経て 美味しい海苔となったのです。
そして 今でも 品種改良がなされて さまざまな人が試みています。
今 組合でも 独自の品種を作ろうと 試みています。
昨日の記事の海苔網は その種付けの模様です。



今日の貴重な 晴れ間を 利用して 先輩漁師が 海苔網を乾かしています。
こうすると 珪藻は死に至り 綺麗な海苔網に海苔だけが 生き残るのです。
この方法は 熟練した 技術も必要で 素人は 干出時間が とても難しいのです。
時には失敗もして 海苔芽を流失させたりします。

そうそう 東京湾 綺麗でしょ。
海底が 見えるようになりましたね。
このあいだの アオサもだいぶ 拡散され 川からの真水も混和されたのでしょうね。
でも これは 赤潮の兆候かもしれません。いっそのこと 晴れなければ 赤潮にはならないのですが 晴れ間がないと 海苔は育てません。

こんなこと考えると いろんなケースが想像できて 一晩中考えても足りません。
ん~ 海苔って難しいです。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴミ

2006年09月29日 15時11分55秒 | Weblog

北東の風

やっと 海苔網を 海に出し終わりました。
これからは 水温 干満 そして 天気を勘案しながら 管理をして なんとしてでも 「本冷凍網」を一日でも早く 確保するように 頑張りたいと思います。



この写真は 資料的に 作成したもので こんなに胞子が海苔網に付くことはありませんが 撮影用に作りました。
午後に撮影したもので すでに胞子が オバQのように立ち上がっています。
こうして 海苔芽が大きくなって 一晩で 2細胞になり4細胞になり 8細胞になり 縦割れして 肉眼で見えてきます。

海のゴミ



漁場の近くに 2級河川の小櫃川が流れています。
昨日は 大量の真水とゴミが 大量に 海にながれでてきました。
木がそのまま一本。竹がそのまま3本一組で。
こんなの もう 回収できません。木を一本積むと小さい船は帰らなければなりません。
今 船着け場は 回収した ゴミで いっぱいになりました。

海のゴミを回収した時点で そのゴミの処分は 回収した人の責任となります。(法律的に)
海岸で 燃やすと ダイオキシンが発生する為 禁止です。
流木は一メートル以内に切って所定のゴミ集積場に出してください。(実際できますか?)
でも 有機物は 最後は 海底に沈んで 窒素に分解できます。
ジョウロや 空き瓶はいけませんね。
分解しないのですから。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

海難救護所

2006年09月28日 20時37分06秒 | Weblog

北の風

湿度の低い カラッとした さわやかな日。
午後は 大変暑くなりました。



久しぶりの 海からの朝日です。
気持ち いいですよね。

薄明(日が昇らない前 東の空が うっすらと明るくなること)の時間が すっごく長い気がして 日が昇るのが とっても 待ち遠しく思っていました。
地平線に 日がちょこっと顔を出すと スーッと 瞬く間に お日さまが 出てきました。

救護訓練
我組合の周りには 海難に対応できるところがない。
そこで 組合を 救護所に指定して 有事に備えてもらいたいとのことで 訓練を 役員、職員、協議会等交えて 第一回の講習を行いました。



実技は 人工呼吸+心臓マッサージ。
大変 有意義でありました。
これを 役に立ってはならないことだが 覚えておけばね。



アンナちゃん ご苦労様でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

豪雨

2006年09月27日 22時14分19秒 | Weblog
北の風

朝 起きたら なんと 雨が降ってない。
海に急ぐ。

雨かな。と思ったら 本降りになってきました。
「そのうち 小止みになるから 辛抱だ。」
そのうち 小止みどころでなく ものすごい大雨になった。
そればかりか 雷だ。
風も 強くなり 時化模様。



逃げるように 帰ってきたら 薄日が差し始めた。
海には もっともひどい時に いたらしい。
夕方になると 穏かである。



いつもであれば こちらが トップであるべきですが、敢て 雨が写っていた 写真を 上に載せました。

こうして 穏かになれるんですね。
明日こそ 仕事ができるようにね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

親子

2006年09月26日 13時07分44秒 | Weblog

北東の風

時化です。
ゆっくりと 眠りました。
布団の中が 暖かいです。
とっても 心地よい気分です。
風の音が 子守唄です




誰も いない 踏み切り
ちょっと 寂しげな 秋に ピッタリではないでしょうか。


昼間 見たのですが 道端の彼岸花は もう 終わりのようです。


親子の海



後継者不足ですが 貴重な親子の仕事風景です。
何軒もないのですが 一生懸命海苔をしている 一家です。
こんな 映像は 貴重かもしれませんね。

新内閣
安部内閣が 発足しましたね。
どういう 政治になるのか 楽しみですね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

4細胞

2006年09月25日 15時42分10秒 | Weblog

北東の風

早朝は 風が無かったのに 次第に北風が強くなりまして 途中で ずぶ濡れの服を 着替えに行きました。



海苔の芽が4細胞になってきました。
ということは 順調の証拠かな。



で 本格的に 海苔網を海に出すことにしました。
早く 育ってくれるといいですね。

今日は とっても忙しかったですね。
朝から晩まで 網を海に出しました。
疲れました。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

天賞堂のキューピット

2006年09月24日 20時13分53秒 | Weblog

昨日のパソコン(?)の不調のため もう一個 記事を書きます。



銀座に ありますが 知っている人も多いかと思いますが こうしてシャッターを切ってくる人もお馬鹿さんかな。


こうして 毎日 通行人を見ているのです。
いつ ハートの矢を 放つでしょう。
天賞堂とは 記念品などを作っていまして、アサヒカメラコンテストで入賞すると その昔 ネクタイピンを頂きました。
タイピンが集まってきてどうすると思いましたが いつのころからか 副賞がなくなってしまいました。


今日は台風14号の遠い影響で 時化模様でした。
(午後からは 海に出ましたが。)
「東京に買い物がある。」
「なら 今行ってくれば。凪たら浜でしょ。」
「うん では。」
ということで 東京にアクアラインのバスに乗る。
日曜日の為か 40分足らずで東京駅に。

ちょっと早くついてしまったようである。
銀座まで 晴海通りを ぶらりぶらりと 歩くことにした。
なんと この田舎者に道を訪ねた人がいました。
「有楽町駅はどこでしょう?」
立て続けに 
「国際フォーラムは?」
幸い 両方とも知っていましたので 丁寧に教えてあげました。
(内心 どんなもんだい。)

で 銀座は まだ 眠っていました。
ほとんどの店が10時開店です。
一人で銀ブラは辛いです。
で 黒いキューピットを観察したりして時間を潰しました。
家に電話
「凪たか?」
「少しね。」
10時になるのを待ち構えて 買い物をし 大急ぎで帰ってきました。
ほんと 家から銀座が近くなりました
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2細胞

2006年09月24日 19時21分52秒 | Weblog
北の風

肌寒いほどの 朝を迎えまして 昨日の続きです



昨日 海出しした 海苔網の 顕微鏡写真です。
きちんと 2細胞に分裂してくれてます。
ということは 正常な海であることの 証明です。

この 2細胞を 待ってました。
私たちは 単細胞は 自由に海苔網に種付けする技術を身につけてます。残念ながら2細胞から大きくするには 海の力を借りなければ なりません。

北東の風が吹いてくれて 海況はすごくよくなりました。
明日から 冷凍網の海だしであります。いよいよ 海苔の季節です。

昨日の答え


ちょっと 用途違いですが 潮が引いて船が入れませんので ゲタをはいて 杭の上の作業をしているところです。このとき腰まで海水があれば 非常に安定するのですが全く水のないところでのゲタは危険です。

拓郎



昨夜は かぐや姫と拓郎のつま恋コンサートを テレビ鑑賞。
食い入るように見ている私を見て 息子も娘も 婿さんも あきれ返っていた。

最後のアンコールで 『今日までそして明日から』 
3人口を揃えて
「この歌 お父さんにいやというほど ギターで聞かされた!」
大笑いである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

問題?

2006年09月23日 22時49分47秒 | Weblog
北の風

久しぶりに 問題です。
これは 何に使いますか?


今日は 接続環境が 悪いのでしょうか。エラーで編集が2回ほど飛んでしまいました。どうしたのかな
ここまでで 明日にします。
ゴメンナサイ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

漁業普及員

2006年09月22日 23時11分25秒 | Weblog

北東の風

海苔の種付けが 終わりました。
辛かった 8日間でした。
でも 部落が違い 年が違い ただ同じ海苔師が10日間 ともに仕事して 楽しみも多かったのです。
みんな いい人ばかりで 特に昼間の食事が 毎日どこに行こうかというので 喧々囂々です。

あとは 片付けだけです。
このメンバーで あと何年できるかな。

普及員の研修

全国各地の漁業普及員の方々が 研修で 我組合に お越しになられました。
一度 組合に県の水産課から 打診されましたが 参事が断ってしまいました。
水産課の職員は 困って 私にお願いにこられました

対応は私がしますのでということで 受け入れに決定しました。



何故か 私が説明しているところが 写っています。
県の職員が 気が利きますので 私のカメラで 撮影してくれました。

陸採の現場を 案内しているところです。
ちょうど 今日 陸採が終了したところで 見学に間に合いましたね。

頂き物
20年物の プーアール茶 を頂きました。



見た感じが ウーロン茶の葉を 固めたようなものです。
カナヅチで たたいて 少しの塊にして 洗うように してから 飲むそうです。

大手航空会社の子会社の社長が 送ってくれたのです。
今 流行のダイエットに効くそうです。

私も 飲まなくては。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加