東京湾の漁師 東京湾海人の日記

青混ぜ海苔の達人のブログです。

うるう年

2016年02月29日 23時11分39秒 | Weblog

 

 

風だ 

やめよう

私たちのほかには 誰もいない。

無理は禁物である。
春1番 春2番と 急に 強くなる性質である。

今日は 29日

うるう年で ちょっと 得したかな
息子が すでに海苔採りに行ってきて 2月は ただでさえ 時化が続くのですが

一日 海苔採りの分

得したような気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海苔製造オペレーター

2016年02月28日 22時07分57秒 | Weblog




写真は 何のことはない 海苔の写真です。

妻がいないので 私が オペレーター

ま 上手くゆきましたね。

そして 漁組の火災の 直後であります。

細心の注意を払って 作業をしましたね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海苔取り中止

2016年02月28日 00時44分55秒 | Weblog

 

 

今日は 私と妻が 忙しい 。

息子は 浜と家を 行ったり来たり

海苔採りに出るには 風が ちょっと強い

「もう少し 見合わせる。」 

2回目に 浜に 見に行く

「駄目だ。」

ということで 中止

今日ばかりは 中止でもよかったね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風の朝

2016年02月26日 20時55分18秒 | Weblog



私が 忙しいので 一緒に 網の手入れを 早くからしようとした。

霜が降りた日は ベタ凪なのに 次第に 波が 強くなった。
やってられない

息子は 懸命に 海苔を採る。
船が 波で 押される。
ちょっと 採りにくい そんな風の朝でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漁組加工場火災

2016年02月25日 21時41分22秒 | Weblog

 

 

私たちが 駆けつけたときには すでに 手の施しようが無く
プラスチックが 多く使われているため 煙の中には とても 近づけない
ただ 見ているだけになりましたが 消防が 駆けつけても この状態

ついには 屋根から 火が噴出した。

ほんと 火事は 恐いですね。
そして 火の強さ

思い知らされました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きている海苔

2016年02月24日 15時30分20秒 | Weblog



ニュースで出るほど のりの不作
何とかして

これで ノリをやめる人が いっぱい

水温が高いといって 国は 石炭発電を認めるという。

海苔は TPPを利用して どこから買えというのでしょうかね

おかしいねみんな

驚いたことは 「焼いていない海苔」を いまだにこうして 売っていること。
焼き海苔が 主流の時代

この店はえらい

この海苔は まだ 生きているんだよ。

そこが 焼きノリとの 違いです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日没

2016年02月23日 20時49分46秒 | Weblog



もう 日没が 過ぎています。

孫も 心配なのでしょうが 迎えに来ています。
息子が インフルエンザのため 欠席です。

日中は イベントに参加。
何食わぬ顔で 帰ってきました。
昼食も 食べたいのですが とにかく 急ごうと思い 海へ
やりたい 仕事がありましたので 

しかし すべてを 終えないうちに 日没
このとき どう考えたかというと もう少し 頑張れば 終わるという 気持ちと 
これで 帰ろうという気持ちが ぶつかっていた。

結局 若くはない。

帰ろうという決断

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ

2016年02月22日 18時27分42秒 | Weblog

 

写真は 今日では ありません。

息子は インフルエンザで ダウン

したがって 私が 議会なので 浜は お休み

今日は 寒かったので 仕方ないですね。

明日 私が 浜に 出ようと 思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年02月21日 22時34分34秒 | Weblog

 

 

意外と 凪ていました。

ハマグリ漁は 出ていました。
我が家は 息子が インフルエンザで 欠席

私は テッポマキツアーで お休み

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦祭り

2016年02月20日 14時13分25秒 | Weblog



写真は 菜の花

撮影後 食べてしまいました。


今日は 浜休み
漁組で決められており 水神祭を挙行します。

といっても このご時勢

お札を 総代さんが 配布して 終わり。

淋しくなりましたね。

昔は 浦祭りと呼ばれ かっての単独漁組単位で 演芸会などを 掘っ立て小屋を立てて
行なっていました。

出店も出て 非常ににぎやかでした。

その後 縮小を続け 現在の組合単位になり 

総代だけが 出席するようになり 今に至っています。

浦祭り

海の 安全と 豊作を 祈念して 水神様に お祭り申し上げること

コメント
この記事をはてなブックマークに追加