たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

畑日誌・2014.07.27 水やりと炎天下の草取り

2014年07月27日 16時59分27秒 | 野菜作り・畑日誌

このところ連日 全国各地で 35℃超の猛烈な暑さとなっております。高齢者等の熱中症被害も 相次いでおり 「他人事にあらず」ですが 「土日休日限定野菜作り人」とて 今日も 畑に向かいました。
先ずは トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、里芋、白ナス、地這キュウリ等に たっぷり 「水やり作業」。
そして 先週の続きで 里芋、白ナス、ネギの畝等の「草取り作業」です。作業開始早々から 玉の汗、畑の気温は 多分 37℃~38℃に達していたと思われます。全身汗ダクとなり 長時間作業は 危険と判断し 2時間ちょっとで終わりにし 引き上げました。

002

「白ナス」「地這キュウリ」は 初収穫です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏本番!

2014年07月24日 17時08分54秒 | 日記・エッセイ・コラム

一昨日 関東地方にも 梅雨明けが 発表されました。当地 今日も ぐんぐん気温が上がり、日中の最高気温は 34℃~35℃、湿度も 60%台、じっとしていても 汗が 出てきます。遠く近く ミンミンゼミ、ニイニイゼミが 鳴き始めました。庭のオニユリも開花しました。いよいよ 「夏本番!」です。
これまで 我が家では 真夏でも おおかた 扇風機 3台 フル稼働で 対処してきましたが 高齢者とて 今年は 無理せず エアコンも 使いながら 乗り切っていこうと思っています。 

004

近隣の農家の畑では トウモロコシの直売が 始まっています。今週末 予定の
盆踊り会場の広場では 櫓、テントが 炎天下にさらされています。
真夏の風景が そこここに見られる 今日この頃です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃・懐かしい1曲 「危険な関係のブルース」

2014年07月20日 16時05分48秒 | あの日あの頃(the good old days)

昭和40年代前半 M男は 就職先の独身寮に 入っていた。2人部屋で 職場が異なり 年齢も異なる 者同士で 生活していた。新年度を迎える度 希望や抽選で 組み合わせを 変えていたように思うが それだけに 付き合いの幅が 年々広がり 得るものも多かった。
どんなきっかけだったか 記憶に無いが 同居人ではない 1才年上の N氏から ジャズ喫茶に誘われたことがあった。当時も ジャズのレコードを ズラリ並べて 客が 思う存分 ジャズに浸れるような喫茶店が あちこちに有ったことを M男は 知っていたが 特別 ジャズに関心興味を持っていた訳ではなく ジャズ専科の喫茶店に 入ることは無かった。N氏は マニアックな程の モダンジャズ ファンで かなり精通しており いろいろ 解説してくれたり 熱弁をふるっていたように思うが M男の方は チンプンカンプンで ほとんど 上の空で聞いていたように思う。何度か 誘われたり 部屋で レコードを一緒に聞いたりしたように思うが のめり込んでいくことは なかった。
そのことが有ってからなのか その前だったかは 記憶にないが 多分 そのN氏の 影響もあって M男が 初めて買った ジャズのレコード ドーナツ盤(33回転)、それが 映画「危険な関係」のテーマ曲、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの 「危険な関係のブルース」 (サウンドトラック盤)である。
その頃 手に入れた ソニー製 モジュールタイプの小型コンポで 特別の思い入れもなく 良く聴いていたものだ。休日等 普及し始めた インスタントコーヒーをいれ 煙草をくゆらせ かっこ付けていたのかも知れない。しかし その後 モダンジャズのレコードを買うことは 無かった。
かなり 溝がすり減って 音は悪くなっているが アナログの雰囲気有り 今日 久し振りに 針を落してみた。

 

 

 

定価=450円 だった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け待ちの候、山百合、ブットレア・・・・

2014年07月20日 10時01分13秒 | ぶらり街巡り・爺散歩

昨日から 断続的に降り続いていた雨も 未明には 上がったようです。久し振りの畑仕事で やや疲れが残っていましたが 今日も デジカメ持って 早朝ウオーキングに 出掛けてきました。湿気が強いものの 朝の冷気が気持ちよく ウグイスの鳴き声が 響き渡っていました。

003_2

002_2

林の中に植えられた 山百合が満開、今が 見頃です。花暦(はなごよみ)でも 7月の花ということになっているそうです。山百合、笹百合、姫百合、鬼百合、車百合、等々 日本で見られる百合の種類は 非常に多いようですが その代表格が 山百合。花言葉は 「純潔」だ そうです。 

006

007

民家の横で 咲いていた ブットレアの花。戻ってきてから調べて 花の名前を 初めて 知りました。蝶(チョウ)が好きな 灌木なんだそうです。

005

008

明日は 「海の日」、梅雨明けを待っておられる方も 多いのではないでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃・懐かしい1曲 「浪路はるかに」

2014年07月19日 23時33分26秒 | あの日あの頃(the good old days)

昭和30年代後半の頃 学生、若者を中心に 「ダンスパーティー」が 盛んに行われていた時代があった。一種のブームだったのだろうか。
M男は 当時 学生寮で暮らしていたが 寮主催の「ダンスパーティー」が 年に数回有ったり 学園祭等でも 「ダンスパーティー」が 有って 毎回 大変 盛況だった。
話は M男達 新入寮生が まだ 寮生活にも 慣れていない 4月、5月に 女子寮との合同ダンス講習会に 参加させられたことから 始まる。
「寮生は ダンス=必須」等と言われ 体育館かどっかに全員集合させられ、ダンスが得意な先輩寮生が 手取り足取り 教えてくれたと記憶しているが それまで ダンス等とは 全く無縁できている新入寮生が ほとんどであり まして 異性と触れ合う機会等 全く無かった時代、皆それぞれ ガチガチ、緊張しまくっていたように思う。
講習会では 「ブルース」「ジルバ」を 覚えるのが 精一杯だったと思われ、「ダンスパーティー」で 「ブルース」「ジルバ」以外の曲、「ルンバ」「タンゴ」「ワルツ」等に なると 引っ込んで 先輩達の踊りを見学するという感じだったと思う。
「ルンバ」「タンゴ」「ワルツ」も 先輩寮生に 足取りパターンを書いてもらったり 見様見真似で ベーシック程度を 次第に 覚えていったが なかなか すいすい踊れる自信が持てず ずっと 見学が多かったと思う。何と言っても 社交ダンスは 男性がリードしないと 始まらないものであり 音楽的センス、リズム感、運動神経、目配り、気配り 等々、当時のM男は いずれも 持ち合わせていない気がしていた。
学生の間の「ダンスパーティー」では 生バンド演奏の場合も有ったが 小規模な会場で レコードの曲で 踊ることの方が多かったと思う。
そんな 「ダンスパーティー」の夜、会場から 洩れ流れてきて 心浮き立っていた曲に ビリー・ボーン楽団の 「浪路はるかに」が あった。
M男にとっては お祭りの日 笛や太鼓が聞こえてきて 誘われるのと 似ているような感じであった。
ビリー・ボーン楽団独特のサウンド、サックス群の絶妙なハーモニー、パーティーの誘い(いざない)に ぴったりの曲だと 感じていた。
リズムは ロッカフラスタイルで やや速く 「ブルース」で踊るには 少々 速すぎる感じの曲であるが やはり 思い出の曲である。
後年 33回転、ドーナツ盤を 買ってしまったが 未だに 現存している。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿の実が鈴生り

2014年07月19日 16時41分16秒 | 日記・エッセイ・コラム

今年の春 我が家の狭い庭の隅っこの柿の木が 珍しく びっしり花を咲かせていることを 書き込みましたが そのまま 実になり 鈴生りになっています。
ここ10数年、秋 熟した実になった個数たるや ほんの数個という記憶しかなく 異常なことです。このまま 熟するまでいくとは 信じられませんが 証拠写真を 1枚 撮りました。最近 いろいろと 異変を感じています。

009

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑日誌 2014.07.19 小雨、草取り

2014年07月19日 16時14分52秒 | 野菜作り・畑日誌

3連休の初日。当地は 小雨が降ったりやんだりの1日でしたが  「土日休日限定野菜作り人」とて やおら 重い腰を上げて 畑に向かいました。
気になっていたジャガイモ収穫は 先日 妻が 義姉に手伝ってもらい 終わらせていますので 今日は 宿題の草取り作業です。この時期の畑、1~2週間、1ケ月も放置しているものなら たちまち 雑草野原と化してしまいますが 仕事の都合、身体の調子、天候の具合等で 草取りも なかなか 思うようには出来ません。これ以上 放置すると 周りの畑の人からも 顰蹙を買うことになりかねないので 小雨に濡れながら 泥んこになりながら 群がってくるブヨを払いのけながら 一汗二汗 かいてきました。

003_2

積み上げた雑草の山、2~3ケ月もすれば 土にかえりますが・・

005

ナス、キュウリ、ピーマン、トマトの様子。ナスは まだ 採れていますが キュウリは 終わりに なりそうです。

002_3

サトイモの様子。バラツキがありますが やや いつもより 生育が良さそうです。シロナスも 順調に 育っています。

004

地這いキュウリの様子。雑草の中で 元気に育っています。結構 花が咲いており 近い内に 収穫出来るようになると思われます。

010

3日前に 収穫したばかりのため 今日は 少な目。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃 寮生活 その2

2014年07月19日 01時21分53秒 | あの日あの頃(the good old days)

M男が 1年間過ごした学生寮は 第二次世界大戦の戦火を免れた 旧制高校時代からの古い木造平屋建だった。寮には 旧制高校時代から 脈々と歌い継がれた 寮歌が数曲有って、新入寮生は 4月~5月、先輩寮生の指導で それを 覚えさせられた。ただ 何人かの先輩が 次々歌うのを ただひたすら 聞いて 真似して 覚えるため 先輩によって 多少 異なった感じの歌い方も有り  あいまいな部分も多々あったりしたが そんなことには まるで頓着しない、そんな風だった。
「新入寮生歓迎コンパ」は 寮の食堂で 行われたが 宴たけなわともなると 出席寮生全員 蛮声を張り上げての寮歌大合唱となり 新入寮生は その迫力に圧倒された。しかし 新入寮生も 次第に 覚え切り 春夏秋冬、何かに付けて 寮歌を歌っていたような気がする。
当時でも 中には 軟派を張る寮生もいたが いざ 車座になったり 肩を組み合ったりして 寮歌を歌い出すと たちまち 「バンカラ」風 一色となってしまうのである。
現在でも 「全国寮歌祭」等が 催され あの日あの頃、若かりし頃に タイムスリップして 蛮声を張り上げる 高齢者もおられるが その思いが 分かる気がする。
初めて 親元を離れ 気負って 天下、人生、デカルト、カント を語り合い 酒、たばこを知った寮生活、寮歌も重なって 高揚していたM男、今思うに その1年間の寮生活は 掛け替えのない 人生の宝物の如しである。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃・寮生活 その1

2014年07月18日 23時07分37秒 | あの日あの頃(the good old days)

M男が 1年間過ごした学生寮は 第二次世界大戦の戦火を免れた 旧制高校時代からの古い木造平屋建であった。5棟が並んでおり 「東寮」「西寮」「南寮」「北寮」「中寮」と呼ばれていた。大きな引き戸の玄関を入ると 広い土間が有り 各寮棟に入るには 高い敷居を上がり 学校の廊下のような板張りの廊下を伝っていくことになる。おそらく 戦前には 上履きに履き替えて 入っていたのではないかと思われる造りであったが 当時は 土足で 各部屋まで 入れるようになっていた。その廊下を 真夜中 酔っぱらった先輩寮生等が 下駄を鳴らして 帰ってくることしばしば、中には 中庭で 「やーやー 我こそは 北寮の ・・・・なり。出合え、出合え ・・・・」等を 武将名乗りを上げたり 各部屋を廻り 「起きろ、起きろ・・・」と わめく先輩寮生もおり M男達下級生は 息を潜めていたものだ。
旧制高校時代の寮の「バンカラ」を 受け継いでいた先輩達が まだまだ 存在していたのだ。高校まで 片田舎で 純朴に育った M男のような学生には 寮の環境そのものが 別世界だったが 若さは これを歓迎、日々 刺激的で 「これが 青春!」等と 意気に感じていたところもあったような気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃・懐かしい1曲 「ひるのいこいのテーマ曲」

2014年07月17日 22時20分23秒 | あの日あの頃(the good old days)

自宅では ほとんど ラジオを聴かなくなって 久しいが 長距離運転中等には カーラジオを なにげに 聴いていることは有る。
どの局も おしゃべり番組が中心であるが そんな中 たまたま お昼時間に NHKラジオ第1放送を聴いていたりすると 懐かしい音楽が 聴かれる。
昭和27年に始まったという番組で 現在も続いている長寿番組 「ひるのいこいの テーマ曲である。
番組の冒頭から エンディングまで ずっと流れている ゆったりした 「ひるのいこいのテーマ曲」、古関裕而作曲なんだそうだが 昔も今も変わっていない。
M男が 小学校高学年から中学生の頃は 田植えや稲刈りは もちろん 家の農作業を 子供が手伝うのが 当たり前だった。
「田植え休み」「稲刈り休み」等という 1週間程の 休校が有ったくらいである。
休みの日等は 朝から夕方まで 1日中 手伝いということになるが そんな日のお昼、泥んこになって 引き上げてきて 家の前の沢水で 手足の泥を洗い流していると 開け放った座敷から いつも聞こえてきたのが 「ひるのいこいのテーマ曲」だった。
晴天の日等 時には 遠くで トンビの鳴き声 「ピーヒョロロー」が聞こえたり ヒバリが 上空で囀っていたりしたが そんな農村の風景と のんびり、のどかな曲調の「ひるのいこいのテーマ曲」が 重なって M男の原風景の一つになってしまったのだと思う。「ひるのいこいのテーマ曲」を聴くと いつも あの日あの頃に タイムスリップしてしまう M男である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加