たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

畑日誌 2014.03.26 ジャガイモの植え付け

2014年03月30日 22時16分31秒 | 野菜作り・畑日誌

遅れていた 「ジャガイモの植え付け」、今日午前中、妻が 先日 掘り起し畝を作って準備しておいた畑に 植え付けして 引き上げてきました。ひとまず ほっとしてますが まだまだ始まったばかりの 今年の畑仕事、「土日休日野菜作り人」とて これから秋まで 調整が大変です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッパスイセン(喇叭水仙)開花

2014年03月25日 22時55分36秒 | 花鳥

ラッパスイセン(喇叭水仙)が ようやく咲き始めました。今年は かなり 遅いような気がします。

008

006

梅も やっと 満開に。
3月下旬 関東地方でも 桜の開花が報じられており 春爛漫の候 近し。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春分の日・畑仕事始動

2014年03月21日 19時10分39秒 | 野菜作り・畑日誌

発達しながら 本州南岸を移動していった低気圧の影響で 当地 昨日は 終日 雨でした。今日は 冬型気圧配置に変わり 強い寒気の影響で 東北や北海道等では 暴風、猛吹雪、積雪・・・、真冬に戻ったような大荒れの天候になっているようですが 当地は 気温は低く 強風が吹き荒れたものの 快晴の1日となりました。今日は 春分の日です。

春分の日。「自然をたたえ 生物を慈しむ」ことを趣旨として 1948年(昭和23年)に制定された 国民の祝日。一般的には 昼と夜の長さが 同じになる日とされていますが 天文計算により 3月20日になるのか、3月21日になるのか 毎年 前年に 発表される祝日なんだそうで 2年後以降の春分の日は 確定していないのだそうです。

三連休初日、お墓参りや行楽には いささか 寒い日となりましたが 我が家の場合は 例年より遅れ気味の畑仕事始動日。一汗も二汗もかいた1日となりました。

今日の主な仕事は ジャガイモの植え付け場所の 掘り起し作業と畝作り

001

久し振りの畑仕事とて 無理をせず 掘り起し作業と畝作りまでに留め、肥料やり、ジャガイモ植え付け作業は 来週することにして 引き上げました。

009

昨年11月に 植え付けした タマネギ、2月の大雪の影響や 厳しい寒さが続いている影響で 成育が悪く 一時 絶望的となりましたが ここ1週間で 元気が出てきました。大丈夫そうです。

006

003

昨年10月に 植え付けした イチゴも なんとか 頑張っています。

かくして 「土日休日限定野菜作り人」の1年が また 始まりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベビーシッター

2014年03月21日 11時20分35秒 | 川柳・俳句・詩

「インターネットを介して預かった幼児、死体遺棄事件」。
一時的にしろ インターネットで 全く顔も見えない他人に 可愛いい我が子を預けなけれなならない現実、昔の人間には 想像も出来ないことですが そんな社会になってしまっていることを 初めて知りました。
共働きしながらの子育て。筆者も かって 長男 次男共 0才から保育園に預けて もがき苦しんだ時期がありましたが もちろん ネット社会以前の時代、緊急事態発生の場合でも 自分達で工夫して なんとか解決するしかなく 「ベビーシッターに預ける」自体 発想にありませんでした。利便性だけではなく 本質を見失わないことが 重要だと 思いたいところです。

「犬猫も 子供もお願い ネット世代」
背に腹は代えられない事態、やむを得ず ネット託児に頼る気持ちはわかるのですが・・。
ペットと 同じような感覚?。

「誰のため なんのため 働くを 反芻し」
人は皆 子供のため 家族の幸せのため 働く・・・。
働くことが最優先となってしまい 家族が不幸になってはなりません。本末転倒。

「ジジ ババが ベビーシッターなら 超安心」
友人知人の中には 孫の面倒、子守で 明け暮れしている人が大勢います。元気で ゆとりがある 子守唄が歌える高齢者が 出番?。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃 中学生日記 「雪割り」

2014年03月12日 22時38分36秒 | あの日あの頃(the good old days)

M男は 自身が付けていた 昭和30年代の日記帳のページを捲りながら 喪失していた記憶のかけらを炙り出して あの日あの頃に思いを馳せている。

S310305

昭和31年3月5日(月)、晴、
「授業無し、中学生全員 雪割り作業をした」
M男の暮らした北陸の山村は 当時 冬中、一面 根雪で覆われることが多かったような気がする。今日と違い 降雪積雪が続く間は 道路も 敷地内も、カンジキ等で踏み固めた一本道を行き交うという風景が当たり前だったが そろそろ雪解けが始まろうかという時期になると やおら 本格的に 除雪を開始したように思う。まずは 通路幅を スコップで掘り進める作業になるが 雪を割って通路を作るという意味合いからか M男達は 「雪割り作業」と呼んでいた。
この時期になると 1日でも早く 黒い地面を歩きたいという思いが強くなり 大人も子供も 力が入ってように思う。
学校でも 授業を休みとして 生徒全員参加で 通学路の雪割り作業をしたと書いてある。

「やぶが 凍った」
当時 M男達が 「やぶ」と言っていたのは 田んぼの上の 一面の雪原のことだった。前日 温かく 雪原の表面がやや解け 夜間は 晴れて 急激に冷え込んだ(いわゆる 放射冷却)場合の 翌朝 めったには無かったことであるが 田んぼの上の雪原が 凍みて(氷状ではなく) 子供が 歩いても 平気な状態となることが有った。普段は カンジキで踏み固められた 1本道を 歩くしかない子供達も やぶが凍みた朝は 田んぼの上の雪原を 自由に歩いて 登校したものだ。朝日を浴びながら 雪原の上を駆け回る爽快さが 思い出される。

マイカー時代以前の話であり 除雪機械の普及も無い時代の話である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅七分咲き

2014年03月10日 21時06分58秒 | 花鳥

今日は 今冬 最強クラスの寒気が 日本列島に流れ込んで 当地も 真冬の寒さとなりました。3月上旬としては 30年ぶりの寒さとか。日本海側では 季節外れの大雪となっているようです。天気晴朗なれど こう寒くては 我が家の梅の開花も足踏み状態。七分咲きというところでしょうか。

003

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グループホームA

2014年03月08日 18時25分39秒 | うんちく・小ネタ

今日は 母親が入所している グループホームAに 行ってきました。昨年末から ずっと 週末毎に 雑用有り、大雪等悪天候有り、体調不良もあって 延び延びになっていた 定期的(?)訪問。もちろん 母親の健康状態、暮らしの様子を 見に行くことが目的ですので ちょこっと寄れば 済むのですが 車での往復移動時間だけでも 約4時間、なかなか ちょっくらちょいと 言う訳けには いきません。ゆっくり 本人と話が出来そうな時間帯は 入居者みんなが昼食を終えた後から 3時のおやつまでの間のようでしたので あらかじめ 訪問を伝えておき 午前中に 自宅を出発しました。
予定通り 午後1時過ぎに到着しましたが 食堂兼リビングルームでは テレビを見ている入居者有り、出張歯医者による歯治療中の入居者有り、黙って座っている入居者有り、さまざま。
母親はというと 他の女性入居者と共に 洗濯物をたたむ作業中。なにかやっていないと 落ち着かない性格が分かっていて スタッフが与えていた作業に違いありません。作業を終らせてから 車椅子で 空いていたテーブルに移動し お茶を飲みながら 話掛けたり 話を聞いてやること 約1時間。いつものこと いくつかの断片的な話を 繰り返し繰り返しの堂々巡り。ますます 記憶が 狭まっているように感じました。ただ 消化器系、循環器系とも 内臓は すこぶる健康の様子。別れる際の握手にも まだまだ 力がありました。
次回は もう 少し暖かくなってからの訪問と決めています。外出許可をとり 周辺のドライブ、花咲く公園散歩等に 連れ出したいと思っています。子供として 今の母親に対して 出来得る せめてもの務めを 果たしていかなくてはと・・・・。 

認知症グループホームとは 小規模な生活の場で 少人数(グループホームAでは 9人)を 単位(ユニット)とした 共同生活する形態をとって 食事、掃除、洗濯等を スタッフと共同で行い 日々 家庭的で落ち着いた雰囲気の中で 生活を送ることを目的とした施設。そうした生活を送ることによって 認知症状の進行が抑えられ 家庭介護の負担軽減に資することにもなると考えられています。
いろいろなタイプのグループホームが有るようですが グループホームAは 入居条件=原則65歳以上、介護度=要支援2以上、要介護1~5、認知症可。2階建の建物で 1階9室9人、2階9室9人、それぞれの階が 1単位(ユニット)として 共同生活をしているという施設です。現在の入居者の9割以上が 女性のようですが 食事、掃除、洗濯、四季折々の行事、誕生日会、散歩、買い物、クラブ活動等々、365日 一緒に暮らしている 入居者とスタッフは 家族同然の関係になっていることが分かります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日あの頃 中学生日記 「ビルマの竪琴」

2014年03月07日 23時40分49秒 | あの日あの頃(the good old days)

M男は 数年前 母親が一人暮らししていた北陸の実家を解体するに当たり 頻繁に家財の整理、処分に通ったが ある日 2階の押入れの奥から 自身が付けていた 昭和30年代、中学生の頃の日記帳を発見した。
以来 そのページを捲りながら 喪失していた記憶のかけらを炙り出して あの日あの頃に思いを馳せているのである。

S310304

昭和31年3月4日(日)、晴、
映画鑑賞 「ビルマの竪琴」。
当時 子供達に対しての教育的映画として 文部省が選定し推薦していた映画が 次々と有ったように思う。まだまだ 映画館に 子供達が行くこと自体 「不良」等という目で見られていた時代であり地方であったが そんな映画が 隣りの町の映画館で上映される際には 学校でも 映画館行きを許可していたのだ。クラス全員で行ったのか 近所の従兄弟とつるんで行ったのか 記憶にないが 隣り町の 中央劇場という映画館に 映画を見に行ったことが 書かれている。
映画「ビルマの竪琴」は 後年 何度も見ており いい映画だと思っているが 当時のM男も 余程 感動したらしく 珍しく 長い感想文となっている。
今から 約60年も前の映画だったのかと 改めて思い知ることになるが 多感な少年M男にとって 一生忘れらない映画のひとつになったことは 間違いない。
主人公水島上等兵が弾く竪琴に合わせて 日本軍の小隊井上部隊が歌い出した「埴生の宿」に イギリス軍兵士達も 呼応して 本歌「Home Sweet Home」を歌いだし 敵味方を超えての大合唱が ビルマの密林にこだまするシーンには 故郷を想う心は同じ、時代を超えて 誰しも胸打たれる。

原作=竹山道雄、監督=市川崑、主な出演者=安井昌二、三国連太郎、浜村純、内藤武敏、西村晃、三橋達也、北村谷栄、香川京子、菅井きん、

折りしも 主役の水島上等兵を演じた 俳優 安井昌二さんが 今年3月3日に亡くなった。(享年85才)。ご冥福を祈りたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく春の兆し・梅一輪

2014年03月02日 15時17分51秒 | 川柳・俳句・詩

「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」(服部嵐雪)

先日の記録的大雪で 家屋やカーポートの倒壊や破損等 大変多くの被害が発生した当地、路傍や駐車場の隅には 今もなお 残雪が有り 寒々してますが 早 3月。自然の営みは 確実に 春の訪れを告げています。
我が家の庭の梅も ここ数日の間に 一輪、二輪、と 遅ればせながら 花を咲かせ始めました。無数の ふくらんだ蕾も 気温が上がるのを待ち構えている風情。もうすぐ 一気に 開花しそうです。
「梅は 百花の魁」、あらゆる花の先頭を切って咲き 春を告げる花です。
梅が咲き 桜が咲き やがて 春爛漫の候となっていく・・・。気分も 軽く、明るくなる季節がやってきました。

023

020

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Internet Explorer 動作停止・・「果報は 寝て待て」

2014年03月01日 21時13分00秒 | うんちく・小ネタ

1週間前(2月22日)に 突然 プライベートPCに トラブル発生。インタネット接続が 不能になってしまいました。
「問題が発生したため・・・・」 「Internet Explorerは 動作を停止しました・・・・」
原因が分からないまま あれこれ 試みてみましたが PC音痴とて 埒があかず 諦めて サポート窓口に問い合わせをするつもりでおりました。しかし 月末にかかって 時間的余裕も無く いらいらしながらの 1週間。
「直前のセッションが 予期せず終了しました」から 「ホームページに移動」しようとすると 「Internet Explorer は 動作を停止しました」となり 切断されてしまうという障害で どうも ウイルス等の仕業では無さそうでしたが 念のため 一昨日からは 電源をOFFにして 置きました
ところが 今朝 起動してみると なんと Internet Explorer は 正常に動作し スムーズに インターネットに 接続出来るではありませんか。
どうして そんな障害が発生してしまったのか?、どうして 正常に戻ったのか? 等々・・・ 何も分からず仕舞いではありますが なにはともあれ 今日は すっきり。
PC自体が 問題解決してくれたということなんでしょうか。
「果報は 寝て待て」の 心境です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加