宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

普及員と農業士が地域農業を語り合う「栗原地域農業研究会」を開催

2012年02月21日 15時25分42秒 | ッ楼菁清箸鮖戮┐訝瓦ぜ蠅粒諒欅蘋支援

  栗原農業改良普及センターでは,普及指導員(12名)と普及事業のパートナーである農業士(12名)が,農業を取り巻く情勢や新たな施策についての理解を深めつつ,議論を通じて地域農業のビジョンを共有するため,栗原農業士会(会長:白鳥一彦氏)と共催して,平成24年2月3日に栗原市のエポカ21で「栗原地域農業研究会」を開催した。
 はじめに,東北大学大学院農学研究科教授の伊藤房雄氏より,「農政の方向と栗原農業の進むべき道」と題して講演をいただいた。講演では,農業施策に対して,過度に悲観もせず楽観もせず,冷静に考え,利用すべき事業を有効に利用することが大事である。そのためには,栗原地域の理想的な農業像と誰が実現していくのかを徹底した議論と諒解事項を有言実行していなかければならないとのアドバイスがあった。
 その後,伊藤教授をコーディネーターとして話し合いが行われた。青年農業士が経営の夢や目標を語り,指導農業士が自らの経験からアドバイスを送るなど「若者の夢」の中に栗原農業の進むべき道を見出そうとした意見交換会となった。
          
<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班
TEL:0228-22-9404       FAX:0228-22-5795

熱心な意見交換会の様子

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耕谷アグリサービスの『福興餅』... | トップ | 柴田町上川名地区に農村レストラ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む