宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

耕谷アグリサービスの『福興餅』が販売されています

2012年02月20日 10時45分01秒 | ②津波被災地域の営農確立支援

名取市の(有)耕谷アグリサービスは, 耕谷地区の担い手として, 大規模な土地利用型農業を実践するとともに, 耕谷産のもち米を使った製品の加工・販売に取り組んできました。みやこがねで作った餅は「耕谷もち」と呼ばれ, 名取市の地域ブランドとして広く知られてきました。
しかし, 津波により耕谷地区は浸水の被害を受けたため, 平成2 3 年度はもち米の作付けをすることはできなくなりました。このため,耕谷産のもち米を使用することはできませんでしたが,県内産のみやこがねを原料として「福興餅」の製造を始めました。
年末には白切り餅の他に, エゴマや紫芋をはじめ, 黒豆, よもぎが入った豊富な種類の色餅が製造され, 毎年数多くのお客様が喜ばれています。この色餅は年末のみの販売となりましたが, 白切り餅は現在も販売されています。
常務取締役の佐藤克行さんは,「来年は除塩工事も進むので, 2 0 h a 前後のもち米を作
付け予定です。エゴマなどの材料も含め, 耕谷のものを使った耕谷もちを作りたいと思いますので,どうぞよろしくお願いいたします。と今後の目標を話してくれました。
復興への願いが込められた「福興餅」は,同社の事務所でお求めいただけるほか, 同社ホームページに掲載の注文書に必要事項を記載の上, F A X でご注文いただけます。
(有)耕谷アグリサービス 電話: 0 2 2 - 3 8 1 - 5 3 3 8 F A X: 0 2 2 - 3 8 1 - 5 3 3 9

亘理農業改良普及センター  0223-34-1141

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小麦「あおばの恋」の品質向... | トップ | 普及員と農業士が地域農業を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む